おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺「疲れた」俺「俺も」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:31:42.00 ID:JRrnUfa+0
俺「眠い」

俺「眠いな」

俺「暑い」

俺「暑いな」

俺「どうしよう」

俺「どうしようか」

俺「出かけよう」

俺「出かけようか」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:32:30.70 ID:JRrnUfa+0
俺「イライラする」

俺「イライラするか」

俺「イライラしてる」

俺「どうすればそれは治まる」

俺「わからん」

俺「とりあえず急ごうか」

俺「急ごう ここは暑い」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:33:09.21 ID:JRrnUfa+0
俺「図書館だ」

俺「図書館だな」

俺「涼しい」

俺「涼しいな」

俺「冷水器がある」

俺「飲むのか」

俺「お前はどうだ」

俺「お前が飲みたいなら」

俺「じゃあ飲む」


俺「うまい」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:34:38.76 ID:JRrnUfa+0
俺「なにをしよう」

俺「なにをしようか」

俺「決めていいぞ」

俺「決めていいのか」

俺「決めていいぞ」

俺「じゃあ本を読もう」

俺「どうしてだ」

俺「図書館だからだ」

俺「なるほど」

俺「図書館だからな」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:36:42.97 ID:JRrnUfa+0
俺「いっぱいある」

俺「いっぱいあるな」

俺「どうしてこんなにある」

俺「図書館だからな」

俺「図書館だからか」

俺「図書館だからだ」

俺「何を読もう」

俺「好きにしていい」

俺「わかった」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:37:42.71 ID:JRrnUfa+0
俺「これはどうだ」

俺「これはいいな」

俺「400ページもある」

俺「400ページもあるな」

俺「重い」

俺「重いか」

俺「重い」

俺「俺が持とうか」

俺「いや 俺が持つ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:38:13.53 ID:JRrnUfa+0
俺「ドリンクはないのか」

俺「ドリンクはない」

俺「喉が渇いた」

俺「喉が渇いたか」

俺「ジュースが飲みたい」

俺「ジュースが飲みたいか」

俺「買いに行く」

俺「俺も行こうか」

俺「一緒に行こう」

俺「うん」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:38:59.64 ID:JRrnUfa+0
俺「暑い」

俺「暑いか」

俺「暑い」

俺「暑いな」

俺「何℃だろう」

俺「何℃だろうな」

俺「分からんが暑い」

俺「とにかく暑いな」

俺「喉が渇いた」

俺「行こう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:39:45.95 ID:JRrnUfa+0
俺「どれにしよう」

俺「どれでもいいぞ」

俺「お前は何が飲みたい」

俺「お前の好きにしていい」

俺「いいのか」

俺「いい」

俺「じゃあこれ」

俺「いいな」

俺「押すぞ」

俺「おう」

俺「」ピッ ガランゴロン

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:40:31.34 ID:JRrnUfa+0
俺「うまい」

俺「うまいな」

俺「冷たくて甘い」

俺「甘くてシュワシュワする」

俺「買ってよかった」

俺「買ってよかった」

俺「どうしようか」

俺「どうしよう」

俺「戻ろうか」

俺「戻ろう」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:41:08.67 ID:JRrnUfa+0
俺「腹が減った」

俺「腹が減ったか」

俺「腹が減った」

俺「どこか寄るか」

俺「どこか寄る」

俺「どこがいい」

俺「どこでもいい」

俺「じゃああそこ」

俺「ああ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:41:58.45 ID:JRrnUfa+0
俺「チキンバーガーセット、ドリンクはコーラで」

俺「俺はダブルバーガーセットでメロンソーダ」

俺「ここで食うか」

俺「ここで食う」

俺「分かった 店内で」

店員「かしこまりました 1480円です」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:43:23.03 ID:JRrnUfa+0
俺「いただきます」

俺「いただきます」

俺「うん」

俺「うん」

俺「うまい」

俺「悪くない」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:44:23.23 ID:JRrnUfa+0
俺「どうした」

俺「何がだ」

俺「全然食べてないぞ」

俺「お前も全然食べてない」

俺「もう腹いっぱいだ」

俺「俺ももう食えない」

俺「どうしよう」

俺「どうしよう」

俺「持って帰るか」

俺「持って帰ろうか」

俺「紙ナプキンはどこだ」

俺「テーブルの横にある」

俺「これか」

俺「それだ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:45:18.62 ID:JRrnUfa+0
俺「この後はどうしよう」

