おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クー子「…少年と精神を入れ替えた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:13:04.13 ID:vFBhpXNi0
真尋「……ん?」パチン

真尋「ふわぁ~あ…」ムクッ

真尋「あ、あれ?なんか体がヘンな感じだぞ…」

クー子「…おはよう、少年」ガチャッ

真尋「あぁ、おはようクー……えぇっ!?」

真尋「ぼ、僕!?僕が…いる!?」

クー子「…少年と精神を交換してみた」

真尋「何やってんだお前!?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:17:42.49 ID:vFBhpXNi0
真尋「って事は…今の僕の体は…!」

クー子「…私の体、大切に扱って欲しい」

真尋「うわあああああああああああああ!!!」

真尋「本当に何やってんだよお前!?一体何をどうやって…!!」

クー子「…イースの偉大なる種族を脅したら割と簡単に精神交換機を貸してくれた」

真尋「何やってんだあいつ!?」

真尋「あぁもう…!せっかくニャル子の体から解放されたのに…!!」

クー子「…少年は、私の体…イヤ?」

真尋「嫌に決まってんだろ!!」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:21:59.99 ID:vFBhpXNi0
クー子「そう………」シュン

クー子「…でも、私は少年の体…意外と気に入った」

真尋「え?」

クー子「…流石男の子、なかなか力もあるし…」ニヤリ

クー子「…少年の見た目なら、ニャル子も」ボソッ

真尋「…え?ちょ…お前、何を考えて…?」

クー子「…少年、ニャル子と私のらぶらぶちゅっちゅのために犠牲になって欲しい」

真尋「ふざけんなあああああああああああああ!!!」

クー子「…ふざけてない、私は真面目にニャル子と唾液の交換とかしたい…!」

真尋「それをふざけてるってんだよ!!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:27:02.62 ID:vFBhpXNi0
クー子(…少年の体さえあればニャル子が手に入るのに)ジト

真尋「そんな目で見るなよ…!」

クー子「…少年、協力してくれるなら私の体をあげてもいい」

クー子「…私の体をどう扱うも少年の、自由」

クー子「…だから、少年の体…ちょうだい?」

真尋「やらん!!返せ!!」

クー子「…そう」

クー子「なら…!ころしてでもうばいとる……!」ギランッ

真尋「!?」ビクッ

真尋(や、やばいっ…!フォーク…!)ガサガサ

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:33:05.28 ID:vFBhpXNi0
クー子「…無駄、少年の体はこっち。だからフォークもこっちに…」

真尋「あっ…!!」

真尋(お、落ち着け僕…!ニャル子の体だった時はニャル子みたいに動けたんだ!)

真尋(今の…クー子の体なら宇宙CQCが使えるはず…!)

真尋(なんとかして反撃をッ…!)

クー子「えいっ」サクッ

真尋「うわあああああああフォーク痛いいいいいいい!!!?」

クー子「…体は私でも精神は少年、所詮戦いを知らぬこども…」フッ

真尋「いってえ…!」ゴロゴロ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:41:07.32 ID:vFBhpXNi0
クー子「さて…少年が動けなくなってるうちに行動を起こす」シュルシュル

真尋「う、うわ!?なんで縛るんだよ!?」

クー子「…ニャル子と私のスーパー明るい家族計画タイムを邪魔されたら、困る…」

クー子「…だからしばらくここで大人しくしていてほしい」

真尋「止めろー!!誰の体だと思ってるんだよ!!」

クー子「…さっき、くれるって」

真尋「言ってねえ!!」

クー子「…よし拘束完了、じゃあね…少年」ガチャッ

真尋「ま、待って…!!待てええええええええええええ!!」

クー子「………♪」バタン

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:49:18.29 ID:vFBhpXNi0
真尋「クー子おおおおおおお!!!」

真尋「ちくしょう!急いでこの縄をとかないと!……ん?」ジタバタ

真尋「…しめた!フォークが落ちてる!」

真尋「なんとかしてアレを拾って、縄を切らなくちゃ…!」ジタバタ

真尋「…あ、あともう少し…!!」ジタバタ

ヒョイッ

真尋「あ!?フォーク…!」

ハス太「…………」

真尋「…ハス太?」

ハス太「まひろくんっ!フォークが落ちてたよ、危ないよね!」
23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:54:05.27 ID:vFBhpXNi0
真尋「ハス太!ちょうどいい…!この縄ほどいてくれないか!?」

