おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真涼「抱きつき、一回50,000円」鋭太「おい」

1 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 20:42:38.79 ID:NpNrK92q0
真涼「新しい商売を始めたわ」

鋭太「…一応聞いてやるよ。何?」

真涼「私が抱きついてあげるわ。一回につき50,000円でね」

鋭太「へぇ~。お前もお金に困ってるんだな。意外だ」

真涼「いえ、特に困ってないだけど…汗水垂らして働いたお金で買いたいものがあって」

鋭太「まあ。お前ならすぐ稼げるよ。頑張れよ」

真涼「え?」

鋭太「ん?」

4 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 20:45:40.81 ID:NpNrK92q0
真涼「一回50,000円でいいわよ」

鋭太「ああ、だから頑張れよ」

真涼「わ、わかったわ。おおまけにまけて49,999円にするわ」

鋭太「おい、1円しか安くなってないぞ」

真涼「私はそこまで安い女じゃないのよ!」


鋭太「でも、お釣りの用意が面倒だから、50,000円がいいと思うぞ」

真涼「そ、そうかしら?…鋭太がそう言うならそうするわ」

鋭太「おう」


真涼「じゃあ、50,000円いいかしら?」

鋭太「は?」

真涼「え?」

9 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 20:51:38.60 ID:NpNrK92q0
鋭太「あっ、いや。俺はしないぞ」

真涼「え?そうなの?」

鋭太「そもそも普通の高校生に50,000円はねーだろ」

真涼「そうなの?私金銭感覚が少し薄くて」

鋭太「俺、勉強してるから静かにしてくれ」


真涼「じゃあ、500円でいいわ」

鋭太「おい!高い女じゃなかったのかよ!

11 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 20:57:27.94 ID:NpNrK92q0
真涼「まったく鋭太ったら素直じゃないのね」

真涼「でも、私は寛容な女…5円でいいわ」

鋭太「しねーよ」

真涼「くっ、こうなったら1,000円払うわ!これでいいわね!」

鋭太「おい!お前が払うのかよ!」


真涼「鬼畜な男ね!いいわ50,000円払うから私に抱きつきなさい!」


鋭太「おいいいいいいいいいぃぃぃぃぃぃ!!!!」

20 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:03:35.45 ID:NpNrK92q0
 


ガララララララッ


愛衣「うるさいわよっ!まったく廊下まで聞こえるくらい大声を出すなんて」


鋭太「あーちゃん!聞いてくれ!真涼がおかしいんだ!」

愛衣「夏川さんがどうかしたの?」

真涼「鋭太くんが商売をしていて、一回抱きつき50,000円だそうです」

愛衣「はぁ!?」

鋭太「違うんだ!真涼が勝手に言っているだけで!」

21 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:06:09.02 ID:NpNrK92q0
愛衣「意外と安いわね。500,000円払うから…10回分ねっ」

鋭太「あーちゃんはまともって信じた俺が馬鹿だったあああぁぁぁぁ!」

愛衣「馬鹿ね。乙女に最も必要なのはチャンスをゲットする行動力なのよっ!」

真涼「やーい、ばーか、ばーかー」

鋭太「ぐぬぬぬぬぬ」

25 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:09:06.69 ID:NpNrK92q0
真涼「…それにしても、10回とは…冬海さんはお金持ちでしたっけ?」

愛衣「親のお金じゃないわ。これは将来のことを考えて、バイトをしていたの」

真涼「ははあ。バイトですか…」

愛衣「大学生になったらアパートで暮らすつもりだから!」

鋭太(…俺と一緒に暮らすのか?違うって言ってくれよあーちゃん)

28 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:16:02.90 ID:NpNrK92q0
 


ガララララララッ



千和「話は聞いたわ!だったらあたしは2000万出すよ!」

姫香「チワワすごい」

愛衣「…どこにそんなお金持っているのよ?」

千和「うちの家を売ればそのくらいになる!どうせ将来はえーくんと暮らすんだし、今のうちに家をあげるね!」

鋭太「おい!おばさん達はどうするんだよ!」

千和「ふふん。今電話して聞いたもんねっ!えーくんだったら将来一緒に暮らしてもいいって」

鋭太「勝手に了承をえるな!俺は一緒に暮さないぞおおおおお!!」

千和「え?…あっ、もしかして、あたしがえーくんの家で暮らした方が良かったかな//」

鋭太「お前はいつの間に恋愛脳に侵されたんだYOーーーーーー!!!」

32 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:26:39.31 ID:NpNrK92q0
真涼「話がおかしな方向に行ってますが、鋭太くんは私にだけ、そう!彼女である私にだけ!抱きつき一回50,000円と言ってくれたんです」

