おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

律「ねむねむ天使」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:23:56.03 ID:16wrmhbw0


「どうしてこうなった……」


身動きを取れなくなった私は溜息混じりに呟く。
折角の春休み、実家でのんびり出来ると思ったらこの状態だ。
まったく……、勘弁してくれよな……。
このままじゃ絶対に明日筋肉痛になっちゃうだろうしさー……。

三回、大きな溜息。
それから、私は自分の膝の上に視線を下ろしてみる。
私の溜息の原因にして、膝の重みの根源が三十分前から変わらずそこに居た。
たまに聞き取れないくらい小さな声を上げながら、胸の辺りを静かに上下させて。

三十分――、そう、三十分だ。
三十分間、こいつは私の膝の上で両手を広げて寝転がっている。
私の膝の上から離れたくないっていう理由なら、
まだ可愛げがあるんだけど、残念ながらこいつは単に眠り惚けてるだけだった。
それも、熟睡ってレベルじゃなくて、完全な爆睡ってレベルだ。
いくら頭を揺り動かしても起きる様子は一切無かったし、涎まで垂らしてやがるんだから。
百年の恋も冷めるな、こりゃ。
いや、別に私がこいつに恋してるって意味じゃないけどさ。


「ほれ、ぐにぐにー」


小さく呟きながら、私はこいつの頬を軽く抓ってみる。
上下左右に動かしたり、目蓋を無理矢理開いてみたり、
前にこいつとやったにらめっこで見せられた表情にしてみたり――、
こいつが眠りこけた時からたまにやってみてる事を諦め半分で繰り返す。

だけど、やっぱりこいつは起きない。
それどころか、爆睡してるはずなのに、
私の腕を反射的に振り払って、また寝息を立て始めたりもしてやがる。
どれだけ爆睡しているんだ、こいつは。


「ったく、こいつはよー……」


私は重心を後ろに掛けて、思わず呆れ顔で呟いてしまう。
視線を天井の方に向けて、遠い目になってみせる。
それから私はまた今日の事を思い出してしまっていた。
こいつが爆睡してから何度目になるか分からない、今日の回想シーンだ。

大学一年の講義がやっと全部終わった春休み。
バイトもある程度の長期休みが取れた私は、単身実家に帰っていた。
別に寮に居てもよかったんだけど、たまには家族に顔も見せたいじゃん?
まあ、結構身長が伸びたらしい聡をからかってやりたかったし、実家で少し楽をしたかったってのもあるけどさ。
そうして実家でのんびりしてる私に、こいつから連絡があったのは昨日の事だった。
私の家で話したい事がある――ってのが、こいつの言い分だった。
実家に帰省している大学生に特別な用事が入ってるわけも無い。
私は深く考えずに二つ返事でこいつの誘いを了承した。

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:24:32.50 ID:16wrmhbw0
――よ、いらっしゃい。


そう言って、こいつを迎えたのが今日の午後三時くらいの事だ。
何処かに遊びに行ってもよかったんだけど、昨日のこいつの声色は結構真剣に聞こえた。
特に重大な問題を抱えてるわけじゃないにしても、何か私に話したい事があるのだけは間違いない。
だから、私は実家でこいつと会う事に決めたんだよな。
久し振り――って程でもないけど、
ちょっと見てなかったこいつの顔を見るのは正直嬉しかった。
私の気のせいじゃなければ、こいつもかなり嬉しそうな顔をしていたはずだ。

私の部屋で切り出されたこいつの話自体は簡単な話題だった。
今年度の一年はどう過ごしたか、来年度からはどういう一年にしたいか。
大体がそういう話題だったし、私の考えてた通り深刻な問題は無いみたいだった。

ただ――、こいつの会話に掛ける情熱が並大抵じゃなかったんだよな。
かなりお喋り好きな自覚がある私が違う話題を切り出せないくらい、
こいつはたくさんの事を話して、たくさんの事を私に訊ねたがってた。
いくら話しても話し足りないって様子で、一番熱が入った時なんか、
私達のおでこ同士がぶつかりそうなくらいにじり寄っても来た。
それどころか、下手すりゃ唇も重なってたかもな……。
とにかく、それくらいこいつは私とたくさんの会話をしたがった。

