おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡「じゃじゃーん!サキのフィギュアです!」照「なにそれ欲しい」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:04:50.60 ID:xxNMyWnJ0
淡「夏の全国編の制服では初の立体化!」

照「欲しい」

淡「しかも、プライズ限定商品です!」

照「欲しい」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:08:48.42 ID:xxNMyWnJ0
淡「正直、咲のフィギュアってイマイチなことが多いんだけど、これはなかなか素朴で可愛いんだよねー」

照「淡」

淡「なーに?テルー」

照「欲しい」

淡「えー?なにをー?」

照「この流れをくんで。そのフィギュアが欲しい」

淡「どうしよっかなー」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:12:26.17 ID:xxNMyWnJ0
照「お願いします。なんでもしますから」

淡「そう言われるとあげたくなくなっちゃうなー」

照「ただとは言わない。それ相応の額は…」

淡「だから言ってんじゃーん、プライズ限定だって。お金には代えられないの」

照「う…」

淡「このサキは私のものー」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:18:11.52 ID:xxNMyWnJ0
照「…じゃあ、どこで取ったか教えて」

淡「え?」

照「自分で取りにいく」

淡「えーと…それは…」

照「淡、そこまで意地悪しなくても」

淡「い、いや、これはその…」

照「あんまり、こういうことはしたく無いんだけど」ギギギ

淡「わー!待って待って!これには深い事情がー!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:23:51.89 ID:xxNMyWnJ0
照「…深い事情?」

淡「実はこれ…」

照「……」

淡「もらいものなんだ」

照「…え?」





誠子「あーそうなんですよー。それ私が取って淡にあげたんです」

淡「そーゆーことー」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:28:28.49 ID:xxNMyWnJ0
照「たいして深くもなかった…」

淡「なんていうか言葉のあやってやつだよー」

照「まぁ、いい。誠子、それどこで取ったの?」

誠子「え?これは近くのゲーセンですけど、もしかして欲しいんですか?」

照「うん」

誠子「あーじゃあ、そこはもうダメです」

照「どうして?」

誠子「私があまりに、あっさり取るから設定変えられちゃいました」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:36:03.43 ID:xxNMyWnJ0
淡「セーコ、かっこいいー!」

誠子「なんたって私は、狙った獲物は逃さない…白糸台のフィッシャーだからな」

淡「準決勝では逆に狙いまくられてたけどねー」

誠子「う…ごめんなさい…」

照「そんなことは、どうでもいい」

淡「お、テルったら切るねー」

照「もう、そのお店では取れないってこと?」

誠子「はい。もうあの設定はダメですね。私でもいくらかかるか…」

照「じゃあ、どうすれば…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:40:32.11 ID:xxNMyWnJ0
誠子「うーん、そんなに欲しかったのか…もう少し早く言ってくれれば」

照「どういうこと?」

誠子「私、取って満足型なんで、自分のをあげればいいかなーと思ったんですけど…」

照「本当!?」キラキラ

誠子「つい、さっき…」

尭深「…私がもらった」

淡「なんだータカミももらってたのー?」

尭深「うん、すごく欲しくて」

誠子「そういうことなんです」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:47:57.42 ID:xxNMyWnJ0
照「…尭深」

尭深「あげません」

照「まだ、なんにも言ってない」

尭深「パワハラです」

照「……」

淡「キャー!タカミ、NOと言える女じゃん!」

尭深「///」

照(あれ…こんなに私の居場所って無かったっけ…?)ショボーン

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:53:02.40 ID:xxNMyWnJ0
誠子「せ、せんぱい!元気出してください!」

照「誠子…」

誠子「UFOキャッチャーは経験ですよ!自分の足と実力で、手に入れてください!」

照「なにか、アドバイス…」

誠子「経験です!」

照「……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/14(土) 23:57:52.13 ID:xxNMyWnJ0
-------------------------------
----------------------


照(と、いうことで来てしまった)

