おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカサ「それだけ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:03:30 ID:t2CU9QrQ

会話のみでフワッとしたエレミカです

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:05:10 ID:t2CU9QrQ

――――
―――

ミカサ「目に異物感が…」

エレン「何だよ、ゴミでも入ったか?ほら、顔上げてみろ」

ミカサ「ん…」

エレン「あんま瞬きすんなって…あ、抜けた睫毛が入ってるぞ」

ミカサ「…本来なら異物が目の中に入るのを防ぐ役割のはず…これは謀反?」

エレン「睫毛にそこまでの意思はねぇよ。そのまま涙で押し出せないか?」

ミカサ「ん……無理そう、水で洗い流してくる」フラッ

エレン「おい、ぶつかるぞ。引っ張って行くから掴まれ」

ミカサ「うん、ありがとうエレン」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:06:27 ID:t2CU9QrQ

――――
―――

ミカサ「エレン…」

エレン「何だよ、指を差すなよ」

ミカサ「木に触れただけで指にトゲが刺さってしまった、明らかに意思を持った攻撃。あなたも気を付けて」

エレン「いいから早く抜けよ」

ミカサ「手があともう一本生えていれば可能なんだけれど」

エレン「はぁ…しょーがねぇな、見せてみろ」

ミカサ「うん…人差し指のこの辺り」

エレン「うーんと…あ、これか…取るぞ?」

ミカサ「……痛くなくなった」

エレン「ちゃんと取れたみたいだな」

ミカサ「うん、ありがとうエレン」



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:07:48 ID:t2CU9QrQ

――――
―――

ミカサ「……」チュー

エレン「ぷっ…何だよその顔、鳥の真似か?」

ミカサ「違う、さっきの兵法講義の時のエレン」

エレン「俺そんな顔してねぇよ」

ミカサ「してた、唇をこう尖らせながら教本を睨んでた」

エレン「そういや、あんま理解できなかったんだよな今日…」

ミカサ「一緒に分からなかった所の復習をしよう」

エレン「ああ、アルミンにも頼みに行くか」

ミカサ「……」チュー

エレン「鼻から上の無表情さが面白ぇな」

ミカサ「うん、面白かった、エレンの顔」

エレン「いや、お前の顔がな」



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:11:08 ID:t2CU9QrQ

――――
―――

ミカサ「エレン、花が」

エレン「何だよ、花なんか別に珍しくないだろ」

ミカサ「違う、誰かに踏み潰されてる」

エレン「ふーん…花に八つ当たりでもしたのか、しょーもねぇ奴だなそりゃ」

ミカサ「私もたまに花を摘んだりするけど……勿体ない」

エレン「これなんかまだ蕾だしな」

ミカサ「…これは咲くと思う」

エレン「でも折れてるぞ?」

ミカサ「根元が潰れてるだけだから、水の中で茎を少し切ってから生けてやれば、元気になって…咲くと思う」

エレン「そういや母さんが花瓶の水を変える時にそんな事やってたような…」

ミカサ「普通に咲いた花よりは、枯れるのも早いかもしれないけど」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:13:40 ID:t2CU9QrQ

――――
―――

ミカサ「エレン、これ…」

エレン「昨日の花か?本当にちゃんと咲いたんだな」

ミカサ「うん、エレンにあげる」

エレン「は?お前が持ってろよ、俺は別に花なんか貰っても…」

ミカサ「きれいに咲いたので」

エレン「そんなに気に入ったんなら押し花にでもして持ってろよ」

ミカサ「それはダメ、このままエレンに貰って欲しい」

エレン「…俺、多分すぐに枯らしちまうぞ?」

ミカサ「構わない、その時までそばに置いてくれればいい」

エレン「たまに妙なワガママ言うよなお前…」

ミカサ「ごめんなさい」

エレン「…別にいいけどよ」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:15:03 ID:t2CU9QrQ


