おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレン「皆死んじゃえよ。」アルミン「え?」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 15:55:08 ID:RUK5G/6I

エレン「…」ギリッ

アルミン「…ぐっ、あ、苦しっ」

エレン「…俺がやってる事は正しいよな?正しいよな?アルミン」ギリッ

アルミン「…手、離し…てっ、カハッ」

エレン「お前、力弱いからさ…」ギリギリ

アルミン「…(意識がなくなりそうだ、苦しい。
僕はエレンに殺されるのか。でも、どうして)」

エレン「アルミン、早く死ねよ」ググッ

アルミン「…っ(僕ら親友じゃなかったのかな。)」

アルミン「(でも…もう駄目みたいだ。エレン、どうして――)」

アルミン「」

エレン「…アルミン、死んだか?」

アルミン「」

エレン「そっか、良かった。死んだ。アルミンが死んだ。」スクッ

アルミン「」

エレン「…次はミカサかな。」スタスタ

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 15:59:23 ID:RUK5G/6I

物置

ミカサ「どうしたのエレン。」

エレン「…話したいことがある」

ミカサ「何?」

エレン「お前、俺のこと守ろうとするよな。」

ミカサ「当たり前」

エレン「そんな事してたら、死ぬぞ。」

ミカサ「エレンの為に死ねるならそれでもいい。」

エレン「そうか。じゃあ死んでくれ。」

ミカサ「…え?」



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 15:59:56 ID:RUK5G/6I


エレン「抵抗しないでくれよ。お前強いんだから。」ギリッ

ミカサ「くっ…(何故私はエレンに首を絞められてるの?)」

エレン「ミカサはここで死んでくれ。」

ミカサ「…っ(何故?)」ドンッ

エレン「ぐあっ…」ヨロッ

ミカサ「…っどういうこと?」ハァハァ



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:00:27 ID:RUK5G/6I

エレン「…蹴るなよ、痛いだろうが。」

ミカサ「ごめん」

エレン「ここで楽にしてやるからさ、早く死んでくれないか?」

ミカサ「エレンがそこまで言うなら死んであげてもいい。だけど理由は」

エレン「理由?そんなん――――だよ。」

ミカサ「!!」

エレン「俺が楽にしてやるから」

ミカサ「…私はそんな事では」

エレン「一生のお願いだよ。ここで死んでくれないか?」

ミカサ「…分かった。でも、ひと思いにやってほしい。苦しいのは苦手」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:02:30 ID:RUK5G/6I

エレン「そ、そうだよな。じゃあどうしようか。」

ミカサ「ブレードで頭を切り落として欲しい。」

エレン「…グロいな。」

ミカサ「しょうがない。一瞬で仕留めて欲しい。」

エレン「分かった。持ち出してくるから待ってろ」タッタッタ

ミカサ「(もしかして、もうアルミンは…)」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:03:02 ID:RUK5G/6I

数十分後

エレン「お待たせ。」スタッ

ミカサ「おかえりなさい。」

エレン「最後、してほしい事あるか?」

ミカサ「…抱きしめて欲しい。」

エレン「分かった。」

ミカサ「…」

エレン「…」ギュー

ミカサ「ありがとう。もう大丈夫。」

エレン「こちらこそありがとうな。俺のわがままで」

ミカサ「いい。もういい。どうでもいい。」

エレン「じゃあ、行きまーす。」チャキン



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:03:32 ID:RUK5G/6I

ミカサ「…っ」グッ

エレン「…」グサッ

ミカサ「」ゴトッ

エレン「うわぁ…頭落ちてきた。」

ミカサ「」

エレン「ありがとな、ミカサ。」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:06:50 ID:RUK5G/6I

エレン「あとは、ジャンかな。そしたらマルコも連れて行ってやんないとな。
…んー、あとコニーか?コニーと言ったらサシャだな。
サシャが仲いいのはユミルか?そしたらクリスタもだな。
クリスタってなったら、ライナーもだな。ライナーもだったら、ベルトルトもか。
ベルトルトってチラチラとアニの事見てるし、アニも殺すか。
アニと言ったらミーナもだ。」ブツブツ

コニー「おい、エレン!何ブツブツ言ってんだ?」

エレン「おう、コニーか。そうだ、倉庫に来てくれよ。」

コニー「はぁ?なんでだよ」キョトン

エレン「プレゼントがあるんだ」

コニー「分かった」キリッ

エレン「…」ニヤッ
コニー「訓練でもないのに、ブレード持ち出していいのか?」

エレン「いいのいいの。」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:07:33 ID:RUK5G/6I

