おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「あちゃー。加奈はメモ帳より身体に覚えさせられる方が好きだったかー」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 14:38:50.78 :KbIpHkFs0


今日はプロデューサーとお仕事に来ていました。

卯月ちゃんと一緒に、アイドル運動会の収録です。

ブルマの体操服に身を包んで、一生懸命に走ります。

まひろーに鍛えてもらいましたから、簡単には負けません!

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 14:40:35.31 :KbIpHkFs0


ただ、頑張りすぎると疲れちゃいます。

そこでプロデューサーが、差し入れにドリンクを持ってきてくれました!

さすがですね! 気が利くぅ!

そのあと、収録を終えて二人で楽屋に移動です。





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 14:54:58.73 :KbIpHkFs0


……と思ったら、いつのまにか男子トイレの個室に、プロデューサーと二人きりになっていました。

気が付けば身体が燃えるように熱くて、愛梨ちゃんじゃないですけど、一枚でも脱ぎたくなります。

それより、目の前に立つプロデューサーの事が気がかりです。

彼は、人前では絶対に見せない、妖しい笑いを浮かべていました。



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 15:06:22.19 :KbIpHkFs0


プロデューサーは私の口元に手を添えて、ゆっくり口付けてきます。

私はもちろん抵抗しました。

立ったまま、扉を背にして。

でもプロデューサーは力尽くで、邪魔する腕を押さえつけて、さらに舌を差し込んできました。

抵抗は、少しだけ弱まります。



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 15:16:52.74 :KbIpHkFs0


ゆるやかにキスが終わります。

未だに状況が把握できないでいる担当アイドルを、プロデューサーは、きゅっと抱きしめました。

私は、プロデューサーのいつもとは違う求愛に戸惑いました。

普段は私の部屋や、プロデューサーの家でするのです。

今日の彼は、きっと魔が差しただけのはずでした。



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 15:30:06.85 :KbIpHkFs0


ところが彼は、私が本気で抵抗をしないことを知っているのです。

プロデューサーは、体操服の中に大きな手を滑り込ませて、私の自慢出来ない胸を撫で始めました。

スポーツブラはとっくにずり上げられ、胸を覆うのは愛撫を続ける大きな手だけでした。

もう一つの手は、いい子いい子と、私の頭をさすっています。

なんとか抗議の視線を送ると、プロデューサーは分かってるよといわんばかりにキスに応じました。



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 15:38:24.23 :KbIpHkFs0


この頃には、私は抵抗らしい抵抗を止めていました。

プロデューサーは体操服をまどろっこしそうに捲り上げて、両手で胸をこね回します。

いつもお決まりの、胸が大きくなる運動とやらです。

これをすると大きくできるからと、プロデューサーは毎回するのです。

私は豊胸のためという口実のもと、刺激的なマッサージに身を委ねました。



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 15:45:18.09 :KbIpHkFs0


息があがって、キスが長く続かなくなってきた時。

プロデューサーの温まった手が、ブルマの中に飛び込んできました。

お気に入りのショーツをまさぐって、奥で温い指を動かします。

茂みも有るのか無いのか分からないまま、秘裂にそっと指があてがわれます。

ぺちっと局部がノックされると、主の身体はびくりと反応しました。



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 15:54:41.44 :KbIpHkFs0


彼は噴き出すように笑うと、文句を言う私を黙らせるために、もっと敏感な箇所を見つけ出します。

口を開こうとしたとたん、彼の指が、私の体の中で一番弱い部分を摘み上げました。

文句の代わりに甘えた喘ぎ声が響いて、今度は頑張って閉じないといけなくなります。

クリ○リスをきゅっきゅっと絞るようにいじくりまわして、彼は私の反応を楽しんでいました。



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 16:03:42.30 :KbIpHkFs0


そのうち私は声を我慢するのも辛くなり、キスで口を塞ぎました。

少しも漏れ出さないように、深く、深く。

不意に下半身からの刺激が途絶えました。

すると突然、胸の突起をつままれ、弛緩した唇から恥ずかしい声が漏れ出します。

それが数回続くと、全身の緊張が無理矢理に解き散らされていきました。



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 16:14:42.81 :KbIpHkFs0


口付けが終わると、よだれが結合の解けた私の口元から、たらりと流れました。

それを拭う余裕も気遣いも、お互いにありません。

ブルマも下着も穿かせたまま、彼は少しずつ私に性交の準備を整えさせます。


15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 16:23:52.46 :KbIpHkFs0


脱力したきりの私の片足に、彼の肘を引っかけて、私はいよいよ扉に押し付けられました。

個室に立つ、二人の下半身が近づきます。

溶けるように、あっさりとそれは繋がって、私は小さく、恥ずかしい悲鳴をあげました。

静かに始まった秘密の交わりに、体中が嬉しそうに震えて、一層の快感を求めだします。



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 16:35:36.54 :KbIpHkFs0


