おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカサ「私のチン●から変な液体が出た」ジャン「え……」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/08(日) 23:28:59 ID:i9Ft1QkY
ジャン「い、いやミカサは女だよな?」

ミカサ「それは当たり前のこと」

ジャン「ていうかミカサ、ちん●とか言ったらダメだらら」

ミカサ「でも、液体が出てきたから言った」

ジャン「ところでなんで俺に言ったんだよ!」


こんな感じの誰か書いてほしい

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 04:08:15 ID:n6Mql4gE
ミカサ「エレンには心配を掛けたくない」

ジャン「それにしてもアルミンとかマルコとかよ///(ちょっと恥ずい)」

ミカサ「あなたは言いにくい事でも言ってくれると判断した」

ジャン「でも、女には付いてないだろう?」

ミカサ「?」

ジャン「だから!男と違って女には…その…ないだろ?」

ミカサ「男には雄(お)チンチン、女には雌(め)チンチンが付いてる。違う?」

ジャン(あ、そういう教育を受けたのか…)

ミカサ「どちらもチンコ。ジャンは無知だ。やっぱりマルコにでも見てもらおう」フゥ…

頑張ったけど無理だった
誰か任せた

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 11:32:29 ID:MRa4Eugc
ミカサ「マルコ、相談がある」

マルコ「ん?ミカサが僕に相談なんて珍しいね」

ミカサ「私のちんちんから変な液体が出た」

マルコ「成る程…ちんちんから変な…えっ?えっ?」

ミカサ「私はとても困っている…エレンがこの事を知るととても心配するだろう。ので、知られる前にあなたに相談した」

マルコ「ま、まず、質問していいかな?」

ミカサ「勿論」

マルコ「ミカサは女の子だよね?」

ミカサ「当然」

マルコ「じゃあ…ち、ちんちん///はついてないよね?」

ミカサ「マルコ、何を言ってるの?ちんちんは男女かかわらず誰にでもついてるはず」

マルコ「えっ」

ミカサ「えっ」

マルコ「なにそれこわい」


こうですか?わかりません><

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 14:41:36 ID:IcK5xUSo
ミカサ「見た方が早い」

誰か…エロを書けるやつは…
誰でも良い…誰か…

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 20:50:50 ID:Lr/V4vM.
ミカサ「これを見れば早い」ポロン

マルコ「ファッ!?」

ミカサ「こいつをどう思う?」

マルコ「すごく…大きいです…」


こんな感じ?


10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 21:02:23 ID:Lr/V4vM.
ミカサ「これを擦ると」シュッシュッ

ミカサ「堅くなる」ボッキ

マルコ「」

ミカサ「さらに擦ると」シュッシュッシュッ

ミカサ「血管が浮き出る」ボッキッキ

マルコ「」

ミカサ「もっと擦ると」シコシコシコシコ

ミカサ「変な液体が出てくる」ネチャァ

マルコ「」

ミカサ「マルコ、答えてほしい。私は病気なの?」ボッキーン

マルコ「」


マルコ「」


11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 21:19:40 ID:Lr/V4vM.
ミカサ「舐めてみると変な味がするの」ペロ

マルコ「」

ミカサ「マルコ?白目を剥いていないで、答えて」ユサユサ

マルコ「」ユサユサ

ミカサ「……返事がない。ただの屍のようだ」

ミカサ「………」

ミカサ「マルコのちんちんは大丈夫なんだろうか」カチャカチャ

ボット「」ショボン

ミカサ「………柔らかい」ニギニギ

ミカサ「とりあえず擦ってみよう」シュッシュッ

ボット「」ムクッ

ミカサ「もっと擦る」シュッシュッシュッ

ボット「」ムククッ

ミカサ「もっともっと擦る」シュッシュッシュッシュッ

ボット「」ムクククッ

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 21:41:09 ID:Lr/V4vM.
ミカサ「………堅くなったのに液体が出てこない」

ボット「」ボッキ

ミカサ「やはり私は病気なのだろうか」ションボリ

ミカサ「………」

ミカサ「そういえば、エレンのベッドの下にあった本にはちんちんを舐める女の人がいた」

ミカサ「傷は舐めると治るとも言うことだし、舐めてみよう」

ミカサ「私は自分を完璧に支配できる」

ミカサ「ので。立ったままちんちんを舐めることもできる」ペロ

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 21:58:41 ID:Lr/V4vM.
ミカサ「………」ペロペロ

ミカサ「変な液体の量が増えてきた」

ミカサ「悪いものが出ているということ?」

ミカサ「もっと舐めれば治るかもしれない」

ミカサ「今度は咥えてみよう」パク

ミカサ「ん……ふぁ……」ジュボジュボ

ミカサ(顎が痛い……。けれど、味が濃くなってきた気がする)ジュボジュボ

ミカサ(よし。もう少し早く動いてみよう)ジュボジュボジュボ

ミカサ(あ……。何だか変な気分になってきた……)ジュルジュルジュル

マルコ「………はっ!!僕は今何を……」

ミカサ「ん……くっ………」ドピュッッ

マルコ「」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 22:12:32 ID:Lr/V4vM.
マルコ(あ…ありのまま、今起こった事を話すよ!)

