おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苗木「コンニャクがない……!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:03:05 ID:UAXj0lLl0
~厨房~

苗木「くそっ! くそぉっ! なんでここの厨房にはコンニャクが無いんだ!?」

苗木「何が希望ヶ峰だよ! 絶望だ! 絶望した! うわああああああああああ」

不二咲「あ、あの……どうしたの、苗木クン……」

苗木「ああ、不二咲さん。あのさ、コンニャク持ってない?」

不二咲「こ、コンニャク……? どうして?」

苗木「どうでもいいだろぉ! そんなこと! いいからコンニャクをぉ!」

不二咲「ひぃ! ご、ごめんなさい! も、も、持ってないよぉ!」ダッ

苗木「待て!!!」ダッ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:07:17 ID:UAXj0lLl0
~食堂~

苗木「コンニャクを出せ!」ガシッ

不二咲「ひゃんっ」ドタッ

苗木「出してよ……! コンニャク……コンニャクが無いと……出せないんだ!」

不二咲「や、やめて……は、離して……誰かぁ……」ガクガク

大和田「おい。オメーらなに騒いで……って何やってんだ苗木ぃ!!!」

苗木「何って、コンニャクを……!」

大和田「不二咲から離れろっ! オラァ!」バキッ

苗木「ぐあっ……こんにゃ……く……」ガクッ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:12:23 ID:UAXj0lLl0
~保健室~

苗木「……ん」

苗木「ここは……」ムクリ

舞園「あ、目が覚めましたか?」

苗木「舞園さん……、ここって保健室? なんで僕、こんなところに」

舞園「ええっと、覚えてないんですか?」

苗木「覚えてないって…………何かあったの?」

舞園「まあ……その、なんというか」

苗木(どうしたんだろう。舞園さんの怯えた様子……妙に距離を取られてるし)

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:17:47 ID:UAXj0lLl0
舞園「本当に、何があったか覚えてないんですか?」

苗木「……うん。だめだ、思い出せない。どうして保健室なんかで寝てたんだろう」

舞園「その、ですね……。苗木君が、不二咲さんを……」

苗木「不二咲さん? 不二咲さんがどうかしたの?」

舞園「……ううん! なんでもないです。苗木君、食堂で倒れていたんですよ」

舞園「たぶん、疲れてるんじゃないかなぁ……って」

苗木「そうなんだ……ありがとう、舞園さん。看病してくれてたんだね」

舞園「いえ、そんなぁ。じゃあ、私は寄宿舎に戻ってますね」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:22:09 ID:UAXj0lLl0
苗木「ふぅ……なんだろう。この虚脱感……」

苗木「……?」

苗木「なんか、パンツの中が……」チラッ

苗木「わっ!!! 夢精しちゃってるよ!!!」

苗木「あーあ……後でランドリー行かないと……」

苗木「こんな状態じゃ、眠れないし……。僕も寄宿舎へ戻るか」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:27:11 ID:UAXj0lLl0
~寄宿舎・食堂前~

朝日奈「あっ、苗木だ~。大丈夫? なんか、大変だったって聞いたけど」

苗木「朝日奈さんに大神さん。うん、寝たら良くなったよ」

大神「そうか……あまり、無理はするなよ」

苗木「ありがとう、ふたりとも。じゃあ、僕は食堂に顔を出してくるよ」

朝日奈「ばいばーい」


朝日奈「……苗木、いつも通りだったね」

大神「本当に、不二咲を襲ったのだろうか」

朝日奈「大和田の言ったことだもん、きっと勘違いだったんだよ」

朝日奈「不二咲ちゃんも、『大丈夫』って言ってたし」

大神「それならいいのだが……」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:32:21 ID:UAXj0lLl0
~食堂~

苗木「やあ、みんな」

不二咲「っ……」ビクッ

大和田「苗木……てめえ……」ガタッ

石丸「待ちたまえ、大和田くん。彼にも何か事情があるはずだ」

霧切「……」

苗木(……あれ、なんか、皆の僕を見る目がおかしい)

