おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QB「僕と契約して魔法成人男性になってよ!」矢作「…」

1 :お:2013/08/12(月) 10:05:31 ID:Zdl5kBm2
矢作「…」

QB「…」

矢作「…」

QB「聞いてるかい?」

矢作「やっぱり、この小っちゃいのが喋ってるよ、超怖いじゃん……なにこれ?」

QB「僕はキュウベエ!」

矢作「名前とかが問題じゃ無いんだよなー、そういう以前の話なんだけど」

QB「…?…具体的に説明してくれないt
矢作「あ、待って待って…もうすぐ小木来るから」

QB「…」

矢作「…」

2 :お:2013/08/12(月) 10:08:05 ID:AecWKTVc
QB「あの」

矢作「待ってって、俺じゃ君のよく解んないパトスは受け止めらんないのよ、わりぃけどさー」

QB「…」

矢作「…」

QB「…」

ガチャ

小木「お疲れー……?…矢作どしたの?」

矢作「いやほら、ここに白いのあるじゃん?」

小木「本当だ何これ可愛いね……あ、いやよく見ると不細工かな?うん不細工だね」

QB「失礼だね」

矢作「そう?一般的には可愛い部類じゃない?」

小木「んー、パッと見はね」

QB「僕が喋った事にリアクションは無しかい?」

3 :お:2013/08/12(月) 10:09:44 ID:ofFh5fq6
小木「よく見るとさ、ほら。耳から毛も出てるし」

矢作「あー確かに、これは良くないね」

QB「聞いておくれよ」

小木「でしょー、良くないよね」

矢作「うんダメだね、これはダメだわ」

QB「…」

小木「それで?」

矢作「あぁ、この白いのがね、魔法使いになれって言ってんの」

QB「キュウベエだよ」

小木「確かに矢作は魔法使い似合いそうだよね」

矢作「あ、そう?じゃあちょっとやってみようかな」

QB「本当かい?君はどうだい?」

小木「条件は?」

QB「君達の願い事を何でも一つ叶えてあげるよ!」

4 :お:2013/08/12(月) 10:11:22 ID:ofFh5fq6
矢作「…」

小木「…」

QB「…?」

小木「矢作、これは不味いよ」

矢作「あ、やっぱり?やっぱりかー、やっぱり不味いかー…あー小木に相談して良かった」

QB「何が不味いんだい?」

小木「いやいや不味いでしょ、魔法使いになる対価に何か要求するならともかく、願いまで叶えるとか…メリットしか無いじゃない」

矢作「確かにね、巧すぎるもんなー」

小木「あと、叶えてあげる…って言い方だよね。上からな感じ」

矢作「小木そういうの苦手だよね」

小木「うん俺そういうの苦手」

QB「…」

5 :お:2013/08/12(月) 10:13:27 ID:3welKVuI
QB「も、もちろんこちらの要求もあるよ」

小木「ほらね?あのままだったら矢作、要求を効かないまま契約させられてたよ」

矢作「あぶねっ、こぇーよー、それ一番やっちゃいけないやつじゃん」

QB「…」

