おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリス「死のぉ~!」 忍「はい。一緒に死にましょう」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 19:48:49.21 ID:8SyM5qG00
忍「それっ」

ブンッ

アリス「ひゃっ! もう死の! どうして急にナイフを振り回すの!?」

忍「だって、アリスが『死のぉ~』って言ったんじゃないですか」

アリス「え? た、たしかにそう言ったけど……。それがどうしたの、死の?」

忍「はい! 死にましょう!」

ブンッ

アリス「いやぁー!」

ドテン

アリス「な、な、なんでこんな……お、おちついて……死のぉ……」

忍「落ち着いていないのはアリスの方です」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 19:53:38.82 ID:8SyM5qG00
陽子「な、なんだなんだ!? どうしたんだよふたりとも!」

綾「やだ……! どうしたの? そ、そんなナイフなんて……! あ、あぶないわよっ」

忍「アリスが『死のう』って誘ってくるんですよ」

陽子「お、おい、死の。大丈夫か?」

綾「と、とりあえず冷静になって。ね? 死の?」

忍「え? おふたりも一緒に死にたいのですか? 私は冷静ですから、死にましょう」

ギラリ

綾「ふぇ!? ちょ、ヤダ! こっち向けないでぇ!」

陽子「あぶない!」

バッ

忍「えいっ」

サクッ

陽子「カ……ハッ……!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 19:58:27.16 ID:8SyM5qG00
綾「いやぁぁぁぁぁぁ!!! 陽子ぉぉぉぉぉぉ!!!!」

陽子「あ……あや……いたぃ、痛い……お、お腹が……あつっ、あついぃ……」ガクガク

綾「血が……! 血が止まらないわ!!! 誰か!!! 誰かぁ!!!」

陽子「はぁ……はぁ……た、助け……綾ぁ……痛いよぉ……! うあぁぁ……」

綾「し、し、しっかりして陽子! い、今、人を呼んでくるから!」

忍「まだ息絶えてませんね。トドメを刺しましょう。やはり左胸でしょうか」

ザシュッ

陽子「死ぬほどいてぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」ガバァ

綾「陽子ぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

陽子「ウアッハ!!! ウェッホ!!!! グホァ!!! う、あああ……死のぉ。ハァ、ハァ……!」ドサッ

アリス「もうやめてぇぇぇ! 死のぉ!」

忍「だから刺してるんじゃないですか。それにしても……」

陽子「うあぁあぁぁ……アア、アァァァ……」

忍「まだ生きてますねぇ……あっ、そうでした。私から見たら左でも、陽子ちゃんから見たら右胸でしたね」

忍「心臓はこっち側ですね」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:03:16.61 ID:8SyM5qG00
綾「やめてぇ!!! もうやめてぇ!!! いやあぁぁぁあ!!!!」

忍「うーん、綾ちゃんが邪魔です。さきに綾ちゃんを殺しましょうか」

綾「ひっ……」ビクッ

陽子「あ、綾……逃げ……ろ……」

綾「……!!! わ、私が陽子を守るわ……!(キッ」

忍「そうですか。では」

ギラリ

アリス「だめぇぇぇぇぇぇ!!!!」

ガッ

忍「あっ」

カン カラン

忍「ナイフ、落としちゃいました」

アリス「い、今のうちに、逃げようっ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:08:12.06 ID:8SyM5qG00
アリス「えいっ」

カンッ

忍「あっ、ナイフ蹴っちゃだめですよ」

タッタッタ

綾「しっかりしてぇ……陽子ぉ……!」

陽子「……」

綾「陽子!!! ど、どうしようアリス……! い、いき、息してないわ……! 陽子ぉ!」

アリス「なら捨てていくしかないよ!」

綾「そんな!」

アリス「殺されちゃうよ! はやく!」

ガシッ

綾「陽子……! 陽子ぉ……! グスン」

アリス「Hurry up! GoGoGoGoGoooooooo!!!!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:13:25.24 ID:8SyM5qG00
忍「逃がしませんよっ」

タッタッタッタ

アリス「ひぃ! きたぁ! すごい遅いけどきたぁ!」

綾「うえっひっぐ……陽子がぁ……! うぇぇん……」

忍「次は綾ちゃんですよぉ!」

綾「いやああああああああああああ」

ズドドドドド

アリス「綾はやいっ」

忍「待って下さ~い」

アリス「ひぃっ! ひぃっ!」

綾「ハァ……! アリス、大丈夫!? ハァ、ハァ……!」

アリス「綾! 二手に分かれよう!」

綾「嫌よ! シノは私を狙ってるのよ!? 絶対にこっちにくるじゃない! 一緒に逃げましょう!」

アリス「えぇ!? 道ずれ!?」

綾「死なば諸共よ!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:18:34.46 ID:8SyM5qG00
綾「はぁ……はぁ……なんとか……いや、わりと簡単に振り切れたわ……」

