おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者「死ね!」魔王「まっままっままま待て!」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 14:40:05 ID:NLycQAZM
勇者「死ね!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「………」

魔王「……?」

勇者「死ね!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「?」

魔王「?」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 14:42:02 ID:NLycQAZM
勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「……?」カチャカチャ

魔王「?」

勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「………」

魔王「……?」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 14:46:05 ID:NLycQAZM
勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「ん……?」

魔王「?」

勇者「斬ったよね?」

魔王「……斬ってたの?」

勇者「斬ってたよ……」

魔王「そう……」

勇者「………」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 14:49:16 ID:NLycQAZM
勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「………」

魔王「………」

勇者「あのさ……」

魔王「なにさ……」

勇者「何で斬られてるのに平気なの?」

魔王「何で斬られてるのに平気なんだろうね……」

勇者「………」

魔王「………」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 14:52:09 ID:NLycQAZM
勇者「………」

魔王「?」

勇者「くたばれッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「……駄目か」

魔王「何が駄目なの?」

勇者「言い方変えたらいけるかなって」

魔王「言い方変えても無理だと思うよ……」

勇者「………」

魔王「………」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 14:56:29 ID:NLycQAZM
ザシュッ!

勇者「死ねッ!」

魔王「………」

勇者「……どうしたの?」

魔王「それやめてよ……」

勇者「もしかして効いた?」

魔王「違うけど……」

勇者「ならどうして?」

魔王「何か……心に来る……」

勇者「そっか……ごめんね」

魔王「ううん……いいよ」

勇者「………」

魔王「………」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 15:02:22 ID:NLycQAZM
勇者「………」

ザシュッ!

魔王「……待ってよ」

勇者「何?」

魔王「それは無いよ」

勇者「そうかな……」

魔王「せめて一言……言ってよね!」

勇者「わかった……次から気を付けるよ……」

魔王「頼んだよ!まったく!」プンプン

勇者「………」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 15:06:36 ID:NLycQAZM
勇者「ザシュッ!」

ザシュッ!

魔王「……うーん」

勇者「どうかな?」

魔王「カッコ悪い」

勇者「やっぱり……」

魔王「………」

勇者「………」

魔王「………」

勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「しっくりくるね」

魔王「しっくりくるね」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 15:22:11 ID:NLycQAZM
勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「グゥ、グァァァ……」

勇者「……え?」

魔王「……嘘!」

勇者「……やめてよ」

魔王「ごめん……」

勇者「………」

魔王「………」

勇者「……死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 16:12:36 ID:NLycQAZM
勇者「………」

魔王「……?」

勇者「……やってみる?」

魔王「……何を?」

勇者「ザシュッ!」

魔王「……いいの?」

勇者「うん……剣が悪いんだ多分」

魔王「いい?行くよ?」

勇者「来いやぁッ!」

魔王「死ねッ!」

ザシュッ!

勇者「」

魔王「うわわわわわぁぁあッ!」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 16:18:44 ID:NLycQAZM
魔王「勘弁してよ……」

勇者「面目無い……」

魔王「でもその剣良く斬れるね。真っ二つだったよ」

勇者「自分の半身を見れるとは思わなかったよ」

魔王「………」

勇者「………」

魔王「………」

勇者「もしかして不死身?」

魔王「さぁ……」

勇者「わからないの?」

魔王「わからないの」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 16:24:15 ID:NLycQAZM
勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「燃え尽きろッ!」

グボワァッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「凍り付けッ!」

カキンッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「消えて無くなれッ!」

バシューンッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「………」

魔王「………」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 16:27:28 ID:NLycQAZM
勇者「本気出しても駄目だった……」

魔王「ごめんね……」

勇者「………」

魔王「……?」

勇者「……その服が悪いんだ!」

魔王「は?」

勇者「脱げッ!」

魔王「やだよ……」

勇者「ケチ……」

魔王「………」

勇者「………」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 17:16:47 ID:NLycQAZM
魔王「………」

勇者「………」

??「♪」

勇者「誰?」

魔王「………」

勇者「浮気?」

魔王「そう言う冗談は嫌いだよ……」

勇者「ごめん……」

魔王「………」

??「♪」

勇者「……死ねッ!」

ざしゅー!

