おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サシャ「え、この芋を私に?」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 18:11:56 ID:vpCGEsc6
サシャ「そんな、芋ですよ?形といい艶といい完璧 です よ?!ほんとにいいんですか!?」

ベルトルト「うん、今日はあんまり食欲がなくて ね。」

サシャ「やっ…たぁぁ!芋が二個、夢の食卓!!」

ベルトルト「(喜んでくれた)」

サシャ「って、えええぇ!体調不良なら大変じゃないですか!えーと、べ、べる、べるる」

サシャ「べる、べる…あ!ベルルトン!」

ベルトルト「ハハ、惜しいよ。」

サシャ「私も何だかニアピンな気分です…トンだけは間違いないのですが…」

ベルトルト「申し訳ないけど間違えてるよ。訓練が 始 まってから二年も一緒に居るのに酷いな。」

サシャ「お名前をお聞かせください芋神様」

ベルトルト「芋神…」

ライナー「お聞かせくださいじゃねぇだろ、なぁベルトルト」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 18:16:46 ID:vpCGEsc6
サシャ「!そうです、ベルトルト、ベルトルト!思い出しました」

サシャ「もう大丈夫です!芋関連記憶術が役に立ち ま す。芋摂取により屁がフーバー、完璧です。」ビシ

ライナー「苗字は覚えてやがったんだな。」

ベルトルト「よく意味が解らないけど、名前全部覚えてくれたなら嬉しいよ」

サシャ「へへへ…あ!ライナー聞いてください、べ る…が 体調が優れないみたいなんです!」

ベルトルト「ちょっ」

サシャ「冗談ですよベルトルト。」ニコ

ベルトルト「…!//」ドキ

ライナー「体調が優れない?おいおい風邪でもひいたのか?」

サシャ「食欲がないみたいなんです、芋を頂いたのですがこれではベルトルトが倒れてしまいます。」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 18:22:54 ID:vpCGEsc6
ライナー「訓練後の栄養補給は重要だ。そんなに体 調が 悪いなら医務室へ連れて行ってやる。」

ベルトルト「い、いいよ。スープやパンは食べたしさ」

ライナー「うむ…だが、本当にいいのか?」

ベルトルト「ありがとう、大丈夫だよ。なんかごめんよ二人とも」

サシャ「でも、無理はしちゃいけませんよ?今より 体調 が悪化した時に、私がベルトルトにあげる芋を 持ってるとは限りませんしね」

ベルトルト「そうだね、サシャから芋を献上しても らう なんてことがないように気を付けるよ。それだけは避けたい」

サシャ「?」

ベルトルト「と、とにかく、大丈夫だから!それじゃ僕行くね」

ライナー「…?まぁいいか。俺も食い終わったし風呂 にでも入ろう。サシャ、あんまりガッついて喉につまらせるなよ」
6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 18:40:08 ID:vpCGEsc6
サシャ「ライホウフレフ!!(大丈夫です!!)」

-食堂の入り口ドアの外側-

ベルトルト「」チラ

サシャ「もぐもぐもぐ…んグ?!ごほっ!!ごほっ!!」ナミダメ

サシャ「んググ…ふぅ。」モグモグモグ

サシャ「~~♪♪」モグモグモグモグ

ベルトルト「(…何て幸せそうなんだろう)//」

ライナー「おい」

ベルトルト「ぅぅわっ!?」

ライナー「ドアの傍にいたら邪魔だ…っていうか早く 休め。風呂行くぞ」

ベルトルト「あ、あぁ、そうする。行こう」

ライナー「?」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 18:45:36 ID:vpCGEsc6
--その日の風呂上り、男子部屋--

コニー「今日の訓練もつっかれた!未だに立体機動術すると全身筋肉痛になるもんなぁ~」

マルコ「そりゃあれだけ機敏な動きすればそうなるよ。ね、ジャン」

ジャン「ああ…全くもってその通りだ。なぁコニー、お前俺に何か恨みでもあるのか?」

コニー「特になんも?」

ジャン「とぼけんじゃねぇよ!毎回お前といいサ シャといい、良いところで的をかっさらいやがって!」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 18:51:56 ID:vpCGEsc6
コニー「なんせ俺は天才だからな!本能が的を引き寄せてしまうのかもしれん」

ジャン「俺について来てるだけだろ!ったくきったねぇことしやが…」

-回想-

サシャ『汚いとは、案外ぬるいこと言いますねジャン。 獲物を獲るのに作法が必要ですか?』

コニー『そーだそーだ』

---

ジャン「と、また同じこと言って馬鹿にされるとこだった…畜生、理屈は解っててもやっぱ悔しいぜ」
10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 19:02:32 ID:vpCGEsc6
コニー「けどまぁ、俺もその悔しい気持ち少しわかるような気がするけどな。結局最後はサシャが 良いとこ持ってくこと の方が多いからよぉ」