倉庫

コニー「で、プレゼントってなんだよ?」

エレン「俺、お前の事結構好きだよ。」

コニー「!?告白がプレゼントかよ!!うぇええ」

エレン「そういうわけじゃねーよ」ハハハ

コニー「冗談やめろよな。」

エレン「分かった、じゃあな。コニー」ザシュッ

コニー「」コテン

エレン「…」

??「ッハ」

エレン「いるんだろ、サシャ」

サシャ「―――!」コソコソ

エレン「良かった、探しに行こうと思ってたんだ。次はサシャだろうな。って考えてたし」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:08:10 ID:RUK5G/6I

サシャ「な、何やってるんですか!?仲間を殺すなんて!!!」

エレン「仲間だから殺すんだよ、わからないか?」

サシャ「おかしくなったんや…エレンは」

エレン「おかしくねーよ。大丈夫だから、一瞬だから痛くない」

サシャ「目の下のクマがひどいですって…近づかないでください
…嫌やって!!!来んといて!!!!あ――」ガタガタ

エレン「…」ザシュッ

サシャ「」

エレン「…ごめん」

サシャ「」

エレン「…」ズルズル



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:09:39 ID:RUK5G/6I

倉庫前

アニ「こんな所で練習に付き合えって?」ハァ

エレン「おう」

アニ「面倒くさい」

エレン「お願いだよ。」

アニ「…少しだけだよ」ガチャッ

エレン「…」

アニ「…アンタがやったの?これ」

エレン「…」



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:10:43 ID:RUK5G/6I

アニ「ブレード置きなよ。」クルッ

エレン「…」ニチッ

アニ「!!!!?」

エレン「…」ザシュッ

アニ「」シュゥウウウ

エレン「アニ、お前巨人だったのか!?」

アニ「」シュゥウウ

エレン「ちゃんと削いでやるから。裏切り者のうなじをよ。」ザシュッ

アニ「」



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:11:20 ID:RUK5G/6I

倉庫前

エレン「ライナーが先に入って、ベルトルトは呼んだら入ってきてくれ」

ライナー「分かった、でも何の用だ?」

エレン「見せたいものがあるんだ」

ベルトルト「分かった、待ってるよ」スッ

エレン「すぐ終わるからな」ガチャッ

ライナー「…な、なんだよコレ!!!!アニ!?サシャ、コニー!?」

エレン「…皆だれかに殺されたんだ!」

ライナー「なんだと!?今すぐ教官に知らせなくてはいけないじゃないか!!」クルッ



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:11:51 ID:RUK5G/6I

エレン「…」ニヤッ

ライナー「!!!」

エレン「…」ザシュッ

ライナー「…!!!」シュゥウウウ

エレン「蒸気!?…お前、巨人だったのか」ザシュッ

ライナー「」

エレン「…うなじがちゃんと切れてよかった。ってことはベルトルトも?」

ライナー「」



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:12:59 ID:RUK5G/6I

ガチャ

エレン「ベルトルト、いいぞ。」

ベルトルト「…うん。」スタスタ

エレン「…」

ベルトルト「ライナー!?」

ライナー「」

ベルトルト「エレン、君が!!!!」

エレン「アニも仲間か?」ケリッ



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:13:31 ID:RUK5G/6I

アニ(頭)「」ゴロン

ベルトルト「!!この悪魔の末裔がぁああああ!!!!根絶やしにしてやる!!!!」

エレン「うるせぇ、この裏切りもんがぁああああ!!!!」ザシュッ

ベルトルト「」シュゥウウ

エレン「何とか巨人化する前に殺せたな。」グッ

ベルトルト「」



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:14:05 ID:RUK5G/6I

倉庫前

エレン「入ってくれ」

クリスタ「う、うん。お邪魔します」ガチャ

エレン「…」

クリスタ「!?」

エレン「…」ニヤニヤ

クリスタ「皆っ!?どうしてっ、ひっ!!」

エレン「生首生首」ケリッ



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:15:08 ID:RUK5G/6I

ベルトルト「」ゴロン

ライナー「」ゴロン

サシャ「」ゴロン

コニー「」ゴロン

アニ「」ゴロン

クリスタ「これ、誰が!!!!!」

エレン「いや、俺だろ。」

クリスタ「エレンが…、嘘っ」

エレン「…ごめんな。」ザシュッ

クリスタ「」ゴロン



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:15:41 ID:RUK5G/6I

倉庫前

ユミル「本当にここにクリスタがいるのか?」

エレン「そうだ」

ユミル「…私を犯そうとしてるんじゃないだろうな。」ハハハ

エレン「ありえないから安心しろよ」ハハハ

ユミル「…ところで、お前その返り血はどうしたんだ?」

エレン「あぁ、ちゃんと隠せてたと思ったんだけどな。クリスタのだよ」

ユミル「あ?」

エレン「まぁまぁ、入れば分かるって」

ユミル「どういうことだよ!!!」ガチャッ



22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:16:35 ID:RUK5G/6I

クリスタ「」ゴロン

ユミル「クリスタ?」

エレン「…っ」ザシュッ