勇者「あれ?」

??「♪」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 17:23:07 ID:NLycQAZM
勇者「死ねッ!」

ざしゅー……

勇者「………」

魔王「やめなさい……」

??「はぁーい♪」

勇者「そろそろ教えてよ……」

魔王「えっと……魔王の盾だよ」

勇者「……盾?」

盾「♪」

勇者「魔物っぽいよ?」

魔王「ほら、魔王のだから!」

勇者「なるほど……」

盾「♪」

勇者「………」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 17:57:43 ID:NLycQAZM
勇者「死ねッ!」

ざしゅー……

盾「♪」

勇者「どうにかしてよ……ズルいよ」

魔王「うん……盾よ、今は勇者と遊んでいるから向こうへ行ってなさい」

勇者「遊ん……」

盾「はぁーい♪」

魔王「まったく……困ったものだ……?」

勇者「………」ズーン……

魔王「……勇者?」

勇者「………」ズーン……

魔王「………」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 18:19:10 ID:NLycQAZM
魔王「………」

勇者「………」

魔王「……どうしたの?」

勇者「魔王に遊ばれてた……」

魔王「ごめんね……」

勇者「………」ズーン……

魔王「………」

勇者「みんなに……魔王に弄ばれたって言い回す……」

魔王「やめてよ……」

勇者「主に無い事を織り混ぜながら言い回すッ!」

魔王「本気でやめてッ!!」

勇者「ふふふ……」

魔王「おのれ……」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 19:33:26 ID:NLycQAZM
勇者「さぁ……魔王よどういたす?クククッ……」

魔王「卑怯な……勇者め……」

勇者「何か逆転したね……」

魔王「そうだね……」

勇者「どうする?」

魔王「何もしたくないけど……」

勇者「魔王にあんな事やこんな事されたって言うよ?」

魔王「………」

勇者「さぁさぁさぁッ!」

魔王「どうすればいいですか……?」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 20:19:30 ID:NLycQAZM
勇者「そうだな……その服を脱いでよ」

魔王「ええぇ……」

勇者「いいじゃん!」

魔王「………」

勇者「ねッ!」

魔王「そんな力一杯言われても……」

勇者「グヘヘェッ!ならば我が剥いでやろうッ!」

魔王「………」

勇者「………」

魔王「いいよ続けて……」

勇者「いや……ちょっと調子に乗りすぎました……」

魔王「………」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 20:24:28 ID:NLycQAZM
勇者「………」

魔王「はい!脱いだよ!」

勇者「うん……では死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「え?」

魔王「あれ?」

勇者「………」

魔王「………」

勇者「なんだよもう……」

魔王「期待させちゃってごめん……」

勇者「本当ガッカリだよ……」

魔王「………」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 21:57:13 ID:NLycQAZM
勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「うーん……」

魔王「……服着ていい?」

勇者「いいよ」

魔王「ありがとう」ササッ

勇者「何か弱点無いの?」

魔王「……あるよ」

勇者「本当ッ!」

魔王「甘い物に弱い……」

勇者「なるほど……」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/12(火) 22:04:37 ID:NLycQAZM
勇者「死ねッ!」

バームクーヘンッ!

魔王「あ……ああ……」ガクガクッ

勇者「おおおおッ!?」

魔王「あああ……外から一枚づつ剥がれていく……」

勇者「遂にか……」

魔王「おお……美味しい……」

勇者「お父様……これで永き旅もこれで終わります……」 

盾「へい!紅茶お待ち♪」

魔王「ご苦労!」

勇者「………」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 04:11:02 ID:Bu2KwPAs
勇者「………」

魔王「ご馳走さまでした」

勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「ちゃんと教えてよ……」

魔王「そう言われても……」

勇者「………」

魔王「………」

勇者「……ッ!」ピコーン!

魔王「……?」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 04:38:56 ID:Bu2KwPAs
勇者「死ねッ!」

玉子ボーロッ!

魔王「グァァ……カリカリ……」

勇者「喰らえッ!」

ラスクッ!

魔王「あああ……サクサク……」

勇者「………」

魔王「……?」モグモグ

勇者「終わりだぁぁッ!」

カステラッ!

魔王「うう……旨い……グッ!」

勇者「………」

魔王「ムグッ!」ドンドンッ

勇者「ふふふ……」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 07:09:54 ID:Bu2KwPAs
盾「へい!おまち♪」

勇者「させるかぁッ!」

ばばッ!

魔王「……ッ!ッ!」バタバタッ

勇者「ディーフェンスッ!ディーフェンスッ!」

魔王「……グ……」ぐたぁ……

勇者「………」

魔王「………」グッタリ

勇者「……やったか?」

魔王「………」

勇者「………」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 08:10:17 ID:Bu2KwPAs
魔王「………」

盾「はわわ♪」

勇者「遂に……」

魔王「ぶはっ!……死ぬかと思った」

勇者「………」

盾「へい!お水お待ち♪」

魔王「ご苦労……」

勇者「……もうちょっとだった?」

魔王「もうちょっとだった……軽く見てはいけない光が見えたから……」

勇者「残念です」

魔王「………」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 08:20:42 ID:Bu2KwPAs
勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「………」

魔王「……飽きた?」

勇者「飽きた……」

魔王「そっか……」

勇者「………」

魔王「また甘い物責めしてくる?」

勇者「……太るよ?」

魔王「大丈夫!……多分」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 12:26:13 ID:Bu2KwPAs
勇者「死ねッ……あれ?」