マルコ「ほんとサシャって、とんでもないタイミングで出てきたりするよね」

ジャン「そもそも何でいっつも俺ばっかりコニーとサシャにたかられる?!自分で的探しやがれ」

コニー「HAHAHA、俺天才だから最も効率の良い方法を選んでいるだけのことだゼ☆」

ウウオーヤッパテメーラユルセネー!
サシャコニー!!
アンダヨジャアアーン!!
ワイノワイノ…

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 19:07:23 ID:vpCGEsc6
ベルトルト「(…ジャン、サシャにつきまとわれるなんて良いなぁ)」

ライナー「なんだベルトルト、浮かない顔して」

ベルトルト「いや。僕も立体機動頑張らなきゃな…ってさ」

ライナー「安心しろ、少なくともコニーよりお前は上だしジャンにもひけをとらない…というかまさか、立体起動で悩んでいて体調が悪いのか?」

ベルトルト「はは、そんなんじゃないよ。というより、 体調は元々全然悪くないんだ。すこぶる健康だよ」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 19:17:07 ID:vpCGEsc6
ライナー「は?じゃあさっきの話は何だったんだ?」

ベルトルト「僕もこんな気持ちを持ったのが初めてだから、自分でもよく解らないんだけさ…」

ベルトルト「こう、サシャを見てると元気になれるんだ。僕は自分の 意思ってものがイマイチ曖昧だから、感情表現豊かなサシャを見てると感化されるようになったっていうか」

ライナー「じゃあ芋をやったのは」

ベルトルト「えっと…こんなこと言うのなんか恥ずかしいけど、サシャの喜んだ顔が見たかったから、かな。 ほら、サシャは食べるのが好きだしさ。それに食べて る時の幸せそうな顔が、その…可愛いと思うんだ」

ライナー「ベルトルト、お前…」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 19:26:25 ID:vpCGEsc6
ベルトルト「分かってる、もちろんこの感情を目的 に支 障をきたすようなものにはしない」

ライナー「…」

ベルトルト「けど、長いなぁ。次の作戦実行は訓練兵団卒業後以降だろうし」

ライナー「ああ、そうだな」

ベルトルト「頭の片隅で、ずっとこんな生活が続けば良いとすら、最近たまに思ってしまうんだ。つくづく自分が情けないよ…」

ライナー「…お前の気持ちはわからなくもない」

ベルトルト「ライナー?」

ライナー「俺たちはガキで、何一つ知らなかった。こんな、こんな奴らが居るなんて知らずに居れば、俺は…」

ベルトルト「…」

ライナー「目的はもちろん果たす。果たさなきゃならねえ。けれど、作戦を実行に移すその 瞬間まで、俺はこい つらと心からの仲間で居たいとも思ってしまうんだ」
15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 19:35:05 ID:vpCGEsc6
ベルトルト「(聞いてて苦笑いになっちゃいそうになる。僕以上に、君の性格なら辛いよね)」

ライナー「なにはともあれ、当面は目先のことのみに集中していいんだし、どうせだから楽しまないとな。目標もあるぜ」

ベルトルト「目標?」

ライナー「クリスタと結婚したい」

ベルトルト「ブフォ!?」

ライナー「わはは。ベルトルト、お前もとりあえず今は目先のことを考えていればいいさ。立体機動で育む 愛ってのもいかしてると思うぜ」

ベルトルト「!あ、愛が育まれるかはわからないけどね」 ニコ

ライナー「俺は乗馬で育む愛を目指す」ニカッ
17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 19:48:59 ID:vpCGEsc6
-次の日、朝食時-

サシャ「ライナー、ベルトルト、おはようございます♪」

ベルトルト「!お、おはようサシャ(は、初めて名前付きで挨拶された…!)」

サシャ「昨日は芋ありがとうございました、華やかな食卓で嬉しかったです!ベルトルト、体調は治りましたか?」

ベルトルト「」、うん。もう全然平気だよ

サシャ「良かったです」ニコ

ベルトルト「っ……///」

ライナー「あ、俺そういえば馬小屋の掃除道具片付けるの忘れてた(棒読)!わりいな、お先」ペローン

ベルトルト「?!(ら、ライナー!僕サシャと二人でご飯なんて食べたことないよ!!」

サシャ「うわ、早く片付けないと罰で掃除当番増えますよ! 」
19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 19:58:22 ID:vpCGEsc6
ライナー「おう!とその前に」バクバク! ズズズッ

