おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優花里「わあ! 猫ですよ猫!」麻子「え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:05:41.22 ID:eWJ3sJHX0


麻子「ふあぁ~……ここは……格納庫か?」

麻子「何故私はこんなところで寝てたんだ……?」

麻子「思い出せない…」

優花里「あれ? 猫?」

麻子「ん?」

優花里「危ないですよー。こんな所で寝てちゃ」

麻子「あ、ああ。だが私にも何で寝てたのかが……」

優花里「寝るならあっちの日向の方が気持ちいいですよ」

麻子「……は?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:10:38.23 ID:eWJ3sJHX0


優花里「あ、Ⅳ号の上はダメですよ。今から洗車するんで」

優花里「戦車を洗車ーなんちゃって」

優花里「それにしても、ウチの制服着ちゃって可愛いですね。細かいとこも良く出来てますよ」

麻子「すまない。言ってる意味が…」

優花里「飼い主さんに作って貰ったんですか?」

麻子(飼い主……? 私に言ってるんじゃないのか?)

優花里「よっと……今からⅣ号を外に出すんで、大きい音しますけどびっくりしないでくださいね」

 グオン……

麻子(だが、私と優花里以外はなにも居ないぞ……どういうことだ?)


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:15:38.58 ID:eWJ3sJHX0


優花里「さて、後はブラシとバケツ……おお、微動だにしないとは中々肝が据わってますね」

麻子「優花里? さっきから何を言っているんだ?」

みほ「優花里さーん」

華「お待たせしました」

優花里「西住殿に五十鈴殿!」

みほ「ごめんね、遅れちゃって」

華「すみません」

優花里「いえいえ、私も今来たところですので」

みほ「Ⅳ号出しといてくれたんだ、ありがとう」ニコ

優花里「えへへ」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:20:11.86 ID:eWJ3sJHX0


麻子「お、おい。聞いているのか?」

華「あら? 猫さんですか?」

みほ「ほんとだ」

麻子(猫……? なんで私を見て言うんだ)

優花里「そうなんですよ。私が来たときにはⅣ号の隣で寝てたんです」

優花里「戦車を動かした時に逃げちゃうかなって思ったんですけど、平気みたいで」

みほ「へぇ……エンジン音結構うるさいのに、慣れてるのかな?」

華「可愛いですわぁ」

麻子(猫って私のことなのか? 何の冗談だまったく……)


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:25:45.53 ID:eWJ3sJHX0


みほ「大洗の制服着てるけど、飼い主さんの手作りかな?」

華「すごいですねぇ。細かい所まで」

みほ「大丈夫、怖くないよぉ」ソ~

麻子「なっ……」

みほ「可愛いぃ//」ナデナデ

華「わ、私にも触らせてください」ナデナデ

麻子「い、一体何のつもりだ!?」

みほ「わっごめん、怒っちゃった?」

麻子「当たり前だ! 冗談にも程がある」

優花里「西住殿も五十鈴殿も、早く始めますよー」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:30:23.68 ID:eWJ3sJHX0


みほ「あ、ごめんなさい。すぐ行くね」

華「私ブラシ取ってきます」

みほ「それじゃあ、水汲んでくる」

麻子「まだ話は終わってな――おいどこに……何で無視するんだ」

麻子「待て……みほ、こんな良くわからないこと……」

みほ「優花里さん、お待たせ」

麻子「は、華も、もし私がなにかしたんなら謝まるから――」

華「みほさん、これ使ってください」

みほ「ありがと」

麻子「優花里、な、何か言ってくれ……」

優花里「では、張り切っていきましょう!」

みほ華「おー!」

麻子「なんで……」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:35:54.52 ID:eWJ3sJHX0


沙織「ごめ~ん! 遅れちゃった!」

麻子(私、知らぬ間にみんなを怒らせるようなことをしたのか?)

麻子(なら、すぐに謝って……でもなにをしたんだ…)

みほ「大丈夫だよ。いま始めたところだから」

沙織「ほんとごめんね。麻子のこと探してたんだけどいなくて……」

優花里「冷泉殿ですか?」

華「ここにはまだ来てませんね」

沙織「そう……どこ行っちゃったんだろ」

麻子(試合の時遅刻しそうになったからか……)

麻子(でもあれは聖グロリアーナとの練習試合のときだけだし)

麻子(何ヶ月も前の話だ……それ以外の練習や試合にはちゃんと出てる)


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:37:07.24 ID:m2pScQBS0


冷泉殿はネコ(意味深)


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:40:33.17 ID:eWJ3sJHX0


みほ「携帯には連絡した?」

沙織「それが、家に忘れてるみたいで」

優花里「困りましたね」

華「もう少しすればいらっしゃるのでは」

沙織「う~ん、そうだね。それじゃ、道具取ってくる」

麻子(おばぁが倒れた時には焦ってみんなに迷惑を掛けてしまったが……でも)

麻子(ぁああ! 分からない……何がいけないんだ)

みほ「そうだ、今格納庫に凄い可愛い猫ちゃんがいるんだよ」

沙織「猫?」

華「そうなんです。大洗の制服を着てちょこんと座って」

みほ「すっごい可愛いの」

優花里「こっちですよ」

麻子(みんな……沙織もいるのか……沙織なら)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:46:02.10 ID:eWJ3sJHX0


沙織「え、麻子?」

麻子「っ!」ピク

みほ「麻子さん?」

華「見当たりませんが…」

麻子「……」シュン

沙織「え? だって目の――」

優花里「えへへ~」ナデナデ

沙織「えっ」

みほ「あ! 優花里さんずるい!」

優花里「実はさっきお二人が撫でてたとき、ちょっと羨ましかったんですよね」

華「可愛いですよねぇ」

麻子「沙織……?」

沙織「わっ」ビク


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:50:32.58 ID:eWJ3sJHX0


優花里「どうしたんですか?」

沙織「う、ううん、なんでもない」

麻子(沙織も……私を無視するのか)グス

亜美「あら、今週は戦車道お休みって言ってなかったかしら?」

麻子(っ! 教官なら、こんなこと絶対にしないはず)

優花里「教官、お疲れ様です」

亜美「せっかく優勝したんだから、少しくらい羽を伸ばさなきゃ」

みほ「そうなんですけど、何もないとかえって落ち着かなくて」

華「自習ということでしたから、洗車をしようと」

亜美「そう、あなた達らしいわね」

みほ「亜美さんはどうしてこちらに?」

亜美「まぁ、仕事で授業受け持ってるし、お休みでもとりあえず来なきゃいけないのよね」

亜美「そもそも、私の独断で自習にしたんだし」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:54:20.49 ID:eWJ3sJHX0