小木「それで要求は?」

QB「魔女と戦う使命が課せられるのさ」

矢作「魔女?」

QB「魔女というのはね、この世界に呪いを生む存在だy
小木「願い事で、その使命を破棄したらどうなるの?」

QB「え?」

矢作「あーね、流石小木だわ」

QB「えっと、魔女を倒さなくても問題無いように願うのかい?」

小木「そうそう」

QB「願い事を叶えたいから、僕と契約するのにそれじゃあ意味が無いじゃないか」

6 :お:2013/08/12(月) 10:14:42 ID:NUp.d5/c
小木「いや、魔法使いにはなれるんでしょ?意味あるよね」

QB「うーん、そういった願いをした人間は過去いなかったから、どうなるかは僕にも解らない」

小木「ふーん…使えないんだね」

QB「…」イラッ

矢作「だったら別の願い事かー」

QB「願い事を増やす願い事は無しだよ」

矢作「あ、それも駄目なの?」

小木「こういう類いの願い事って、明確な制限が無いから微妙だよね」

QB「別に一つだけであればどんな願いも叶うんだよ?さっきの願いだって明確な事象を願いにしてくれれば…」

7 :お:2013/08/12(月) 10:17:11 ID:NUp.d5/c
小木「例えばさ?林檎が食べたいって言ったら叶うの?」

QB「もちろん叶うよ?」

小木「どうやって?」

QB「目の前に林檎が出てくるんじゃないかな?」

小木「それは、林檎を目の前に出してくださいって願いの時ね」

QB「…」

矢作「確かにね、確かにそうだわ」

QB「……そ、そう言うニュアンスだったじゃ無いか」

矢作「あ、決めつけは良くないよ。君みたいな仕事は、顧客のニーズってもんが一番大事なんだから」

QB「……そうかい、悪かったよ」

小木「で、俺としては、林檎を食べる状態まで行って欲しいんだよね、満足感と後味が好きなんだよ」

QB「…」

小木「目の前に出して、切り分けて、口に運んで欲しい訳……出来る?」

8 :お:2013/08/12(月) 10:18:44 ID:2B3MtwJ6
QB「…まあ……出来るよ。当たり前じゃないか」

小木「叶うの?」

QB「叶うさ」

小木「三つ願い事が含まれてるのに?」

QB「…」イライラ

QB「それら一連の行動を一つの願いとして叶えられるって言ってるんだよ」

矢作「それだと、林檎だけを要求した人が不公平じゃない?」

QB「知らないよ!その人間はそこまでしか要求しなかったんだから」

小木「いやーどうだろ、本来はそこまで要求してたのかもよ?結果的に目の前に林檎が出てきて終わりだったから、何も言わなかっただけで」

矢作「あと、そういう言い方はダメだよ?小木が気ぃ悪くしちゃうから」

QB「わかった、わかったよ。これからは気を付けるよ。で?君達はどうするんだい?」

矢作「すげぇイライラしてんじゃん、やだなー」

10 :お:2013/08/12(月) 10:20:41 ID:nu1cYIN.
QB「イライラなんて、するわけ無いだろ?僕らは感情なんてモノを持ち合わせていないんだから」