私はそれが嬉しかった。
私だって話好きなんだもんな。
自分から話題を切り出せないのはともかく、どんな話題でもこいつと話せるのは楽しくて嬉しい。
だから、私はこいつに負けじと色んな話をしてやったんだ。
今年一年、私かどんな事を感じたのか話したかったし、
こいつがどんな事を考えながら一年を過ごしていたのか、知りたかったからさ。

ちょっと話し疲れを感じ始めた頃だったかな?
何となく時計を見てみると、いつの間にか六時を回っていた。
窓の外の空模様もかなり暗くなってしまっている。
三月も中旬になって陽が長くなって来たとは言っても、まだまだ陽は短い。
そろそろ帰って来るはずの父さんに車を出してもらって、こいつを家まで送ろうか――。
そう思ってこいつの方に視線を戻した時だった。

こいつが私の方に全身から抱き着いて来たのは。
その瞬間、私の胸が強く高鳴った。
まさか私と離れたくないから抱き着いて来たのか、ってそう思った。
それくらい自分がこいつに好かれてるって考える事は、照れ臭いけど嬉しくもあった。

まあ、そんな事があるはずもなかったのには、すぐに聞こえたこいつの寝息で気付けたんだけどな。
つまり、こいつは単に話し疲れて、私の方向に倒れ込んで来ただけって話だ。


――ですよねー……。


呟きながら、私は寄り掛かって来るこいつの体重を支えた。
分かっちゃいたけど、ちょっと残念だったのは内緒だ。
それはともかくとして、久々に感じたこいつの体重はかなりずっしりと感じた。
別にこいつが太ったってわけじゃない。
こいつの全身に力が入ってない――、つまり、完全に爆睡してるって証拠だ。
寄り掛かられてる体勢のままじゃ、この重さは私だって辛い。
それでどうにかこいつと私の体勢を、
お互いにとって楽な状態に変えようとした結果、
今の私がこいつを膝枕してるっていう体勢になってしまったわけだ。

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:25:08.88 ID:16wrmhbw0
「にしても、爆睡し過ぎだろ、おまえ……」


呟きながら、膝の上のこいつの頭を撫でてみる。
起きる様子は無かったけど、私の手の感触が気持ちいいのか少しだけ身体を動かした。
心なしか表情も笑顔になり掛けているような気もする。
寝てる時は可愛いんだよなー、こいつ。
いや、起きてる時が可愛くないってわけじゃないんだけどさ。
でも、やっぱりこいつの寝顔って可愛いよな。
唯ほどではないにしても、私だって可愛い物は嫌いじゃない。


「いつまでも寝てるんだったら、チューしたるぞ?」


耳元で軽く囁いてみる。
勿論、冗談だし、そんな事をするつもりなんて無い。
万が一狸寝入りだったらこいつに少しは反応があるかも、って思っただけだ。
でも、こいつは何の反応も見せずに寝息を立てていた。
やっぱり完全に爆睡しちゃってるだけか。
どんだけ疲れてたんだよ……。


「まったく、こいつは……」


軽口を叩きながらも、私はまたこいつの頭を軽く撫でる。
こいつは疲れてる。すっごく疲れてる。
この一年間頑張って来て、ずっと疲れも溜まってたんだろう。
それでも、こいつは頑張ったし、そんな疲れた状態でも私と話がしたかったんだ。
この一年の事を私に報告したくて。
私はそんなこいつの事が何だか愛おしくて、もう少し私の膝の上で休ませてやりたくなる。
なあ、私が女の子座りで膝枕だなんて、こんなサービス、滅多にしないんだからな?
明日筋肉痛になってたら、おまえのせいなんだからな?
何か奢れよな、たまには和菓子とかさ。


「相変わらず綺麗な髪だよな、おまえ……」


微笑みながら、指通りのいい長い綺麗な黒髪を梳いてみる。
前から思っていたけど、こいつの黒髪って凄く綺麗だよな。
ステージでも映えて、会場全員――とは言わないけど、かなりの注目を集めてる。
ファンも相当居るんじゃないか?
まあ、こんな腹出して寝てる姿を見られたら、幻滅されるかもしれないけどな。
いや、逆にファンが増えるのかな?
ファンは好きなアイドルのどんな姿でも受け入れるって聞いた事があるしな。