優花里「い、いいんですか?」

亜美「All right! あんなに頑張ったんだから、誰も文句言わないわよ。結果も残したしね」

沙織「あ、あの!」

亜美「どうしたの? まあ、キュートな猫じゃない」

麻子「……」チーン

亜美「ここの制服着てるわね。なんかデジャヴな感じがするけど、気のせいかしら……?」

亜美「もしかして誰かの飼い猫?」

沙織「……」

沙織「じ、実は友だちの猫を預かってて」

麻子「沙織……いったい何を……」

みほ「そうだったの?」

沙織「うん……」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:59:08.90 ID:eWJ3sJHX0


優花里「名前はなんていうんですか?」

沙織「名前!? え、えっと……まっ」

華「ま?」

沙織「ま……マリー?」

みほ「マリーちゃんっていうんだ?」

沙織「う、うん。あはは……」

麻子(そうか……沙織もそうやって私を虐めるのか)グス

亜美「可愛い名前ね。それじゃ、私は校舎に戻ってるから」

優花里「はい」

亜美「頑張ってねー」

みほ「じゃあ、作業に戻ろっか」

華「はい」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:04:30.96 ID:eWJ3sJHX0


沙織「う、うん……」

麻子「さ、沙織、待って……聞こえてるんだろ?」

沙織「……」

麻子「沙織……」

優花里「西住殿、槊杖とって貰えますか?」

みほ「はい、どうぞ。う~ん、この汚れ落ちにくいなぁ」ゴシゴシ

華「一旦流しますね」ジャバ

沙織「今のうちに……」サッ

麻子「……っうぅ……」グス

沙織「麻子?」

麻子「沙織!? 沙織……沙織ぃ」ギュウ

沙織「ほらほら、泣かないの」ナデナデ

麻子「あうっ……だって…みんなが…」

沙織「うん、大丈夫だから。落ち着いて」ギュ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:08:17.74 ID:eWJ3sJHX0


麻子「……」

沙織「落ち着いた?」

麻子「……」コクン

沙織「良かった」

沙織「でも、なんでこんなことになってるの??」

麻子「……やっぱり私がなにかしてしまったのか?」

沙織「それはないと思うけど」

沙織「というより、みんな本気で麻子のこと猫だって思い込んでるみたいだし」

麻子「……」

沙織「さすがに教官まで意地悪するとは思えないでしょ?」

麻子「それは、そうだが……」

麻子「記憶にないんだ……目が覚めたらⅣ号の隣にいて…」

沙織「麻子、ここで寝てたの?」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:13:10.33 ID:eWJ3sJHX0


麻子「いや、いつもの所にいたと思うんだが……」

沙織「う~ん……って授業サボっちゃだめでしょ」

優花里「武部殿ー!」

沙織「っ!」ビク

優花里「ここにいたんですか。心配しましたよ、急にいなくなるんですから」

沙織「ご、ごめん。麻子……じゃなかった、マリーが心配で」

優花里「大丈夫ですよ。その子はしっかりしてそうですし」

沙織「うん……」

みほ「優花里さーん、沙織さんもこっち手伝ってくださーい!」

優花里「今行きます!」

沙織「ごめん、少し待っててね」ヒソヒソ

麻子「ああ…」

沙織「大丈夫、私が預かってるってことになってるから、ちょくちょく様子見に来るよ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:19:18.50 ID:eWJ3sJHX0


みほ「終わったー」

華「お疲れ様でした」

優花里「Ⅳ号中に戻しますね」

沙織「じゃ、じゃあ誘導するよ」

優花里「お願いします」

沙織「オーライ…オーライ……ストップ!」

優花里「エンジン止めてっと……」

優花里「これでお終いですね」

華「この後どうしましょうか?」

みほ「私、マリーちゃんと遊んでみたいな」

優花里「私もです!」

麻子「なに……」ビク


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:23:48.65 ID:eWJ3sJHX0


沙織「それは……」

華「いいですわねぇ」

麻子「おい、待て……」

みほ「可愛いー」ナデナデ

麻子「……//」

優花里「猫はのど元を撫でると喜ぶんですよね」ナデナデ

麻子「なっやめろ……くすぐったい」バッ

優花里「あぅ……」シュン

麻子「あっ…すまない……」

華「この子は好きじゃないみたいですね」

麻子「さ、沙織、何とかしてくれ」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:29:42.90 ID:eWJ3sJHX0


沙織「え、えと……ごめんみんな。この子、触られるのあんまり好きじゃないみたいなの」

みほ「え、そうだったの? ごめんねマリーちゃん」

麻子「マリー……」

沙織「あはは……」

優花里「すみません」

華「でも、少し残念ですわ」

沙織「な、懐いた人だと大丈夫なんだけど、ごめんね」アハハ

みほ「仕方ないよ」

沙織「そ、それじゃあ、もう暗くなってきたし、私はもう帰るね」

華「沙織さん、もし宜しければ明日沙織さんの家に伺ってもいいですか?」

沙織「えっ」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:33:01.47 ID:eWJ3sJHX0


みほ「私も行ってみたい」

優花里「というより、マリーちゃんと遊びたいんですよね」

みほ「えへへ」

沙織「ど、どうしよう麻子」

麻子「あんまり不自然だと怪しまれる」

沙織「だよね」

沙織「うん、大歓迎だよ!」

華「ありがとうございます!」

沙織「そ、それじゃ、また明日ね。行こ、ま…マリー」

麻子「あ、ああ」スッ

みほ「えっ?」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:37:37.08 ID:eWJ3sJHX0


優花里「凄いです!」

華「まぁ、芸も出来るんですか?」

沙織「へ? っ! 麻子、立っちゃダメ」ヒソヒソ

麻子「え、あ、ああ」

麻子(四つん這いで進めということか)

麻子(確かに猫が立って歩いたりはしないが……)

麻子(恥ずかしいだろう、人として)

華「歩けたりもするんですか?」

沙織「い、いやぁそこまでは……あはは」

沙織「それじゃ!」

優花里「あ、その前に」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:41:59.08 ID:eWJ3sJHX0


沙織「ま、まだおかしなとこあった!?」

優花里「え? いえ、ただ冷泉殿が来なかったので、武部殿に連絡来てないかと」

みほ「麻子さん、なにかあったのかな」

華「心配ですわ」

沙織「あ、そのこと…えっと、体調が優れないから家で休むってさっきメールが」

みほ「風邪かな…お見舞い行った方が」

沙織「ううん、たいしたことないから心配するなって」

優花里「そうですか、とにかく無事で良かったですよ」

華「早く良くなってくれればよいのですけど」

沙織「後で伝えとくね。みんな心配してるって」

沙織「じゃ、じゃあまたね!」

みほ「また明日」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:45:48.28 ID:eWJ3sJHX0


