おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サシャ「エレン、ベーってして下さい!べーって!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:29:32 ID:qQ5iTmXE

エレン「……は?何言い出すんだ急に」

サシャ「良いから良いから!ほら、ベーっ!」

エレン「…………?」

サシャ「むむっ、してくれないと言うのならこっちからしちゃいますよ!あっかんベー!」ベーッ

エレン「…………、はぁ。人をこんな人けのない倉庫に呼びだしといて、する事はあっかんベーかよ」

サシャ「む?エレンは何をされると思っていたんですか?」

エレン「集団リンチは覚悟していた」

サシャ「んもう。そんな無粋な真似しませんよ!」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:40:22 ID:qQ5iTmXE


ここから胸糞・猟奇注意

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:41:31 ID:qQ5iTmXE

サシャ「ほらほら、そんなことよりレッツあっかんベー!」

エレン「……ったく、しょうがねぇな。ほれ」ベー


  ガチン


エレン「…………!!?」



サシャ「わぁい!ありがとうございます!」



  ブチィ!!


エレン「―――――!!!!!??」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:42:29 ID:qQ5iTmXE

サシャ「いやー、この前営倉に入れられた時、手頃なペンチを見つけてですね。ちょうどいいからちょっとお借りして……、って」

エレン「――■■■■■■■■■!!!■■■■■■■■■!!!?」

サシャ「むぅ、やっぱり舌が無いと、何て言ってるか分かりませんねぇ……」

エレン「―■■■■■……、ゼェゼェ、サシャ、お前何のつもり……!!」ガチン


  ブチィ!


サシャ「わぉ、流石エレン!再生も早いです!」


エレン「■■■■■■■■■!!!■■■■■■■■■■■■■■■!!!」

サシャ「……え?もっととっても良いよ?さっすがエレン!モテる男は違います!」

エレン「■■■■■■!!?■■■■■■■■■■■■!!!!■■■■■■!!!」


サシャ「じゃ、お言葉に甘えて」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:44:17 ID:qQ5iTmXE


 ガチン

   ブチッ


  ガチン

    ブチッ


   ガチン

     ブチッ

 ガチン

   ブチッ

  ガチン

    ブチッ


エレン「■■■■■■■■!!!!■■■■■■■■■■■■■■!!!!!!」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:46:03 ID:qQ5iTmXE

――――――
――――
――


サシャ「ひーふーみーよー……、よし!これだけあれば十分ですね!」

エレン「……………………」ゼェ ゼェ

サシャ「あ、エレン。お疲れ様でした!お陰でタンがこんなに一杯取れましたよ!」

エレン「……………………」ゼェ ゼェ

サシャ「む、人が折角お礼を言っているというのに、無視とはいい度胸です!」


サシャ「……………………」

サシャ「……そういえば、エレン。いつぞやの作戦の時、千切れた手足も生えてきたそうですね?」

エレン「!!?まさか……!!も、もうやめr」


  ザシュッ


サシャ「ちょっと四肢失礼しまーす」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:46:43 ID:qQ5iTmXE

エレン「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ああああぁああああああああああああああああああモガッ!!!」

サシャ「むぅ、いくら人通りが少ない所にある倉庫とはいえ、ご近所迷惑ですよ。すいませんがエレンは布でも食べてて下さい」

エレン「―――――!!!――――――…………」



サシャ「さーて!取り出しましたるは、これまた都合よく営倉から見つけてきた七輪!!」

サシャ「しっかり火がつくまで、お肉の下処理です!」

サシャ「難しいお肉の下処理も、狩猟民族の村出身の私に掛かれば朝飯前ですね!まぁ実際今朝飯を前にしているわけですが」

サシャ「ちなみに、網をちゃんと熱して無いと、網が面している所のお肉が焼けず、お肉が網にくっついちゃうんです!」

サシャ「最悪の場合お肉が千切れちゃうから、そこは要注意ですね!」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:48:35 ID:qQ5iTmXE

サシャ「……ふむ、七輪も十分に熱しましたね」

サシャ「焼き肉の最初と言えば、まずはタンです!タァン!!」


サシャ「…………。…………」


サシャ「私のタァン!ドロー!!厚めに切ってちょっと切り込みを入れたタン!!」

サシャ「アツアツの網に乗っけて表面を強火できつね色になるまで焼き、旨味と肉汁を中に閉じ込めてタァンエンドです!」

サシャ「……………………」


サシャ「……この場にコニーがいたらノッてくれたんですけどね……」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:50:28 ID:qQ5iTmXE

サシャ「さて、そろそろ網から上げて……っと」

サシャ「……うーん、良い焼き加減です!」

サシャ「やっぱり厚めのお肉は、表面をカリッと焼くに限りますね!」

サシャ「最初はあっさりとレモン汁で!いただきまーす!」パクッ


サシャ「……………………」モグモグ

サシャ「…………………。お」ゴクン

サシャ「おいしいです!程よい噛み応え!溢れるジューシーな肉汁!そして何よりレモン汁と絡んで一層引き立つこの味!!」

サシャ「熟成なしでここまでの味とは……。エレン、恐るべしです……!」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:52:23 ID:qQ5iTmXE