十神「ふん。性犯罪者のご帰還か」

舞園「ちょ、ちょっと十神君……!」

苗木「せ、性犯罪者……? 山田クン、言われてるよ?」

山田「それどういう意味ですかな!? あなたのことですぞ! 苗木殿!」

苗木「えっ、僕!?」

セレス「女性を押し倒しておいて、平然と戻ってくる神経は尊敬に値しますわね」

桑田「苗木こっわー」

葉隠「犯罪者だべ……」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:37:06 ID:UAXj0lLl0
苗木「お、押し倒し……? ど、どういうこと?」

舞園「え、ええっとですね……苗木君、実は……」

石丸「苗木くん! 君は、厨房で不二咲くんを襲い、食堂まで逃げた彼女を押し倒したんだ!」

苗木「……え?」

大和田「なんだその面ァ……まさか、覚えてねえなんて言い出すんじゃねえだろうな?」

苗木「え、あ、いや……ちょ、ちょっと待ってよ。え? な、なにを言ってるのさ?」

腐川「へ、下手な芝居はやめなさいよ……変態……」

苗木「ち、違うんだ! ほ、本当に、覚えてないんだよ!」

大和田「そんな言い訳が通用するわけねえだろうが!」

苗木「そ、そんな……だって、え? 僕が不二咲さんを襲ったって……本当なの!?」

不二咲「……お、襲ったってわけじゃなくて……その、なにか探してるみたいで」

不二咲「それで、聞かれたんだけど、答えられなくて……ちょっと驚いちゃっただけだから」グスン

十神「ッチ、要領を得ないな」

不二咲「ボ、ボクは大丈夫だから……もうこの件は……」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:42:15 ID:UAXj0lLl0
舞園「不二咲さんもこう言ってますし、無理に追及することはないんじゃないかと……」

セレス「そうですわね。ご本人が『大丈夫』と言っているのですから」

石丸「むぅ、しかしこのまま有耶無耶にしてしまうのは……」

霧切「だったら、私が彼を監視するわ」

石丸「き、霧切くんが? いや、女性に任せるわけには……」

霧切「大丈夫よ。私は彼にどうこうされるほど軟弱じゃない」

霧切「それに、監視と言っても、一日中見張っているわけではないわ」

霧切「何が彼を愚行へ走らせたのか、原因を究明するために彼を調べたいだけ」

石丸「しかし……」

十神「好きにさせればいい。むしろ、好都合じゃないか」

十神「霧切が襲われれば、苗木の異常性を証明できるわけだからな」

山田「ひぇぇー、とんでもないことを言ってますぞ」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:47:10 ID:UAXj0lLl0
セレス「いつまでこうしていても、埒があきませんわ。当の本人が放心状態ですもの」

苗木「…………」

舞園「な、苗木君っ!」

苗木「えっ、あ、ああ。うん、その、ごめん……」

不二咲「うん、もう気にしてないよ……」

モノクマ「不二咲さんもこう言ってるし、もう解散でいいんじゃない?」

山田「そうですな……ってひょえええええええええええ」

大和田「テメ、いつのまに!」

モノクマ「最初からいたけど」

腐川「な、何の用よ……」

モノクマ「別にぃ。ただ、面白いことになってきたなぁと思ってさ」

モノクマ「殺しが起きないのは残念だけど、こういうのもアリっちゃアリかな。苗木クン、GJだよ」

苗木「ぼ、僕は……」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:52:19 ID:UAXj0lLl0
~苗木の部屋~

苗木(どうして、こんなことになったんだ……?)

苗木(僕が不二咲さんを襲った……? そんな馬鹿な……)

苗木(だけど、皆の反応を見ると……)

苗木「……はぁ」

苗木「……あっ、そうだ。夢精しちゃってたんだ……パンツを替えないと」ヌギヌギ

コンコン

苗木「? はーい」

霧切「苗木君入るわよ」

ガチャ

苗木「あっ、ちょ、ま!」

苗木(鍵をしめわすれたっ)

霧切「少し聞きたいことが……ある……のだけれど……」

苗木「……」

霧切「……」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 00:57:23 ID:UAXj0lLl0
霧切「……」スッ