鋭太「いや、言ってないけどな」


真涼「ですので、あなた達はそもそも対象外です。本当にありがとうございました」

千和「はあ!?そんなのえーくんが決める事じゃん!彼女ってそんなに偉いの!?」

真涼「あたりまえです。彼女=鋭太くんは私の物=私の物は私の物ですので」

姫香「わかったあきらめる。だからエイタ、ギュっとして?」

愛衣「そもそも、現金をすぐに用意できるのは愛衣ちゃんだけだし?あなた達には抱きついてもらえる権利すらないはずよ!」



鋭太(静かに勉強してただけなのに、なぜこうなった…)


鋭太「俺の彼女と幼なじみと元カノと婚約者が修羅場すぎる!!」

35 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:32:11.01 ID:NpNrK92q0
■数日後

鋭太「ここのファミレスがいいな。飲み放題もあるし」

愛衣「そうね。ここだったら長い時間いても、何も言われないしね」


ガララララララッ


真涼「いらっしゃいませー…………………………」





鋭太「…奥に走って逃げやがった…」

愛衣「今の…夏川さんよね?」

鋭太「き、気のせいだろう…真涼がウェイトレスなんて…」

愛衣「季堂くん?何で鼻の下を伸ばしてるのかな?」

鋭太「え?い、いやー、意外と似合うとか…思って………ないよ?」

愛衣「あっそう。ほら、いつもの席にすわるわよ」

鋭太(くそぅ……ちょっとだけ見とれちまった)

39 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:36:54.44 ID:NpNrK92q0
鋭太「よし!今日はカオルがいないけど、二人でしっかり勉強をしようぜ!」

愛衣「そうね。まずはこれを見てみて」

鋭太「パンフレット?塾か何かのか?」

愛衣「旅行のパンフレットよ。新婚旅行はまだまだ先の話だけど、お金もいるし、パスポートとか必要になる場合は、早めに用意しておきたいし」

鋭太「なるほど…日本の旅行は安いけど、海外は飛行機代のせいか結構割高だな…」

愛衣「ええ。そうね…だから今のうちからバイトも必要になってくると思うの」

鋭太「でも、勉強の時間が削られるのは痛いな」

愛衣「まあ。旅行代だけなら毎週末の土曜日の4時間だけって手もあると思うわ」

鋭太「なるほど」

愛衣「あと、日本もいいけど。やっぱり海外も憧れるのよね~」

41 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:39:51.32 ID:NpNrK92q0
鋭太「ああ、それはあるな。俺も海外に行ってみたいぜ」

愛衣「そこでおススメなのがアジア系ね」

鋭太「アジア系か~。あっ、ハワイって意外と高いんだな」

愛衣「ええ。それに調べたんだけど、ハワイって買い物とかの物価も高いの。だから旅行代が跳ね上がるのよ」

鋭太「せっかく行ったのに遊べないとか嫌だしな…」
44 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:45:13.26 ID:NpNrK92q0
愛衣「そこで私が行きたいのはタイね。ここは海もきれいでリゾート地もあるし、食事もおいしくて安いらしいわ」

鋭太「おう。それならタイがいいかもな」

愛衣「でも、やっぱり日本と違って、安全面がね…ちょっと不安かな~って」

鋭太「大丈夫。俺が守ってやる…」


バシャー


鋭太「よ?あーちゃん?」

愛衣「だ、大丈夫!?ずぶ濡れよタッくん!」


真涼「すみません、説教ガリ勉…もとい、浮気強盗恋愛脳さん、すみません、手元が狂ってしまいました」

鋭太「おい!お前わざとグラスの水かけただろ!…は、はっくしょん」

真涼「手が滑っただけなのに大変な言いがかりですね」

愛衣「タッくん!早く拭いてあげるから立って!風邪をひくわ!」

真涼「ふ、拭くくくくく?い、いやらしい!いやらしい!これだから恋愛脳は!」
46 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:49:14.52 ID:NpNrK92q0
愛衣「…夏川さん?さすがにやりすぎでしょ…私怒ってるの。静かにしないと店長呼ぶわよ」


真涼「あっ…そのご、ごめんなさい…その悪かったです。だから店長は…」

鋭太「……どうかしたのか?そんなにここの店長が怖いのか?」

真涼「い、いえ…その、ここで5件目なの…クビになってばかりで…だからお願い…どうしてもバイトしたくて…」

愛衣「だったら、タオル持ってきてくれる?黙っておくから」

真涼「わ、わかりました」

50 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:54:08.18 ID:NpNrK92q0
鋭太「あいつ…なんであんなに必死なんだ?」

愛衣「…」

鋭太「って、あとは俺が拭くから!ありがとうあーちゃん」

愛衣「え?…ああ、うん」

鋭太「どうかしたのか?」

愛衣「…その、タッくん?」

鋭太「ん?」

愛衣「夏川さんと何があろうと…さっきの言いかけた言葉…信じてるからね」

鋭太「さっきの?」

愛衣「うん…絶対に私を…」


真涼「あのタオルを持ってきました」


鋭太「ああ、ありがとう」

愛衣「もうっ!夏川さん!絶対にあんな事をしないでよね!」

真涼「わ、わかりました」

52 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 21:55:18.10 ID:NpNrK92q0
鋭太「で、あーちゃん何を言おうとしたの?」

