おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルト「サイ!オナホ描いてくれってばよ!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:09:43 ID:DC4TRrx.
ナルト「サイ!描いてくれってばよ!」

サイ「えぇ…オナホですか…?」

ナルト「そうだってばよ!早く!」

ナルト「超獣偽画でバァーってさ!」

サイ「オナホ…ってなんですか?」

ナルト「えぇ!?お前、オナホ知らねえのか!?」

サイ「はい…すみません」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:10:19 ID:DC4TRrx.
ナルト「…そうなのか…知らなきゃ描けないしなぁ…」

ナルト「よし!じゃあ、俺について来いってば!」

サイ「…はい」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:11:06 ID:DC4TRrx.
テクテク

サイ(オナホ…オナホ…)

サイ(こういうのは大抵略称していると、確か本で…)

サイ(オ…俺についてこい…)

サイ(ナ…なあ、いい体してんな…)

サイ(ホ…掘ってやるよ…)

サイ「僕は今からナルト君に…掘られるのか…」

ナルト「ん?どうしたんだサイ?」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:11:46 ID:DC4TRrx.
ナルト「家に着いたってばよ!」

サイ「…」

ナルト「どうした?」

サイ「いえ、なんでも…」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:12:35 ID:DC4TRrx.
ナルト「サイ、これがオナホの写真だってばよ!」

ナルト「これ参考にして、いいの頼むってばよ!」

サイ「これが…オナホ…」

サイ「…ナルト君、僕を掘るんじゃなかったんですか?」

ナルト「えぇっ!?なんで俺がサイを掘るんだってばよ!?」

サイ「…僕の見当違いでした」

ナルト「そうしておいてくれってばよ」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:13:06 ID:DC4TRrx.
ナルト「いいか?オナホってのはさ、こういう風に、勃起チンコに嵌めてずぽずぽするもんなんだ」ジェスチャー

サイ「オナニー用の道具ですか?」

ナルト「まあそんなとこだってばよ」

サイ「なんだ…それなら僕も知ってます」

ナルト「え!?」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:14:00 ID:DC4TRrx.
ナルト「ど、どういうことだってばよ!?」

サイ「僕も超獣偽画でこれに似たものを描いて、オナニーしてました」

ナルト「でも…オナホを知らないって言ってたのに、どうしてだ?」

サイ「…ダンゾウ様が使っていました」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:14:49 ID:DC4TRrx.
サイ「昔、ダンゾウ様が気持ちよさそうにしていたので、何をしているのかと覗き見していたんです」

サイ「そしたら、このオナホというものに似たものを使用していらっしゃったので…」

サイ「これを使えば、僕も気持ちよくなれるのかな…って」

サイ「でも、人のものは使ってはいけない…特に、ダンゾウ様のものは」

サイ「でも、僕も気持ちよくなりたい…ダンゾウ様のように、あれで気持ちよくなりたい…と思いました」

サイ「だから、昔の僕はあの光景を思い出し、超獣偽画で…」

ナルト「成る程…」

ナルト(正直、よくわかんないけど、サイはオナホを描けるってことだな!?)

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:15:26 ID:DC4TRrx.
ナルト「…で、描けそうか?」

サイ「はい…大丈夫です」

ナルト「じゃあ頼むってばよ!」

サイ「…」サラサラ

サイ「忍法・超獣偽画」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:16:00 ID:DC4TRrx.
ナルト「これが…オナホ…!夢に見てたってば!」

サイ「…ところで、ナルト君」

サイ「君はどうして実物を買わないんですか?」

ナルト「うっ…」

サイ「超獣偽画のよりいいと思うんですが…」

ナルト「…買いに行く勇気がないんだってばよ…」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:16:48 ID:DC4TRrx.
サイ「そうですか…」

サイ(普段の行動力、軽率さからは微塵も感じられない繊細さ…)

サイ(意外性NO 1の忍者という評価は妥当だったんですね)


ナルト「サイ、使っていいよな?」

サイ「ご自由に」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:17:34 ID:DC4TRrx.
ナルト「うほぉーーーーっ超獣偽画オナホオナニー気持ちいいってばよっ!!」

サイ「…」

ナルト「イグっイグイグイグってばよぉ!」ドピュルルル

サイ「…解」

ベシャアア

ナルト「ああっ!何するんだってばよサイ!」

サイ「イったからもういいのかと…」

ナルト「そんなわけないってばよ!」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:18:38 ID:DC4TRrx.
ナルト「おかげで足元が墨と精液だらけだってばよ!」