苗木「な、なんでファイティングポーズなんてとるの?」

霧切「くるならきなさい。負けないわ」ガクガク

苗木「襲わないよ! そもそも、勝手に入ってきたのはそっちじゃないかっ」

霧切「ノックをしたわ……着替えるのなら鍵ぐらいしめて」

苗木「ごめん……気が動転してて……」

霧切「……」

苗木「……」

霧切「その、それ、隠してもらえる?」

苗木「うわわっ、ごめんっ」ババッ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:02:13 ID:UAXj0lLl0
霧切「……」

バタン

苗木「それで、何の用? もしかして、さっき言ってた監視のことかな……」

霧切「そんなところよ」

霧切「率直に聞くわ。苗木君、あなたは自分の性欲を満たすためなら犯罪に手を染めても構わないと思っている?」

苗木「お、思ってるわけないじゃないか……!」

霧切「ええ。貴方はそういう人間ね。出会ってまだ数日しか経ってないけれど、そういうことをする人間ではないと思うわ」

苗木「あ、ありがとう……」

霧切「けど、貴方が不二咲さんを襲ったのは事実」

苗木「うっ……」

霧切「しかも、貴方はそれを覚えていないのよね?」

苗木「う、うん……」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:07:04 ID:UAXj0lLl0
霧切「これは私の憶測だけれど、貴方が不二咲さんを襲った時、貴方は正常ではなかったのかもしれない」

苗木「そ、そりゃあ、女性を襲うぐらいだもん、普通じゃないだろうけど……」

霧切「何が原因かしらね。貴方を異常にさせたもの……」

苗木「き、霧切さんはさ……僕を信じてくれてるの?」

霧切「? どういうこと?」

苗木「だって、僕が不二咲さんを襲った原因が、僕自身にあるとは思ってないみたいだから……」

苗木「『記憶が無い』っていうのも演技かもしれないのに」

霧切「演技なの?」

苗木「ち、違うよ! ただ、可能性の話で……」

霧切「さっきも言ったけれど、貴方はそういう愚かな行為をする人間には思えない。それに―――」

霧切「他人の目が届きやすい食堂で不二咲さんを襲うという無謀な行動に出た貴方が……」

霧切「……み、密室で、私とふたりきりなのに……襲ってこないのは……合理的じゃないでしょう……?」

苗木「……え?」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:12:29 ID:UAXj0lLl0
霧切「……」

苗木「……」

霧切「今言ったことは忘れて」

苗木「えっ」

霧切「忘れなさい」

苗木「あ、うん……」

霧切「苗木君、もうひとつ聞きたいことがあるのだけれど」

苗木「なに?」

苗木(切り替えはやいなぁ……)

霧切「どうしてパンツを替えようとしていたの?」

苗木「なな、なんてこと聞くんだよっ」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:17:04 ID:UAXj0lLl0
霧切「パンツを替えようとしていたでしょう?」

苗木「な、なんでそう言い切れるのさ。シャワーをあびようとしていただけかもしれないよ」

霧切「パーカーを羽織ったままで、靴下も履いていたじゃない」

苗木「よく覚えてるね……」

霧切「服を脱ぐときは、靴下を脱いでからパンツを脱ぐのが普通でしょう」

霧切「そうしていなかったということは、パンツだけを替えようとしていた証拠」

苗木「いや、それは人それぞれじゃないかな……僕は普段からパンツを先に脱ぐよ」

苗木「……あっ、もしかして、霧切さんはいつも靴下から先に脱ぐんだ」

霧切「……」

苗木「……」

霧切「……///」

苗木(赤くなった。図星かな)

霧切「い、今言ったことも忘れなさい」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:22:58 ID:UAXj0lLl0
苗木「う、うん……」

霧切「つまり、苗木君はシャワーを浴びようとしていたのね」

霧切「邪魔をしてしまったわね。ごめんなさい」

苗木「あ、いや、そうじゃなくて、実は霧切さんが言った通り、パンツを替えようとしていたんだ」

霧切「なら初めからそう言いなさい」ズイッ

苗木「あ、うん。ごめん……」

霧切「どうしてパンツを替えようとしていたの?」

苗木「えーっと、それは……」

苗木(答えたくないなぁ……)

