おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼっち「君にしか頼めないことがある」 後輩「わーい、私だけー」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:00:19.33 ID:EXX1ywun0
ぼっち:非常に言いづらいんだけどさ。
後輩 :わくわくしますね。
ぼっち:真顔でわくわくするなよ。
後輩 :気を付けます。
ぼっち:君に、友達のふりをして欲しい。
後輩 :はあ。……また、どうして?
ぼっち:今度ね、文化祭があるんだよ。
後輩 :それは知ってますけど。
ぼっち:それに、両親や中学時代の友達が来るんだ。
後輩 :はいはい。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:03:15.78 ID:EXX1ywun0
ぼっち:三時から四時は、俺がクラスの屋台担当なんだ。
    でも俺はクラスに友達がいないから、このままだと、
    一人で浮いてる姿を知人に見られることになる。
    それを避けるために君の協力が欲しいんだ。
後輩 :えーと、ちょっと待ってください。
ぼっち:うん。
後輩 :先輩、高校に友達いないんですか?
ぼっち:恥ずかしながら。
後輩 :なんで黙ってたんですか。
ぼっち:恥ずかしいから。
後輩 :そっか。先輩が……。
ぼっち:孤立してるんだ。
後輩 :なんか、私が泣きそうです。
ぼっち:よしてくれよ。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:08:21.56 ID:EXX1ywun0
ぼっち:一番嫌なのは、家族に心配をかけることなんだよな。
後輩 :ああー。
ぼっち:嘘つきました。俺はこんなにまでなっても、見栄っ張りでさ、
    せめて旧友や家族の前では、平気な姿を見せたいと思って。
後輩 :ふうん。
ぼっち:どうした?
後輩 :先輩は素直ですね。
ぼっち:そうかな。
後輩 :わかりますよ。私も孤立してますし。
ぼっち:うそ?
後輩 :ええ。嘘です。
ぼっち:残念。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:14:20.44 ID:EXX1ywun0
後輩 :条件があります。
ぼっち:おう。
後輩 :髪を切ってきてください。そしたら友達してあげます。
ぼっち:ああ――そうだな、伸びすぎだな。でもなんでそれが条件?
後輩 :薄汚い先輩と歩くのは嫌ですからね。
ぼっち:俺、薄汚い?
後輩 :言い過ぎました。でもほら、私も人目を気にするんです。
ぼっち:結構心に来るなあ……。
後輩 :あの、今のままが許せないってわけじゃないんですよ、別に。
ぼっち:そうかー、わかったよ。
後輩 :……髪切ったほうが格好いいですよ!
ぼっち:立ち直った! 髪切ってくる。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:19:23.82 ID:EXX1ywun0
後輩 :明日、具体的に、いつ頃どこに行けばいいんですか?
ぼっち:んー……そうだな、家族や友達がいつ来るかによるんだけど。
後輩 :わかったらメールください。
ぼっち:ああ。――メール、か。
後輩 :……先輩、一日平均何通くらいメールのやり取りしてます?
ぼっち:聞くなよ気にしてんだから。
後輩 :もしかして?
ぼっち:ゼロだよ。
後輩 :今度いろいろ誤送信してあげますよ。
ぼっち:それですら嬉しいから困るよ……。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:24:51.05 ID:EXX1ywun0
後輩 :上手くやってるものだと思ってたんですけどね。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:29:16.43 ID:EXX1ywun0
後輩 :私、”友達のふりしてくれ”って頼まれたの初めてですよ。
ぼっち:俺だってこんなの初めてだよ。
後輩 :友達のふりをするってことは、私たち友達じゃなかったんですか?
ぼっち:言葉のあやだよ。確かに、ほかに頼み方があったかもしれない。
後輩 :たった一言、そばにいてくれ、って言えばいいんですよ。
ぼっち:なんかそれまずいよ。
後輩 :そうですね、すみません。
ぼっち:謝らないでよ。
後輩 :はい。
ぼっち:一日そばにいてくれ。
後輩 :髪切ったらね。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:37:54.92 ID:EXX1ywun0
ぼっち:メールきた。
ぼっち:どうしよう。メールが可愛い。
ぼっち:淡泊なやつからこういう文が来ると、くるものがあるな。
ぼっち:一般人はしょっちゅうこういう思いをしてるんだろうな。
ぼっち:ただむなしい。
ぼっち:あれ、今日月曜日じゃん。
ぼっち:開いてる美容室あったかな?