沙織「はぁ……みんなにたくさん嘘ついちゃった」

麻子「すまない……私のせいだ」

沙織「ううん。それより良かったじゃん」

麻子「良かった?」

沙織「麻子のこと、誰も嫌ってなんかないよ。みんな心配してくれてた」

麻子「……ああ、そうだな」

沙織「今日は私の部屋に泊るってことでいいよね?」

麻子「出来ればそうしてほしい」

沙織「麻子ならいつでも泊めて上げるよ」

麻子「ありがとう、沙織」

沙織「いえいえ。行く先も決まったし、帰ろうっか」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:49:10.92 ID:eWJ3sJHX0


 ・
 ・
 ・

麻子「待って! この体勢だときついんだ!」ゼエゼエ

麻子「沙織……もっとゆっくり歩いてくれ」

沙織「だ、大丈夫?」

麻子「四つん這いで歩くのは疲れる……進まない…だるい」

沙織「我慢して。猫が2本脚で歩いたら大変でしょ?」

麻子「それは、そうだが……っはぁ……」ヨタヨタ

麻子「こんなっ…人通りの多い場所で……恥ずかしい」

沙織「みんな麻子のこと気にしてないから、やっぱり私以外には猫に見えてるって」

麻子「それでも恥ずかしいんだ……はぁ…はぁ…」

沙織「頑張って、もう少しだから」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:54:54.05 ID:eWJ3sJHX0


麻子「はぁ……っ…はぁ……はぁ」ヨロヨロ

沙織「ま、麻子、ほんとに大丈夫?」

麻子「…はぁ……もう、むり……水をくれ……喉が痛い」

沙織「待ってて、その自販機で買ってくる」

沙織「はい、お水」

麻子「すまない……」

沙織「あ、やっぱりダメ」サッ

麻子「え」ウルウル

沙織「じゃなくて、猫がペットボトル開けて水飲むって変でしょ」

麻子「そうだけど……」

沙織「ここ人多いし、騒がれたらまずいよ」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 23:59:00.74 ID:eWJ3sJHX0


麻子「だがほんとに喉がからからんだ……沙織ぃ」ウルウル

沙織「だからさ」トポトポ

沙織「はい」

麻子「……何のつもりだ?」

沙織「え? 猫っぽいじゃん」

麻子「何でおまえの手から水を飲まなければっ…けほっ…」

沙織「ほら、無理しないで」

麻子「それに、恥ずかしいだろ……こんな//」

沙織「私だって恥ずかしいよ! だからさっさと飲む」

通行人「ね、見て見て、あの女子高生猫と話してる」

通行人「やだー可愛い」

沙織「うぅ///」

麻子「し、しかたない……」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:03:47.25 ID:hwhQYzuO0


麻子(ひ、人前でこんな恥ずかしいことを…)

麻子(沙織の手からなんて///……だがもう限界だ)

麻子「……」ドキドキ

沙織「////」

麻子「……」ペロ

沙織「ぁっ//」ピク

麻子「へ、変な声を出すな!」ドキドキ

沙織「ごめん、くすぐったくて」

麻子「まったく///」ピチャピチャ

沙織「あははは……くすぐったい」

麻子(くそ…上手く飲めない)ペロペロ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:08:01.01 ID:hwhQYzuO0


麻子「すまない……ほとんどこぼしてしまった」シュン

沙織「焦るからだよー。今の麻子は猫なんだから、自然に自然に」

麻子(私は猫…猫…ただの猫……)

沙織「ま、まだいっぱいあるから、ゆっくり飲んで?」トポトポ

麻子「ん…」ペロ

麻子「////」ピチャピチャ

麻子「……」ペロペロ

沙織「も、もういい?」

麻子「あ、ああ。ありがと///」

沙織「ど、どういたしまして//」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:16:49.57 ID:hwhQYzuO0


沙織「さ、あとちょっとだから頑張ろ」

麻子「…分かった」


沙織「着いたー!」

麻子「疲れた……」

沙織「お風呂沸かすからちょっと待ってね」

麻子「すまん」

沙織「ホントどうしたんだろうね、みんな」

麻子「沙織……町中の人間が私を猫だと認識してるだ」

麻子「わ、私に原因があるんじゃないか?」

沙織「原因って言われても……」

麻子「……」

沙織「まぁなんとかなるよ」

麻子「そんな適当な…」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:20:46.77 ID:hwhQYzuO0


 ピーピー

沙織「あ、沸いたよ。麻子、一緒に入ろ」

麻子「あ、ああ……」

 チャポン

沙織「久しぶりだねー2人で入るの」

麻子「そうだな」

沙織「麻子ってさ、髪綺麗だよね」

沙織「肌も白くて綺麗だし……」

沙織「私が男の子なら放っておかないのになぁ」

麻子「ど、どうしたいきなり」

沙織「え? なんとなく思っただけ」

麻子「そうか…」

麻子(人の気も知らないで…)


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:24:01.60 ID:hwhQYzuO0


沙織「晩ご飯なにがいい?」

麻子「なんでもいい」

沙織「それが一番困るんだよね……」

麻子「なら肉じゃが」

沙織「さっすが、わかってるね麻子」

麻子「なにがだ?」

沙織「私の得意料理」

麻子「そりゃあな」

沙織「ではでは、腕によりを掛けて作っちゃうね」ジャバ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:27:14.21 ID:hwhQYzuO0


麻子「なら、私も出る」

沙織「パジャマ、私のでもいいよね」

麻子「ああ」

沙織「あぁ、あと歯ブラシも新しいのあるからそれ使って」

麻子「すまない、何から何まで」

沙織「麻子、今日は謝りすぎ」

沙織「これでも幼なじみなんだからもっと頼ってよね」

麻子「……ありがとう」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:30:43.31 ID:hwhQYzuO0


沙織「よっし、完成。麻子、お皿出してー」

麻子「分かった」

沙織「いただきまーす」

麻子「いただきます」

沙織「うん、美味しい」

麻子「自分で言うことか」

沙織「美味しくないの?」

麻子「う…お、美味しい…」

沙織「良かった」ニコ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:33:50.78 ID:hwhQYzuO0


麻子「……っ//」

沙織「どうしたの?」

麻子「い、いや、なんでもない。お替わりもらえるか」

沙織「え、麻子がそんなに食べるなんて珍しいね」

麻子「お、美味しいからな」

沙織「食べ過ぎてお腹壊さないでね」

麻子「ああ」

 ・
 ・
 ・


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:38:42.62 ID:hwhQYzuO0


麻子「ごちそうさま」

沙織「お粗末様でした」

沙織「えへへ、私も料理上手になったでしょ?」

沙織「これでいつ彼氏が出来ても大丈夫だよね!」

麻子「出来ればな」

沙織「ひどーい! 絶対出来るもん!」

麻子「しかし、こうして優勝したのに、一向に出来る気配がないじゃないか」

沙織「それは……ここ女子校だし、出会いがないの! 出会いが!」

麻子「なら諦めろ」

沙織「ちょっとそれ酷い!」

麻子「そんなに彼氏が欲しいのか?」

沙織「だって2人でいちゃいちゃしたり、あーんてしたり憧れるじゃん!」

麻子「分からんな」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:43:22.76 ID:hwhQYzuO0


