おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナー「集団感染?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:32:25 ID:4VT6aVTo

*病名不明。症状はインフルっぽいものとお考えください。
 超あり得ない集団感染。勢いで書いた。後悔はない。

キース「うむ。一昨日あたりから訓練兵団にも猛威を振るっているが…
    十数年ぶりの大流行だそうだ」

ライナー「は、はぁ…」

キース「我々大人は耐性があるからか、たいした症状は出ていないが」

眼鏡教官「104期生のほとんどは、かかるのがはじめてみたいだね」

キース「幸い、君達5人は症状が出ていない。以前にかかったことがあるのか?」

ライナー「さぁ…どう、なんでしょうか」

眼鏡教官「小さい頃にかかったことがあるのかもしれないね。
     それはともかく、無事なのは君達だけだ。色々手伝ってもらうよ」

「ハッ」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:33:14 ID:4VT6aVTo

ライナー「で」

エレン「なんで」

ユミル「私らだけなんだ?」

アニ「さあ…」

ベルトルト「なんだろうね…」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:34:15 ID:4VT6aVTo

ユミル「ひとつ言えるのは、このメンツは他より年上ってことか?」

ライナー「だったらマルコもそうだし、エレンに症状出てないのはおかしいだろ」

エレン「俺の親父、医者だしなあ…」

アニ「へぇ」

エレン「親父の診療についてって、風邪うつされるとかたまにあったけど。
    まぁ、親父もあの日以来行方不明だけどな…」

ベルトルト「………」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:35:37 ID:4VT6aVTo

ライナー「考えても仕方ねえ。とりあえず、なんだ?
     寮の全員の面倒を見ろ、だったか…」

ユミル「教官も何人かいるとはいえ、200人の看病はきついな」

ライナー「女子寮はお前ら2人に任せるぞ」

ユミル「まぁ女子のが数少ないしな。2人で手分けすりゃなんとかなるか」

アニ「水飲ませて、汗かいてたら着替えさせて、シーツ換えて…」

ユミル「めんどくせえ」

ライナー「うだうだ言ってないではじめるぞ」

ユミル「へいへい」

アニ「集合は11時に食堂でいいんだよね」

ライナー「ああ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:36:34 ID:4VT6aVTo

エレン「とにかく1部屋ずつ潰していくか」

ライナー「症状を記録した方がいいな。重体の奴は何度か様子を見に行こう」

エレン「お、そうだな。流石だな、ライナー」

ライナー「よし、各部屋の様子及び症状を記録しながら巡回、11時までに終わらせるぞ

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:37:35 ID:4VT6aVTo

エレン「大丈夫か?」

アルミン「エレン…うん、なんとか…」

エレン「だいぶ熱上がってるな。体はどうだ?痛いとか、寒気とか」

アルミン「痛みは、ましになったかな…普通の風邪と一緒で
     あがる時に痛くなるタイプみたい、だけど…寒気も、今は平気…」

エレン「…そっか。水、ここ置いとくからな。ちゃんと飲めよ」

アルミン「うん…ごめん、ありがと…」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:38:34 ID:4VT6aVTo

マルコ「…なんか、すごいことになってるみたいだね」

ベルトルト「僕ら以外全滅っぽいね。一体どうしたんだろう」

マルコ「集団感染…よりによって訓練兵の時に、来るとはね…ゴホッ」

ベルトルト「無理に喋っちゃだめだよ。喉、痛いんでしょ?」

マルコ「うん…ごめん、迷惑かけて…」

ベルトルト「問題ないよ。2,3日寝てれば治るみたいだし、安静にね」

マルコ「このお礼は、いつか必ずね…」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:39:34 ID:4VT6aVTo