それにしても、腹を出して寝てるとかよっぽどだぞ、おまえ……。
勿論、疲れてた証拠なんだけど、それ以上に私に気を許してるって意味でもあるのかもな。
そうだったら、嬉しいな。
思い出してみりゃ、私ってこいつと知り合った最初の方はかなり警戒されてたよなー。
出会いがあれだったから無理もないけど、最初は嫌われてるのかと思ったもんだ。
いや、ひょっとした嫌われるまではいかなくても、かなり苦手に思われてたのは間違いないかな。
声を掛けても緊張した表情ばかり向けられてたもんな……。

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:25:59.56 ID:16wrmhbw0
でも、こいつは今、私に軽口を叩くくらいになってるし、
今は私の膝の上で寝息を立てて、腹まで出してくれちゃってる。
ずっと同じ部活をして来て、やっと辿り着けた私達の今。
だったら、もうちょっとこのまま眠らせてやってもいいよな。
体温も物凄く温かくなってるし、こりゃちょっとやそっとじゃ起きないだろうしな。
相当気を張ってた証拠なんだ、今まで。


「頑張ったんだよな」


床に放射線状に広がるこいつの黒髪を見ながら、また声を掛ける。
普段は結んでるくせに、今日に限ってこいつは髪を下ろして私の家に来た。
イメチェンかな、って思ってたんだけど、きっと違ったんだな。
ずっと気を張ってた一年が終わって、ちょっと気が抜けちゃったんだろう。
それでもどうにか気を張って私と話をして、
かなり話を終えた所で最後の気が抜けちゃったんだろうな。

変な所で生意気で、
変な所で律儀で、
変な所で一生懸命なんだよな――。

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:26:27.83 ID:16wrmhbw0









――梓は。










7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:27:18.10 ID:16wrmhbw0
私は両手で梓の柔らかそうな頬を軽く包んだ。
温かい頬。
上下に動く小さな胸。
小柄な身体と子供っぽい外見。
気を許した猫みたいに腹を出して寝る梓。
小さくて生意気で寂しがり屋で頑張り屋の後輩――。

この一年、梓は部長として一人で頑張って来た。
先輩の私達に頼ろうとせず、新生軽音部を引っ張ってくれた。
勿論、憂ちゃんや純ちゃんの支えもあっただろうけど、
何だかんだ言っても、二人とも新入部員には違いないんだ。
だから、二人の分も引っ張らなきゃ、ってずっと気を張ってたんだと思う。
気を張ってたから小さな事でも一喜一憂して、泣いたり笑ったり、目まぐるしい一年だったはずだ。

私にそれが出来るのかな、って思う。
私は部長だったけれど、同級生の皆が居てくれたから気楽に頑張れた。
皆に支えられて、部長をやって来られた。
だけど、梓は自分以外新入部員って状態で部長になった。
気の知れた友達が二人居ると言っても、どれだけのプレッシャーがあっただろう。
私達先輩に負けないように――、
後輩に楽しい思い出を作ってもらえるように――。
真面目な梓だから、それこそ精一杯頑張ったんだろう。
慣れないボーカルなんてのもやったりして、自分に出来る限り――。


「やっぱりおまえは天使だよ、梓」


気付けば、私はらしくない恥ずかしい言葉を言ってしまっていた。
でも、それは本心だ。
ただそれは可愛いっていう天使のイメージから出た言葉じゃない。
私達を導く天の使い的なイメージからの言葉だ。
私達四人だけだった軽音部。
四人だけなら、こんなにも音楽を頑張ろうとは思えなかったかもしれない。
こんなに音楽を好きになる事も無かったかもしれない。
梓が居なければ、いつまでも今より適当な部活を続けてたかもしれない。
だから、梓と出会えてよかった――って、心からそう思う。

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:27:48.49 ID:16wrmhbw0
「ありがとな」


今度は優しく梓の頭を撫でる。
この一年の頑張りにお礼の意味を込めて。
私達の軽音部を存続させてくれた感謝の意を込めて。
私も梓にとっての天使になってやりたいから。
これから楽しい大学生活を過ごせるよう導ける梓にとっての天使になりたい。
ははっ、がらにもない言い種だけどさ。
でも、今の私は本気でそう思ってる。
それと――




――卒業おめでとう、梓。




おまえの卒業式の後、皆で会って打ち上げもしたけど、
まだ二人きりでちゃんと面と向かっては伝えてなかったよな。
だからさ、おまえが目を覚ましたら、もう一度伝えるよ。
卒業おめでとう、って。
軽音部で頑張ってくれてありがとう、って。