俺「図書館に戻るか」

俺「図書館に戻るのか」

俺「嫌なのか」

俺「嫌じゃない」

俺「じゃあ行こう」

俺「行くのか」

俺「行きたくないのか」

俺「行かなくてもいい」

俺「400ページだぞ」

俺「400ページだよな」

俺「どうする」

俺「わかった」

俺「行こうか」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:46:54.81 ID:JRrnUfa+0
俺「涼しい」

俺「涼しいな」

俺「冷水器がある」

俺「飲むのか」

俺「俺は飲まない」

俺「なぜだ」

俺「喉が渇いていないからだ」

俺「なぜ喉が渇いていない」

俺「さっきジュースを飲んだからだ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:47:59.32 ID:JRrnUfa+0
俺「なぜジュースを飲んだ」

俺「喉が渇いたからだ」

俺「なるほど」

俺「そうだ」

俺「飲まないんだな」

俺「飲まない」

俺「わかった 行こう」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:48:40.76 ID:JRrnUfa+0
俺「600ページの本を見つけた」

俺「600ページの本を見つけたのか」

俺「600ページの本を見つけた」

俺「すごいな」

俺「すごいね」

俺「400ページの本はどうする」

俺「400ページの本はどうしよう」

俺「600ページの本と合わせると1000ページになる」

俺「600+400で1000だな」

俺「4桁だ」

俺「4桁だね」

俺「大変だ」

俺「大変だよ」

俺「戻そう」

俺「戻す」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:49:44.19 ID:JRrnUfa+0
俺「600ページの本は読む」

俺「400ページの本は読まない」

俺「こういうことだ」

俺「こういうことだね」

俺「読もうか」

俺「読もう」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:50:43.76 ID:JRrnUfa+0
俺「ちょっと待って」

俺「なんだ」

俺「トイレに行きたい」

俺「トイレに行きたいのか」

俺「一緒に行こう」

俺「俺は読みたい」

俺「俺はトイレに行きたい」

俺「耐えられないのか」

俺「耐えられない」

俺「しょうがないな」

俺「ごめん」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:51:27.68 ID:JRrnUfa+0
俺「すごい」

俺「すごい」

俺「いっぱい出る」

俺「止まらない」

俺「永遠に続くみたい」

俺「果てしなく長い」

俺「こんなの初めて」

俺「俺も初めて」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:51:59.52 ID:JRrnUfa+0
俺「今まではこんなに続かなかった」

俺「今までこんな長いのはなかった」

俺「終わっちゃう」

俺「終わっちゃう」

俺「終わった」

俺「待て」

俺「なんだ」

俺「ちゃんとフリフリしてからしまえ」

俺「わかった」フリフリ チーッ

俺「ふう」

俺「ふう」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:52:54.28 ID:JRrnUfa+0
俺「よし」

俺「よし」

俺「読むか」

俺「待て」

俺「なんだ」

俺「宿題を思い出した」

俺「なんだと」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:53:26.57 ID:JRrnUfa+0
俺「本を読んでる場合じゃない」

俺「ふざけるな」

俺「ふざけてない」

俺「夏休みの宿題は終わらせたはずだ」

俺「お前が遊びに行くから宿題が出来なかった」

俺「俺のせいか」

俺「そうだ」

俺「ふざけるな」

俺「今こうして言い合ううちに時間が過ぎていく」

俺「まずいな」

俺「非常にまずい」

俺「帰ろう」

俺「帰る」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:54:19.47 ID:JRrnUfa+0
俺「まずいな」

俺「まずい」

俺「これは多い」

俺「これは多いな」

俺「思わぬ伏兵」

俺「孔明の罠」

俺「終わるか」

俺「分からない」

俺「始業式は明日だ」

俺「提出日は明日だ」

俺「終わるか」

俺「分からない」

俺「どうする」

俺「終わらせる」

俺「いいだろう」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:55:07.59 ID:JRrnUfa+0
俺「俺は作文をやる」