ぼっち:あーあ。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:42:56.84 ID:EXX1ywun0
後輩 :髪、切ってませんね。
ぼっち:言い訳はしない。
後輩 :まあいいです。
ぼっち:え、いいの?
後輩 :気が変わりました。
ぼっち:こっそり文化祭抜け出して、美容室行こうかと思ってたよ。
後輩 :あと、言い訳はした方がいいですよ。
ぼっち:人付き合いが下手なんだ。
後輩 :ふふ。はい先輩、下向いて。
ぼっち:なにそれ、整髪料?
後輩 :はい。私、こういうの上手いんですよ。
ぼっち:おー、なんか美容師みたい。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:48:19.11 ID:EXX1ywun0
ぼっち:手、小さいなー。
後輩 :普通です。
ぼっち:なのか。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:50:13.05 ID:EXX1ywun0
>>33
「クラスぼっち」っていうべきだったね!
でも長いからめんどい

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 11:56:05.31 ID:EXX1ywun0
ぼっち:なあ。
後輩 :動かないでください。
ぼっち:あ、うん。
後輩 :それで?
ぼっち:昨日の俺がどれだけ勇気を出したかわかるかな?
後輩 :そうですね。先輩、恥知らずってわけじゃないですからね。
ぼっち:断れたら本当にきつかったかもな。
後輩 :よく誘えましたね。信用されてるってことですか?
ぼっち:それもそうだし、誘わないよりは誘ったほうがいいと思った。
後輩 :そうですね。よく誘ってくれましたよ。

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:00:53.06 ID:EXX1ywun0
ぼっち:しかし、本当にいいの? 君、文化祭を友達と過ごす時間が減るわけだけど。
後輩 :じゃあやめてもいいんですか?
ぼっち:やめてほしくない。
後輩 :いいんですよ、友達は、年中一緒にいるんですから。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:20:51.23 ID:EXX1ywun0
ぼっち:すごい、ヘアカタログみたい。でも恥ずかしいかも。
後輩 :胸を張ってください。格好いいのは罪じゃないです。
ぼっち:えっ。
後輩 :冗談です調子に乗らないでください。
ぼっち:あ、うん。
後輩 :確かに、文化祭だけ妙にお洒落するのは、恥ずかしいかもしれませんね。
ぼっち:そういうこと。――前はよく、一緒に登校してたな、そういえば。
後輩 :中学の頃は、よくしましたね。ずっと先輩が一人でしゃべってた気がします。
ぼっち:そういうやつだったな、俺。
後輩 :やってみてくださいよ、久しぶりに。
ぼっち:そうだなあ。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:25:16.04 ID:EXX1ywun0
女の子です。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:30:08.02 ID:EXX1ywun0
ぼっち:最近思ったんだけど、俺に限らず、孤立者の朝は遅いんだ。
    なんでかっていうと、多分、極力学校にいる時間を減らしたいからだな。
    とにかく学校に関わる全てが嫌になって、勉強もはかどらなくなる。
後輩 :だから最近通学時間が合わないんですね。
ぼっち:そう。学校にいるだけで常に損をしている気がするから、家に帰ると、
    その損を取り戻さなくちゃいけない気がして、何かに没頭するんだ。
    そうやって、孤立者はさらに学校になじめなくなってく。
後輩 :でも確かに、一度孤立した人が後からなじむのは、ものすごく難しそうです。
ぼっち:そう。まいったよ。

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:31:41.96 ID:EXX1ywun0
後輩 :がんばれ!
ぼっち:ありがとう。

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:33:37.06 ID:EXX1ywun0
>>59
「」←二文字
: ←一文字で済む!

この差だね。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:35:10.88 ID:EXX1ywun0
後輩 :じゃあ、またしばらくしたら。
ぼっち:ああ。メールするよ。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:40:33.86 ID:EXX1ywun0
女子:眼鏡かけてないね? どうしたの?
後輩:ああ、うん。外した。
女子:なんで?
後輩:私もよく見たいけど、それ以上に、向こうによく見てほしいから。
女子:意味深だなあ。
後輩:へへへー。
女子:なんか腹立つな。ガリ勉のくせに。
後輩:頭がいいだけですー。ガリ勉じゃないですー。
女子:なんだお前。
後輩:へへへー。

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:47:01.28 ID:EXX1ywun0
>>69
それは嫌だな…!
「」にするわ

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:49:28.40 ID:EXX1ywun0
後輩 「きましたよー。」
ぼっち「ああよかった。いらっしゃい。」
後輩 「いい匂いですね。ひとつください。」
ぼっち「お前の方がいい匂いだよ。」
後輩 「うーん……いや、セクハラかな。」
ぼっち「厳しいな。」
後輩 「嗅いだ上で言ってるならセクハラですね。」
ぼっち「じゃあセクハラしようかな。」
後輩 「すごい発言ですね、それ。」
ぼっち「ちなみに。」
後輩 「はい?」
ぼっち「この会話をクラスメイトに聞かれたら、
    確実に俺に関する悪い噂が流れると思う。リスク高い。」
後輩 「自分でやってるんじゃないですか。」
ぼっち「「あの人あんまり喋ったことなくてよくわかんないけど、
    文化祭の時『セクハラしたい』って言ってたよ」みたいな噂。」
後輩 「男の人はみんなそうなんじゃないんですか?」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 12:57:11.80 ID:EXX1ywun0
弟  「あんこ一つくださいー。」
ぼっち「はいはい。」
弟  「いいなあ楽しそうじゃん。」
ぼっち「見た目ほどじゃない。」
弟  「母さんたちは体育館で食べてたよ。じゃあね。」
ぼっち「そっか。じゃあな。」
後輩 「……私、そばに立ってるだけでしたけど、いいんですか?」
ぼっち「これで弟の尊敬は勝ち取ったも同然さ。」
後輩 「それはよかった。」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 13:04:16.15 ID:EXX1ywun0
ぼっち「家族はもう来ないみたいだし、しばらく好きにしてていいよ。」
後輩 「いちいち友達に会いに行って、すぐに戻ってくるのも面倒ですね。」
ぼっち「ここにいる?」
後輩 「そうします。」
ぼっち「悪いね。……ずっと隅にいるのもなんだし、屋台に入っちゃえば?」
後輩 「そうします。」
ぼっち「え、冗談だったんだけど。いいのかな? 入れちゃって。」
後輩 「なんか言われたら、先輩のせいにします。」
ぼっち「おお、任せとけ。」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 13:07:31.36 ID:EXX1ywun0
>>76
りょーかい