霧切「失禁してしまったのかしら」

苗木「そ、それは違うよっ!」

霧切「なら、なに?」

苗木「えっと……だから、その……む、むせぃ……しちゃって……」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:27:08 ID:UAXj0lLl0
霧切「……そう。夢精したの」

苗木「うん……」

霧切「……」

苗木(な、何を考え込んでいるんだろう……)

霧切「それは、保健室で寝ているときのこと?」

苗木「え? うん、そうだと思うけど……」

霧切「そう、わかったわ」

苗木「……」

霧切「じゃあ、私は行くから」

苗木「どこへ?」

霧切「不二咲さんのところよ。聞きたいことがあって」

苗木「な、なら僕も……!」

霧切「貴方は……やめておいたほうがいいんじゃないかしら。怯えさせるだけよ」

苗木「……そう、だね」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:32:14 ID:UAXj0lLl0
~ランドリー~

ゴウンゴウンゴウン

苗木「はぁー……」

苗木(何なんだろう。僕を異常にさせた原因って……)

舞園「あ、苗木君」

苗木「? ああ、舞園さん……やあ、ハハハ……」

苗木(保健室でやたら距離をとられてたのは、僕に怯えてたからなんだなぁ……)

舞園「その、大丈夫ですか?」

苗木「うん。大丈夫、だと思う」

舞園「なら良かったです」ニコッ

苗木「ハハ……」

苗木(だけど、僕のことを看病してくれたんだよな……やっぱり優しいんだ……)

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:37:38 ID:UAXj0lLl0
舞園「……」

苗木「……」

舞園「あの、苗木君……」

苗木「ん? なに?」

舞園「襲わないんですか?」

苗木「……へ?」

舞園「私のこと、襲わないんですか?」

苗木「……」

舞園「……襲わないんですか?」

苗木「……お、お、襲わないよっ! そんなことするわけないじゃないかっ」

舞園「なんでですか!?」

苗木「なっ!? なんでって……」

舞園「今、私たちふたりきりですよ!? 誰もいませんよ!?」

苗木「ま、舞園さん?」

舞園「不二咲さんは襲ったんですよね? だったら……!」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:42:18 ID:UAXj0lLl0
苗木「な、何言ってるんだよ。お、落ち着いてよ……」

舞園「はっ……ご、ごめんさい、私ったら……なんか」

苗木「いや、その……別にいいけど……」

舞園「私って……そんなに魅力無いですかね……」

苗木「え?」

舞園「だって、苗木くんは保健室でも、この場所でも、私のことを襲ってこないじゃないですか」

苗木「ないですかって……そりゃあ、そんな酷いことしないよ」

舞園「不二咲さんにはしたじゃないですか」

苗木「あ、いや、それは……!」

舞園「それって、私より不二咲さんのほうが魅力的だからってことですよね!?」

苗木「ち、ちがっ! そういう意味じゃないよ! そもそも、僕が不二咲さんを襲ったのだって……」

舞園「じゃあ、私のこと可愛いと思いますか!?」

苗木「そ、そりゃあ! 可愛いと思う……よ」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:47:34 ID:UAXj0lLl0
舞園「本当ですか!?」

苗木「う、うん」

舞園「よかったぁ。それを聞いて安心です」ニコッ

苗木「そ、そう。良かったよ、アハハ」

舞園「ウフフ」ダキッ

苗木「うぇえ!? ま、舞園さん……!?」

苗木(む、胸が……)

舞園「苗木君、私、ここでやってもいいですよ?」

苗木「えー、と、何を?」

舞園「エッチ、なことですよ……フフッ」

苗木「ま、舞園さん。ちょっと、様子がおかしいよ……?」

舞園「それっ」ガバッ

苗木「うわわっ」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:52:02 ID:UAXj0lLl0
舞園「苗木く~ん」スリスリ

苗木「あ、ちょ、ダメだよ舞園さぁんっ!」

舞園「いいじゃないですかぁ~」

苗木「だめだって……!」

霧切「なにをしているの?」

苗木「!? き、霧切さん!?」

霧切「苗木君。貴方、まさか……」

苗木「いや! これは違うよ! ま、舞園さんから……!」

舞園「苗木くーん、苗木くーん、苗木くーん」スリスリスリ

霧切「……舞園さん。そこを退いて」

舞園「え~? 嫌ですよぉー。邪魔しないでくださいっ」

霧切「……」イラッ

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 01:57:04 ID:UAXj0lLl0
霧切「すこし乱暴だけれど、無理やり退かすしかないようね」