ユミル「クリ…スタ」シュゥウウ

エレン「お前もかよ!!!」ザシュッ

ユミル「」



24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:18:00 ID:RUK5G/6I

倉庫前

マルコ「皆ここにいるのかい?」

エレン「おう」

ミーナ「何で?」キョトン

エレン「いいから。」

マルコ「…いいけど」ガチャ

ミーナ「…くさっ!」スタスタ

マルコ「鉄?血の匂いが…」

ミーナ「く、暗くて見えないよ!エレン、ランプ…」

エレン「…」ニチッ



25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:18:35 ID:RUK5G/6I

マルコ「エレン?」

エレン「…」ザシュッ

マルコ「」ゴロン

ミーナ「ひゃっ、な、何か生暖かい液体が…」

エレン「…」ザシュッ

ミーナ「」ゴロン

エレン「みんなのためなんだ。」



26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:19:13 ID:RUK5G/6I

倉庫前

ジャン「…何でお前血塗れなんだよ。」

エレン「怪我した。」

ジャン「…何かあるんじゃねーよな?この中で」

エレン「何もないから早く入れよ」

ジャン「…今日は朝から、皆いなくなった。」

エレン「そうなのか。せっかくの休日だし、どっか遊びに行ってんだよ。」

ジャン「そうか?」

エレン「そうだよ。」

ジャン「…ミカサもアルミンもいない。サシャもだ。コニーも、アニも、ミーナも、クリスタも、ユミルも、ライナーも、ベルトルトも、マルコもだ!!!!!」



27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:19:55 ID:RUK5G/6I

エレン「そうか」

ジャン「成績上位者ばかりがいなくなってるしな」

エレン「そうか」

ジャン「次、消えるのは俺か?」

エレン「気にしなくていいって。」

ジャン「何かあるんだろ?」

エレン「…なんでだよ。」

ジャン「お前、怪我してねーだろ。」

エレン「…」

ジャン「それに、超硬化ブレードも付けてるしな。それに、朝から人がいない。お前と仲が良かったやつらも」

エレン「早く入れよ。入ったらわかるから。」

ジャン「そう言われて入る奴なんているか?」



29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:20:27 ID:RUK5G/6I

エレン「…そうだな、マルコとか?」

ジャン「!!」

エレン「…」

ジャン「いや、お前に背中を見せるのは嫌だ。お前が開けてくれ。」

エレン「えぇー」

ジャン「早くしろよ、入って欲しいんだろ?」

エレン「…」ガチャ

ジャン「…」スタスタ

エレン「…」

ジャン「ランプよこせ」

エレン「…分かった。」



31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:24:18 ID:RUK5G/6I

ジャン「!!!これは、マルコか?」

マルコ「」ゴロン

エレン「そうだ。」

ジャン「…」

エレン「…」ニチッ

ジャン「…」サッ

エレン「…」ピチャピチャ

ジャン「なんだこの水たまり」

エレン「血だまりだ」

ジャン「…!!」ピチャピチャ

エレン「…」チャキッ

ジャン「…」サッ



32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:24:53 ID:RUK5G/6I

エレン「…」

ジャン「(ブレード有りと、丸腰か。これは逃げ切れそうには―――)」

エレン「…」ザシュッ

ジャン「」ゴロン

エレン「終わった?」

エレン「…終わった。」

エレン「やっと終わった。」

エレン「これで皆幸せだな!」ニコッ



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:28:58 ID:RUK5G/6I

エレン「ひゃっほおおおおおおおう!!!」ピョンピョン

エレン「裏切り者は、蹴っておこう。」ケリケリッ

アニ「」グルングルン

ライナー「」グルングルン

ベルトルト「」グルングルン

ユミル「」グルングルン

ビチャビチャ

エレン「あとでアルミンとミカサも連れてきてやろう!!!!!」

エレン「はははははははははははははははははははははははは!」



35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:32:31 ID:RUK5G/6I

エレン「はははははははははははははははは」

ガチャ

キース「何をしている…うっぷ」

エレン「…教官!!!」ケイレイ

キース「なんだこれは!!!!」

エレン「」ビクッ

キース「説明しろ!!!!!」

エレン「…仲間を巨人に食われては元も子もないと思いまして、今日殺すことにしました!」

キース「何を言っている…」



37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/15(日) 16:33:30 ID:RUK5G/6I

エレン「巨人に食われるより、俺が殺したほうが楽に痛みも感じなく死ねるかと思いまして」

キース「…」

エレン「仲間を思うが為の行動です」

キース「…」

エレン「これで皆、一瞬で天国へ行けたはずですよ!!!」

キース「…」

エレン「母さんみたいに、苦しまなくてすむんです。」

キース「…」

エレン「いや、だって母さん、先に体を折られてましたし!」ハハハ

キース「…」

エレン「俺、正しいですよね?」

終わり

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。