おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うんこ「おならです」 肛門「よし通れ」 サシャ「ああっ!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 18:39:02 ID:pHckPHg6
夜 食堂

サシャ「おいしー」モグモグ

ぐぎゅるるる

サシャ(うっ……ちょっとおならがしたくなってきました……)

サシャ(でも、ここでしてしまったら本当に『放屁女』って言われかねませんね……)

サシャ(うーん、すかしっ屁ならバレないでしょうか?)

サシャ(よし!そうと決まれば……)

ブリッ

サシャ「ああっ!」ガタッ

エレン「!?」

ミカサ「?」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 18:44:49 ID:pHckPHg6
シーン

アルミン「……サシャ、どうしたんだい?」

サシャ「あ……あの……」

ミカサ「……!」

サシャ「な……なんでもない」

「なんか臭わねえか?」ヒソヒソ

「誰か漏らしたんじゃねえのか?」ヒソヒソ

サシャ「あ……あ……」ジワッ

「……」ジー

サシャ「あ……ああ……あ――ん……」ボロボロ

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 18:49:21 ID:pHckPHg6
ガタッ

ライナー「おい、サシャ大丈夫か?」

サシャ「あ――ん……あ――ん……」ボロボロ

ライナー「医務室まで行って着替えたほうがいいぞ。一人で行けるか?」

サシャ「うっ……うっ……」コクリ

ライナー「そうか。後始末は俺がやっとくから気にすんな。行ってこい」

サシャ「あ゛……ありがどうござい゛まず……」トボトボ

ライナー「……さて、雑巾持ってこないといかんな」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 18:52:26 ID:pHckPHg6
エレン「ライナー……」

ライナー「何だ?」ゴシゴシ

エレン「俺も手伝おうか?」

ライナー「ああ、よろしく頼む」ゴシゴシ

エレン「おう」ゴシゴシ
7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 18:59:26 ID:pHckPHg6
男子寮

エレン「それにしてもライナーはすごいな」

ライナー「何がだ?」

エレン「あそこで真っ先に名乗り上げたことがだよ。普通できることじゃない」

アルミン「そうだね。少なくとも僕たちには出来なかったことだ」

ライナー「別に大したことじゃないさ。困っている人を見かけたら助けてやるのが人ってものだろ?」

ベルトルト「……」

ライナー「それに人間誰しもやってしまうことはあるものだ。俺も昔の話だが、人前で漏らしてしまったことはある。それも一回じゃないぞ」

ジャン「ははっ、なんだそりゃ」

ワハハハハ

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:02:38 ID:pHckPHg6
女子寮

サシャ「……」ガチャ

クリスタ「あっサシャ、その、大丈夫?」

サシャ「はい……ご迷惑をおかけしました……」

クリスタ「そんな……気にすることないよ。今日はたまたま調子が悪かっただけだよ」

サシャ「ですが……」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:08:25 ID:pHckPHg6
ユミル「おいおい、いつまでもいじけてんじゃねえよ」

サシャ「ユミル……」

ユミル「うっとうしいほど元気なのがお前の取り柄だろうが。お前がそんなどんよりしてたら、こっちまでしけちまうよ」

サシャ「……」

ユミル「ん、どうした?」

サシャ「いえ……まさかユミルがそんなこと言ってくれるとは思わなくて……」

ユミル「はん、見くびるなよ。そんなチンケなことでイジメるようなやつじゃねえよ、私は」

ミカサ「サシャ、気にすることはない」

サシャ「ううっ……ありがとうございます」ポロポロ

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:13:53 ID:pHckPHg6
翌日

サシャ「あっ……」

ライナー「おう、サシャじゃないか」

サシャ「ライナー……その、昨日はありがとうございました」

ライナー「ははっ、気にするな」

サシャ「あの……お礼に何かできることがあれば言ってください。何でもします」

ライナー「んー、特にないな。だからお礼なんてしなくていいぞ」

サシャ「えっ……でも……」
14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:19:06 ID:pHckPHg6
サシャ「……」