苗木「あっ、ダメだよ霧切さん! そんな暴力は!」

霧切「あら、満更でもないということかしら」

苗木「そ、そうじゃなくてっ! 舞園さん、様子がおかしいんだよっ」

霧切「様子が……?」

舞園「ぐへへ……うぃーへっへ……」

霧切「…………なるほど。可能性はあるわね」

苗木「えっ? な、なに?」

霧切「苗木君。舞園さんを押さえつけて」

苗木「え? え? な、なんで?」

霧切「いいからっ!」

苗木「は、はい!」

苗木「ご、ごめん、舞園さん……」グググ

舞園「あっ、ちょっと痛いですよ苗木君っ、そんな乱暴な……! ウフフッ」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:02:30 ID:UAXj0lLl0
霧切「仰向けにして、両手を押さえて」

苗木「こ、こう?」ガシッ

舞園「あ、なんですかー?」

霧切「足を拘束させてもらうわ」ガッ

舞園「きゃーなんですかっ もうっ」

苗木「り、両手両足を拘束して……どうするの?」

霧切「舞園さんの陰部を刺激するわよ」

苗木「えっ!?」

霧切「ごめんなさい。ちょっと失礼するわ」スルスルスルッ

舞園「ひゃー! パンツ脱がされちゃいましたー! エッチー!」

苗木「うわっ ちょ、霧切さん何をっ!」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:07:11 ID:UAXj0lLl0
霧切「手マンよ!」

クチュクチュクチュ

舞園「ンアッ……そんな、そこっ……/// ひぃうっ……アッ、やっ……///」

苗木「な、な、なんだってこんなこと!?」

霧切「イカせるの! 舐めるわよ!」

クチュクチュ レロレロレロ ペロペロ

舞園「アッウ、ンン……い、あうっ……/// だめっ、そこはぁ……!///」

ペロペロペロ

霧切「ぬぅあぎうんもうぃくうぃおしえきしれ」

苗木「え!? なに!?」

霧切「チュルル ペロッ、んんっ、苗木君も乳首を刺激して!」

苗木「」

霧切「彼女を救うためよ!」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:12:17 ID:UAXj0lLl0
苗木「わ、わかったよ……ごめん、舞園さん!」

コリコリ キュッ

舞園「うあっ……!/// そ、そこまれぇ……ン/// やっめ……イ、アアア、アァ///」

舞園「くっ……アウッ、ンン……ぃやぁ……/// い、っちゃ……うぅ……///」

霧切「イキなさい!」

チュクチュクチュク レロレロレロ 

舞園「ンン……もう、だ、め……イク……イッちゃ……///」

舞園「う、いい、ァァァァァアアアアアアアアアアア!!!!!!///」

ビクッ ビクン

舞園「アアアアアアアアアアアン!!!///」

苗木「は、激しいっ!」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:17:31 ID:UAXj0lLl0
舞園「ああ、あ、…………あう……」ガクッ

霧切「イッたようね」

苗木「うん…………って、いやいやいや! なにこれ!?」

苗木「言われるがまま加担しちゃったけど、これって強姦だよ! 霧切さん!」

霧切「さっきも言ったはずよ。これは彼女を救うために必要なプロセスだった」

苗木「ひ、必要だった……?」

霧切「ええ。とりあえず、彼女を保健室へ運びましょう」

苗木「う、うん……」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:22:06 ID:UAXj0lLl0
~保健室~

霧切「さて、苗木君。また、聞きたいことがあるのだけれど」

苗木「ああ、うん。なんでも聞いてよ」

霧切「貴方、自慰行為をするときに道具を使用する?」

苗木「な、なんてこと聞くんだよ!」

霧切「なんでも聞けって言ったじゃない」

苗木「……」

霧切「コンニャクを使うのね」

苗木「なんで知ってるの!?」

霧切「そう、やっぱりそうなのね」

苗木「ぐっ……」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:27:14 ID:UAXj0lLl0
霧切「不二咲さんから聞いたわ。苗木君が厨房で、『コンニャク』を探していたらしいって」