ミカサ「…いい天気」

エレン「おお、今日は雲が少ないな」

ミカサ「うん、秋晴れ」

エレン「秋か…そういや風が涼しくなったよな。…にしてもマフラー巻くには早過ぎねぇか?」

ミカサ「丁度いい、朝は少し寒いぐらい」

エレン「俺はもうちょっと涼しい方がいいけどな、つーか暑いだろ、まだ」

ミカサ「エレン、暑くてもお腹を出して寝てはいけない」

エレン「…何でそんな話になるんだよ」

ミカサ「暑いと言ってお腹を出して寝るせいで、よく風邪を引いていたでしょ?」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:19:08 ID:t2CU9QrQ


エレン「ガキの頃の話だろ…ったく、油断するとすぐお節介焼きやがって」

ミカサ「エレン、でも…」

エレン「そんなマヌケな理由で風邪なんか引いてたまるかよ。俺達は兵士になったんだぞ」

ミカサ「そうだけど…」

エレン「俺の事より、お前の方こそどうなんだよ」

ミカサ「?私はお腹を出して風邪を引いた事は」

エレン「違ぇよ、もうマフラー巻くほど寒いんだろ?風邪引いてんじゃねぇのか?」

ミカサ「体調は悪くない」

エレン「……そうかよ」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:20:15 ID:t2CU9QrQ