小木「感情無いの?」

QB「無いよ」

QB「そんな事より君たc…スパーン

QB「…」ジンジン

QB「何をするんだい?」

小木「いや、別に」

矢作「そのハリセン懐かしいねぇ、まだあったんだー」

小木「何かね、まだ置いてた」

矢作「あん時、小木力任せに叩くもんだからさ…俺も引いてたよ」

小木「懐かしいね」

矢作「懐かしいねぇ」

11 :お:2013/08/12(月) 10:22:15 ID:hLjI3u0k
QB「いや、そんな話は後でしてくれないかい?今は契やk…スパーン

矢作「流石小木だね、相変わらず良い音させてる」

小木「ハリセン本来の音を引き出してるからね」

矢作「ナチュラル、小木ナチュラル」

小木「そうだね、小木ナチュラル」

QB「一々僕を叩かなくても良いだろう?とりあえず決めてくれないかい?僕だって暇じゃないn…スパーン

QB「やめろー!」キュップイ

矢作「…怒りだね」

小木「ね?」

QB「なにがだよ!知らないよ!」

矢作「えぇぇ、言ったの自分じゃんか」

小木「まぁ良いや、腕疲れたし」

13 :お:2013/08/12(月) 10:23:43 ID:mTm/0Wq6
QB「で!どうするだよ!」

矢作「うーん、じゃあ願い事決めとくからまた明日来てよ」

小木「そだね、俺もそうするわ…じゃあ白いのお疲れ」

QB「契約はしてくれるんだね?………わかったよ、じゃあまた明日……あと僕はキュウベエね」

矢作「どうする?帰りに文具屋寄んないと」

小木「あ、大丈夫。うちに原稿用紙のストックあるから…」

QB「…」

QB「嫌な予感がする」

………
……


14 :お:2013/08/12(月) 10:27:36 ID:UvRNxuQs
―――――――――――――――――
拝啓、白まんじゅう様

私、矢作の願いは「穏やか生活をおくりたい」です

では、これからこの一つ願い事を叶えるに至るまでの幾多のプロセスを説明させていただきます

この一文に込められた思い

穏やか生活とはすなわち、①生活の安定②仕事の充実③不安の無い未来④周囲との良好な関係、この上記4項目を満たす生活の事に他なりません

15 :お:2013/08/12(月) 10:29:27 ID:Zdl5kBm2
①生活の安定

まず第一項の生活の安定ですが、これは居住と金銭が一定のレベルで維持され続けている状態をさします

いつ貯蓄が無くなるか、いつ家が傾くかと常に考え生きていく様は、とても穏やかな生活とは縁遠いものです

金銭に関してはレギュラー番組出演時のギャランティの上昇で満たされます

居住に関してですが、老朽化しない一戸建てと発電効率の良い家庭用発電機を希望します

17 :お:2013/08/12(月) 10:30:25 ID:NUp.d5/c
②仕事の充実

第二項に関しては、面倒な突発的仕事をマネージャーがあまり入れない事、泊まりの仕事をマネージャーがあまり入れない事、無駄に気を使う大御所との仕事をマネージャーがあまり入れない事

仕事そのものを辞めたいとは思わず、辞めたいと思うようであってはいけません、穏やか生活とは仕事さえも充実しているものなのです

ですので、上記三点をお願い申し上げます

18 :お:2013/08/12(月) 10:31:41 ID:3welKVuI
③不安の無い未来

今回の願い事の肝である第三項の説明を致します

自分自信もそうですが、その周囲の人間も不幸に巻き込まれてはいけません

一般的な不慮の事故はもちろん、病院の世話になることなく、人生を全うする事こそが不安の無い未来なのです

当然ながら魔女と戦う使命は、命を危険にさらす行為です、しかし使命を免除されたからといって魔女の被害が無くなるわけではありません

いつ自分の知り合いが、知り合いの知り合いが被害に合うかもしれないと考えると、とても穏やかな生活をおくれないのです

従って、この世の全ての魔女は無害な存在となり、全ての魔女と戦う使命をもつ者はその使命から解放されるものとします

20 :お:2013/08/12(月) 10:32:42 ID:3welKVuI
④周囲との良好な関係

いつ何時、自分が人様に恨まれているのでは無いかと考えると不安にかられます

これでは穏やか生活をおくれようはずがありません

自分と接する人達の心が常に穏やかであること、おぎやはぎアンチの撲滅を希望します

…以上が私、矢作の願いであり「穏やか生活をおくりたい」に込められた思いです

                矢作

―――――――――――――――――

21 :お:2013/08/12(月) 10:34:14 ID:AecWKTVc
―――――――――――――――――

矢作と同じ
                小木

―――――――――――――――――

23 :お:2013/08/12(月) 10:37:27 ID:nu1cYIN.
おぎやはぎ「「さあ、叶えてよ!白い生物!」」

QB「…」

QB「…」

QB「……やだ」

小木「…」

矢作「あれ?おかしいね、何でも叶えてくれるハズなのに」

小木「発音の問題じゃない?」

矢作「発音かー…大事だよね発音、フリーザもそこで一番苦労したもんね」

おぎやはぎ「「さあ、叶えてよ!白い生物!」」

QB「…」

QB「……やだよ」

24 :お:2013/08/12(月) 10:39:10 ID:3welKVuI
小木「え?無理なの?」

QB「……無理じゃないけど、やだよ」

矢作「えぇぇ、何でも叶うって言ったじゃんかー」

小木「嘘ついたよ、感情無いのに」

矢作「嘘ついたね、感情無いのに」

QB「…」

QB「嘘はついてないよ、あと白まんじゅうじゃなくてキュウベエね」

小木「じゃ問題無いね」

おぎやはぎ「「さあ、叶えてよ!白い生物!」」

QB「…」イラッ

QB「キュウベエだから、名前……ほんの少しだけでも妥協してくれないかい?」

小木「どこよ?」

25 :お:2013/08/12(月) 10:41:02 ID:ofFh5fq6
QB「第三項だね。それが叶えられれば君らを魔法成人男性にする必要性も無くなる。そこまでの不条理を為し遂げられるほど君達の魔力は高くないよ」