サイ「すみません…」

ナルト「まったく…掃除しなきゃなんねえってば………」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:19:39 ID:DC4TRrx.
ナルト「…あ~めんどくせぇ~」フキフキ

サイ「うわ…すごいだしたんですね。精液の量すごいですね」

ナルト「うるせぇってばよ…お前が術解かなかったらよかったのに…」フキフキ

サイ「すみません…」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:20:34 ID:DC4TRrx.
ナルト「…でさ、サイ」

サイ「はい?」

ナルト「サスケ…描いてくんねえか?」

サイ「サスケ君ですか…?」

ナルト「うん…サスケと寝てみたいんだってばよ」

サイ「…わかりました」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:21:45 ID:DC4TRrx.
サイ「…」サラサラ

サイ「忍法・超獣偽画」

サスケ(超獣偽画)「…」

ナルト「おお!サスケに似てるってばよ!」

サイ「こんなので…」

ナルト「全然いいってばよ!」

ナルト「…」

ナルト「…悪いんだけどさ」

サイ「なんでしょう?」

ナルト「もうちっとアレ…でかく描いてくれねえか?」

サイ「…巨根趣味ですか…」

ナルト「うるせぇってばよ!」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:23:21 ID:DC4TRrx.
サイ「…どうですか?」

ナルト「理想のサスケだってばよ!」

サイ「…ナルト君」

ナルト「なんだ?」

サイ「君の趣味にとやかく言おうとは思いません」

サイ「だけど、聞いておきたいことがあります」

ナルト「早くサスケ(画)と寝たいから手短に頼むってばよ」

サイ「…受け専ですか?ナルト君は?」

ナルト「その通りだってばよ」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:24:10 ID:DC4TRrx.
サイ「一体どこでその趣向が…」

ナルト「…エロ仙人にさ、教えられたんだ」

サイ「…自来也様ですか」

ナルト「そうだってばよ」

ナルト「あれは…確か、祭りのときのことだってばよ」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:25:19 ID:DC4TRrx.
ナルト『ねえ!ねえ!あれ買ってくんない!?』

自来也『ん~?』

ナルト『あれだってばよ!』

自来也『アイスか…』

自来也『いいだろう。買おうかのう』

ナルト『いぇい!やりぃ!』

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:26:07 ID:DC4TRrx.
自来也『ところでお前さん…アイスの別の楽しみ方、知っとるかのう?』

ナルト『なんだぁそれ?アイスは食べるもんだろ?』

自来也『実はな…こうして楽しめる』パキン

自来也『ナルト、服を脱げ』

ナルト『!?』

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:27:11 ID:DC4TRrx.
自来也『いいから脱げ。話が進まんからのぉ』

ナルト『ほ~い…』

自来也『全部だ全部』

ナルト『え!?』

自来也『いいから早くしろのぉ』

ナルト『ほ~い…』

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:28:00 ID:DC4TRrx.
自来也『四つんばいになって尻をこっちに向けろのぉ』

ナルト『…ほ~い』

自来也『ふむ…小さいケツの穴だのう』

ナルト『エロ仙人はなにがしたいんだってばよ?』

自来也『力抜け…そら!』ズボッ

ナルト『ひぎぃ!?』

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:28:30 ID:DC4TRrx.
自来也『アイスをケツの穴にぶち込まれるのはヒンヤリして気持ちええだろうのぉ!』

ナルト『そんなわけ…ねえってばよ…!』

自来也『アイスが溶けるまでヤるからのう!』ヌポッヌポッ

ナルト『いぎぃ…あっ…』

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:30:01 ID:DC4TRrx.
ナルト「ってことがあったんだ…」

サイ「…………………………………………………………………………………………………………」

ナルト「あれ以来、3日に一回はケツの穴に何かぶち込まないと気がすまない性質になっちまったんだってば…」

ナルト「でも、エロ仙人のことを憎んだりはしてねえ…」

サイ「…それでいいのですか?」

ナルト「いいんだってばよ」」

ナルト「これが俺の忍道だからな」

サイ「…そうですか」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:31:01 ID:DC4TRrx.
ナルト「じゃあ、俺はサスケ(超獣偽画)を寝てくるってばよ!」

ナルト「ほらサスケ(超獣偽画)!」

サスケ(超獣偽画)「…」

ナルト「あ、喋らすことはできねえのか?」

サイ「さすがに声までは…」

ナルト「そうか…じゃあ脳内補完だってばよ」

サイ「…じゃあ僕はこれで…」

ナルト「ありがとなサイ!」


こうしてナルトはサスケ(超獣偽画)と一晩すごした

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/04(水) 23:32:12 ID:DC4TRrx.
終わり
こりゃあひどいってばよ

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。