俺「俺はドリルをやる」

俺「任せた」

俺「任せた」

俺「行けそうか」

俺「わからん」

俺「終わりそうか」

俺「知らん」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:55:47.73 ID:JRrnUfa+0
俺「手が進んでないぞ」

俺「お前こそ」

俺「しっかりしろよ」

俺「お前もな」

俺「どうしよう」

俺「どうしよう」

俺「終わりの目途はついてる」

俺「終わりの目途がついたか」

俺「手分けすれば終わる」

俺「手分けすれば終わるんだな」

俺「そうだ」

俺「分かった」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:56:41.28 ID:JRrnUfa+0


俺「終わった」

俺「終わった」

俺「眠い」

俺「寝たい」

俺「でももう時間だ」

俺「準備しよう」

俺「時間がない」

俺「急ぐぞ」

俺「急ぐぞ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:57:44.24 ID:JRrnUfa+0
俺「おはよう」

友「おはよう」

俺「おはよう」

友「おはよう・・・」

俺「宿題は終わったか?」

友「実はちょっと残ってるんだよね〜」

俺「へえ」

俺「宿題終わってないのか?」

友「残ってるって言ってんだろ、皮肉か」

俺「違うよ」

俺「皮肉じゃない」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:58:26.68 ID:JRrnUfa+0
友「お前、焼けたな」

俺「そうだろ」

俺「そうでもないだろ」

友「え?」

俺「なんだよ」

俺「どうした」

友「いや、んん、なんでもない」

俺「そうか」

俺「ならいい」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 01:59:10.59 ID:JRrnUfa+0
起立、礼、着席ー

担任「今日から二学期が始まります」

担任「夏休み気分は早めに抜いて、これまで通り規則正しい生活を過ごしましょう」

担任「早速宿題を集めます 課題を教卓まで持ってきて」

俺「出してきてくれ」

俺「お前が出して来いよ」

俺「やだよ眠い」

俺「俺だって眠い」

俺「動きたくねえよ」

俺「俺だってそうだ」

俺「いいから出して来いよ」

俺「なんでだよお前行けよ」

友「うるっせえよお前!!」

俺「ごめん」

俺「ごめん」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:00:00.84 ID:JRrnUfa+0
友「なんなんだよ」

俺「何がだよ」

友「お前うるせえんだよ」

俺「何だよいきなり」

俺「藪から棒に」

友「それだよそれ」

俺「?」

俺「?」

友「「?」じゃねえよ」

俺「ごめん」

俺「悪い」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:01:05.73 ID:JRrnUfa+0
友「何かあったか?ん?」

俺「いや」

俺「別に」

俺「何も」

俺「特には」

友「はぁ・・・どっか頭打ったの?」

俺「・・どうだろう」

俺「さぁ」

俺「覚えあるか?」

俺「知らないな」

俺「俺も」

俺「誰か覚えてる奴いるか?」

俺「・・・」

俺「いないってさ」

友「何がだよ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:02:02.64 ID:JRrnUfa+0
友「まぁ、今日は授業ないから終わりだし、早く帰って寝ろ」

俺「そうか」

俺「分かった」

俺「うん」

友「返事が多い」

俺「ごめん」

俺「すまん」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:03:05.26 ID:JRrnUfa+0
俺「友、どうしたんだろう」テクテク

俺「どうしたんだろうな」テクテク

俺「夏の暑さにやられたか」

俺「夏の暑さにやられたな」

俺「やっぱりな」

俺「そうだよな」

俺「どっか帰り寄るか」

俺「このまま帰る」

俺「このまま帰るか」

俺「分かった 帰ろう」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:03:44.75 ID:JRrnUfa+0
?「おい」

俺「ん?」

俺「何?」

俺「なんすか?」

俺「はい」

?「ちょっと金貸してくれよ」

俺「え?」

俺「は?」

俺「なんで?」

俺「どうして?」

?「つべこべ言わずに財布出せっつってんだよ!」ドゴッ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:04:45.07 ID:JRrnUfa+0
俺「っ痛・・・」

