おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄「みんなの肉便器 とられちゃったもん~」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:08:07.82 ID:T+/PYJ9i0
憧「えっ、あたしはしず専用なんだけど…いや、違うけどそうありたいっていうか…」

玄「なに言ってるの憧ちゃん?穏乃ちゃんのことだよ」

憧「え!?しず…嘘だよね…」

穏乃「本当だよ…」

憧「嘘よっ!そんなはずない…」

穏乃「ほら、ふとももの所に正の字がいっぱいあるでしょ…」

憧「」

穏乃「それに、憧だってあるでしょ。私、見ちゃった」

憧「これは、その…シズニーの回数//」

穏乃「そうだったんだ…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:10:06.96 ID:T+/PYJ9i0
憧「っていうか、どういうことよ!?」

憧「これ、ただの練習試合だよね?」

灼「実は、勝った方が相手方の性奴隷を奪えるっていう条件つきで…」

憧「そんな…」

穏乃「ごめんね憧…」

憧「まあ、こんなビッチ、こっちから願い下げだけどさ」

穏乃「憧…」

憧「いなくなって清々するわね…うっ…」

宥「憧ちゃん、泣かないで…」

淡「そりゃ良かった!じゃあ穏乃は頂いてくね!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:11:50.27 ID:T+/PYJ9i0
憧「待って、しずじゃなくてあたしが…」

淡「私は穏乃が欲しいんだー。だから、あんたはいらない」

憧「止めて、連れてかないでよ…」

淡「どうしても取り返したいならまた試合してあげてもいいよー」

淡「もちろん、だれかを賭けてだけどね」

穏乃「憧…私は大丈夫だから、無謀なことはしないでね」

淡「ほら、さっさと歩け!」

穏乃「痛いです、大星さん…」

憧「やめて、しずにひどいことしないで」

淡「穏乃だって悦んでるでるんだよ、ねー」

穏乃「はい…」

憧「」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:14:08.94 ID:T+/PYJ9i0
玄「ほんとにごめんね、憧ちゃん」

憧「気にしてないって…ほら、もう一試合頼むよ」

灼「無能力の憧に、私たち三人相手はきついんじゃ…」

憧「しずだってきっと辛い思いをしてるから…あたしも頑張らないとね!」

宥「憧ちゃん…」

灼「白糸台との勝負には賭けが必要…」

灼「こんなことを止められなかった私に責任がある…私を賭けて」

玄「あの勝負を提案した私が悪かったんだよ…私を」

宥「いや…上級生の私が悪いの…」

憧「いいよいいよ…あたしは、自分を賭けるつもり」

玄「憧ちゃん…」

憧「その代わり、あたしは一人で行くからついて来ないでね」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:17:38.91 ID:T+/PYJ9i0
灼「もう遅い。今日はここまでにした方が…」

憧「悪いね、でも明日も頼むよ」

玄「下の方も強化しとく?」

憧「玄…あんた反省してないの?」

玄「うわっ…怖いよお姉ちゃん…」

宥「今のは、玄ちゃんが悪いよ」

憧「はあ、早く奪還したいところだけど、この調子じゃ結構かかりそうだなー」

?「…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:19:28.63 ID:T+/PYJ9i0
淡「やばいよ、テル!私、穏乃のこと気に入っちゃった!」

淡「私がいないと、どこか放心したような目になって憧、憧…ってつぶやくの」

淡「ゾクゾクするよねー」

菫「ド変態だなおまえは…」

照「菫も人のことは言えないと思う…」

淡「しっかし亦野センパイが先代を連れて逃げちゃうなんて、ちょっとビックリだよね」

照「まあ、実は気づいてたんだけど…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:21:56.60 ID:T+/PYJ9i0
淡「どうして逃がしたの?」

照「必死だったからね…かわいそうで」

淡「テルったら甘いなー」

菫「阿智賀から連絡があった。今週末だそうだ」

照「明日…」

淡「どうせあのがきんちょでしょー、大したことないって」

菫「足元すくわれても知らんぞ…」

淡「私を倒せるのはテルと穏乃ぐらいだよ。心配いらないって」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:24:02.88 ID:T+/PYJ9i0
穏乃(そっか、憧が来るのか…)