苗木「こ、コンニャクを?」

霧切「ええ。きっと、自慰をしたくて仕方が無かったのね。その時の貴方は」

苗木「お、覚えてないなぁ……」

霧切「そして、重大な要素がもうひとつ……」

苗木「重大な……?」

霧切「ええ。この、モノクママークのドリンクよ」

苗木「あ、それ……」

霧切「どうやら、これのことは覚えているようね」

苗木「うん。喉が渇いたから何か飲もうと思って、冷蔵庫を開けたらそれが入ってたから」

霧切「飲んだのね?」

苗木「うん。……そういえば、そこから先の記憶が曖昧だ……」

霧切「そう。つまり、これがひとつめのトリガーなのよ」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:32:25 ID:UAXj0lLl0
苗木「どういうこと?」

霧切「このドリンクが、苗木君を凶暴化させ……不二咲さんを襲う原因となった……」

苗木「こ、このドリンクが……!」

霧切「おそらくその作用は、性欲の増大とそれに伴う発散への行動促進」

霧切「普段からコンニャクオナニーをしていた苗木君は、これを飲むことでコンニャクを求める野獣と化したのね」

苗木「そ、そんな恐ろしいことに……」

苗木「……だけど、今はコンニャクが欲しいとは思わないけど……」

霧切「それは、ふたつめのトリガーを発動させたことにより、効果から抜け出しているからだわ」

苗木「ふたつめのトリガー?」

霧切「ええ。貴方は大和田君に殴られ気絶し、保健室で眠っている間に夢精した」

霧切「そして、目が覚めたときにはコンニャクへの執着を失っていたのよね」

苗木「つ、つまり……」

霧切「そう。ふたつめのトリガーは発散させること。つまり、イクことよ」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:37:04 ID:UAXj0lLl0
苗木「ドリンクを飲んでも、イケば元に戻るってことか……」

霧切「ええ。その間の記憶は失ってしまうようだけど」

苗木「……ってことは、舞園さんも……?」

霧切「どうやら、飲んでしまったようね」

苗木「だからあんなに……その、僕のアレをさすってきたんだね」

霧切「彼女はイカせたからもう安心なはず。冷蔵庫に残ったこの1本も回収してきたわ」

霧切「もうあんな馬鹿げたことが起きることも無いでしょう」

苗木「えーっと……霧切さん」

霧切「なに?」

苗木「僕が冷蔵庫を開けてそのドリンクを飲んだ時、たしか10本ぐらいあったと思うんだけど……」

霧切「!?……私がこのドリンクを見つけた時は、もうこの1本しか……」

苗木「まさか……!」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:42:31 ID:UAXj0lLl0
~食堂~

セレス「はぁん……わたくしとろけてしまいそうですわぁ///」

山田「ふ、ふふふふ僕のテクニックでイキ狂うがいいですな!」

大神「桑田よ。舐めるぞ」

桑田「マジイキソーなんっすけど!///」

十神「ふん。オナニーは左手でやるのが至高だ」シコシコ

腐川「あぁぁん……/// 白夜様のオナニーを見てオナニーする背徳感が……イイ!///」

朝日奈「不二咲ちゃん男の子だったんだーヘヘー」シコシコ

不二咲「ああっ/// 朝日奈さん……それ以上はぁん///」ドピュ

大和田「イくぜ兄弟!」

石丸「イカせろイカせろイカせろビィーッム!」

葉隠「あーイクべ! イクべぇ!!!!」


霧切「なんてこと……!」

苗木「悪夢だ……!」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/18 02:45:11 ID:UAXj0lLl0
モノクマ「うぷぷ。イカセアイ学園生活、なかなか興奮するじゃない!」

モノクマ「これが全国中継されてると知ったとき、みんなどんな顔するのかなぁ」

モノクマ「想像するだけでイっちゃいそうだよぉ……! うぷぷ」

モノクマ「うぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷ」

~END~

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。