沙織「麻子が興味なさすぎなだけだよ」

麻子「事実興味がない」

沙織「はぁ……それでも女の子かっての」

麻子「女だが?」

沙織「はいはい……」

沙織「それじゃ、私は後片付けするから」

麻子「手伝おう」

沙織「お願い」

沙織「麻子ーお皿拭いて」

麻子「分かった」フキフキ

麻子「……」ウトウト

沙織「麻子?」

麻子「は……だ、大丈夫だ、寝てない」フキフキ


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:47:24.76 ID:hwhQYzuO0


沙織「先に休んでていいよ。今日はいろいろありすぎて疲れたでしょ?」

麻子「だが……」

沙織「落として怪我でもしたら大変だから」

麻子「分かった。後は頼む」

沙織「すぐ戻るよ」

麻子「……待ってる」

麻子(眠い…疲れた……)ヘタ

麻子(だが……沙織を……)ウトウト

麻子(寝るなぁ……)ペチペチ

沙織「お待たせー」

麻子「……おかえり…」ウトウト

沙織「麻子……待っててくれたんだ」

麻子「ああ…」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:51:37.41 ID:hwhQYzuO0


沙織「ほら、おいで」

麻子「しかし、沙織のベッドだから……」

沙織「今更そんなこと気にする間でもないじゃん」

麻子「分かった……」ポフ

麻子(沙織と一緒に寝るのなんていつ振りだろうな…)

沙織「ほら、もっとこっちおいで」グイ

麻子「ん……お休み」

沙織「はいお休み」

麻子(沙織の匂い……落ち着く)

 ・
 ・
 ・


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 00:56:15.46 ID:hwhQYzuO0


沙織「…んぅ……ふぁ…」

沙織「朝……」

麻子「すぅ……」Zzz

沙織「休みだし、起こさないであげよう」ソッ

沙織「さて、朝ご飯でも作りますか」

沙織「ごちそうさま」

麻子「ん……すぅ…」Zzz

沙織「しっかし、麻子ったら全然起きる気配がないなぁ……」

沙織「まぁ、休みだしいっか。さて、着替えて食器片付けよう」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:00:30.67 ID:hwhQYzuO0


沙織「そろそろ10時かあ」

沙織「……いい加減起こそうかな」

沙織「ほら、麻子起きて。朝だよ」ユサユサ

麻子「んー……」Zzz

沙織「起きなさい」バサ

麻子「んぁ……なんだ沙織……今日は休みだから…」

沙織「もう10時なるから」

麻子「もうちょっとだけ……」

沙織「だーめ。そのかき集めてる布団干したいから」

麻子「やー……」

沙織「やじゃない。それに、今干しておけば夜に気持ちよく寝られるよ」

麻子「……わかった。起きる」モソモソ


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:04:53.89 ID:hwhQYzuO0


沙織「朝ご飯は?」

麻子「いい」

沙織「そう。なら顔洗って歯を磨いて、シャキッとする」

麻子「行ってくる」ポー

沙織「まったく、朝は私が居ないと何も出来ないんだから」

麻子「おはよう沙織」

沙織「おはよ。目、覚めた?」

麻子「ああ」

沙織「じゃあ着替えて……そうか、着替え持ってきてないもんね」

麻子「制服ならあるぞ」

沙織「シャツを洗濯して今乾かしてるとこ」

麻子「そうか…」

沙織「まぁそのままでもいいよね。別に誰か来るわけでも――」

麻子「昨日約束しただろ」

沙織「あ、そういえば」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:10:18.86 ID:hwhQYzuO0


 ピンポーン

麻子「来たみたいだな」

沙織「だね。ちょっと待ってて」

沙織「はーい」

 ガチャ

優花里「こんにちはー」

みほ「こんにちは、沙織さん」

華「こんにちは」

沙織「い、いらっしゃい」

沙織「ちょ、ちょっと待っててね」サッ

沙織「麻子! どうしよう……やっぱり断る?」

麻子「いや、もしかしたら戻ってるかも知れない」

麻子「確かめるには、どのみち沙織以外の誰かに会わないといけないから」

麻子「ダメだったらまた猫の振りでもしている」

沙織「分かった」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:16:04.37 ID:hwhQYzuO0


沙織「みんな、お待たせ。どうぞ上がって」

優花里「はい、お邪魔します」

みほ「お邪魔します」

華「お邪魔致します」

麻子「……」ドキドキ

沙織「……」ドキドキ

3人「可愛いぃ!」

麻子「……」ズーン

沙織「あはは……」

優花里「おいでー」

みほ「マリーちゃーん」

華「うふふ」

麻子「にゃ、にゃあ……」

沙織「ぷはっ! くくく……あははは」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:19:41.73 ID:hwhQYzuO0


みほ「ど、どうしたの沙織さん」

沙織「う、ううん、何でもない……くは」

麻子(みんなが帰ったら覚えておけ……)

優花里「触りたいですけど……引っ掻かれたりしないでしょうか」

沙織「それは大丈夫、その子引っ掻いたりはしないから」

華「でも、昨日触られるのは苦手と…」

沙織「大丈夫だよ。みんなにはもう慣れてるはず」ニヤニヤ

麻子「沙織!」

優花里「そうですか、なら……」

みほ「私も」

華「わ、私もいいでしょうか」ワクワク

麻子「ちょ、ちょっと落ち着いてくれ……」

優花里「あぁ~癒やされます」ナデナデ

麻子「おい……あんまり撫で回すな///」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:23:33.29 ID:hwhQYzuO0


華「可愛いです」ワシャワシャ

みほ「いいなぁ、私も猫飼いたい」ナデナデ

麻子「こらぁ!」グシグシ

優花里「そういえば武部殿」

沙織「なに?」

優花里「さっきから気になってたんですけど、なんでパジャマなんですか?」

沙織「え?」

麻子「え?」

みほ「それ、私も気になってた」

華「可愛いですけどねぇ」

優花里「さっきから可愛いしか言ってないですよ五十鈴殿」

華「本当のことですもの」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:28:08.08 ID:hwhQYzuO0