ジャン「…くっそあちい、死ぬ…こんなことなら…」

エレン「何ブツブツ言ってんだ。寝てろよ」

ジャン「…いいからタオルとっととよこせよ」

エレン「あ?」

ジャン「汗かいてきもちわりいんだよ…」

エレン「ちっ。…着替え終わったらそこ置いとけよ。
    みんなの分も回収して洗っとくから」

ジャン「……すまねぇな」

エレン「なんか言ったか?」

ジャン「なんでもねえよ…馬鹿はいいよな、風邪ひかねえからよ」

エレン「コニーがあれなんだ、馬鹿は関係ねえ」

ジャン「…はぁ、俺は横になる。貸しは作らないからな」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:40:42 ID:4VT6aVTo

ライナー「……」

ベルトルト「どう?」

ライナー「よく寝てるが…熱がひどいな」

ベルトルト「みんなの症状見てると、体が小さい方が症状も重いみたいだね」

ライナー「と、なると向こうも心配だな」

ベルトルト「あっちはアニとユミルに任せてるんだから」

ライナー「ああ…クリスタはユミルがいれば大丈夫、だな…」

ベルトルト「…他の人のことも心配してあげてよ」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:41:31 ID:4VT6aVTo

ライナー「こっちの重傷者は、コニー、ダズで」

アニ「女子はクリスタだけだね」

エレン「あれ、ユミルは?」

アニ「クリスタにつきっきりの看病」

ベルトルト「…困ったね」

ライナー「ああ…200人の、昼食を4人で、か…」

エレン「やるしかねぇ、だろ…」

アニ「あんたら、料理できるの」

ライナー「か、皮むきくらいなら?」

アニ「へぇ…やってみなよ」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:42:52 ID:4VT6aVTo

ライナー「……」チンマリ

エレン「……」ボロッ

アニ「ライナーは厚く剥きすぎて野菜が小さい。
   エレンはそもそも剥けてない」

ベルトルト「……」アセアセ

アニ「…一応合格。あんたら二人は米でも洗ってて」

ライナー「米?」

アニ「全員分のパンを今から焼けるとでも?この騒動でパン屋も店閉めてるってのに。
   こんな時のために倉庫に備蓄してあったそうだよ」

ライナー「雑炊か」

アニ「そう。部屋ごとに持ってくから、鍋と食器も準備して」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:43:40 ID:4VT6aVTo

ライナー「………」

エレン「………」

ベルトルト「………」

アニ「………」

ユミル「………」

ライナー「…つかれt」

アニ「言わないで。余計疲れる」

ライナー「お前言ってるじゃねえか…」

ユミル「クリスタの様子見てくる…」

アニ「私はここで休んでるから」

エレン「俺、コニー見てくるわ…」

ライナー「ああ…頼んだ。戻ってきたら巡回替わる」

エレン「おう…」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:44:23 ID:4VT6aVTo

ライナー「…で、だ」

アニ「なんで、私達だけ」

ベルトルト「3人だけならともかく…」

ライナー「あの2人もそうだとか?」

アニ「まさか…」

ベルトルト「エレンは医者の息子だから…?」

ライナー「ユミルは…わからん、色々不明な点が多いしな」

アニ「にしても…」

ベルトルト「疲れるね…」

ライナー「午後はずっと洗濯だったな…」

ベルトルト「1年分した気がするよ…」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:45:40 ID:4VT6aVTo

ライナー「明日も、か…?」

アニ「言わないで…」

ベルトルト「明日は、まだマシなんじゃ…」

ライナー「だと、いいが…」

アニ「…眠い」

ライナー「部屋戻って休めよ」

アニ「病人部屋で休めと」

ベルトルト「ここで休むの?」

アニ「毛布なら持ってきてある。起きたら朝食作るから」

ライナー「俺らもここで休むか」

ベルトルト「そう、だね…」

ライナー「夜明けまで後4時間くらいか?」

ベルトルト「寝ないよりは…」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:46:27 ID:4VT6aVTo

ライナー「久しぶりだな、3人で寝るの」

ベルトルト「机に突っ伏してだけどね」

アニ「あんたに蹴られなくてすむ」

ベルトルト「…そんなにひどい?」

ライナー「うむ。今でも隣の俺が証言してやれる」

ベルトルト「全く意識してないんだけどなぁ…」

ライナー「いつだったか、アニを抱き枕にしてたよな」

アニ「蹴り殺してやったけど」

ベルトルト「やめて、思い出させないで」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:47:11 ID:4VT6aVTo