サシャ「食べるの早!ライナー、品がないですよ」

ライナー「お前にだけは言われたくねえ。それじゃ行ってくるわ」タッ

ベルトルト「い、いってらっしゃい」

サシャ「しっかり者のライナーが片付け忘れるなんて珍しいですね、槍でも降らなければ良いですけど」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 20:10:04 ID:vpCGEsc6
ベルトルト「う、うんうん」

サシャ「それはそうと、いただきまーす!」

ベルトルト「…」モグモグ

サシャ「…」モグモグ

モグモグ…

ベルトルト「(えーと、えーと…だ、だめだ、何にも話題 が 浮かばない…せっかくサシャが隣に居るのに)」チラ

サシャ「~♪」モグモグ

ベルトルト「!//(嬉しそうに食べてるなぁ…)」 ジィ…

サシャ「~♪」モグモグモグ

ベルトルト「(食べてる姿はもちろんだけど、なんていうか基本 的に…)」ジィ…

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 20:10:55 ID:vpCGEsc6
サシャ「モグ…ん?ベルトルト、私の顔に何かついてます?」

ベルトルト「基本的にサシャって可愛いんだよなぁ」

サシャ「え」

ベルトルト「え」



サシャ「え、えっ、と…?///」ドキドキ

ベルトルト「あ、うあ、そ、その…(ぼぼ僕アホの子過ぎる!!い、いいつの間にか言葉に 出てきてた…!まずい まずいまずい!!!)」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 20:22:32 ID:vpCGEsc6
サシャ「…///」ドキドキドキ

ベルトルト「その…(サササ、サシャ真っ赤だ…ああどうしようそりゃそうだ、いきなりあんまり普段話さない相手からこんなこ と 言われればそりゃ嫌に決まって怒って…)

サシャ「か、可愛いなんて…今まで誰にも言われたことなくて…///」ドキドキ

ベルトルト「あう、あ…え?」

サシャ「その…う、嬉しくて///」ドキドキドキドキ

ベルトルト「さ、サシャ…」

サシャ「ぱ、パン、味わからない…//」モグモグモグモグ

ベルトルト「(か、可愛…!!?)//」ドッドッド

サシャ「どう、喜んでいいものか…///」モグモグモグガリリ

ベルトルト「え?さ、サシャ!パンはもう食べ終わってるよ、それ自分の指だ!!」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 20:27:45 ID:vpCGEsc6
サシャ「!あ、痛…」

ベルトルト「何してるんだよ、凄い思いきり噛んだみたいだ、結構血が出てる。医務室行こう」

サシャ「だ、大丈夫です、私は、その//」

ベルトルト「いいから!」グイッ

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 20:35:16 ID:vpCGEsc6
-別テーブル1-
アルミン「(な、何かとてつもないものを見た気がする…)

エレン「なぁアルミン、ベルトルトとサシャってあんなに仲良さそうな間柄だったっけ?」

ミカサ「(ベルトルト…正直今まで貴方を見くびって い たようだ。あのサシャの女の顔を引き出すと は…)」

ミカサ「エレン、貴方も見習うべき」

エレン「はぁ?いきなりなんだよ」

ミカサ「エレンはもうパンは食べ終わっている。だからそのスープに指をこう」

エレン「ちょっとやめろよ、指がふやけちゃうだろ?!」

アルミン「(よく解らないけどミカサがまた奇行 を…。 前まではこんなことあんまり無かったのにな。年頃…ベルトルトもサシャも僕達も、そういうものなのか?)」

ミカサ「サシャに遅れはとれない」

エレン「おい!アルミンも何か言ってやれよミカサに!おかしいって」

アルミン「(そう、おかしいんだよね、最近何だ か知らないけど胃がキ リキリ痛む瞬間があるんだ。ナンデナンダロウナ…)」ギリギリギリ

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 20:44:25 ID:vpCGEsc6
-別テーブル2-
クリスタ「(え、え、サシャとベルトルト???ぜんっぜん意識している風に今まで見えなかったよ、うわぁどうなるんだろう)」

ユミル「冴えねぇ野郎だとばかり思ってたが、意外と行動派?けど相手は芋女とか、そのセンス笑」ケラケラ

アニ「(ベルトルト…あんた…)」

ユミル「なぁアニ、お前真顔でスープのもやし を鼻から出してるのは何 なんだよ、驚きすぎだろ!」ゲラゲラ

アニ「!!?」シュサッッ

クリスタ「(アニごめん、機敏に隠そうとするのが益々面白いの…)」プルプル

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 20:53:22 ID:vpCGEsc6
-別テーブル3-