みほ「私、猫にとって服は邪魔なだけって聞いたことがあるなぁ」

優花里「あ、それ私もです」

華「私も」

麻子「沙織、まずい空気だぞ…・・」

沙織「そ、それはほら……この子の飼い主の趣味っていうか」

優花里「それなら、武部殿の所にいる間だけでも」

みほ「自由にさせてあげようよ」

華「お願い致しますわ!」

沙織「えっと、あの……」

麻子「私は脱がないからな」

沙織「だよねー……」

沙織「こ、この子は服着るの好きみたい……だし?」

優花里「そんなのは人間のエゴですよ!」

みほ「うんうん」

沙織「麻子ぉ~……」ウルウル


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:32:20.37 ID:hwhQYzuO0


麻子「断る」

沙織「うぅ…」

沙織「……」グッ

沙織「え? なになに? 私はこのお洋服気に入ってるよ……だって」

優花里「え……」

みほ「……」

華「……」

麻子「……」

沙織「……///」カァ

沙織「ちょっと来て」グイ

麻子「うわっ…」ズルズル

沙織「わ、私、絶対に痛い子って思われたじゃん!」

麻子「なんというか……ご愁傷様」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:37:09.37 ID:hwhQYzuO0


沙織「脱いで」

麻子「な、なんでそうなる!」

沙織「さすがに痛い子キャラはやだ」

麻子「私だって、脱ぐのは……」

沙織「ならもう面倒見てあげない」

麻子「なっ……それは卑怯だ」

沙織「私だって今後の高校生活かかってるし」

麻子「うぐ…」

沙織「みんなといつもお風呂入ってるんだから、そんなに気にしなくても」

麻子「しかしだな……風呂と部屋とでは全然…」

沙織「それに猫にしか見えてないからさ」

沙織「ね?」

麻子「うぅ……分かった」ヌギヌギ



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:41:47.16 ID:hwhQYzuO0


優花里「あ、武部殿! すみません無理強いして」

みほ「嫌なら別にそのままでも……」

沙織「ごめんごめん、さっきの冗談だって」テヘ

華「そ、そうだったんですか」

沙織「さすがに本気であの発言はしないって」

優花里「それでマリーちゃんは……」

麻子(この程度の恥……沙織に見放されるよりは……///)

みほ「脱がしたんだ」

沙織「う、うん…まぁ」

麻子(やっぱり恥ずかしいものは恥ずかしい)フルフル

麻子(裸で四つん這いなんて、人としてやってはいけないことだろ…)

沙織「……ごめんね麻子」ヒソヒソ

みほ「あ、あのね、マリーちゃんと遊ぼうと思っていろいろ玩具持ってきたんだ」

優花里「猫じゃらしとか、ボールとか」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:45:09.24 ID:hwhQYzuO0


沙織「そ、そうなんだ」

優花里「ほらほら~……」ワサワサ

麻子(猫としては何かしらしてやるべきなんだろうが……何かを失う気がする)

みほ「反応しないね、猫じゃらしに」

麻子(しかし怪しまれるのもな……)

華「もっと大きく振ってみたらどうですか?」

優花里「こうですか?」フリフリ

麻子(仕方ない……)チョン

優花里「おっ」

みほ「華さんすごい」

華「いえ、なんとなく言ってみただけなんですけど」

麻子(……)バシッシュバッ

麻子(……何が面白いんだ?)


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:49:34.19 ID:hwhQYzuO0


みほ「可愛い…」ホワン

麻子(……飽きた)ピタ

みほ「あ…」シュン

華「次はボールですね」コロコロ

麻子(今度はなんだ……取ってくるあれか。まったく猫だと思って好き勝手……)クル

沙織「あっ///」

麻子(はっ!)ピタ

麻子(今……この格好で後ろを見せたら……あそこ…丸み…え////)カアァ

麻子「み、見るなぁ!!///」サッ

みほ「あれ?」

華「どうしたんでしょうか?」

優花里「さあ?」

麻子(くっ……動けない…////)

麻子(今更恥ずかしくなってきた…///)


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:54:27.50 ID:hwhQYzuO0


優花里「具合でも悪いのかな?」ナデナデ

麻子「な…なにをする!」ビク

麻子(せ、背中を撫でるなぁ……///)

麻子「沙織、助けてくれ!」フルフル

沙織「……あれ」ドキドキ

みほ「優花里さん、私にもやらせて」

優花里「どうぞ」

みほ「あぅ~可愛いよぉ」ナデナデ

麻子「ま、待て!」

麻子(手を動かしたら見えてしまうし……2人に囲まれて逃げられない…)

沙織「……」

麻子(沙織も当てにならない……)

華「私にも撫でさせてください」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 01:58:00.84 ID:hwhQYzuO0


みほ「いいよ」

華「うふふ」スッ

麻子「えっ」コロン

麻子(ど、どうして私は仰向けに……)サーッ

麻子「ま、待て、華! それは本当にまずい」

華「どうですかぁ?」ナデナデ

沙織「……」ギリ

麻子「あっ……ちょっ…やめろ//」

優花里「犬じゃないんですからお腹は」

華「ダメでしょうか?」

みほ「ダメっていうか嫌がってるみたいだし」

華「あ……すみません」シュン

麻子「はぁ…はぁ…//」クター


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:02:40.59 ID:hwhQYzuO0


優花里「そろそろお昼ですね」

みほ「みんなでどこか食べに行こうか」

華「いいですわね」

沙織「……」

みほ「沙織さん?」

沙織「えっ…あ、なに?」

華「一緒にお昼ご飯食べに行きませんか?」

沙織「そ、そうだな~」

麻子「……行ってくればいい」

沙織「わ、私は遠慮しとくよ。この子の面倒見なきゃいけないし」

麻子「沙織……」

優花里「そうですか……」

みほ「慣れないところに置いていくと可哀想だもんね」

華「それではこれを」ゴソゴソ


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:06:20.02 ID:hwhQYzuO0


沙織「これは……」

麻子「……」

優花里「首輪です。昨日してなかったみたいなので」

みほ「お友達の猫って言ってたからどうかとは思ったけど」

華「つい、可愛くて」

沙織「あ、ありがとう」

優花里「では、私達はこれで」

みほ「お邪魔しました」

華「失礼致します」

沙織「うん、またねー」

麻子「……はぁ」ホッ

沙織「大丈夫?」

麻子「……とりあえずは」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:10:58.37 ID:hwhQYzuO0


沙織「麻子なんか汗かいてない?」

麻子「そ、そりゃあんなに撫で回されれば……」

沙織「だよねー……」

麻子「じゃあ私は服を着てくる」

沙織「待って!」

麻子「なんだ? その……これでも恥ずかしいんだが」

沙織「これどうしよう」

麻子「みんなには悪いが、その辺に置いておけ」

沙織「じゃなくて、その……付けてみない?」

麻子「……なに?」

沙織「あのね、麻子なら似合うかなって」

麻子「断る! 何で私がそんなこと……」

麻子「だいたい、首輪が似合ってたまるか」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:15:35.37 ID:hwhQYzuO0