サシャ「……はっ、こうしてエレンの舌を口の中に入れて咀嚼しているこの状況は、ディープキスとも言えなくもないですね!」

サシャ「ファーストキスはレモンの味……。うーん、ロマンチックですねぇ」

サシャ「ふふ、エレンのファーストキスを奪ったって知られたら、ミカサに怒られちゃいます」

サシャ「まぁ、ファーストキスなんて、得てして気付かぬ間に家族に奪われてるもんですけどね」

サシャ「……とと、感傷に浸ってる場合じゃありません!手早く残りのタンは塩ダレに付け込んじゃいます!」

サシャ「やっぱり、何だかんだでお肉はしっかり熟成させるのが一番ですからね!」


サシャ「……ちなみに、タンは脂肪含量が高くって、カロリーの75%が脂肪由来なんですよ」

サシャ「最近お腹まわりが気になる私にとっては恐ろしい話です……」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:55:17 ID:qQ5iTmXE

サシャ「……いえ!カロリーを気にして焼き肉なんて食べられません!気にせずどんどん焼きますよー!」

サシャ「さて、お次はモモです!」

サシャ「モモ肉は、赤身でコクのあるお肉です!ステーキやローストビーフによく使われてますね!」

サシャ「…………。牛は内モモと外モモで部位が分かれてますけど、この場合はどうなんでしょう……」

サシャ「…………………」

サシャ「まぁいっか!案ずるより食うが易しです!」

サシャ「ちなみに、内モモがさっき言ったステーキなど。外モモはシチューなどの煮込み料理向きのお肉です!」

サシャ「今回は折角ですから、皮つきのまま頂いちゃいましょう!」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 19:57:38 ID:qQ5iTmXE

サシャ「……これは鶏の話ですが、モモを焼くときはまずフォークで刺して、皮が縮まない様にするのがコツです」

サシャ「そして焼くときは皮を下に!且つアホほど油を敷いて蓋をし弱火で蒸し焼く!!」

サシャ「これで大体うまい具合に皮パリパリのチキンソテーが出来上がります」

サシャ「まぁ今回は網で焼くから関係ないんですけどね」

サシャ「さぁ、フォークで穴をあけて、表面を軽く炙って毛を処理したのち、網投下!」


サシャ「……………………」


サシャ「……ふっふっふ。私はただ肉を焼いて食って終わりの人間じゃありません!」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 20:00:04 ID:qQ5iTmXE

サシャ「懐から取り出しましたるは、明け方こっそり頂戴してきたパァン!」

サシャ「程よい厚さにスライスして、網投下!」

サシャ「七輪舐めちゃいけません。トーストだってお手の物です!」

サシャ「まぁ、油断したら本当あっという間に焦げちゃうんですけどね」

サシャ「パンが焼けたら、チーズも軽ーく炙って乗っけて……」

サシャ「味付けしたお肉とレタスとトマトをパンではさんで、ホットサンドの完成です!」

サシャ「とろけるチーズが視覚的にも食欲をそそります!」

サシャ「これでオニオンピクルスでもあれば言うこと無しなんですけどねー」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 20:02:02 ID:qQ5iTmXE

サシャ「熱いうちに、いただきまーす!」パクッ

サシャ「……………………」モグモグ

サシャ「……………………」ゴクン

サシャ「うーん!言うまでも無いですが、おいしいです!」

サシャ「主役のお肉を引き立てる香ばしいパンにとろけるチーズ!しゃきしゃきレタスと、酸味と甘み溢れる新鮮なトマト!!」

サシャ「一つ一つ個性の強い素材達ですが、反発せずにそれぞれがお互いを引き立て合う。まさに味覚のハーモニー……」

サシャ「はぁ……、至高の瞬間です……」



エレン「……………………」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 20:08:37 ID:qQ5iTmXE

サシャ「おや、どうしたんですか?エレン。そんな絶望しきった顔しちゃって」

サシャ「そんな顔したって、このホットサンドはあげませんよ!」



サシャ「……………………」ジーッ


サシャ「…………」


サシャ「…………ホルモン」ボソッ


エレン「!!?」ビクッ!
28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 20:14:09 ID:qQ5iTmXE

サシャ「いやー。私、恥ずかしながらホルモン食べたこと無いんですよねー」

サシャ「どんな味がするか味見だけ……」


エレン「――――!!!――――――!!!!!!」


サシャ「まぁまぁ、そう言わず。えーっと、ナイフナイフ……」

ミカサ「はい」スッ

サシャ「ありがとうございます!」パシッ


サシャ「……………………ん?」クルッ


ミカサ「……………………」



サシャ「…………あちゃー」
30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 20:18:59 ID:qQ5iTmXE

サシャ「……今日はミカサ、一日中用事があるって言ってませんでしたっけ?」

ミカサ「風に乗ってエレンの匂いがしたから、飛んできた。……文字通り」

サシャ(うそーん)

サシャ(参りましたねぇ、あちらはフル装備だし、このままだと数分後には人肉ケバブコースまっしぐらです)


ミカサ「…………も、」ボソッ

サシャ「……?」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/08(土) 20:20:54 ID:qQ5iTmXE


ミカサ「私にも、一口頂戴」

サシャ「…………。へ?」


エレン(誰か助けてくれ…………)


テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。