ジャン「ミカサを今日こそ振り向かせるためのとっておきの作戦がある!まずはだな…」

コニー「毎日飽きもせずによくやるよなー、どうでもいいけどまた俺の背中に変なもん拭うのだけはやめろよな」

フランツ「ハンナ…」

ハンナ「フランツ…」

マルコ「(このテーブルの人達何でさっきの出来事に全然気付かないんだろ)」

マルコ「(…なんとなくベルトルトは僕と同じタイプの人間な気がしてたけど気のせいだったみたい。良いなぁ僕も女の子の手を引いて走ってみたいなぁ)」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 21:08:26 ID:CL8jI3rQ
-医務室-

ベルトルト「とりあえずサシャはこの椅子に座って待ってて」スッ

サシャ「あの、だ、大丈夫ですよ、大袈裟ですよ」

ベルトルト「大袈裟じゃないよ、ほら、傷結構深い。消毒してちゃんと包帯巻くから、探すまで少し待ってて」

サシャ「あ…は、はい/」

ベルトルト「んっと…あった。サシャ、手を出して」

サシャ「…っ//」オズオズ…

ベルトルト「そう、手の甲を上にして…」ガシ

サシャ「っっ///」ドキドキ

ベルトルト「ちょっと染みるよ?」シュッ

サシャ「っ、んぅ…」ビク

ベルトルト「動かないでね、包帯巻くよ」マキマキ

サシャ「は、はい…」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 21:09:19 ID:CL8jI3rQ
ベルトルト「…ごめんねサシャ、僕が、その、変なこといきなり言ったばっかりに」マキマキ

サシャ「!いえ!ただの私の不注意で…」

ベルトルト「傷が残らないと良いけど…はい、応急処置は完了だ」

サシャ「あり、がとうございます…/」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 21:21:39 ID:CL8jI3rQ
ベルトルト「(全く僕ってやつは本当に…)」

サシャ「………アノ、テ…//」

ベルトルト「(よりにもよってサシャに怪我を…)」

…………

……

サシャ「あ、あの…!」

ベルトルト「ハッ!」

サシャ「ベルトルトの手、あ、あったかいです、ね…///」ドキドキ

ベルトルト「ごごごめん!!握りっぱなしだったね」パッ

サシャ「あっ…えへへ…//」

ベルトルト「サシャ、本当にごめん」

サシャ「謝らなくていいんです、ベルトルト!私が注意力散漫だっただけですから。」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 22:02:25 ID:CL8jI3rQ
ベルトルト「で、でも」

サシャ「本当に良いんです。その、さっき言われたことが本当に嬉しかったからこそしてしまった怪我すので…ベルトルトに非などひとつ足りと。」

ベルトルト「サシャ…」

サシャ「えへへ…私ね、昨日ベルトルトに話し掛けられた時も、実は凄く嬉しかったんですよ?ベルトルトの名前だって本当は当然知ってました」ニコ

ベルトルト「っ///」ドキ

サシャ「ベルトルトはいつも何でもそつなくこなし て」

サシャ「それでいて一歩身を引いて、仲間を…皆のことをいざというときに助け られるように見守ってくれているような、温かさというか優しさがあるように感じます…」

ベルトルト「サシャ、僕は…僕は、優しくなんて…」ズキ

サシャ「私は、そんなベルトルトのことを尊敬していま す。ずっと…ずっと、話をしてみたかったです。でも、会話をどう切り出していいか分からなくて、結局話出来ず仕舞いで」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 22:20:42 ID:CL8jI3rQ
サシャ「だからですね、昨日ベルトルトから話かけてきてくれ た時は、心底嬉しかったんです」パァ

ベルトルト「(…え、真正面から見るサシャの笑顔って…こ、こんなに…??///)」ドッドッドッド

サシャ「二日連続でこんなに良いことが続くなん て、私はとても幸せです//」

ベルトルト「僕もサシャと…ずっと、ずっとこうやっ て喋ってみたかった。親しくなりたかったんだ」

サシャ「!!//…えっと、でも、何で私なんかと…?」

ベルトルト「サシャはいつも、その…表現が正しいかはわからないけど、天真爛漫に行動してる。それを見てると、僕まで何だか元気になってくるんだ」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 22:55:27 ID:CL8jI3rQ
サシャ「て、天真爛漫、ですか??私は至って普通にしているだけです、見に覚えが…?ど、どんなところですか?」

ベルトルト「そうだね、例えば食糧庫に果敢に盗みに入ってはバレて、それをユミル達に心底悔しそう に報告 してるところとか…立体機動で人の手柄を奪っ て心底喜んでるところとか…」