プロデューサーは最初、ゆっくりと動きます。

いきなり動くと、私の身体に負担がかかるだろうと、気を遣ってくれているのです。

そうするぐらいなら、きちんと家でしてくれれば。

そんな文句は、頭の中に浮かんだ瞬間、性感の濁流の向こうへ消えていきました。



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 16:46:03.77 :KbIpHkFs0


彼に言いたいことが、それなりにあるはずなのに。

ただ口をついて出るのは甘えた声だけ。

それでも何かを伝えようと、彼の背中に手を回します。

そっと力無く抱きしめれば、彼は腕と腰を倍の力で押し付けてきました。

優しい挿入から一転して激しさを増した動きに、私の立っている足は、とうとう崩れ始めます。

まだ、立とうとしているだけの意識があるのかどうか、分かりませんでした。



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 17:03:06.69 :KbIpHkFs0


がくがくと揺れる足を固定するように、プロデューサーが膝を絡めてきます。

さらに体重がかかると、その倍の快感が全身に染み渡りました。

エサをねだる雛みたいに、彼の唇を啄ばみます。

私の声は彼の口の中に吸い込まれて、代わりにプロデューサーのだ液を啜りました。

口の中はいつまでも、癒着する唾液に満たされて、どれだけ興奮が高まっても二人の唇は離れません。

22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 18:43:21.92 :KbIpHkFs0


空いているほうのプロデューサーの手は、絶えず私の身体を撫で回していました。

背中をねっとりとなぞり、頬に添えては舌を咥え、鎖骨から胸を愛でて。

熱された意識がそっと包まれて、私の身体は限界を迎えました。

びくっと震えた身体が、扉をガタンと叩きます。

他に誰も居ない男子トイレに、無機質な音と、爛れた淫行の象徴が幾度か響き渡りました。

背徳の興奮に、頭の中で性愛の光が点滅して、性器の結合をより満たされたものにします。



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 18:51:48.64 :KbIpHkFs0


プロデューサーはまだ絶頂を迎えてはいませんでした。

私だけひとりのぼりつめて、恥ずかしさと気持ちよさに溺れてしまって。

溢れ、零れていた私のよだれを、彼は舌ですくい取り、そのまま深いキスを続けました。

もはや自分から彼を求め始めていた私は、腰をゆっくり前後させます。

下手なダンスに、プロデューサーは痺れをきらして、力強く身勝手な運動を再開しました。



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 18:55:20.50 :KbIpHkFs0


快感の迷宮に迷い込み、私は二度目の絶頂から脱け出すことは出来ませんでした。

呆れたような目つきでこちらを見つめる瞳に写っていたのは。

涙とよだれでどろどろに汚れた、いやらしいアイドルの顔でした。

なんてはしたない顔をして。

そんな様子を見られたくはなく、彼の胸に顔をうずめます。

彼はすぐに、私の顔を上げさせました。

深い深い口付けと、下半身の結合部から押し寄せる甘い波に私はもう、どうでもよくなってしまいました。



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 19:01:17.70 :KbIpHkFs0


激しく強く、逞しくそそりたつそれを、プロデューサーは私の大事なところに何度も叩きつけます。

この動きは何度も経験がありました。

彼が一番気持ち良い瞬間を迎えるための動きです。

私の下腹部で、熱く弾ける瞬間を迎えるための動きです。

プロデューサーが避妊具を着けていたかどうか、確認する術も余裕もありませんでした。

きっと、着けていたら、がっかりしていたと思います。

プロデューサーにとって一番気持ち良い瞬間は、加奈にとって一番待ち遠しい瞬間でもあるんです。



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 19:07:04.84 :KbIpHkFs0


ぎゅっと腰をくっ付けて、プロデューサーが止まりました。

何度も悲鳴をあげそうになった私の口を、固く塞いだまま。

下半身で大きい拍動が数回、脈打つのが感じられます。

じんわり伝わってくる鼓動と熱が、頭の中を白く白くかき回して。

三度目の絶頂は、今日の記憶へ最も派手に刻み付けられました。



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 19:21:35.25 :KbIpHkFs0


強引に押さえ込まれた身体が、ゆっくりと開放されます。

持ち上げられていた足も下ろされて、私は立つのがやっとでした。

プロデューサーにしがみついて、やっと体勢を立て直せました。

がくがくと震えの収まらない両足の間を、糸を引く液体が零れ落ちます。

粘着質な音をたてて滴る液体は白濁していて、愛液と混じって水音を伴いました。

膣から滴るそれを指ですくうと、ねっとりと粘つき、まるで私達の絡み合いを再現しているようです。

その時にはすでに、彼を叱るより、早く家で続きをねだる事しか頭になかったのでした……。



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 19:28:18.62 :KbIpHkFs0


───。


ちひろ「『ところが、私は息を整える暇も無く2回戦へと誘われ……』」

P「おい」

ちひろ「はい」

P「事務所で何やってんの?」

ちひろ「小説の執筆です」

P「何の」

ちひろ「『彼だけのアイドル・今井加奈 ~私はプロデューサー専用のメモ帳~』」

P「……」

ちひろ「買います? 現品限りですよ」

P「いくらですかね」



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/02(火) 19:31:05.81 :KbIpHkFs0
おしまい
画像ありがとう
加奈ちゃんのSRが待ち遠しいです

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。