おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカサ「くんくん」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 05:54:37 ID:acLZT7sw
ミカサ「すーはー」

エレン「なあ」

ミカサ「ふー、すーっ」

エレン「・・・・・・」

ミカサ「いいにおい」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 05:54:37 ID:acLZT7sw
ミカサ「すーはー」

エレン「なあ」

ミカサ「ふー、すーっ」

エレン「・・・・・・」

ミカサ「いいにおい」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 05:59:51 ID:acLZT7sw
エレン「やっぱりおかしいだろ」

ミカサ「???エレンはちゃんといいにおいがする」

エレン「そうじゃなくて、俺達ももういい歳だしよ」

ミカサ「うん」

エレン「ところ構わず俺の匂いを嗅ぐのはやめてくれ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 06:07:01 ID:acLZT7sw
ミカサ「問題ない」

エレン「あるだろ」

ミカサ「調査兵団のすごい人もよく人の匂いを嗅いでる」

エレン「お前は俺にだけだしやってることもこう・・・とにかく違うんだよ」

ミカサ「私がやりたいことをやって何が悪いの」

エレン「おいおい」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 06:11:00 ID:acLZT7sw
アルミン「・・・!」

エレン「アルミン」

アルミン「・・・・・・」

エレン「おいアルミン!」

アルミン「んあっ!?」

エレン「なんでこっち見たのに無視してどっか行こうとすんだよ」

アルミン「い、いや邪魔しちゃ悪いかなって」

エレン「なんの邪魔だよ」

ミカサ「エレン、気を遣ってくれたのにそういう言い方はよくない」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 06:20:19 ID:acLZT7sw
アルミン「ほら、僕も忙しいし」

エレン「ミカサを説得するの手伝ってくれ、さすがにキツくなってきた」

アルミン「あー、別にいいんじゃないかなもう・・・昔からだし」

ミカサ「その通り、やはりアルミンには正解を導き出す力がある」

エレン「んなこと言っても世間体とかだな」

アルミン「それを今さら言うのか」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 06:27:13 ID:acLZT7sw
エレン「だ、だってなあ・・・しょうがねえだろ」

アルミン「なにがしょうがないのか知らないけど周りに気にしてる人なんてひとりもいないよ、ジャンすら」

エレン「あーもう!いいから俺が恥ずかしいんだよ!」

ミカサ「エレン、ごめんなさい」

エレン「お、おう・・・分かればいいんだ、あんま気にす」

ミカサ「我慢して」

エレン「・・・は?」

アルミン「解決したみたいだね」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 06:36:11 ID:acLZT7sw
アルミン「それじゃ」

エレン「待てよ、ふざけてんのかお前ら」

ミカサ「聞いて」

エレン「お前は俺の話聞かねえのにな」

ミカサ「エレンが羞恥プレイをさせられていると感じていることは分かった」

エレン「つまり何も分かってないんだな」

ミカサ「代わりに私もなんでもする、ので手を打ってもらえないだろうか」

エレン「ノーセンキュー」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 06:47:54 ID:acLZT7sw
ミカサ「遠慮しなくていいから」

エレン「だいたい人に命令して何かやらせるってのはなんか嫌だぞ俺は」

ミカサ「大丈夫、こういうやり取りはたいてい『相手にめちゃくちゃにされてもいい』というある種の合意の上で行われる」

エレン「まあお前はそうなんだろうなお前は」

ミカサ「まずはなんでもいいから考えてみて」

エレン「・・・・・・あ!」

ミカサ「なに!?」

エレン「じゃあ俺の匂いを嗅ぐのをやめてくれ」

ミカサ「・・・その願いは私の力を超えている」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 06:59:52 ID:acLZT7sw
エレン「なにいってんだ、やろうと思えば今すぐにでも出来るだろ」

ミカサ「待って」

エレン「ん?なんでもするって言ったよな?」

ミカサ「そもそも前提がおかしい」

ミカサ「エレンが私に匂いを嗅ぐことを許可する→私がなんでもする、であってその許可を取り消そうとするのは本末転倒」

エレン「許可した覚えはないんだが!?ないんだが!?」

ミカサ「エレンは詭弁で約束を違えようとしている・・・ひどい人間だ」

コニー「まじかよエレン最低だな」

ジャン「まじかよエレン最低だな」

サシャ「まじかよエレン最低やな」

ユミル「まじかよエレン最低だな」

エレン「なんだこれ・・・なんだこれ・・・つーかお前らどっから出てきた」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 07:15:36 ID:acLZT7sw
コニー「俺にはよく分からんが頑張れとしか言えん」

エレン「バカは帰ってくれ」

ジャン「ま、そろそろ身を固めるのもいいんじゃねぇか?」

エレン「余計なお世話なんだが」

サシャ「えーと・・・エレンはミカサと結婚するべきです!」

エレン「その手に隠してる紙はなんだよ」

ユミル「・・・・・・」

エレン「なんか言えって」

クリスタ「エレンファイト!」

エレン「いたのか」

ユミル「エ、エレンファイト!」

エレン「無理しなくていいから帰れ」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/19(水) 07:22:02 ID:acLZT7sw
ミカサ「というわけで結婚しよう、エレン」

エレン「しゃーねえな・・・結婚してりゃ匂い嗅がれても恥ずかしくないしな!」

コニー「おめでとう!」

ジャン「おめでとう!」

サシャ「おべんとう!」

クリスタ「おめでとう!」

ユミル「おめでとう!」


アルミン「めでたしめでたし」

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。