盾「ま、待ってくれッ♪」

勇者「……魔王は?」

盾「なんか顔面ぶるーれいで中庭走ってますよ♪」

勇者「……太ったんだな」

盾「♪」

勇者「………」

盾「♪」

勇者「ねぇ君……」

盾「はいな♪」

勇者「……何か欲しい物は無いかい?」

盾「………」

勇者「………」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 19:40:30 ID:Bu2KwPAs
盾「そういうのはちょっと……」

勇者「………」

盾「ち、近寄らないでッ!」

勇者「いや……」

盾「私の体は……そんなに安くありませんッ!」

勇者「……?」

盾「私が望む物を与える代わりに……自分の性奴隷にしようなどと……」

勇者「ち、違っ

盾「まずは柔らかいベットで優しく愛撫を繰り返しそして挿入時には慣れるまで激しく腰を動かしたりせずあくまでも私の体を気遣い!」

勇者「………」

盾「快楽の海に沈む時を見計らい激しく情熱的に腰を打ち付け!そして……堕ちていく私を嘲笑い何をしても拒ばない体に仕上げていくのですねッ!」

勇者「………」

盾「………」ガタガタ……

勇者「違うし……長いよ……」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 06:13:03 ID:105Jc9ss
盾「……ならなんですか?」

勇者「何か欲しい物をあげるから魔王の弱点を教えてよって!」

盾「普通ですね♪つまらない♪」

勇者「……君が異常なんだよ。で、欲しい物は無いかい?」

盾「ん♪」

勇者「……魂とか寿命とかやめてね」

盾「じゃあお茶漬けの素で♪」

勇者「………」

盾「♪」

勇者「あのカリカリが入ってるやつ?」

盾「カリカリが入ってるやつ♪」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 06:20:02 ID:105Jc9ss
勇者「はい……」

盾「おお♪」

勇者「………」

盾「ありやとやす♪」

勇者「………」

盾「♪」サラサラ……カリカリ……

勇者「ッ!」

盾「ご馳走さまでありんす♪」

勇者「そのまま食べないで……素の意味が無いよ……」

盾「♪」

勇者「………」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 06:58:21 ID:105Jc9ss
勇者「さぁっ!魔王の弱点を教えてよ!」

盾「ありませんよ♪」

勇者「………」

盾「♪」

勇者「無いの?」

盾「無いの♪」

勇者「………」

盾「♪」

勇者「………」

盾「弱点あったら今頃私が魔王になって世界を恐怖のドン底に落としまくってますからす♪」

勇者「……君、結構黒いんだね」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 08:29:21 ID:105Jc9ss
勇者「死ねッ!」

ザシュッ!

魔王「ま、待ってくれッ!」

勇者「……痩せた?」

魔王「………」

勇者「……ごめん」

魔王「………」

勇者「死ねッ!」

モンブランッ!

魔王「………」ふらふら……

勇者「………」

魔王「はッ!……ま、待ってくれッ!」

勇者「無理する事は無いよ」ニヤリ

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 09:56:27 ID:105Jc9ss
勇者「ほら」

魔王「やめて……」

勇者「ほらほら」

魔王「ああ……」ふらふら……

勇者「ほらほらほらッ!」

魔王「ああああッ!」パクッ!

勇者「………」

魔王「ふぁぁん……美味しいよぉ……」モグモグ

勇者「クククッ……」

魔王「………」

勇者「……ここでひとつ提案があるんだ」

魔王「……なんだ?」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 13:37:11 ID:105Jc9ss
勇者「どうやら魔王を倒せそうに無い」

魔王「で、諦める?」モグモグ

勇者「違う!」

魔王「……じゃあ?」

勇者「………」

魔王「………」

勇者「魔王を仲間に引き入れようかと」

魔王「仲間にならないよ……」

勇者「………」

ミルフィーユッ!

魔王「ッ!」

勇者「………」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 16:09:43 ID:105Jc9ss
勇者「……どうかな?」

魔王「あ……ああ……」ふらふら……

勇者「………」

ショートケーキッ!チーズケーキッ!

魔王「ッ!!!」

勇者「……まだまだ余力はあるよ?降参する?」

魔王「ま、まだまだッ!」

勇者「ふぅん……なら死ねいッ!」

チョコレートケーキッ!

魔王「グアアァ……」プルプル……

勇者「あはははははっ!」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 17:16:28 ID:105Jc9ss
魔王「……くっ……悔しい」モグモグ

勇者「さぁ我が下僕になれッ!」

魔王「………」モグモグ

勇者「……?」

魔王「……まだだ」

勇者「何……?」

魔王「………」

勇者「………」

魔王「えい!」

ズシャッ!

勇者「ギャァァアッ!」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 17:27:45 ID:105Jc9ss
勇者「」

盾「どうしますこれ♪」

魔王「もうお腹一杯だから捨ててきていいよ」

盾「はいな♪」

魔王「次は東方の勇者来ないかな」







おわり

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。