照(秋葉原)

照(ここにはゲームセンターたくさんある)

照(どこか1軒くらい私にも取れるのがお店があるはず)

照(待ってて…咲)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:03:58.89 ID:OB4pCmuD0
〜1軒目〜

景品が吊ってある紙を、UFOキャッチャーの先についている針で刺し、穴を開けて取るタイプのレイアウト


照(すごく針が揺れて、思うところに行かないけど)

照(すでに穴がたくさん空いてる)

照(もう少し頑張れば、いけそう)


〜10分後〜

照(ダメだ、最初は順調だけど、ある程度まで行くと針が滑って、すでに空いている穴の方に行ってしまう…)

照(ここは無理そう)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:09:00.80 ID:OB4pCmuD0
〜2軒目〜

棒の先に、景品がひっかけて吊ってあるタイプのレイアウト。UFOキャッチャーで掴むのではなく、ひっかけて取るため、片側のアームしかない


照(なにこれ、なんでこれだけの支えで景品が落ちないの?)

照(ちょっとひっかけたら簡単に取れそう)


〜10分後〜

照(ダメ…全然動かない)

照(棒の先がゴム製になってる…?)

照(しかも、アームの力も弱い)

照(いい場所にいっても全然引っ掛かからない)

照(…いや)

照(沈む力が弱いのか…?)

照(どっちにしろ、ここは無理そう)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:16:07.55 ID:OB4pCmuD0
〜3軒目〜

幅の狭い台の上に、景品が乗ってるだけのレイアウト


照(うーん、これは引っかかるとこが無いけど、動くのかな…)

照(動かせさえすれば、すごく簡単そうだけど…)

照「すみませーん!」

店員「はーい!なんでしょう?」

照「これって、どうやって取るんですか?」

店員「そうですねー、こちらの商品は見ての通り、穴等空いていませんので」

店員「こう、爪の先を景品のギリギリ、だいたいこの辺ですねー」

店員「ここを狙ってあげると、箱がくるんと回りまして、ほら、さっきより右にきてる」

店員「これを何回か、くりかえしてあげてくださいー」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:20:33.78 ID:OB4pCmuD0
照「なるほど、ありがとうございます」

店員「いえいえ、それでは、頑張ってくださーい!」

照(親切な店員さんだな…よーし!)


〜10分後〜

照(参った…)

照(たしかに、さっきの店員さん言うとりにすれば、だんだん場所がズレてきたけど)

照(この台、返しがついてる)

照(ここにひっかかって、景品を穴に落とすことができない…)

照(ここは、もう無理そうだな…)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:27:15.37 ID:OB4pCmuD0
〜4軒目〜

2本の突っ張り棒がつきでており、その間に商品が挟まってるレイアウト


照(なんだこれ、すぐにでも落ちそうだけど…)

照(は!)

照(これは2軒目と同じパターン!?)

照(試しに1回やってみよう)

チャリン

照(やっぱり…全然動きそうにない)

照「…次」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:32:10.51 ID:OB4pCmuD0
〜5軒目〜

UFOキャッチャーではなく棒で、穴に棒が突き刺さると商品が落ちるタイプのレイアウト


照(穴小さすぎ…)

照(絶対無理!)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:36:48.92 ID:OB4pCmuD0
〜6軒目〜

照(うーん、やっぱりこういうのってなかなか取れないものなんだな…)

照(それとも、私が下手なのか?)