ライナー「抱きつくといえば、嵐の夜は反対だったな」

アニ「………」

ベルトルト「3人で川の字になって、アニが真ん中でね」

ライナー「雷が鳴る度に布団に潜ってなぁ」

アニ「…殺されたいの?」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:48:04 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「最近、ライナーはいびきがうるさくてね」

ライナー「そうか?」

アニ「見た目だけじゃなくなったか」

ライナー「…どういう意味だ」

アニ「そのまんまの意味」

ベルトルト「安眠妨害だってみんな言ってるよ」

ライナー「…その、すまん」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:49:15 ID:4VT6aVTo

ライナー「風邪といえば」

ベルトルト「うん」

ライナー「アニとベルトルト、2人して熱出したことあったよな」

アニ「そんなことあった?」

ライナー「俺とベリックで看病した」

ベルトルト「覚えてないな…」

ライナー「…そいや、その時の症状に似てるかもな」

ベルトルト「今回の?」

ライナー「うむ」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:50:01 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「じゃぁ…この力とは関係ない?」

ライナー「どうだろな…自己回復力ってのが
     免疫力にも影響あるのかもしれんが」

アニ「どっちでもいいよ…」

ベルトルト「…エレン、戻ってこないね」

ライナー「大方、コニー看病しながらその場で寝てんじゃないか」

ベルトルト「あり得る」

ライナー「看病といえば、アニは昔よく風邪ひいてたな」

アニ「またその話かい…」

ライナー「そのたびにアニは死なないよね、ってうろたえてたなお前」

ベルトルト「もうやめてよ…」

ライナー「そして翌日はベルトルトが寝込んで、アニがうろたえて」

アニ「…覚えてないね」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:50:55 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「でもライナーの作った雑炊はまずかった」

アニ「味がしなかった」

ライナー「お前ら…人が一所懸命に作ったってのに…」

ベルトルト「あれ、何入れてたの…」

アニ「米は硬い、野菜は半生、出汁が全くきいてない」

ライナー「もうつくらねぇよ…」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:51:54 ID:4VT6aVTo

ライナー「…懐かしいな」

アニ「………」

ベルトルト「………」

ライナー「帰ろう、故郷に」

アニ「ああ」

ベルトルト「うん…」

ライナー「だが、まずは」

ベルトルト「寝よ、か…」

アニ「おやすみ…」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:52:59 ID:4VT6aVTo

ライナー「………」

ベルトルト「………」

アニ「………」

ライナー「…つかr」

ベルトルト「言わないで」

アニ「言うと殺す」

ベルトルト「結局エレンも疲れて寝込んじゃったし…」

アニ「ユミルはうつされたのか、疲れただけなのか…」

ライナー「明日からマルコらが復帰できそうだが…」

アニ「今日は私らのみ…」

ライナー「クソッたれ、やってやる、やってやるぞ」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:54:06 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「もうね、今日決行してもいいんじゃないかな」

ライナー「は?」

ベルトルト「考えてみてよ、みんな寝込んでるんだよ」

アニ「あー、賛成。看病めんどくさい」

ライナー「おいおい」

ベルトルト「天気もいいし」

アニ「絶好の巨人日和」

ベルトルト「洗濯物なんて」

アニ「見たくもない」

ライナー「おおおおおい!」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:54:48 ID:4VT6aVTo

アニ「うるさい」

ライナー「冷静になれ、考えろ!」

ベルトルト「寝不足なんだ、静かにしてよ」

ライナー「寝込んでいるのは訓練兵だけだ!教官や調査兵団がいるだろ!」

アニ「あー」

ベルトルト「そうだった」

ライナー「そもそも、憲兵団になって内部情報を掴むんだろ!」

ベルトルト「そうだったっけ?」

アニ「忘れたね」

ライナー「頼む、考えることを放棄しないでくれ」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:58:20 ID:4VT6aVTo