そういえば――。
考えてみたら、梓はそういう意味も込めて、私に会いに来たのかもしれないな。
新部長から旧部長にこの一年の活動報告ってやつ。
何とも律儀で真面目な梓っぽいじゃんか。
途中で気が抜けて寝ちゃうのも、何処か抜けてる梓っぽいと言えなくもないかな。

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:28:46.96 ID:16wrmhbw0




こつん。




何となく思い付いた私は、梓の頬を掴んでお互いのおでこを重ね合わせた。
深い意味は無んだけど、今はずっと頑張ってくれてた梓の体温を感じたい気分だったんだ。
梓のおでこは熱を持って温かった。
ずっと頑張って来た梓の情熱の残り火みたいだ――。

温かい梓のおでこ――。
おでこを重ねて私の考えてる事が届けば楽なんだけど、そういうわけにもいかないよな。
照れ臭いけど、私の気持ちは自分の口で伝えないといけない。
それが旧部長の私に出来る最後の事だと思うから。
勿論、それで私の役割が終わるわけじゃない。
来年度からは部長とかそういう関係じゃなくて、単なる大切な仲間として頑張ろうな!

梓は――。
こいつはまだまだ目を覚ます気配が無い。
こいつは寝起きのいい方じゃないし、下手をしたらこのまま朝まで眠ってるかもしれない。
私だって最大で十二時間寝てた記録の保持者だ。
張っていた緊張の糸が途切れた時に、爆睡してしまう気持ちもよく分かる。
だったら、今は寝させてやらなくちゃな。
来年度からはまた目まぐるして楽しい大学生活が待ってるんだ。
だから、今ぐらいは、な。

私は手を伸ばして、床に置いていた自分の携帯電話を手に取る。
登録してあった梓の自宅の電話番号に掛けると、三コール目で梓のお母さんが出た。
「爆睡してて今日は起きそうにないから、今日は泊めてあげてもいいですか?」、
って伝えると、案外簡単にお母さんも了承してくれて、
電話の終わり際に「あの子、田井中さんに会うのをすっごく楽しみにしてたんですよ」って言われて、
それで嬉しいんだか気恥ずかしいんだか分からないんだけど、背中が痒くなっちゃったりして、唐突に――。


「ふわぁ……」


梓の寝顔をずっと見ていたせいか、私まで何だか眠くなってきてしまった。
欠伸は伝染するって言うけど、そういうのも関係してるんだろうか?
ま、いいか。
念の為、冷えないように暖房の温度を少しだけ高くしてから、
私は膝を開いて太股の間に梓の頭を下ろしてから、両の手のひらをその頭の下に敷いた。
いくら何でも、膝枕したまま寝ちゃうと、筋肉痛どころか血の流れが悪くなっちゃいそうだからな。
それは梓だって望む所じゃないだろうし、私も手のひらくらいだったらきっと大丈夫だろう。
手のひらが多少は痺れたって構わない。
今日は梓とこうして二人で微睡みの中で眠っていたいんだから。

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:32:21.91 ID:16wrmhbw0
電気を消して二人で眠りの中に落ちていく前に、
私は最後にもう一度だけ梓の頭をゆっくりと撫でた。
これまでで一番優しく撫でたおかげかどうなのか、梓が気持ち良さそうな笑顔になって寝言を呟いた。


「律先輩……。
しっかり……頑張って下さいね……」


まったく、どんな夢を見てるんだかな――。
夢の中でも私はしっかりしてないのかよ……。
まあ、いいか。
これからは私ももう少しはしっかりしてみる事にするよ、梓。
この一年、おまえはしっかり頑張ってくれたんだもんな。
少しはしっかりしてみせなきゃな、私も。
だからさ、梓、おまえも今日はしっかり休めよ。
しっかり休んだらさ、また明日からしっかり遊んで、しっかり頑張ろうぜ?

そのためにも今はおやすみ、だな。
ああ……、私もカチューシャ外さなきゃな……。
でも、今からまた両手を動かすのも面倒だし、梓から手を離したくないな……。
だったら、いいや……。
でも、最後に……、最後に一言だけ言っとかなきゃな――。

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:32:48.69 ID:16wrmhbw0






「また、明日な、梓――。













            ――お疲れさん」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/18(金) 19:33:15.99 ID:16wrmhbw0

これで完結です。
短編ですが、ありがとうございました。

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。