照(ずっと、麻雀ばかりしてたからな…)

照(もっと、いろいろ遊んでおけばよかった…)

照(あぁ、もうどれも絶対取れない気がしてきた…)

照(咲…)

照(ごめんね、もうお姉ちゃんダメかもしれない…)


ガヤガヤ


照(ん?なんだあれ…?)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:43:33.96 ID:OB4pCmuD0
UFOキャチャー玄人っぽい人(以下、玄人)A「俺が最安で取ってやんよ」

玄人B「お?言いつつ、微妙に右にズレてる気がするけどね」

玄人C「ほら、やっぱりズレてるー」

玄人A「うるへー!次こそ!」

玄人B「って500円入れてんじゃん!」

店員「お客様、こちらの商品はお一人様4つまでとなっております」

玄人C「はーい、分かってまーす」

玄人A「あ、やべ3回で取れちゃった」

玄人B「お前、それが4つめだろー」

玄人A「やっちまったよ」

玄人C「俺にゆずれゆずれー」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:49:00.64 ID:OB4pCmuD0
照(…次々と咲が…)

照(もしかして、あの袋の中全部!?)

照(うらやましい…)

照(…じゃない!)

照(後ろから、観察して技を盗むんだ…)

照(ふふ、こんなこと麻雀を覚えたてのころ以来…)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:53:29.35 ID:OB4pCmuD0
玄人C「ほーら、取れた!」

玄人A「俺の金だろー!」

照「……」ジー

玄人C「ちゃんと、あと何回で取れるかきちんと計算できるのも実力だぞー」

玄人A「うっせ!」

玄人B「いいから、とっとと取って次行こうぜ」

照「」ジー

玄人A「……」

玄人B「……」

玄人C「……」

照「」ジー

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:59:01.94 ID:OB4pCmuD0
玄人B「あのーお嬢さん?」

照「」ジー

玄人B「あのー」

照「え、私ですか?」

玄人B「はい」

照「あ!すみません。見てるだけなので気にしないでください」

玄人C「でもなんか…プレッシャーがなぁ?」

玄人A「あぁ」

照「ごめんなさい、こういう体質で」

玄人B「体質…」

照「あの、あんまり、取るのが上手いから、その、参考にしたくて」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:02:50.77 ID:OB4pCmuD0
玄人A「そっか…いくつ欲しいんだ?」

照「ひ、1つでいいんです!でも…どうしても欲しくて」

玄人B「玄人C、今いくつ取った?」

玄人C「えっと…3つめだな」

玄人B「ちょうどいい。お嬢さん、取り方教えてあげるよ」

照「!!本当ですか!?」

玄人A「あぁ、どうせ俺たちはもうこれ以上取れないし」

玄人C「そんなに欲しそうな顔、見ちゃったら。な」

照「ありがとうございます!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:06:54.80 ID:OB4pCmuD0
2本の棒が渡してあり、その上に箱が乗ってるタイプのレイアウト


玄人C「まず、このアーム、このくらいまで開くのな。で、左側のアームをこの左端ギリギリ…」

玄人C「ここ、ここまで持ってくる。で奥行きは、頭側に。頭の方が若干、軽いからな」

照「はい」

玄人C「すると、ほら、このくらいズレた」

玄人C「これを何回か繰り返す…」

照「繰り返す…」

玄人C「これで落ちてくれたら楽なんだが、まず無いな」

玄人C「こう、棒に引っかかって変な形になっちまう」

照「ここから、どうするんですか?」

玄人C「ここからが腕の見せどころさ。この斜めになってる箱、これがまだ動かせそうなら、もう少し動かしてやる」

玄人C「しかし、これ以上動かんってところがくる。そうしたら…」

玄人「この箱の落ちそうなところ、棒との接触が甘いところ、ここをアームの爪で押してやるんだ」

ゴトン

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:10:17.78 ID:OB4pCmuD0
照「」キラキラ

玄人C「ほらな」

照「すごいです!」

玄人「だろー?やってみ」

照「はい!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:13:10.76 ID:OB4pCmuD0
照(まず、アームを左端ギリギリ…)

照「で、頭側に…」

照(!!ズレた!)

玄人C「もう少し寄せられるぞー」

照(もう少し…)

照(このくらい?)

照(さっきよりズレた!)