沙織「そこをなんとか」

麻子「……理由を言え」

沙織「言ったらしてくれる?」

麻子「考えてやる」

沙織「……分かった」

沙織「わ、私…麻子のこと好きかも知れない」

麻子「えっ////」ドキ

沙織「ごめん、私変なこと言ってるよね……」

沙織「いつも彼氏彼氏言ってるのに……」

沙織「麻子のこと好きだなんて……」

麻子「っ……おかしくなんてない」

沙織「麻子……引かないの?」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:19:25.74 ID:hwhQYzuO0


麻子「引くわけないだろう」

麻子「だって、わ、私も沙織が好きだったから。ずっと前から……///」

沙織「麻子……麻子!」ダキ

麻子「お、おい///」

 カチャカチャ

麻子「……」

沙織「やった」

麻子「……世の中には、していいことと悪いことがあるぞ」

麻子「外してくれ」

沙織「えー似合ってるのに」

麻子「嬉しくない」

沙織「せっかく両想いなのに?///」

麻子「……そっちは嬉しい//」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:25:18.59 ID:hwhQYzuO0


沙織「なら」

麻子「それとこれとは話が――」

麻子(いや……まてよ。これは沙織の遊びに付き合う体で甘えられる)

麻子(いつもなら恥ずかしくて出来るわけがないが)

麻子(今日の痴態を考えれば、これ以上なにを失うというのか……)

沙織「麻子?」

麻子「きょ、今日だけならこのままでいてやる///」プイ

沙織「麻子ぉ!」ギュウ

麻子「く、苦しいから……//」

沙織「あ、ごめん」パッ

麻子「ん」スリスリ

沙織「ま、まま麻子?///」ドキ


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:31:01.38 ID:hwhQYzuO0


麻子「わ、私は猫なんだろ?」

沙織「もう、しょうがないなぁ」ナデナデ

麻子「……にゃん」ギュ

沙織「ふふっ…ごめん…やっぱそれは」プルプル

麻子「なっ…そ、そういえばさっきも笑ってくれたな!」

沙織「だって…麻子がにゃんって」プルプル

麻子「もういい! 服着てくる」

沙織「ああ待って! ごめんってもう笑わないから」

麻子「まったく……」ポフ

沙織「そう言っても寄りかかってはくるんだ」

麻子「うるさい///」

 グウゥ~

麻子「あっ///」

沙織「あはは、そういえば麻子は朝も食べてなかったしね」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:36:25.09 ID:hwhQYzuO0


沙織「お昼にしよっか」スッ

麻子「あ……」ギュ

沙織「ちょっ……袖掴まない。どこにも行かないから」

沙織「急に甘えんぼさんになった?」

麻子「……」

麻子「……べつに」

沙織「一緒に作ろう」

麻子「服着てくる」

沙織「あ、待って」

麻子「……これは?」

沙織「首輪つき裸エプロン」

麻子「こ、ここんな格好……///」カァ


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:41:09.86 ID:hwhQYzuO0


麻子「こ、ここんな格好……///」カァ

沙織「可愛いよ?」

麻子「うっ……こんなの、沙織の前でしかやらないからな///」

沙織「えっ//」

沙織「う、うん…ありがと///」カァ

麻子(一矢報いたり)

 ・
 ・
 ・

沙織「ご馳走さまー」

麻子「ご馳走様」

沙織「このあとどうする?」

麻子「私は沙織と居られれば」

沙織「な、なんか妙に素直だね///」

麻子「今までは自分の気持ちを隠してきたからな」

麻子「今日くらいは//」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:45:09.89 ID:hwhQYzuO0


沙織「私ね、謝らなきゃいけないことがあるんだ」

麻子「え…」

沙織「実は……さ」

沙織「さっき勢いで告白しちゃったけど、まだこの気持ちがなんなのか分からないの」

麻子「どういう……」

沙織「そのまま」

沙織「みんなが麻子を撫でてたときはすごく嫌だった」

沙織「麻子を好き勝手されるのがすごいむかついた……」

沙織「麻子に好きって言われたときすごい嬉しかった……」

麻子「……」

沙織「麻子、これって好きなのかな?」

麻子「私は……そうであってほしい」

沙織「そう、だよね……人の気持ちなんて分からないよね」

麻子「……すまない」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:49:59.50 ID:hwhQYzuO0


沙織「私、ずっと格好いい王子様みたいな人に告白されるのに憧れてたけど」

沙織「自分から誰かを好きになるなんて考えてなかった」

沙織「もし好きになっても、それは男の子なんだろうなって思ってた」

沙織「だから……正直、混乱してる」

麻子「私は好きだ」

沙織「麻子…」

麻子「沙織からどう思われようと、私は沙織が好きだ!」

沙織「……」

麻子「……」

沙織「っ……うん。今分かった」グス

麻子「沙織?」

沙織「私も、麻子が好きだよ」

麻子「……」

沙織「だって、麻子に好きって言われるの、泣いちゃうくらい嬉しいんだもん」ポロポロ


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 02:54:34.46 ID:hwhQYzuO0


麻子「沙織……!」ギュウ

沙織「麻子……」ギュ

麻子「……くしゅんっ」

沙織「だ、大丈夫? 寒かった?」

麻子「さすがにそろそろきつい」フルフル

麻子「服着てくる」

沙織「あ、うん」

麻子「お待たせ」

沙織「首輪……外したんだ」

麻子「なにかまずかったか?」

沙織「ううん、似合ってたのになぁって」

麻子「それだけのために付けさせたのか」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 03:00:37.59 ID:hwhQYzuO0


沙織「ち、違う違う! まぁ、最初はそうだったけどさ」

沙織「なんていうか……自分の気持ちも分からないのに告白して、受け入れて貰って」

沙織「怖かったっていうか、空気壊して自分をごまかしたかった」

沙織「それに、首輪付けてる麻子は素直だったし、ずっと私に甘えてくれるのかなって」

麻子「…首輪なんてなくても私は甘えるぞ?」

沙織「え?」

麻子「なんかもう色々と吹っ切れた」

麻子「せ、せっかくその……恋人同士になれたんだ」ギュウ

沙織「うん」ギュ


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 03:07:00.97 ID:hwhQYzuO0


麻子「沙織……」ペロ

沙織「ひゃっ////」ドキ

麻子「ん……」スンスン

沙織「そ、それは吹っ切れすぎじゃ…」

麻子「問題ない」スリスリ

麻子「猫設定は生きてるから」

沙織「むっ……」

沙織「なら首輪もして」

麻子「分かった。今日の私に羞恥心などもうない」

沙織「確かにあれだけすればねぇ……」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 03:13:07.78 ID:hwhQYzuO0