愛衣「ううん。何でもないの。さあ勉強しましょう」

鋭太「そうだな」

真涼「…」

55 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 22:01:18.28 ID:NpNrK92q0
■数週間後

真涼「休みの日に会うのは久々ね」

鋭太「お前が休みの日にバイトしてたからな」

真涼「私に会えなくて寂しかったでしょう?」

鋭太「うん?う~ん、勉強が進んでいい感じだったぞ」

真涼「…どうせ、よその女に会ってたんでしょう?」


鋭太「毎日、登下校一緒だし。休みの日といっても時間があれば、お前メール送りまくってたじゃん」

鋭太「どこに浮気する余地があるんだよ」

真涼「返事をすぐに返さないくせに」


鋭太「すぐには無理だ。お前の要求はレベルが高すぎる」

真涼「わかったわ、今度から3分だけ返信を待ってあげる。感謝しなさい。こんな寛容な彼女は存在しないわ」

鋭太「3分とか縛りすぎだ!せめて3時間にしろ!」
58 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 22:06:28.95 ID:NpNrK92q0
鋭太「…っていうかさー」

真涼「何かしら?」

鋭太「何でお前、顔真っ赤でモジモジしてるの?」

真涼「こ、これはその…あの…えーと…」

鋭太「トイレに行きたいなら早く行けよ」



バシッ



鋭太「いってぇ、何で物を投げるんだよ……ん?物?」

真涼「プレゼントよ!偽彼女(フェイク)からの!」

鋭太「え?」

真涼「ほら、早く開けるの?開けるの?」

鋭太「開けるしか選択肢ないのかよ!」

60 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 22:11:12.89 ID:NpNrK92q0
 
………………



鋭太「じゅず?」

真涼「ブレスレット!アクセサリーよ!」

鋭太「ブレスレット?へぇ~」

真涼「最低限のオシャレをしてもらわないと、私の偽彼氏(フェイク)としての役目を果たせないわ」

鋭太「そういえば、リア充のやつらとかこういうのしてるよな…」


真涼「…そうね、恋愛脳共はつけてるわね…まあ、無理につけなくてもいいわ」

鋭太「いいや、せっかくだからつけてみるか」
63 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 22:16:25.58 ID:NpNrK92q0
 


スチャ


鋭太「お?…おおおおおー、カッコいいい!!!」

鋭太「いいなこれ!すっげぇーいい!」

真涼「よ、喜んでもらえたかしら?」

鋭太「思ってたより全然すっごくいいぜ!」

鋭太「ありがとうな真涼!すっげえ嬉しい!!」

68 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 22:21:45.56 ID:NpNrK92q0
真涼「…」

鋭太「あ、あれ?真涼さん?」



真涼「うああああぁぁぁぁぁん、良かったぁぁ~~~~ん」へなへなへな


真涼「そう、そうよね。当然よね。鋭太は私の彼氏。彼女からの贈り物が嫌な彼氏なんて存在しないはず」

真涼「ええ。当然。喜ぶなんて当然。そう。そうよ。ああ…わかりきっていたのに。あああ」

真涼「苦労した分嬉しいって本当なの?と思ってたけど、バイトして本当に良かったぁ~」

鋭太「っ!!」

鋭太(か、可愛い………なんて微塵にも思ってないぞ!)
70 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 22:26:29.40 ID:NpNrK92q0
 


真涼「あら?私をジーと見て…いやらしい、妊娠させるつもりね」

鋭太「ち、ちげーよ!」

鋭太「そのだな……バイトまでさせて、本当にありがとうな」





真涼「どういたしまして」ニコッ

77 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 22:31:36.39 ID:NpNrK92q0
 

…………………………………………………………


鋭太「なあ、帰り道だからって言っても、あまりひっつくなよ」

真涼「うふふふふ」

鋭太「ったく…」

真涼「ねえ?鋭太?」

鋭太「なんだ?」
79 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 22:37:06.89 ID:NpNrK92q0
真涼「私とのデートの時は必ずつけてきなさいよ?」

鋭太「はいはい」

真涼「他の女と会う時は、カッコいい鋭太を見せたくないから、絶対につけちゃだめよ?」

鋭太「はいはい」

真涼「鋭太は私の物って意味もあるから、ずっとつけてないと嫌よ?」

鋭太「どっちだよ!」

真涼「今度は私の為に苦労して、プレゼントを選んでね?」

鋭太「はいはい」

真涼「ふふふふ♪鋭太から何を貰えるのかしら?楽しみだわ」

鋭太「はいはい」



鋭太(はぁ~…)


鋭太(まったく、可愛い彼女を持つと大変だぜ)


       終わり
80 : 以下、名無しにか - 2013/03/17(日) 22:37:41.52 ID:NpNrK92q0
支援&見てくれてありがとうございました。
機会があればまたお願いします。

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。