アニ「あんたはいいよね」

ベルトルト「200人分の芋の皮をむいてほしいもんだ」

ライナー「うっ…」

アニ「さすがに腱鞘炎になりそう」

ベルトルト「これから昼食作って、洗濯して、夕食作って片付けて…」

ライナー「俺だってなぁ!水汲んで運んでるんだぞ!」

アニ「教官も水汲みやってくれてるよね」

ベルトルト「まさか教官も料理作れないなんてね」

アニ「ね」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 22:59:14 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「皮むきもうまくなったよ」

アニ「あんたならいつでも嫁にいけるよ」

ベルトルト「僕が嫁に行くの…?」

アニ「ライナーならもらってくれる」

ベルトルト「やめて、なんか生々しい」

ライナー「お前ら…」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:00:20 ID:4VT6aVTo

ライナー「今日を乗り越えればいいんだ、明日からはマルコらが…」

アニ「ミカサは夕方には復帰するんじゃないかな」

ベルトルト「さすがだね」

アニ「熱よりエレンに会えないことのが辛いってさ」

ベルトルト「ぶれないなぁ」

アニ「そんなことよりこれ見てよ、どう思う?」

ベルトルト「すごく…大きいです」

アニ「だろ…こいつを剥いて、みんなに食わせるんだ…」

ベルトルト「ふふふ…」

ライナー「頼む、戻ってきてくれ…」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:01:21 ID:4VT6aVTo

ミカサ「それはいいけど、この剥かれた野菜の山は」

ライナー「聞くな。2人とも何かにとりつかれたようだった」

マルコ「まぁ…おかげで、夕飯の準備は楽だけど…」

ジャン「とりあえず医務室に運んだ方が…」

ライナー「俺はベルトルトを運ぶ」

マルコ「じゃあアニを。ジャンはミカサとここお願いね」

ジャン「おう、任せろ」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:02:38 ID:4VT6aVTo

ミス…>>28の前にコレ追加。

ミカサ「………」

マルコ「………」

ジャン「………」

ライナー「………」

ミカサ「…これは?」

ライナー「…寝かしといてやってくれ」

マルコ「だいぶマシになったから、とりあえず来てみたけど…
    ひょっとして、僕らの食事って…」

ライナー「ああ…」

ジャン「まじかよ…」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:03:10 ID:4VT6aVTo

ミカサ「それはいいけど、この剥かれた野菜の山は」

ライナー「聞くな。2人とも何かにとりつかれたようだった」

マルコ「まぁ…おかげで、夕飯の準備は楽だけど…」

ジャン「とりあえず医務室に運んだ方が…」

ライナー「俺はベルトルトを運ぶ」

マルコ「じゃあアニを。ジャンはミカサとここお願いね」

ジャン「おう、任せろ」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:04:01 ID:4VT6aVTo

ジャン「よし、作るか」

ミカサ「あなたが?」

ジャン「……すまん、何すればいい?」

ミカサ「見てるだけでいい」

ジャン「」

ミカサ「…食器でも準備しておいて」

ジャン「お、おう…」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:04:38 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「…起きてる?」

アニ「…うん」

ベルトルト「疲れたね」

アニ「…うん」

ベルトルト「手、痛いし」

アニ「…痛いね」

ベルトルト「なんであんなに剥いたんだろ」

アニ「そこに芋があったから」

ベルトルト「サシャもびっくりだ」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:05:22 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「ライナー、うるさいね」

アニ「ほんとに」

ベルトルト「安眠妨害」

アニ「よりによって3人で医務室」

ベルトルト「ああしんどい、蒸気出そう」

アニ「もう出てるよ」

ベルトルト「ほんと?」

アニ「たぶん」

ベルトルト「びっくりさせないで」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:06:04 ID:4VT6aVTo

アニ「でも…」

ベルトルト「楽しかったね…不謹慎だけど」

アニ「………」

ベルトルト「もうこりごりだけど…」

アニ「まったくだ」

ベルトルト「…いい、土産話にはなる、かな」

アニ「…帰れたら、ね」

ベルトルト「帰るんだよ…」

アニ「うん…」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:06:50 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「ほんとうるさいね」