淡「穏乃、あいつが来るらしいよ!うれしいね」

穏乃「そんなことないですよ」

淡「そんなこと言ってるけど、ほんとは嬉しいんだよねー」

穏乃「いいえ、憧が来たところで大星さんに勝てるわけないですし…」

淡「わかってるじゃん、だったら、そろそろ私のこと名前で呼んでよ…」

穏乃「考えておきます」

淡「全く調子いいんだからさー」

淡「…そうだ、あいつの出迎えは穏乃にさせてあげるよ!」

穏乃「いいです」

淡「拒否権あるわけないよねー」

穏乃「わかりました…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:29:07.40 ID:T+/PYJ9i0
憧「…」

穏乃「ようこそ、白糸台高校麻雀部へ」

憧「しず…」

穏乃「…どうぞ、こちらへ」

憧「ありがと…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:32:50.42 ID:T+/PYJ9i0
菫「君、一人かい?」

憧「はい、賭けるのはあたしでいいですか?」

淡「いいよー。その志、潔くて気に入っちゃった」

淡「せっかく両思いになったのにお互いが寝取られるとか興奮するよねー、穏乃」

穏乃「はい…」

照「こっちは私、菫、淡で大会公式ルール、これでいい?」

憧「はい、お願いします」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:34:45.04 ID:T+/PYJ9i0
淡「ほら、言ったとおりでしょー、私の敵じゃない」

照「おかしい…照魔鏡が使えなかった…」

菫「私の照準も見切られてるような…」

淡「私が強すぎるからだってー」

憧「そろそろ後半戦を始めましょう」

淡「いいよー、見ててね穏乃!絶対勝ってみせるから」

穏乃「大星さん…頑張って下さい」

淡「どうせ心の中では『憧、頑張ってね!』とか言ってるくせに…」

照「淡、始めるよ…」

淡「さあ…後半戦開始だよ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:43:38.06 ID:T+/PYJ9i0
淡(オーラスも私が高い手を和了って一位で終局!)

淡(ここは突っ張って、かっこ良く終わらせる!)

憧「大三元です…」

淡(えっ!?そんなはずない…)

憧「もう一回…大三元」

淡(うそでしょ!?)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:45:56.93 ID:T+/PYJ9i0
淡「やだ…私が飛び終了なんて…そんな…」

尭深「私が手伝いました…」

照「尭深…」

亦野「あと、先輩方および淡の対処法は私が」

菫「そういうことだったのか…」

憧「さあ、しずを返してよ!」

淡「やだ、やだよ…穏乃を取っちゃいやだ…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:49:50.84 ID:T+/PYJ9i0
淡「やだ、やだよ…穏乃を取っちゃいやだ…」

穏乃「大星さん…」

淡「新子憧、お願いだから私とタイマンで勝負して…ぐすっ…」

憧「ちょっと、土下座されても困るわよ…」

穏乃「…」

憧「わかったわよ…勝負方法はあんたが決めて、しずが勝者を決める。それでいいかな?」

淡「ありがと…それじゃあ夜伽でお願い!」

憧「うわっ、どうしよ…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:53:51.83 ID:T+/PYJ9i0
淡「ねえ穏乃、どこがいいの?」

穏乃「私は審査員なので何も…」

淡「いじわる…もうこうなったら、いつも通りでいくから!」

穏乃「淡さん、激しすぎますって//」

淡「穏乃の性感帯ぐらい把握してるんだから」

モニター越し

憧「うわっ//こんなの無理だって…」

尭深「相変わらずなんだね…」

亦野「そうだね…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:57:21.20 ID:T+/PYJ9i0
菫「二人はどうするつもりなんだ?」

亦野「できれば後腐れないようにして、この部活は去るつもりです」

菫「そうか、優秀な人材を失うのは惜しいが…」

菫「いや、お前たちの代わりなどいくらでもいる…どこへとでも行ってしまえ」

亦野「よかったね」

尭深「うん…ありがとうございます」

菫「今考えると悪いことをしたと思っている…すまない」

照「うそつき…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:59:48.85 ID:T+/PYJ9i0
憧「えっと、なにをどうすれば…」