ライナー「……それじゃあ」

サシャ「はい、何でしょうか!」

ライナー「もし、今後俺が人前でやってしまったときは後始末を頼もうか」

サシャ「……何ですかそれ?」

ライナー「困ったときはお互い様ってことさ。で、どうなんだ?」

サシャ「……ライナーがそれでいいって言うのなら……」

ライナー「そうかそうか、それじゃあこれからもよろしく頼むぞ」ポンポン

ライナー「じゃあ、これから厩に行かなきゃならんからな」

サシャ「はい、いってらっしゃい」

サシャ「……」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:22:11 ID:pHckPHg6
女子寮

サシャ「はあ……」

クリスタ「どうしたの?具合が悪いの?」
サシャ「いえ、何でもないですよ」

クリスタ「そう」

サシャ「はあ……」

クリスタ「……」

ユミル「おい、はあはあうっせえぞ芋女」

サシャ「ごめんなさい……」

サシャ「はあ……」

ユミル「……」
17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:26:28 ID:pHckPHg6
ミーナ「どうしてそんなにため息ついてるの?」

サシャ「いえ……別に」

ミーナ「もしかして恋の悩みとか?」

サシャ「い、いえ!そういう訳では」

ミーナ「いーえ、絶対そうよ。今のサシャ恋する乙女の顔してるもの!」

ユミル「恋?まさか。こいつに限ってそんなこと……」

サシャ「///」

ユミル「……まじかよ」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:29:42 ID:pHckPHg6
ミーナ「ねえねえ誰なの?私口固いから教えてよ」

サシャ「えっ!」

クリスタ「わ、私も知りたい!」

サシャ「ええっ!」

ユミル「せっかくだから私にも教えろよ」

サシャ「う、ううー……///」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:32:56 ID:pHckPHg6
サシャ「じゃ、じゃあ、誰にも言わないでくださいよ……」

ミーナ「うんうん」キラキラ

クリスタ「まかせて!」キラキラ

ユミル「早く言えよ」ニヤニヤ

サシャ「その……ライナー……です///」

アニ「!」
21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:36:52 ID:pHckPHg6
ミーナ「ほほーう」ニヤニヤ

クリスタ「へえー」ニヤニヤ

ユミル「ふーん」ニヤニヤ

サシャ「///」

ミーナ「ねえ、どんなところが好きなの?」

サシャ「あの、優しいところとか……頼りがいのあるところとか……」テレテレ

クリスタ「確かに、ライナーってみんなから頼りにされているよね」

ユミル「まあな」

アニ「……」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:41:30 ID:pHckPHg6
ユミル「そうだ!明日は格闘訓練だったろ?お前ライナーと組めよ」

サシャ「えっ!?」

ミーナ「そうね、こっちからビシビシアタックしないと成就しないわよ!」

サシャ「え、ええっと……別に成就しなくても……」

ユミル「甘ったれんな。ほら、明日に備えて早く寝やがれ」

サシャ「ううっ……クリスタ……」

クリスタ「明日楽しみだねー」キラキラ

サシャ「……」

アニ「……」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:47:30 ID:pHckPHg6
翌日 格闘訓練

ライナー「ぐおっ!」ドサッ

エレン「よっしゃあ!」

ユミル「おーおー、みっともなく投げられてんなライナーの野郎」

サシャ「受け身とる姿も格好いいですね!」

ユミル「……」

ミーナ「ほら、さっさと行きなよ」

クリスタ「隠れて見守ってるからさ」

サシャ「えっ、ですが今エレンとやっていて……」

ユミル「おら、さっさと玉砕してこい」

サシャ「いやですよ~……」オロオロ

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:51:30 ID:pHckPHg6
アニ「ねえ、ちょっといいかい?」