サシャ「ちょ、ちょっとベルトルト!私それじゃただの極悪人のような…」

ベルトルト「一番は、大好きな食べ物を、何があってもとても幸せそうに頬張るところ」ニコ

サシャ「っ…!!//////」ドキドキ

ベルトルト「どんなシーンでもね、サシャは自然体なんだ。それが僕にとっては、他の何よりも凄いことに思えるし、そんなサシャだから…ついいつも、目で追ってしまっていた」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 23:06:58 ID:CL8jI3rQ
サシャ「…は、ぅ////」ドキドキ

ベルトルト「自分をなるべくでも偽らずに生きることは大変だ、並大抵のことじゃない。サシャは…僕にとっては、仲間の、そして僕の暗い部分も明るく照らしあげてくれるような、太陽みたいな存在の人なんだ。そんなサシャが僕は好きだ。」

サシャ「ぁ、う…ベル、トルト…//////」ドキドキドキドキ



アルミンユミルクリスタアニライナー「ブッフォォォォオオオ!!!??」
ズビズババッ

ベルトルト、サシャ「????!!!???!!!!」ビクゥッッッ

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/18(土) 23:21:15 ID:CL8jI3rQ
ベルトルト「い………いつからだ…いつから…そこ、に…………(゜ロ ゜)」

ユミル「ヒューやっべーずらかっぞーーー!(ベルトルト、すっげぇじゃん)」ダダッ

クリスタ「ポー…ハッ?!ユミル、ま、待って!(ベルトルトやるぅ~、サシャのあの顔っっ///)」ダダダッ

アルミン「(まさかベルトルトがねぇ…すごいや)」 パッッヒュウウウゥゥ

ユミル「(あいつ立体機動で逃げてやがる)」

ライナー「盗み見は悪かった…が、昨日の今日でまさか、こんな会話の内容にまで発展するとは
やるときゃやるな、ベルトルト。」

サシャ「わ、私も…夢にも思いませんでしたし、何だかフワフワしちゃって思考回路が…/////」ドキドキドキドキ

ライナー「さーてさて、俺もずらかるわっ!!」ピュー
40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 00:02:46 ID:e5fmGoBE
ベルトルト「…全くもう」

サシャ「ベルトルト」ジッ

ベルトルト「っ//なに、サシャ?」

サシャ「私はあなたの太陽ですから。 あなたのことをずっと、ずっと、照らし続けてあげますからね♪///」パァ

ベルトルト「サシャ…//////」ドキドキ

アニ「」ユラッ…ボタボタ

ベルトルト「え、アニ?って鼻血?!」

アニ「良いもの…とても良いもの…見せてもらった…魅せられた…この世界もまだ…まだまだ…!美しい部分があるのかも…ねぇ、ベルトルトェ」

ベルトルト「!?アニ…ほら、まず横になろう」スッ

サシャ「ほわっ!?すごい量ですよ、大変!!軍医師探して来ますね!」

アニ「サシャェ…」

ベルトルト「なにその小さなェって…とりあえず、興奮し過ぎたのかもしれない、しばらく安静に…」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 00:04:34 ID:e5fmGoBE
アニ「ねぇベルトルト」

ベルトルト「何、アニ」

アニ「巨人の私たちにも、幸せになる権利ってあっても良いのかな。例え今は無くても、いつかは…認められる、許される…そんな日も来るのかな。」

ベルトルト「アニ…」ズキ

アニ「あんたはあんたのやりたいようにやったって良いと思う。運命に抗うの。私はきっと抗えないけど、あんたなら、あんたらなら、ね。」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 00:18:03 ID:e5fmGoBE
タッタッタ
タッタッタ

サシャ「医者、医者…」タッタッタ

サシャ「(…言いそびれちゃった)」ピタ

サシャ「(私は勇気がない…言葉遣いを変えたり、人に嫌われることが怖かったり)」

サシャ「(でもベルトルトは…私を太陽のようと言ってくれた)」

サシャ「(私変わりたい。いつか皆を…ベルトルトを本当に照らせてあげられるような人間になりたい)」

サシャ「(だ、だから!!そうなっていくためにも、また顔合わせた時こそちゃんと言う!!)」

サシャ「(ベルトルト…大好きですよ////)」
44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 00:36:02 ID:e5fmGoBE
それから瞬く間にベルトルトとサシャの会話内容は同期に広がった。

祝われつつ、ことあるごとにベルトルト及びサシャの両名は太陽夫婦なる名称を用いられ大いにからかわれたが、
からかわれて赤面するベルトルトが振り向けば、いつもベルトルトに向け優しく、そして幸せそうに微笑むサシャの姿があった。

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。