穏乃「ごほっ、ごほっ…ごめん風邪ひいちゃったみたい…」

憧「…!」

憧「ありがと…でも、何にもないや」

憧「とりあえず、裸で抱きつけば熱は下がるかな」

穏乃「うん…意外と大胆だね」

憧「だって、あんなもの見たらそりゃ…」

モニター越し

淡「なにこれ?」

照「夜伽の定義から外れてはいない」

菫「これは…もう腹の内では決まっているな」

淡「今日の夕飯とか?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:03:04.63 ID:T+/PYJ9i0
淡「それじゃあ…結果発表といこうか」

穏乃「はい…」

憧「…」

穏乃「大星さんには悪いけど、私は憧を選びます」

憧「よかった…」

淡「なんでなんで!?どうしてこいつなの…どうして私じゃないの!?」

穏乃「私の中では最初から決まっていたんです…ごめんなさい」

淡「くやしいっ…なんでなんで…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:04:39.17 ID:T+/PYJ9i0
憧「あのさ、なんならまた勝負受けたげるから…泣かないでよ」

憧「あんたが勝負を受けてくれなかったらあたしだってチャンスなかったわけだし…ね?」

淡「どうしてそんなに優しいの…」

憧「優しいんじゃなくて優柔不断なだけだよ…」

淡「…」

淡「次は負けないから!」

憧「いつでもかかって来なさい!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:07:31.69 ID:T+/PYJ9i0
淡「どうしたら勝てるんだろ…テルはわかる?」

照「多分だけど、今の淡じゃ勝てないよ」

淡「なんでなの?」

照「前に高鴨さんと打ったとき…淡はほとんど見えなかったから」

淡「そんな…」

照「それでもあの子が欲しいの?」

淡「うん…どうしても諦めたくない…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:10:52.18 ID:T+/PYJ9i0
照「それじゃあ、こんなことは止めて普通の恋愛を楽しまないとね」

淡「テルは、なんで?」

照「菫は強がりだけど、実はとてつもない闇を抱えているから…」

照「私が一緒に堕ちれば安心するだろうと思ってね」

淡「そうなんだ…」

照「もちろん、いつかは二人一緒にこの奈落の底から抜け出せたらと思ってはいるけど」

照「ほら、あれ…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:13:09.84 ID:T+/PYJ9i0
菫「くそっ、また失敗か…」

菫「だが今回の騒動に一枚噛んでいる阿智賀は狙い目だな」

菫「松実宥あたりを次なるターゲットとするか…」

淡「大変そうだね…」

照「淡も大変だと思うけど頑張ってね」

淡「テルも頑張ってね」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:15:33.46 ID:T+/PYJ9i0
穏乃「ねえ、憧…」

憧「なに?」

穏乃「なんで、私なんかを助けてくれたの?」

憧「あたしは…しずが好きだからかな…惚れた弱みってやつよ」

穏乃「そうなんだ…」

憧「あたしも一ついいかな」

穏乃「どうしたの?」

憧「なんでこんなことになったのか説明してくれない?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:18:58.35 ID:T+/PYJ9i0
穏乃「部室でノドニーしてたら見つかっちゃって…」

憧「脅されたのね」

穏乃「いや…まあその辺はうやむやにしてほしいな」

憧「はあ…全く優しいやつめ…」

憧「…あたしの予想だけど宥姉が主犯でしょ」

穏乃「…いや」

憧「その顔からすると、あたしの予想は当たってるわね」

穏乃「…」

憧「…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:26:42.90 ID:T+/PYJ9i0
憧「まあ、なにはともあれ一件落着だよね。このことは忘れよ」

穏乃「私も忘れるよ…玄さんが泣いて帰ってきたときに憧が最初に発したセリフもね…」

憧「あっ、やめてよ…蒸し返さないでってば…」

穏乃「実際のところ、私専用になりたいの?」

憧「えっと//まあ、大切に扱ってくれるなら…」

穏乃「そっか、じゃあ憧は私専用の抱き枕だね!」

憧「しずのいじわる…」

穏乃「ごめんごめん、私専用のかわいい恋人さん!」

憧「…ったく、お調子ものなんだから」

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。