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 13:12:26.78 ID:EXX1ywun0
みんなぼっちに関しては深いこだわりがあるんだな…

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 13:14:09.66 ID:EXX1ywun0
ぼっち「クラスメイトが、意図的に俺から目を逸らしてるように感じるな。」

後輩 「私が付属してるから、今先輩はクラスメイトにとって、
   『どっちかというと他人』カテゴリに属すんじゃないでしょうか。」

ぼっち「なるほどね。ただでさえ他人のような存在だったからな。」

後輩 「私、今先輩がクラスの人と仲良くなる方法を考えてたんですけど、
    一度孤立した人を集団になじませるのは難しいですね。」

ぼっち「やっぱりそうかな。」

後輩 「少なくとも私だったら無理です。」

ぼっち「諦めたわけじゃないけどさ、最近はそんなに辛くないよ。」

後輩 「そうですか?」

ぼっち「好きな歌を歌うんだ。頭の中でね。」

後輩 「暗いですねえ。」

ぼっち「暗いけど、効果はあるよ。『Judy and the Dream of Horses』とか。」

後輩 「暗いですねえ……。」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 13:50:57.60 ID:EXX1ywun0
忍法こええ

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 14:06:07.11 ID:EXX1ywun0
後輩 「先輩の友達、まだ来ないんですか?」

ぼっち「連絡すらない。きたら連絡するって言ってたんだけど。」

後輩 「友達が帰ったら、私たちもどっか行きましょうよ。」

ぼっち「ああ、うん。」

後輩 「なんですか今の間は。」

ぼっち「いや、反応が遅れただけ。」

後輩 「実は?」

ぼっち「そのあとも一緒にいてくれるんだ、っていう安心。」

後輩 「いますよ。」

ぼっち「嬉しいよ。」

後輩 「なら、最初からそう頼めばいいじゃないですか。」

ぼっち「孤立者に発言権はないって思ってて。」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 14:12:37.63 ID:EXX1ywun0
すぱっと終わらせるか。

後輩 「先輩、なんで孤立したんですか?」

ぼっち「難しい質問だな。」

後輩 「先輩が孤立するタイプのクラスには見えないんです。」

ぼっち「そうだな。別に嫌な人たちじゃない。」

後輩 「特別何か理由があるわけじゃないんですか?」

ぼっち「強いて言うなら君のせいだね。」

後輩 「私のせい?」

ぼっち「君と友達になったせいだな。」

後輩 「ええっ。」

ぼっち「あはは。」

後輩 「ロマンチックな言葉が続くことを期待してます。」

ぼっち「君と同じレベルの友人を求め続けると、こうなる。」

後輩 「ほら言わんこっちゃない。」

ぼっち「期待したの君だろ。」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 14:16:35.28 ID:EXX1ywun0
後輩 「学校での先輩は、心なしか不愛想ですね。」

ぼっち「防御手段さ。」

後輩 「というと?」

ぼっち「今楽しいことを認めると、後で楽しくないとき辛くなるんだ。
    だから全部楽しくも辛くもない風に受け止めるくせができてるんだ。」

後輩 「笑わせるのが嫌がらせにあたるんだとしたら、今日は嫌がらせに徹します。」

ぼっち「ふーん……。」

後輩 「そういう顔、やめてください。」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 14:20:00.76 ID:EXX1ywun0
後輩 「結局、先輩の友達、来ませんでしたね。」

ぼっち「幸か不幸かね。」

後輩 「なんで来なかったんでしょう?」

ぼっち「俺に興味がないんだろ。」

後輩 「でも、まあ、これでもう心配の種はなくなったんですよね?」

ぼっち「ああ。たったこれだけのために、ずいぶん振り回しちゃったね。」

後輩 「女の子なんて、皆振り回されたくて、口をあけて待ってるらしいですよ。」

ぼっち「なんで眼鏡してないの?」

後輩 「どうして今その質問なんですか?」

ぼっち「さあ。」

後輩 「脈絡がない。」

ぼっち「じゃ、俺の幸せな勘違いだよ。」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 14:23:31.68 ID:EXX1ywun0
ぼっち「あんまり夢見させないでほしいね。」

後輩 「まったくです。」

ぼっち「明日から地獄だよ。」

後輩 「よく言った。」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/10(日) 14:26:07.73 ID:EXX1ywun0
おわた

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。