俺「テテ・・・」

俺「う・・・」

俺「なんだよいきなり・・・」

?「大人しく財布出さねえからこうなるんだよ」

俺「そんなこと言ったって」

俺「いきなり財布出せって言われても」

?「うるせえ!」ゲシッ

俺「ぐふっ!」ポタ・・・ポタ・・・

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:05:35.31 ID:JRrnUfa+0
?「ほーらよっとーぅ、返してほしけりゃ追いかけてみな」タタタッ

俺「あいつっ・・・」

俺「追え・・!!」

俺「俺は無理だ」

俺「誰か頼む・・・」

俺「頼りないやつばっかりだな」

俺「くそっ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:08:43.54 ID:JRrnUfa+0
俺「ただいま」

母「おかえr・・・どうしたの?!」

俺「うんちょっと」

俺「大丈夫」

俺「なんでもないから」

俺「大したことない」

母「でも手当てしないと」

俺「ほんと大丈夫だから」

俺「気にしないで」

俺「ほっとけば治る」スタスタ

母「ちょっ・・・1ー!?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:10:36.34 ID:JRrnUfa+0
俺「痛い」

俺「痛いな」

俺「こんな痛みはもういやだ」

俺「大丈夫だ 俺が引き受けてやる」

俺「引き受けてくれるか」

俺「引き受けてやるよ」

俺「ありがとう」

俺「こんな時のための俺だからな」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:12:14.17 ID:JRrnUfa+0
ヤーイヤーイ オマエノ カーチャン デーベーソーww

・・・

ビンボー ビンボーw カタオヤ カタオヤーw

・・・ッ!

センセーw オカアサンガイナイイエハ ジュギョウサンカン ドウスレバイインデスカーwww

・・・ッ・・・ッ・・!!

ドケヨビンボーニンwww クッセーンダヨwww

ッッッッッ・・・・・・・・・・・!!!!!

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:13:16.80 ID:JRrnUfa+0
オガアザッ・・・ン・・・・ ヒック ヒック

ドウシタノ 1チャン

アノネ ヒック ミンナガネ ヒック ウッ ウッ

1チャン ガンバッタネ イイコ イイコ

ヒック ヒック ウッ ウウウウウウウッッッッッ・・・ッッ


――――――――――――

―――――――

――


俺「・・・・夢か・・・」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:13:55.68 ID:JRrnUfa+0
俺「また学校が始まる」

俺「また学校が始まるな」

俺「辛いか」

俺「辛い」

俺「怖いか」

俺「怖い」

俺「よし、明日一日お前は休め」

俺「えっ」

俺「俺が明日学校に行く」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:14:41.18 ID:JRrnUfa+0
俺「どうするんだ」

俺「お前は気にするな」

俺「でも」

俺「でもじゃない」

俺「・・・」

俺「このままいじめられていたいのか」

俺「・・・」

俺「いやだろ」

俺「・・・いやだ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:17:37.78 ID:JRrnUfa+0
俺「じゃあ明日は俺が学校に行くからお前は寝てろ」

俺「分かった」

俺「おう、夕飯はどうする」

俺「いらない」

俺「いらないか」

俺「昼の残りを食う」

俺「昼の残りがあったか」

俺「だから大丈夫」

俺「そうか」

俺「さっきまでうなされてたけど大丈夫か」

俺「大丈夫」

俺「まだ時間があるから寝てろ」

俺「分かった」

俺「じゃあお休み」

俺「おやすみ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:18:53.24 ID:JRrnUfa+0
2日後、早朝

俺「ん・・・」

俺「どこだ」

俺「どこだここは」

俺「どこだろうな」

俺「おい」

俺「なんだ」

俺「なにをした」

俺「何とはなんだ」

俺「だから何をした」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:19:45.24 ID:JRrnUfa+0
俺「いじめをなくした」

俺「いじめをなくした?」

俺「そうだ」

俺「どういうことだ」

俺「いじめをなくしたんだよ」

俺「じゃあなんでこんなところにいるんだ」

俺「そりゃあ当たり前だろ」

俺「殺したんだから」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:20:17.68 ID:JRrnUfa+0
俺「殺・・・した・・・?」