麻子「これでいいか?」

沙織「……服まで脱ぐ必要なかったのに」

麻子「猫だから」

沙織「麻子、もしかしてはまった?」

麻子「……うるさい//」

沙織「そっかぁ、麻子は猫さんだもんね」

沙織「おいでー」

麻子「にゃ、にゃあ//」ノソノソ

麻子「……」スリスリ


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 03:19:12.01 ID:hwhQYzuO0


沙織「くっ……」プルプル

麻子「……」ガブッ

沙織「痛ったぁ! ごめん麻子、笑わないから! 手噛まないで!」

麻子「まったく……」ペロペロ

沙織「ごめんたっら」ナデナデ

麻子「ん」ペロペロ

沙織「だ、大丈夫、もう痛くないから///」

麻子「……」ペロペロ


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 03:25:12.91 ID:hwhQYzuO0


沙織「……麻子、それ楽しい?」

麻子「別に、なんとなくつい」ペロペロ

沙織「そう、まぁ悪い気はしないけど」

 ・
 ・
 ・

沙織「かぶれた……」カリカリ

麻子「いや、その…すまん」

沙織「それはいいんだけどね……まさかこれで夜になるとは」

麻子「すまん……」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 05:29:06.04 ID:hwhQYzuO0


沙織「さて、は夕飯作るから、大人しく待っててねー」ナデナデ

麻子「沙織が居ないと寒い」

沙織「じゃあ布団にくるまってなさい」

麻子「分かった」

麻子「……」ポフ

麻子(沙織の匂いだ……)

麻子「はぁ…」

麻子(やっぱり落ち着くな)

麻子(……)

麻子(今、私裸で沙織のベッドにいるんだな…)ドキドキ

麻子(まずい、変な気持ちになってきた)

麻子(落ち着け……し、深呼吸だ)


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 05:39:26.88 ID:hwhQYzuO0


麻子「すぅ……はぁ……」

麻子(沙織の匂いだ……)

麻子(そして逆効果だった……)

麻子(……)ドキドキ

麻子(ちょっとくらいなら……)

沙織「麻子ー。出来たよー」ペラ

麻子「ぬわっ! きゅ、急にめくるな!」バクバク

沙織「え? ごめん」

麻子「いや、私こそすまん」

沙織「まあいいや。ご飯出来たよ」

麻子「ありがと」

沙織「あ~ん…」

麻子「あ、あ~ん」パク


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 05:47:36.21 ID:hwhQYzuO0


沙織「どう?」

麻子「美味しい」

沙織「次私ね、あ~ん」

麻子「あ~ん」

沙織「あむっ//」パク

沙織「うん、我ながら美味しい」

 ・
 ・
 ・

沙織「さて、食器も洗い終わったし、お風呂入ろっ」

麻子「わかった」

 チャポン…

沙織「麻子、洗いっこしよ」

麻子「にゃあ」コクン

沙織「…突然思い出したように猫化するね」


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 05:56:05.92 ID:hwhQYzuO0


沙織「夕飯の時は普通だったのに」

麻子「沙織は普通の方がいいのか?」

沙織「私? 私はどっちの麻子も可愛いと思うよ」

麻子「にゃ」

沙織「やっぱ気に入ってるんだ」

麻子「…なんのことだろうか」

沙織「ふふっまぁいいや。髪洗うよ」

麻子「ん//」

沙織「昨日も言った気がするけど、髪質いいよね」ワシャワシャ

麻子「そうか?」

沙織「そうだって」シャコシャコ

沙織「あ、これから他の人に髪触らせるの禁止ね」


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 06:05:09.61 ID:hwhQYzuO0


麻子「……沙織って束縛するほうだったのか」

沙織「そ、束縛じゃないもん……ただ、なんというか私だけの宝物って感じ?」

麻子「世間じゃそれを束縛という」

沙織「え……私って面倒な女ってこと?」

麻子「どうしてそうなる」

沙織「だって、雑誌に束縛しすぎる彼女は面倒って……」

麻子「いや、髪なんて人にほいほいと触らせるものじゃないし、それくらいなら」

沙織「ほんと!?」

麻子「本当だ。そういうのはメールを強制したり、他人との付き合いに口を出したりする女だろう」

沙織「そっか、なら大丈夫だよ。私、麻子のこと信じてるから」

麻子「…///そうか///」

沙織「流すよー」ジャー


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 06:15:49.49 ID:hwhQYzuO0


麻子「次は私が洗う」

沙織「お願いします」

沙織「逆にさ、麻子は私にこうして欲しいとかある?」

麻子「そうだな……ずっと一緒に居て欲しい」ワシャワシャ

沙織「なっ///よくそんな恥ずかしいセリフを」

麻子「それから、朝はもう少し寝かせてくれ」

沙織「それはダメ。麻子のためなんだからね。それに、麻子ったらいつまでも寝ようとするじゃん」

麻子「うぅ……じゃあ猫の時は飼い主っぽく」ワシャワシャ

沙織「そ、それはそれでレベル高い…」

沙織「この短時間でよくそこまで極めたよ……」

麻子「流すぞ」ジャァァ

沙織「ふぅ~……」

麻子「やはり2人では狭いな」


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 06:23:49.18 ID:hwhQYzuO0


沙織「いいじゃん。密着できるし」

麻子「……変態」

沙織「ま、麻子がそれを言うの!?」

麻子「……やっぱり変態か? 私…」」

沙織「まぁ……世間から見ればそうなるのかな」

麻子「沙織は嫌?」

沙織「全然」

麻子「にゃぁ~」ギュウ

沙織「はいはい」ナデナデ

麻子「ふにゃ」ペロペロ

沙織「人前でそういうことをしなければ……」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 06:31:52.68 ID:hwhQYzuO0