ポツ…ポツ…



エレン「っと、雨か?いきなり崩れたな…」

ミカサ「秋の天気は移ろいやすいから」

エレン「知ってるよ、兵舎まで走るぞ」

ミカサ「うん」



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:22:15 ID:t2CU9QrQ

――――
―――

夜 男子宿舎


エレン「…ずっと雨続きだな」

アルミン「うん、涼しくなればいいなとは思ってたけど…五日目ともなると、さすがにちょっと寒いね」

エレン「訓練で泥だらけにもなるしな…」

アルミン「着替えようにも、生乾きの冷たいやつを着なきゃいけなくなるのがね…」

エレン「まぁ、寒いっつっても開拓地で冬を越した時よりはずっとマシだけどよ」

アルミン「ああ、うん…それもそうだね」

エレン「隙間風は入らねぇし、ベッドもあるしな」

アルミン「味は薄いけど食いっぱぐれはしないね」

エレン「それに…強くなるための時間も道具もあるし、技術も学べる」



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:24:56 ID:t2CU9QrQ


エレン「……でもよ、アルミン…」

アルミン「うん、何だい?」

エレン「俺…アイツをここに連れて来ちまって良かったのかな…」

アルミン「…エレン、もう二年目の秋だよ?ミカサは今や首席候補にまでなったし」

エレン「今更だってのは分かってるよ。…いや、今からでも」

アルミン「開拓地にって?ミカサを一人ぼっちにするつもりなの?」

エレン「アイツ、わりと冗談とか言うようになったろ…。俺を介さないで仲良いやつも出来たみたいだし、何とかやっていけんじゃないかって…」

アルミン「ミカサはそんな事望んでないよ。エレンの居るところにミカサも居たいんだから」

エレン「……分かってるよ」

アルミン「ここに来て、良かったと思う。ミカサも…それに、僕も」

エレン「…………」



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:26:04 ID:t2CU9QrQ


アルミン「……あの頃はさ、僕達の中でミカサが一番寒がりだったね」

エレン「…今もだろ、アイツ暑い時以外はいつもマフラーしてるし」

アルミン「うん。だから寒いのは苦手だけど、嫌いってわけでも無いらしい」

エレン「…意味が分からん」

アルミン「ほら、寒ければ人目を気にせず堂々とマフラーが巻けるじゃないか」

エレン「アイツは元から気にしてないだろ、そんな事」

アルミン「んー…まぁ、『他人』の目にどう映るかは気にしないだろうけどさ」

エレン「昔からだ、どこに行くにも何をするにも絶対外さないで……アレは大事にしてんのかしてないのか、どっちなんだよ」

アルミン「ずっと肌身離さずにいたんだから大事に決まってるだろ?」

エレン「いや、分かってるけどよ」



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:27:19 ID:t2CU9QrQ


アルミン「……その花、とうとう枯れちゃったね」

エレン「ああ…でも、しょーがねぇだろ、明日にでも捨てる」

アルミン「ちょっと勿体ないな…ちゃんと水も替えたりしてたのにね」

エレン「……ああ」



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:28:46 ID:t2CU9QrQ

――――
―――

翌朝


ミカサ「おはよう、エレン」

エレン「お前…マフラーはどうしたんだ?」

ミカサ「洗って、宿舎で干してる」

エレン「曇りだぞ今日。寒いんじゃないのかよ」

ミカサ「耐えられない程では無い」

エレン「やっぱ寒いんじゃねぇか。洗うにしても、もっと晴れた日にすればいいだろうが」

ミカサ「昨日の訓練で泥がはねてしまったから…寒いけど、汚れたままにしておく方が耐えられない」

エレン「そんな大事にしてんなら訓練中は外しとけよ…」

ミカサ「お守りみたいなものだから」



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:31:14 ID:t2CU9QrQ


エレン「……あの花…昨日、枯れちまった」

ミカサ「意外、五日も持つなんて」

エレン「どっちに対してだ。花か?俺か?」

ミカサ「エレン」

エレン「馬鹿にすんな、花の世話ぐらい出来る」

ミカサ「馬鹿にしてない。本当に枯れるまで持っていてくれて嬉しい」

エレン「…何か捨て辛くなっちまった」

ミカサ「じゃあ……埋める?」

エレン「…土に還すって言わねぇか?」



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:32:47 ID:t2CU9QrQ

――――
―――

エレン「持ってきたぞ」

ミカサ「エレン、ここ」

エレン「ああ…元の場所じゃなくていいのか?」

ミカサ「うん、今度は踏み潰されないように」

エレン「そっか…まぁ、何だ、その…こうしておけば来年また咲くかもしれないしな」

ミカサ「うん」



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:34:50 ID:t2CU9QrQ


ミカサ「…最後までそばに置いてくれてありがとう、って言ってる」

エレン「花にそこまでの意思はねぇよ」

ミカサ「きっとそう言ってる」

エレン「……そうかよ」





ミカサ「……ねぇ、エレン」

エレン「…何だよ」



21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:37:20 ID:t2CU9QrQ










ミカサ「…晴れた」

エレン「ん?おお、久しぶりの日向だ」

ミカサ「うん…あったかい」



22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:41:24 ID:t2CU9QrQ


エレン「これなら今日はマフラー無しでも大丈夫そうだな」

ミカサ「?マフラーは別格」

エレン「…アレ、そんなに温かいか?だいぶボロになってるだろ」

ミカサ「そんな事ない、あったかい」

エレン「まぁ、お前がそう言うんなら…」

ミカサ「でも……」











ミカサ「エレンが一番あったかい」

エレン「…………そうかよ」



23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:42:12 ID:t2CU9QrQ

おわり



25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:47:01 ID:t2CU9QrQ

大事にしてるはずのマフラーが汚いわけないって話を書くつもりだった。
ありがとうございました。



26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:48:14 ID:t2CU9QrQ

おまけ


ミカサ「あ…また、目に異物感が…」

エレン「またかよ?ほら、見せてみろ」

ミカサ「ん…」

エレン「また抜けた睫毛が入ってるな」

ミカサ「…やはり謀反?」

エレン「だから睫毛にそこまでの意思はねぇって。ほら、洗いに行くぞ」

ミカサ「うん、ありがとうエレン」



27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:49:04 ID:t2CU9QrQ



(自ら眼球に身を投じ!)


(例え主に謀反の疑いをかけられようとも!)


(至近距離で見つめ合うシチュエーションロマンの為に!)


(心臓を捧げよ!)





アルミン(…なんちゃって)




おわり

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。