マルコ(僕はミカサにちんちんについて相談を受けていた)

マルコ(ミカサが僕の前で扱き出したと思ったらセルフフェラでイっていた)

マルコ(その上、僕は下半身丸出しで勃起している)

マルコ(な……何を言っているのかわからないと思うけど、僕も何をされたのかわからない……)

マルコ(頭がどうにかなりそうだ……)

マルコ(催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてない)

マルコ(もっと恐ろしいものの片鱗を味わったよ……)

ミカサ「……マルコ?」

マルコ「ファッ!?」ビクッ

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 22:20:38 ID:Lr/V4vM.
ミカサ「良かった。気が付いたのね。白目を剥いたまま何の反応もなかったから心配した」

マルコ「は……ははっ、心配かけて、ごめんね………?」

ミカサ「?どうしたの?顔が引きつっている」

マルコ「いや、気にしないで……」

マルコ(君が気にすべきところはそこじゃないだろ……)

ミカサ「………」

マルコ「……?ミカサ?どうしたの?」

ミカサ「今のマルコの様子がおかしいのは、きっと変な液体が体内に溜まっているせい」

ミカサ「マルコには私もエレンもいろいろと助けてもらっている」

ミカサ「ので、マルコの体の悪いものを出してあげよう」パクッ

マルコ「ファッ!?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 22:27:00 ID:Lr/V4vM.
マルコ「ミカサ!?な、何を……!?」

ミカサ「ん……」ニュプ

ミカサ「安心して。私の中の悪いものもこうして外に出した」

ミカサ「私には体に溜まった悪いものをだす力がある」

ミカサ「マルコは安心して私に身を委ねるといい」パクッ

マルコ「ミカサ……」トゥンク

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 22:42:18 ID:Lr/V4vM.
ミカサ「ふぁ……、ちゅっ、……ん……、れろ……」チュパチュパ

マルコ「う、あ……」

マルコ(トゥンクって何だよ!!ときめいている場合じゃないだろ!!)

マルコ(こんなこと、していちゃいけない……!)

マルコ(わかっているのに………!!)

マルコ「はっ……、ん……、ミ、ミカサ………」

マルコ(気持ち良すぎる………!!!)

ミカサ「ぬちゅ……、んふぅ………、ぁ……れろ」ニュチュニュチュ

マルコ「うっ、ミカ、サ……、そ、そろそろ、はな、し、て………」

ミカサ「……れろ……、ぅ……ちゅ、ん……」

マルコ「ん……!!だ、め、………で、でる………!!!」ドッピュッッ!!

ミカサ「あ………」ヌチャァ

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 23:01:09 ID:Lr/V4vM.
マルコ「ご、ごめん!!!」

マルコ(最低だ……。よりにもよって、顔射してしまうなんて………!!!)

マルコ(でも……)

ミカサ「………」ヌチャァ

マルコ(ミカサがエロすぎる)ムククッ

ミカサ「………」ヌチャァ

ミカサ「ごめんなさい」

マルコ「えっ!?」

ミカサ「マルコの悪いものを全部出しきれなかったようだ」

マルコ「え?」

ミカサ「その証拠に、ほら。私のちんちんは柔らかくなったのに、マルコのはまだ堅いまま」

マルコ「いや、これは、その」アセアセ

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 23:02:09 ID:Lr/V4vM.
ミカサ「…………。私の母の故郷には、毒をもって毒を制す、という言葉があるのだそうだ」

マルコ「うん。……うん?」

ミカサ「マルコの体内に悪いものが溜まったままだというのなら、悪いものを注げばいい」ガシッ

マルコ「えっ?」

ミカサ「痛いかもしれないけれど、我慢してほしい。これもマルコの為なのだから」フルボッキ

マルコ「えっ?ちょ、ま、待って……」

ミカサ「いざ……!!」



アッーーーーーー!!!




終われ

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/09(月) 23:05:12 ID:Lr/V4vM.
誰得すぎてすまん


次の方、どうぞ

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/10(火) 18:34:50 ID:WBxnOB/k

――――――――――
―――――
―――


ジャン「はぁ…せっかくミカサから話しかけてきてくれたってのに」トボトボ

ジャン「全然喋れなかった」ハァ

ジャン「…アイツ、マジでマルコに聞きに行ったのか?」タッタッタッ

ジャン「おいマルコ、ミカサ来たか?」ガチャッ


ミカサ「マルコ、ッ出す…っふ、しっかり飲み込んで…っ」グッチャグッチャパンッパンッパンッ

マルコ「アッか、はあッミ、カサぁ!だっだめだッ中は…ッア!!」ガクガクガクッ

ミカサ「中でなければっ意味がない…っく、出る…っふぅ…ッ」ビクッドピュルルルッ

マルコ「らめぇ!!あっ熱いッのが、出てっハッぁひぃいいいン―――――ッッッ!!!」ビクビクビクンッドピュルルーッ





ジャン「」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/10(火) 18:35:34 ID:WBxnOB/k


ミカサ「…っはぁ…っ、ふぅ…」ズルッ

ミカサ「…マルコ、これだけ出せばもう大丈夫だろう。あなたを助けられてよかった」フゥ

マルコ「あへぇ、あへぇ~…」ピクンッピクンッ





ジャン「」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/10(火) 18:36:20 ID:WBxnOB/k


ジャン「」

ミカサ「…ジャン」

ジャン「」

ジャン「」ハッ

ミカサ「ジャン」





ミカサ「…次は、あなたの番」ドサッ





ジャン「えっ」



アッ――――――――!!!!!


終われ

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。