麻子「で、出来るわけないだろ! 沙織にだけだ!!」

沙織「ちょっと安心した」

麻子「ふんっ」ツン

沙織「ごめんって、すごく嬉しかった」

麻子「にゃあ」ニコ

沙織「ほ、ほら、もう上がるよ。のぼせちゃう//」

麻子「にゃ」

沙織「麻子、さすがにパジャマ着たほうがいいって」

麻子「問題ない」

沙織「湯冷めするから」

麻子「ならベッドにいる」ポフ

沙織「仕方ない、私も」ポフ


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 06:38:03.86 ID:hwhQYzuO0


麻子「ん//」コシコシ

沙織「なんか今までの麻子じゃ考えられないね」ナデナデ

麻子「自分でもそう思う」スリスリ

沙織「ねぇ麻子」

麻子「ん?」

沙織「なにもしなくても、一緒にぼーっとしてるだけで幸せってあるんだね」

麻子「ほんとにな」

沙織「そろそろ寝ようか」

麻子「ああ」

沙織「結局、一日中その格好だったね」

麻子「そうなるな」


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 06:46:04.02 ID:hwhQYzuO0


沙織「というより、寝るときくらいパジャマ着たら?」

麻子「いい」

沙織「飼い主命令」

麻子「猫は気まぐれ」

沙織「こらこら」

麻子「……」ギュッ

沙織「はぁ……寒くない?」

麻子「大丈夫」

沙織「そう、お休み」

麻子「……お休み」

沙織「……」ギュウ


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 06:56:34.09 ID:hwhQYzuO0


沙織「麻子……」スッ

麻子「あっ…さ、沙織?///」

沙織「ま、麻子のせいだよ」サス

麻子「んっ……ちょ…待って…」

沙織「麻子がずっと裸なのが悪いの。ベッドでまで裸なんだから、そのつもりだったんでしょ?」

麻子「い、いや…その……別に私は///」

沙織「猫はこれでも舐めてなさい」ユビ

麻子「……ん」ペロ

麻子「ん……っ…ぁ…」


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:02:35.38 ID:hwhQYzuO0


沙織「麻子だってこんなにしちゃってるじゃん」サス

麻子「んぁっ…う…んっ……」ペロペロ

沙織「すごい濡れてるよ? 麻子も意識してたんだよね?」クチュ

麻子「ぁあっ…だって、沙織の…匂いがぁ…っ」ピクン

沙織「匂いって…ホントに猫ちゃんになっちゃったの?」スリスリ

麻子「んぅ……ふっ…ん…」フルフル

沙織「声出しちゃってもいいよ」

麻子「はぅん…んっ……あ…」

沙織「なら一緒に、ね?」

麻子「はぁ……はぁ」コクン


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:08:58.24 ID:hwhQYzuO0


沙織「えっと、こうかな……?」

麻子「わ、私だって初めてなんだ…///」

沙織「ふふっ麻子の初めてもらっちゃうね///」ピト

麻子「あ……//」

沙織「と、とりあず動いてみるよ?」クチュ

麻子「んっ……あ…っ…」

沙織「ど、どう…っんぁ……っ」ピクン

麻子「んっ……ふぁっ……いい、かも…」

沙織「じゃあ…続けるっ…ぁっ……よ?」

麻子「ぁあっ…んぅ…っ…んぁあっ」ビク

沙織「ひぁぅっ……ぁっああ……んっ」

麻子「沙織ぃ……私…っぁああ…んぁあっ…っ!」


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:15:33.58 ID:hwhQYzuO0


沙織「私っ……私も…っ…いっ! あっぁああっ…んんんっぁっ!」ビクビク

麻子「あっくっ…ぁああっ……っ…っ! …っあ…ぁああんっ」ビクン

沙織「っはぁ……はぁ…」

麻子「はぁ……っ…はぁっ…」

沙織「これで、ほんとに恋人同士だね」

麻子「沙織……」ギュ

沙織「ほんと甘えんぼさんになっちゃって」ナデナデ

麻子「くぅ……すぅ……」Zzz

沙織「寝るの早っ……片付けは……いっか、明日で」

沙織「私も寝よう、お休み麻子」


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:23:43.19 ID:hwhQYzuO0


 ピンポーン

沙織「ん……誰だろ……こんな朝から…」

麻子「ふあぁ~……誰か来たのか?」ポー

沙織「みたい……んぅ…あれ、もう11時か……」

麻子「出ないのか~……」

沙織「今出る……」

麻子「服、着ていけよ…」

沙織「あ、ああ、そうだね」

沙織「これでよし……」

麻子「……やっぱり私も行く」

沙織「何? 玄関行くだけなのに寂しいの?」ニヤニヤ

麻子「そ、そんなことはない//」

沙織「いいけど、猫の振りね」

麻子「分かってる」スリスリ

沙織「歩きにくい……」


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:30:43.75 ID:hwhQYzuO0


沙織「どちら様ですかー?」

みほ「あ、沙織さん? 西住みほです」

沙織「みぽりん? どうしたの?」ガチャ

みほ「それが、麻子さんと連絡がつかなくて」

みほ「優花里さんに見に行ってもらったんだ……けど…」

麻子「……」コシコシ

みほ「誰も出てこないみたいで……えっと…具合悪いって聞いてたから心配で…」

沙織「だ、大丈夫だよ」

みほ「う、うん。そうみたいだね……」

沙織「みたい?」

麻子「っ…」ギク

みほ「な、なんでもないよ!」

優花里「西住殿ー! やっぱり冷泉殿はいらっしゃらないみ…たい……でした」


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:30:47.83 ID:3V37mT5ZI


お約束だなw


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:38:47.86 ID:hwhQYzuO0


みほ「そ、そんなことないんじゃないかなー」

優花里「えっ? あ、やっぱり具合悪いのに接客とか出来ませんしね。あはは…」

みほ「も、もう一回見てこようかー」

優花里「そうですねー」

みほ「そ、それじゃ、沙織さんまたね」ダッ

優花里「あっ! ずるいですよ! で、では」シュタッ

沙織「……変なみぽりんとゆかりん」

麻子「……」サーッ

沙織「ふぁ~眠い……麻子、今日はお昼くらいまでもう少し寝よう?」

麻子「いい」

沙織「え?」

麻子「絶対バレた」

沙織「やだもーバレてたら今頃大変だよ」

麻子「お前は寝ぼけて気づいてないだけだ!」


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:45:13.30 ID:hwhQYzuO0


沙織「麻子に寝ぼけてるなんて言われるのは心外だなぁ」

麻子「完全に目が合った……絶対気づいてた」

沙織「考えすぎだって」

麻子「……沙織」

沙織「んー?」

麻子「もう私には沙織しかいない」ギュウ

沙織「あはは、そんな大げさな」

麻子「そういうわけだから一生よろしく」

沙織「だ、だからそういう恥ずかしいことをサラッと言わない///」

優花里「置いてくなんて酷いじゃないですか~」

みほ「ご、ごめんなさい、つい」


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:51:56.32 ID:hwhQYzuO0


優花里「それにしてもお2人があんな関係だったとは」

みほ「首輪してたね///」

優花里「レベル高すぎますよぉ///」

みほ「優花里さんもしてみたい?」

優花里「わ、私はそんな……//」

みほ「ウッドランド柄で」

優花里「……//」

みほ「リード付き」

優花里「あうぅ///」

みほ「絶対可愛い!」

みほ「うん、早速買いに行こう!」グイ

優花里「ちょっ西住殿! 引っ張らないでくださいよ~」

華「あら? ペットグッズ店にお2人が……」

華「ふふっ」ニコ

 おわり


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 07:55:16.03 ID:hwhQYzuO0


保守してくれた人ありがとう

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。