ハス太「……………」

真尋「早くしないと僕の体が危な……ハス太?」

ハス太「…クー子ちゃんに言われたんだ!」

ハス太「『…少年をこの部屋から出しちゃダメ』って」

真尋「…冗談だろ?」

ハス太「『…少年をこの部屋から出さなければ何をしてもいい』って…」

ハス太「……今のまひろくんはクー子ちゃんの、女の子の体なんだよね?」

ハス太「これで僕もまひろくんと、ちゃんとした形で合体できるッ…!!」

真尋「お、落ち着けハス太!これ、クー子の体だぞ!?」

ハス太「クー子ちゃんだけど中身がまひろくんなら関係ないよねっ☆」

真尋「ニャル子ー!!助けてえええええええええええ!!!ぎゃあああああああああ!!!」

ハス太「まひろくぅん…!」ハァハァ
28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:00:44.90 ID:vFBhpXNi0
クー子「…私の悲鳴が聞こえる、ハス太君ぐっじょぶ…!」グッ

クー子「…今のうちにニャル子の部屋にっ」ダッ



クー子「ニャル子っ!」ガチャッ

ニャル子「あ、真尋さんっ!!何かあったんですか!?」

クー子「…え?」

ニャル子「クー子の悲鳴が聞こえたんですよ!何かあったんじゃねーかと思いまして…!」

クー子「…べ、別に問題ない」

ニャル子「はい?」

クー子(おっと…ちゃんと少年らしくしなくちゃ)ゴホン

クー子「…別に何もなかったよ、ニャル子」ニコッ

ニャル子「?まぁそれならいーですが」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:09:58.66 ID:vFBhpXNi0
ニャル子「で?真尋さん、何かご用ですか?」

クー子「え?」

ニャル子「いえ、てっきり悲鳴の件で私の部屋に来たのかと思いまして…」

ニャル子「他に何か用事があるんじゃねーですか?」

クー子「あ、あぁ!うん!そうだったよ…」

ニャル子「…?」

クー子「ニャル子、実は…」

ニャル子「はい?」

クー子「僕は…ニャル子の事が…!」ドキドキ

ニャル子「えっ?」ドキッ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:17:49.90 ID:vFBhpXNi0
クー子「好……す……ッ!」ドキドキドキドキ

ニャル子「……………」ドキドキドキ

クー子「くっ…!」ガクッ

ニャル子「ま、真尋さん!?大丈夫ですか!?」

クー子(む、むねが爆発しそう…!うまく言えない…!)ゼェハァ

クー子「にゃ、ニャル子…!」ハァハァ

ニャル子「真尋さん…落ち着いてください」ギュッ

クー子「……!」ドキッ

ニャル子「…なんとなく、何を言いたいのかは分かります」

ニャル子「えへへ…夢みたいです」グスッ

ニャル子「私って幸せ者ですねぇ、真尋さん…!」

ニャル子「私も真尋さんと同じ気持ちですよ…?」

クー子「……………」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:22:02.46 ID:vFBhpXNi0
ニャル子「真尋さん………」ギュッ

クー子「…………!」ドキドキ

クー子(ニャル子…!ニャル子がこんなに近くに…!!)ドキドキ

クー子(あぁ…!ニャル子柔らかい…!かわいい…!!)ドキドキ

クー子(ちゅっちゅしたいぺろぺろしたいくんかくんかしたいぎしぎししたいあんあんしたいちゅーちゅーしたいけっこんしたいよニャル子ぉ…!)ドキドキドキ

ニャル子「…静か、ですね」

クー子「あ、あぁ…クー子とハス太はゲームでもしてるんじゃないかな?」

クー子「…二人っきりだな」

ニャル子「はい…そうですね」ドキドキ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:29:03.01 ID:vFBhpXNi0
ニャル子「真尋さん…」ギュー

クー子(にゃ、ニャル子の手…あったかいよぉ…)ギュッ

ニャル子「あっ…?」ビクッ

ニャル子「えへへ…こ、これっていわゆる恋人繋ぎって奴ですかね?」

ニャル子「実はずっと憧れちゃったりしてたんですよねー…」

ニャル子「…真尋さんからしてくれるなんて、本当に嬉しいです…」

ニャル子「………真尋さん」

ニャル子「…大好きですっ」

クー子「………………」

クー子(ちがう)

クー子(ニャル子が、私の手を握ってる…)

クー子(でもこれは、少年の体…少年の手…)

ニャル子「真尋さん?顔色が悪いようですが…?」

クー子「………ッ!!」

クー子(私の事を『真尋』だなんて呼ばないで…!)