アリス「ヤバス……」

カレン「あれー? アリスにあややー! こんなところで何してるデース?」

綾「カ、カレン……!」

アリス「た、大変なんだよ! シノが!」

カレン「んー? シノがどうかしたんですかー?」

綾「シノが……シノがナイフでアリスに襲い掛かって、それで陽子を……陽子を……グスッ」

カレン「なんだかわからないけど、楽しそうデース」

綾「楽しくないわよっ!」

カレン「それで、なんでふたりは隠れてるんですかー? ああ分かった! かくれんぼー!」

アリス「たしかに隠れてるけど……」

カレン「鬼はシノなんですねー! ナイフで襲い掛かるなんて、まさに鬼デース! scared!」

カレン「あれぇ? だけど鬼って金棒をつかうはずですよー? どうしてナイフなんですかー?」

綾「ナイフのほうが手に入れやすいし、軽くて殺傷能力があるからでしょ……」

アリス「綾! 真面目に答えちゃだめだよ! 気が滅入るだけだよ!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:23:35.76 ID:8SyM5qG00
カレン「じゃあ、私は金棒をシノに届けてあげまーす!」

アリス「駄目だよ! カレン!」

綾「そうよ危ないわ!」

カレン「大丈夫デース! 私、こう見えてもイギリス人!」

綾「だからなに!?」

カレン「イギリスは紳士の国デース。紳士は金棒の扱いがうまいと聞いたことありまーす!」

綾「そうなの……?」

カレン「クラスの男子が話してました! 紳士は股間の金棒を道行く人に見せつけるらしいデース!」

アリス「それ違うよ! 言葉通りの紳士じゃないよ!」

カレン「だからシノに金棒届けにいってきまーす! Here we go!」

綾「待ってカレン! 行っちゃ駄目~!」

カレン「Full speed!!!!!」

ドドドドドド

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:28:07.24 ID:8SyM5qG00
アリス「ど、どどど、どうしよう! カレンが殺されちゃうよ!」

綾「と、とにかく、警察を呼びましょう……! 携帯持ってる!?」

アリス「うん! えっと……(警察を呼ぶには……999!)」

プルルルルルル

アリス「……」

綾「……」

アリス「駄目だよ! 警察出ない!」

綾「えええええええっ! き、緊急時なのにかからないなんて!」

アリス「日本は治安がいいから、きっと休んでるんだよ……」

綾「そんなわけないでしょ!? 女子高生がナイフを振り回すご時世なのよー!?」

アリス「お、落ち着いて綾!」

綾「落ち着けないわよっ! このままだと私たちまで殺されてしまうわ!」

アリス「と、とにかくカレンを探しに行こう? 三人なら押さえつけることができるかもしれないよっ」

綾「そ、そうね……!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:33:37.84 ID:8SyM5qG00
カレン「運良く金棒を調達できましたー! Shoplifting! 大成功デース!」

カレン「シノー。シノはどこですかぁー?」

忍「ほっほっほっほ」

タッタッタッタ

カレン「わー、すっごーい遅い人がいまーす! あれは走ってるんでしょうかー?」

カレン「って、あれシノでーす! 遅ーい!」

カレン「おーい!」

忍「ん? あ、カレン!」

カレン「死の~! 死のぉ~!」

忍「えっ、カレンも一緒に死にたいんですか!?」

カレン「What? なに言ってるんですかー?」

忍「えいっ」

ブンッ

カレン「あぶなーい! なにするデース!?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:38:35.90 ID:8SyM5qG00
忍「なにって、カレンを殺すんですよ?」

カレン「Oh! Are you nuts!?」

忍「あーゆーなっつ? 『貴方はナッツですか?』と聞いてるんですね?」

忍「私はナッツではありませんよ、カレン」

ブンッ

カレン「超あぶなーい!」

忍「どうして避けちゃうんですか?」

カレン「ナイフが刺さると痛いデース!」

忍「刺さらないと死ねないよ?」

カレン「死にたくないデース! やめてください、死のぉ!」

忍「??? 死にたくないのに、『死のう』と言うのですか? おかしいですよ」

ブンッ

カレン「NO~~~!!! お助け~!」

ダダダダダ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:43:19.70 ID:8SyM5qG00
アリス「カレン大丈夫かな……」