俺「殺した」

俺「なんで・・・」

俺「だってお前、辛い、怖い、もういやだって言ってたろ」

俺「でも」

俺「これでいじめはなくなったぞ」

俺「これ以上いじめられることはない」

俺「だからってそこまで」

俺「そこまでしなきゃいけないほど、お前を傷つけてきたろ」

俺「・・・」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:21:09.98 ID:JRrnUfa+0
俺「まぁいいじゃねえか、嫌なことは全部俺が引き受けてやるよ」

俺「辛いこと、嫌なこと、全部俺が身代わりになってやる」

俺「だからお前はゆっくり寝てろ」

俺「お休み、俺くん」

俺「・・・」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:22:15.32 ID:JRrnUfa+0
数年後、屋上

俺「・・・?」

俺「なんでこんなところにいるんだ?」

俺「この腕時計も、服も全然違う」

俺「手もこんなにしわがなかったし大きくなかった」

俺「よう」

俺「!!」

俺「いい夢は見れたかい」

俺「おい、ここはどこだ」

俺「ここか?見ての通り屋上だよ」

俺「なんでだ」

俺「死ぬからだよ」

俺「なっ・・・!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:23:36.65 ID:JRrnUfa+0
俺「あの日、俺はお前をいじめてたやつ全員を殺した」

俺「刺殺、絞殺、撲殺、あらゆる手で」

俺「教師に見つかって捕まったが、お前をいじめた奴は全員殺したよ」

俺「それからまもなく少年院に送られて、今から2年前に出所」

俺「家族は崩壊し、借金漬けになった家族は蒸発、失踪、自殺」

俺「そして最後に残った家族がお前ひとりだ」

俺「・・・」

俺「生きる希望も将来への可能性もなくなった俺はここまできた」

俺「そして、この縁に立った瞬間、解放される幸せを感じた」

俺「この地獄から逃げ出せるっていう幸福をね」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:24:48.32 ID:JRrnUfa+0
俺「その幸せを感じた瞬間、お前が目覚めた」

俺「・・・!」

俺「つまり、嫌なこと全部をお前から引き受けたら」

俺「自殺直前、苦しみから解放される喜びを感じるまでお前は外に出られなくなったってわけだ」

俺「・・・っ!」

俺「俺もお前も同じ俺だ」

俺「俺が幸せに感じたんだからお前も幸せなんだろ?」

俺「そんなこと・・・!」

俺「現に今、俺は今とてもすがすがしい気分だぜ」

俺「こんなにスカッとした気分は・・・初めてだよ」

俺「・・・」

俺「だって嬉しさや喜びや、こんなスカッとした気分は、お前ばっかり味わってたんだもんな」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:26:23.62 ID:JRrnUfa+0
俺「俺ばっかり苦しい目に遭わせやがって」

俺「・・・」

俺「俺は、もう一人のお前なんだよ」

俺「どんなに逃げても結局は帰ってくる」

俺「・・・」

俺「初めてだよ、こんな気分は」

俺「?」

俺「やっとで・・・楽になれる」

俺「なっ・・・!」

俺「残す遺産もない、身一つ・・・」

俺「や、やめろ・・・」

俺「心配する友人がいないのはかえって気が楽だ」

俺「やめろよ・・・」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:27:47.28 ID:JRrnUfa+0
俺「おいおい、どんなに踏ん張ったって無駄だぜ」

俺「お前が眠ってた間ずっとこの体使ってたんだから」

俺「今ではこの体の主人は俺なんだよ」

俺「くそっ・・・」

俺「もう諦めな、お前はもう幸せになれない」

俺「これ以上無駄な命削るより」

俺「ここで楽になろうぜ」スタ・・・スタ・・・

俺「やっ、やめろ!!」

俺「空を飛ぶのって、どんな気分かな」トッ

俺「やめてくれ!死にたくない!!」

俺「大丈夫だ、辛いのも、怖いのも、痛いのも。全部俺が受け止めてやるよ」

俺「いやだ!!!やめてくれえええええええええ!!!!」

俺「うわあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:29:18.37 ID:JRrnUfa+0
俺「大丈夫だ、安心しろ」

俺「痛みを感じずにお前は眠れる」


俺「辛いこと、嫌なこと、全部俺が身代わりになってやる」






                                       ―完―

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/16(月) 02:35:40.40 ID:JRrnUfa+0
以前書いたものを少し足して書き直してみました。
お気に召して頂けたら幸いです。

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。