小木「あ、そう」

矢作「じゃあ、もう良いんじゃない?」

小木「やめちゃおっか?欲しいものも無いし」

QB「契約しないの!?①②④だけでも十分に契約にたる特典だと思うんだけど!?」

小木「いやいや、もういいよ…帰んな?」

矢作「小木もこう言ってるし、帰ろっか?」

QB「えぇぇ…訳が解らないよ」

矢作「…ほら、小木ほどじゃ無いにしろ他の人材もいるんでしょ?」

QB「う…」

矢作「いないの?」

QB「こ、この周辺は本当に素質のある人間が少ないんだ…」

QB「せめて君らだけが魔女と戦わなくても問題無いくらいで妥協して欲しいんだが…」

26 :お:2013/08/12(月) 10:42:25 ID:3welKVuI
小木「国内」

QB「は?」

小木「国内の魔女が無害になる、は?」

QB「ちょ、町内くらいなら」

小木「県内」

QB「うぅ…区…区内」

小木「仕方ないなぁ、他の願いは頼むよ」

矢作「凄いね、いや凄いよ。小木が自分の損得に関して、妥協するなんてまず無いんだから」

QB「そうなのかい?」

小木「よっ、商売上手!」

QB「…えへへ」キュップイ

矢作「…喜び」

小木「喜んだよね」

27 :お:2013/08/12(月) 10:44:30 ID:NUp.d5/c
QB「じゃあ僕と、このキュウベエと契約してくれるかい?」

小木「はい、契約内容書き換えたよ」ピラ

QB「ふむ、ちゃんと区内になってるね」

矢作「じゃあ、改めて」コホン

おぎやはぎ「「さあ、叶えてよ!白い生物!」」

………
……


28 :お:2013/08/12(月) 10:51:46 ID:O6KmXk.A
QB「ふう」

QB「ようやくこの地域でも魔女と戦える成人男性が…」

QB「これで区外にいつ魔女が現れても……あれ?あれあれあれ?」

矢作「どしたの?毛玉の顔色悪くない?」

小木「本当だ、真っ白になってんじゃん」

QB「もとからだよ!あとキュウベエだから!」

QB「……魔女の反応がまったく無いんだよ…区内どころの話じゃない」

矢作「どんくらい?」

QB「東京全体くらいは…はっ!?」

QB「…」ガサゴソ

QB「…」ペラリ

QB「ちっちゃい字で23って書いてある…」

30 :お:2013/08/12(月) 10:53:57 ID:REgnoFkU
QB「…」

QB「これじゃ県内じゃないか!?」

矢作「違いますー、東京は都内なんですー」

QB「どっちでも良いよ!」

小木「23区内…ふふっ」

QB「笑えるか!」

QB「笑えるかっ!」

小木「表情は無いけど、感情が凄いね」

矢作「若干、怒りの割合が高いよね…親戚のおじさんみたい」

QB「どうでもいいんだよ!どうすんだよ!」

小木「平和で良いじゃん」

QB「良くねぇよ!エネルギー回収できないだろうが!もぉぉおお!!」

31 :お:2013/08/12(月) 10:55:42 ID:REgnoFkU
矢作「どうしよ小木、白さん凄い怒ってるよ?」

小木「落ち着こ?耳毛玉さんだって悪かったよ?23区内なんて書いたらダメだよって言わなかったんだから」

矢作「そもそも、紙の内容を覚えて白さんの頭の中で整理した上で叶えてたら区内で済んだんだしね」

QB「キュバァァァアア!!」

小木「確かにね、紙の内容を叶えるなんて事しなきゃ起きなかった問題だね」

QB「あんな長いの覚えられるわけ無いだろ!ああ!もうどうすんだよ!今回のノルマ達成ボーナスは僕だけ貰えないよ!母星の上司にも大目玉だよ!!」

矢作「白さんの上司も怒るんだ」

小木「もぅ感情無いって設定やめたら?毛玉生物さっきから怒ってばっかだよ?」

矢作「ほら、小木が拗ねちゃうよ?そうなったら俺、あたふたするだけだからね?」

QB「うぅ…なんだって僕の担当地区で…」

32 :お:2013/08/12(月) 10:57:23 ID:O6KmXk.A
小木「今度は悲しんでる」

矢作「表情無いのに悲しみが伝わってくるって相当だね」

QB「僕は、昔からついてないんだ……いつも貧乏クジ引かされて…」シクシク

矢作「白さん…」

小木「耳毛玉…」

矢作「そのうち良いことあるよ、ね?白さん?」ナデナデ

小木「がんばんな、毛玉」ナデナデ

QB「…小木…矢作………」



QB「まず名前を!!!覚えろよ!!!!!」



happy end

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。