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:35:07.23 ID:vFBhpXNi0
ニャル子「…真尋さん、泣いてるんですか?」

クー子「…………ニャル子っ!」ガバッ

ニャル子「わああ!?」ドサッ

クー子「ニャル子、ニャル子っ…!!」

ニャル子「ま、真尋さんっ!?」アタフタ

クー子(こんなことをしても何にもなりはしない…)

クー子(私じゃ、少年には…八坂真尋にはなれない)

クー子(この体で何をしても、ニャル子は私の名前を呼んではくれない…!)

クー子(でも私の…クトゥグアの体じゃ…!ニャル子と触れ合うことすらできない…)

クー子(ニャル子と抱き合えない、ニャル子と手を繋げない、ニャル子と結婚できない)

クー子(私の想いは届かない)

クー子「ニャル子ぉ…!」グスッ

ニャル子「……………?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:40:22.90 ID:vFBhpXNi0
クー子「ニャル子………すき」

クー子「好き…すきなの、ニャル子…!」ポロポロ

ニャル子「……ひょっとして、クー子……ですか」

クー子「…………うん」

ニャル子「あ、あんた何やってんですか!?それ真尋さんの体じゃ…!!」

クー子「だって!!こうでもしなきゃニャル子は…!!」

クー子「…ニャル子はいつでも少年の事ばっかり…!」グスッ

クー子「なんで…?なんで少年なの?なんで私じゃないの?」

クー子「もし私が男の子だったら、クトゥグアじゃなければ…!」

クー子「ニャル子は…!ニャル子は…!私のこと…!」

ニャル子「好きになんてなりませんよ」

クー子「え………」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:46:06.96 ID:vFBhpXNi0
クー子「どうして…」

ニャル子「………」

ニャル子「もしあんたが男の子で、クトゥグアじゃなかったとしても」

ニャル子「私はあんたの事を好きにはならないと思います」

クー子「…ニャル子は、私の事嫌いなの?」

ニャル子「…違いますよ」

ニャル子「私は、真尋さんが好きなんです!!」

クー子「……………!」

ニャル子「もしクー子が、私好みの超絶イケメン御曹司のニャルラトホテプ星人だったとしても」

ニャル子「それでも、私は真尋さんに恋をしていたと思うんです」

クー子「そこまで、少年の事を…?」

ニャル子「はい…私は真尋さんが大好きですっ!」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:50:57.51 ID:vFBhpXNi0
クー子「…………」

ニャル子「クー子、ごめんなさい…」

ニャル子「私には真尋さんしかいねーんです、クー子とは付き合えないんですよ」

クー子「………うん」

ニャル子「…私の事は諦めてください」

クー子「……やだ」

ニャル子「は?」

クー子「なぜなら…私はニャル子が好きだから…!!」クワッ

ニャル子「はあああ!?あんた今盛大にフラれたんですよ!?」

クー子「…私にはニャル子しかいない…!」ハァハァ

ニャル子「鼻息荒い!!」

クー子「例えニャル子が私を好きになってくれなくても…!」

クー子「…私はニャル子が好きっ…!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:55:15.43 ID:vFBhpXNi0
ニャル子「か、勝手にしてください!付き合いきれませんよもう…!」プイッ

クー子「…うん、勝手にする」ピトッ

クー子「…勝手に、ずっと好きでいる」

クー子「諦めないよ、ニャル子」

ニャル子「真尋さんの体で引っ付かないでください!っていうかさっさと元の体に…!」

クー子「…あー、それは無理」

ニャル子「ってなんでですかー」

クー子「あっちが一段落つかないと…私、馬に蹴られて死にたくない」

ニャル子「?」







ハス太「まひろくううううううううううううううううん」

真尋「来るなああああああああああああああああ」


おしまい

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。