トコトコ

綾「も、もう殺されてるんじゃ……」

アリス「不吉なこと言わないでよ!」

綾「ご、ごめんなさい……!」

カレン「ひぃ~! お助け~! 超こわーい!」

ダダダダダ

アリス「カレン!? 無事だったの!?」

カレン「アリ~ス! シノおかしいデース! She is mad!!!」

アリス「怪我してない!? 無事でよかった~、もう死んじゃったかと思ってたよ!」

綾「アリスも死んだと思ってたんじゃない……」

カレン「……九死に一生を得ましたー!」

綾「それにしても、その金棒はどうしたの?」

カレン「シノに渡そうと思ったんですが……渡せずじまいデース」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:48:09.20 ID:8SyM5qG00
綾「いや、そうじゃなくて、そんな重そうな鈍器、どうやって手に入れたの……?」

カレン「武器屋さんでぬす……買いましたー! 鉄製で300kgありまーす!」

綾「おもっ!!!!」

カレン「持ってみますかー?」

綾「無理無理無理無理!」

アリス「それだよ!」

綾「え?」

カレン「? なにがですかー?」

アリス「その金棒があれば、ナイフなんて目じゃないよ!」

綾「た、たしかに……リーチも威力も、金棒のほうが有利……!」

カレン「Oh! これでシノと戦うんですかー!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:53:42.13 ID:8SyM5qG00
アリス「カレン! シノを正気に戻してぇ!」

綾「カレンだけが頼りよ!」

カレン「Wow! すっごい頼りにされてまーす! 燃えてきましたー!」

カレン「やってやるデース!」

タッタッタッタ

忍「おーい」

綾「ひっ、き、来たわよ……!」

アリス「カレン!」

カレン「先手必勝! えいやー!」

ガキィィィン

忍「おっと、危ないですよ。カレン」

カレン「!? Impossible!」

アリス「う、受け流した!?」

綾「ちょ、ちょっと、シノの頭部を狙ってなかった……!?」

アリス「いざとなれば殺すしかないよ!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 20:58:09.46 ID:8SyM5qG00
カレン「うぇぇぇい! アイヤーーーー!!!!」

ブォォォォン

忍「ほっ」

シュッ

カレン「Damn it!!!」

綾「消えた!?」

忍「今のは残像ですよ……ふふふふふ……ふふふふふふふふふ……」

カレン「し、シノがブレて見えまーす……!」

アリス「あれは……肢曲……!」

綾「なにそれ!?」

アリス「足運びに緩急をつけて、残像を生じさせる技だよ!」

カレン「イッツァ、ピーンチ!」

忍「鈍器は、『鈍い』という漢字を使うんですよ? スピード重視の私とは相性が悪いですね」

カレン「ぐっ……」

忍「そろそろ、こちらから行きますよ……!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:03:35.73 ID:8SyM5qG00
忍「やぁぁぁ!」

タッタッタッタ

綾「おっそ!!! スピード重視!?」

アリス「あれでも速いほうだよ!」

カレン「やあぁ!!!」

ブォン

忍「ほぉっ」

ヒュン

カレン「えぇぇぇい!」

忍「なんのっ」

カレン「たぁぁぁぁ!」

忍「まだまだっ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:08:38.68 ID:8SyM5qG00
~六時間後~

忍「はぁ……はぁ……」

カレン「ぜぇ……ぜぇ……」

アリス「……す、凄い攻防だよっ」

綾「もういいから、早く決着をつけてくれないかしら……」

カレン「アバラを2、3本やられましたー」

忍「こっちも、左腕の腱が切れちゃいました」

カレン「そろそろ、決着をつけるときデース」

忍「そうですね……いきますよっ」

忍「えぇぇぇい!」

ノタノタ

綾「疲労も相まって、普通に歩くよりも遅いわ……!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:13:07.24 ID:8SyM5qG00
忍「覚悟~っ!」

カレン「見切ったデス!」

綾「あれだけ遅ければ……」

カレン「とりゃあっ」

ガンッ

カレン「手ごたえあったデス!」

ズドォォォン

アリス「シノが吹っ飛んだ!」

綾「やった……!」

カレン「やったー! バンザーイ! 勝ちましたー!」

サクッ

カレン「あれぇ?」

ブシャァァァ

カレン「これ、なんデース? お腹から血が大量に……?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:18:11.00 ID:8SyM5qG00
カレン「ナンジャこりゃあああああああああ」