玄人B「いい調子だ」

照(これを繰り返して…)

景品「」クルン

玄人A「きたな…」

照(ここからが…勝負!)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:17:34.53 ID:OB4pCmuD0
玄人C「もう少し動く、頭側を狙ってやれ」

照「はい」

照(頭側…)

照(あれ?あんまり動かない…)

玄人C「うーん、もう少しギリギリじゃなきゃダメだな、集中しろ」

照(集中集中…)ゴッ

玄人A「うわっ!」

玄人B「どうした?」

玄人A「いや、なんか寒気が…」

照(今度は動いた…!)

玄人C「よし!いいぞ!あとは、さっき言った通り、爪で押し込んでやるだけだ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:22:06.65 ID:OB4pCmuD0
玄人C「あの辺…分かるな?」

照「はい!」

照(あの、1点、あそこを狙う…)

玄人A「あっ」

玄人B「ズレたな」

照「あー…」

玄人C「緊張しすぎだって、リラックスリラックス」

照「はい…」

照(深呼吸…)スー

照(…よし!)ハー

照(ここ!)

玄人C「よさげだな」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:25:47.76 ID:OB4pCmuD0
玄人A「って、あれ?」

玄人B「ギリギリ引っかかったな」

照「まだ落ちない…」

玄人C「いや、今のは偶然だ。UFOキャッチャーってのはそういうもんさ」

玄人B「あと、1回で落ちる」

玄人A「しっかりやれよ」

照「はい!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:30:52.50 ID:OB4pCmuD0
照「…ってあれ?」

照「そ…んな…」

玄人A「ん?どうした?」

照「ここまで…きたのに…」

玄人B「まさか!」

玄人C「お金が…無いのか?」

照「……」コクン

玄人C「くっそ!ここは俺が」

店員「お客様、この景品はお1人様4つまでです」

玄人C「俺が取るっつってんじゃねぇよ!この嬢ちゃんに!」

店員「規則ですので」

玄人C「くっそ…!」

玄人A「あと1回なのに…」

玄人B「なんて頭の固い店員なんだ…」

隣の景品のまどか「こんなのってないよ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:34:21.68 ID:OB4pCmuD0
照「…いいんです」

玄人C「嬢ちゃん…!」

照「ここまで散財してしまったのは、私が下手くそだからです」

玄人B「誰だって最初は…」

照「これは!私が!」

玄人A「!?」

照「私が咲に相応しくない人間だ…そういうことなんだと思います…」フルフル

玄人C「嬢ちゃん…」

照「…あきらめます」スタスタ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:38:51.62 ID:OB4pCmuD0
玄人A「お、おい!」

玄人B「やめておけ、俺たちにできることはない」

玄人A「でも…」

玄人B「よせ」

玄人C「…なに、言ってるんだよ!」

玄人B「玄人C…」

玄人C「あの嬢ちゃん、自分が相応しくない人間だって言ったんだぞ!」

玄人C「あんなに真剣なやつが相応しい人間じゃなかったら、俺たちはなんなんだ?ゴミくずか?」

玄人C「俺はっ!俺をゴミくずにしないために!追いかけるぞ!」ダッ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:43:48.89 ID:OB4pCmuD0
玄人B「待て!」

玄人C「なんなんだよ!まだ止めるのか?」

玄人B「これを持ってけ」

玄人A「俺のもだ」

玄人C「玄人B…玄人A…!」

玄人B「行け!はやく!」

玄人C「おぉ!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:47:25.72 ID:OB4pCmuD0
照(咲…やっぱり私はダメみたいだ…)トボトボ

玄人C「待てよ!嬢ちゃん!」

照「!!さっきの…」

玄人C「はぁはぁ…お嬢さん、詳しい事情は知らないが、取れないから相応しくない。そんなことはないぞ」

玄人C「ほらよ」

照「これは…!しかも3つも!」

玄人C「受け取ってくれ」

照「受け取れません!だって私は…」

玄人C「うるせえ!俺が、俺たちがお前は相応しい人間だって、そう言ってんだよ!」

照「!!」

玄人C「自分の力じゃなくたっていいじゃないか…大事なことは…」

照「大事なことは…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:52:36.94 ID:OB4pCmuD0
玄人C「やべっ、なんも考えずに言っちまった」