アニ「蹴っていい?」

ベルトルト「怪我しない程度なら」

アニ「…余計めんどくさい」

ベルトルト「疲れたしね」

アニ「うん」

ベルトルト「外もうるさいね」

アニ「……」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:08:09 ID:4VT6aVTo

アニ「ねえ」

ベルトルト「うん?」

アニ「そっち行っていい?」

ベルトルト「う…ん?」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:08:51 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「いや、ちょっと待って」

アニ「何が?」

ベルトルト「だから、潜り込もうとしないで」

アニ「落ちる。そっち寄って」

ベルトルト「いやいやいやいや」

アニ「うるさいね、蹴るよ」

ベルトルト「その、僕、男だから、ね?」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:09:36 ID:4VT6aVTo

アニ「だから?」

ベルトルト「…その、」

アニ「意気地なし」

ベルトルト「えっ」

アニ「ヘタレ、腰抜け、臆病者、弱虫」

ベルトルト「いや、その」

アニ「安心しな、襲うつもりはない」

ベルトルト「…は、はぁ」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:10:36 ID:4VT6aVTo

アニ「昔は」

ベルトルト「う、うん」

アニ「こうしてよく一緒に寝たよね」

ベルトルト「昔は、ね…」

アニ「あんた、ほんとデカくなったよ」

ベルトルト「まぁ…」

アニ「…私が小さいだけか」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:11:25 ID:4VT6aVTo

ベルトルト「…アニは、そのままでいいよ」

アニ「…そう?」

ベルトルト「うん…」

アニ「…そう」

ベルトルト「……」

ベルトルト「…アニ?」

ベルトルト「…寝ちゃった?」

ベルトルト「……」

ベルトルト「これ、なんて生殺し?」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:12:17 ID:4VT6aVTo

ジャン「ったく、どんだけ芋剥くの好きなんだよ」

マルコ「まぁまぁ、おかげで朝食の準備も楽だったじゃない」

ジャン「…で、起きてくる気配ねえから運んできてやったわけだが」

マルコ「これはその…」

アニ「おはよう」

マルコ「おはよう…」

ジャン「何いちゃついてやがんだぁぁああ!」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:13:16 ID:4VT6aVTo

アニ「起こそうとしたらこうなった」

ジャン「天気、悪かったけどよ…」

マルコ「確かコニーも前にやられてたよね」

ライナー「ったく…お前ら朝から何騒いで…?!」

アニ「おはよう」

ライナー「ア、ニ…?」

アニ「こいつ離して欲しいんだけど」

ライナー「あ、ああ…いや、これは…」

マルコ「前回は…コニーの悲鳴聞こえてから30分かかったかな」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:14:05 ID:4VT6aVTo

アニ「それまでこのままでいろと?」

ジャン「起こそうとしたら蹴りが飛んでくるんだよ…」

マルコ「しかしよく寝てるなぁ」

ライナー「…疲れてたんだろう」

アニ「はぁ…どうにかなんないの」

ライナー「無理だな」

ジャン「俺は戻るぞ、付き合いきれん」

マルコ「一応…カーテン、しておくね」

ライナー「ああ…こっちもなんとかしてみる」

マルコ「はは、怪我しないでよ」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:14:49 ID:4VT6aVTo

アニ「…ほんと、相変わらず寝相悪いね」

ライナー「まぁ…しばらくそのままにしといてやれや」

アニ「は?なんで」

ライナー「よく寝てるしな、うん。さて俺は飯でも食うか」

アニ「…起きたら蹴っ飛ばす」

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 23:15:37 ID:4VT6aVTo

『アニが、アニが…』

『落ち着け、ただの風邪だ』

『どうしよう、熱、高いよ?息も、あらいよ?
 ねえライナー、このままアニはしんじゃうの?』

『…そんなに心配なら傍についててやれよ』

『うん、そする…アニ、しなないよね?』

『お前が守ってやればいい』

『うん、守る、おっきくなって、ぜったい守る』

「…守る、から…」

アニ「……ふん」

おしまい

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。