ドサッ

綾「カレェェェェェェン!!!!!」

アリス「そんな……どうして!?」

忍「カレンが殴り飛ばしたのは、ダミーですよ」

綾「そんな……あれはっ……巨大なこけし!?」

カレン「Damn……! まんまとはめられました……! ぐふっ」

カレン「ああぁ、寒いデース……目がかすんできたでごじゃる……」

アリス「カレンしっかりー!」

カレン「アリィス……い、今までありがとでーす……」

綾「最期ぐらい母国語で話せばいいのに……!」

カレン「素敵な友達を持って……し、幸せでし……た……」ガクッ

アリス「カレーーーーーーーン!!!!!!!!!!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:23:11.55 ID:8SyM5qG00
忍「次は、綾ちゃんですよ……!」

綾「ひぃ! こないでぇぇぇ!!!」

忍「だって、死にたいんですよね?」

綾「死にたくないわ! お願いだからやめて! 死のぉ!」

忍「綾ちゃんもですか? どうして死にたくないと言いながら、『死のう』と誘ってくるんですか?」

忍「心中したいのなら、殺してあげますから。大人しくしてくださいよ」

ギラリ

綾「な、な、何言ってるの!? 英語だけじゃなく日本語も理解できなくなっちゃったの!?」

綾「心中したいなんて言ってないわよー! 死のぉ!」

忍「『死のう』って言ってるじゃないですか!」

アリス「どうしちゃったの、死の! 正気に戻って!!!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:28:04.55 ID:8SyM5qG00
忍「わ、わけがわかりません……ふたりはどうしたいんですか?」

アリス「シノが混乱してるみたいだよ!」

綾「わけがわからないのはこっちよ……!」

忍「どっちなんですか……? 死にたいんですか? 死にたくないんですか……?」

アリス「混乱してる今がチャンスかもしれない! ふたりでシノに呼びかけよう!」

アリス「そうすれば、きっと元の優しいシノに戻ってくれるよ!」

綾「そ、そうね……死のぉ!」

アリス「死のぉ!!!」

綾「もとに戻って死のぉ!」

アリス「死のぉぉぉぉ!!!」

綾「死のぉぉぉぉぉ!!!」

忍「やっぱり死にたいんですね!」

ザシュ

綾「きゃあああああああああああああああ」

アリス「綾ぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:33:10.92 ID:8SyM5qG00
綾「あぁぁぁ……い、いやぁぁぁあ……いたっ……ぃぃぃぃ」

綾「も、もう……だめ…………」

アリス「頑張って綾ぁ! 死なないでぇ!」

綾「…………無理……」ガクッ

アリス「綾ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

忍「さて、最後は私とアリスですね」

忍「アリスを殺したら、私もすぐに後を追いますから」

アリス「嫌だよ! こんなの嫌だよ……!」

忍「アリス……ウフフ、アリス」

カツ カツ カツ

アリス「ひぃ! く、くる……! こっちこないでぇ!」

忍「大丈夫です。痛くありませんから…………嘘です、痛いかもしれません……」

忍「でも死ねば楽になるんですよ?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:38:24.49 ID:8SyM5qG00
アリス(どうすれば……どうすれば……)

アリス「はっ、そうだ!」

ゴソゴソ

アリス「あった!」

スッ

忍「ハサミなんて取り出してどうする気ですか? ナイフがあれば十分ですよ?」

アリス「えいっ」

ザクリ ザクリ ザクリ

ファサ

アリス「……」

忍「急にへたりこんでどうしたんですか、アリス……今楽にしてあげますね」

アリス(やっぱり! シノは切り落とした金髪を私だと認識してる……!)

アリス(シノが髪の毛を私だと思い込んでるうちに、逃げよう!)

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:43:18.87 ID:8SyM5qG00
忍「えいっ えいっ えいっ」

ガッ ガッ ガッ

アリス(気づかれないように……ゆっくり……ゆっくり……)

そろり そろり

忍「……違います。これ、アリスじゃない。アリスの偽物」

アリス「!?」ビクッ

忍「……よく見たら、ただの髪の毛です……」

アリス(ば、バレた……?)

忍「本物のアリスは……そっちですね?」

アリス「ひぃぃぃ! さすがに無理があったぁ……!」

忍「……」

アリス「こ、こないでぇぇぇ!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:48:01.77 ID:8SyM5qG00
忍「アリス……」

アリス「死のぉ……! 死のぉ……!」

忍「はい」

アリス「死のぉ……!!!」

忍「一緒に、死にましょう!」

ガッ

アリス「いやあああああああああああああ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:53:33.69 ID:8SyM5qG00
―――

アリス「ひぁぁぁ!!!」ガバッ

チュンチュン

アリス「あ、あれ……? 朝?」 

アリス「……夢? な、なんだぁ……」

アリス「よかったぁ……」

おしまい

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。