照「……くすっ」

玄人C「とにかく、受け取れ、な」

照「…はい」

玄人C「電車代は?大丈夫か?」

照「Suicaできました」

玄人C「そうか…」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 01:57:11.65 ID:OB4pCmuD0
照「あのっ、ありがとうございます!」

玄人C「まぁ、俺たちはいっぱい取ってるから」

照「いえ、それだけじゃなくて、いろいろ、教えてくれて」

玄人C「あぁ…気にすんなよ」

玄人C「俺も教わったことあったし、な」

照「え?」

玄人C「じゃあな!嬢ちゃん!」

照「は、はい!本当にありがとうございました!」



玄人C「お嬢ちゃんを見て思い出したよ…最初は俺もあんな風に、必死になって取って、落ち込んで、喜んでたな…って」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 02:02:28.12 ID:OB4pCmuD0
-------------------
-------------

照(急に咲が3人も…)

照(どうしよう?)

照(よく使用用、保存用、布教用とか言うけど)

照(そんなこと私には…)

照(いいや、家でゆっくり考えよう)

照(…ふふ)

照(咲、やっと会えた)

照「ずっと…ずっと会いたかったよ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 02:06:50.16 ID:OB4pCmuD0
咲(無機物)「私もだよ、お姉ちゃん」

照「咲!」

咲(無機物)「すっと寂しかった…」

照「うん、うん、ごめんね…」

咲(無機物)「いいよ、お姉ちゃん…」

照「咲…」

咲(無機物)「お姉ちゃんもつらかったこと、私、分かってるから」

照「咲っ!もう二度と!二度と離さない!」

咲(無機物)「お姉ちゃん…」

照「咲…」ギュゥッ

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 02:08:20.48 ID:OB4pCmuD0
咲(無機物)「……」

照「…は!嬉しさのあまり、幻覚を」

照「…ふふ、今日は疲れたな…」

照「でも、心地よい疲労だ…」

照「さ、家に帰ろ…ん?」


アキバのギー○とブックオ○の間の道にあるショップ『プレミアムフィギュア宮永咲 1480円』


照「……」




カン!

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 02:10:02.67 ID:OB4pCmuD0
〜帰宅後、照の部屋〜

照「本当によくできてる…」

照「新聞でチラッと見たときは、スカート短かったのに」

照「今はこんなに長いのか…」

照「お姉ちゃんは、安心したよ」

照「でも、見えないと逆に」

照「気になる」

照「」キョロキョロ

照「」チラッ

照「はいてる…」




もいっこカン!

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 02:11:38.77 ID:OB4pCmuD0
〜ある日の白糸台の部室〜

照「…じゃじゃーん」

淡「うわ、すご!3つも!」

照「…どうだ」

淡「テルが取ったの?すごいじゃん!」

照「これには、いろいろあってだな…」

菫「…なんだそれ?」

照「プレミアフィギィア宮永咲。夏の全国大会編後初の〜」

淡「うわ!私の受け売りじゃん!」

照「…というものなんだ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 02:12:54.29 ID:OB4pCmuD0
菫「欲しい」

照「…は?」

菫「3つもあるんだ。1つくらい…」

照「いやだ!」

菫「え?」

照「絶対にあげない!」

菫「えー…」



もいっこカン!

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 02:13:27.67 ID:OB4pCmuD0
菫(来てしまった…秋葉原)


この後、菫は出会いと別れ、愛情と憎悪、希望と絶望を体験し、ようやくフィギュアを手にするのだが、それはまた別の話


もいっこカン!スーカンツです!

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 02:14:12.70 ID:OB4pCmuD0
終わりです。スーカンツしたかっただけです。あと、このお話はフィクションです。現実の秋葉原とは全く関係ないです。はい

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。