エレン「どうしたアニ?」

アニ「今、あんたとやりたい気分なんだけどどうかな?」

エレン「ああっ、別に構わないけど」

ライナー「なら、俺は休んどくか」

アニ「あそこでサシャのやつが相手探してるから行ってきたらどうだい?」

ライナー「そうなのか?ならそうしよう」スタスタ


サシャ「!?」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 19:55:42 ID:pHckPHg6
サシャ「ちょっ……どうしましょう!?」オロオロ

ミーナ「じゃあ、私たち三人でやるから」スタスタ

クリスタ「仲良くねー」トコトコ

ユミル「ま、せいぜい頑張れよ」スタスタ

サシャ「はう~……」

ライナー「ようサシャ、空いているなら俺とやらないか?」

サシャ「あっ、はい!よろしくお願いします!」
27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 20:01:05 ID:pHckPHg6
ライナー「じゃあ、まずは俺が暴漢役をやろうか」

サシャ「あっ、はい。よろしくお願いします」

ライナー「行くぞ」ダッ

サシャ(うっ!ライナーが近づいてくる……!)

ライナー「うおおおお!」

サシャ「ひゃあ!」ガシッ

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 20:05:32 ID:pHckPHg6
ライナー「……」

サシャ「……」

ライナー「おい……抱きついてないで早く投げろよ」

サシャ「あっ、ごめんなさい!」パッ

ミーナ「ほーう」ニヤニヤ

クリスタ「ふーん」ニヤニヤ

ユミル「へえー」ニヤニヤ

ライナー「仕方ねえからもう一回行くぞ」

サシャ「あっ、よろしくお願いします!」
ライナー「うおおおお!」ダダダ

サシャ(今度こそ……)

サシャ「てりゃっ!」ガッ

ブワッ ドサッ

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 20:08:51 ID:pHckPHg6
サシャ(!)

ライナー「いてて……なかなかだな」

サシャ「ライナーって……なんか投げやすいですね……」

ライナー「はっ?」

サシャ「すみませんがもう一回投げてもいいでしょうか?」

ライナー「ああ、別に構わんが……」

サシャ「ありがとうございます」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 20:14:17 ID:pHckPHg6
アニ「……ちょっと、何よそ見してるのさ?」

エレン「いや……ライナーのやつエラい投げられてんなって思って」

アニ「何?……本当だね」

エレン「サシャってあんなに力あったっけ?」

アニ「ライナーは飛びやすいからね、きっとサシャでも簡単に投げられるんだろう」

エレン「そうなのか……あの、もうそろそろ首が締まってキツいんだが」ギュー

アニ「ああ、もう降参かい」ギュー

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 20:18:51 ID:pHckPHg6
キース「よし、今から休憩に入る」

サシャ「ごめんなさい……途中から楽しくなってきちゃって……」

ライナー「ああ……いいってことよ」ボロッ

サシャ「あの、もしよければ今から……」

ベルトルト「ライナー、ちょっといいかな?」

ライナー「どうした?」

ベルトルト「ちょっと一緒に来てほしいんだ」

ライナー「わかった。すまんサシャ、話はまた今度聞く」

サシャ「あっ、わかりました……」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 20:22:12 ID:pHckPHg6
……………

サシャ「ライナー、あの……」

ベルトルト「ライナー、ちょっといいかな?」

……………

サシャ「ライナー、一緒に……」

ベルトルト「ライナー、一緒にグループを作ろう」

……………

サシャ「ライナー、ご飯……」

ベルトルト「ライナー、一緒にご飯を食べようか?」

……………

サシャ「ラ……」

ベルトルト「ライナー」

……………
35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 20:55:31 ID:pHckPHg6
ある日の夜

サシャ「はあ……」ドンヨリ

ユミル「おいおい、またため息かよ」

クリスタ「どうしたの?ライナーのこと?」

サシャ「まあ、そんな感じです……」

ミーナ「えー、結構仲良くなってると思うんだけどな」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 20:56:50 ID:pHckPHg6
サシャ「いやあ、ライナーに話しかけようとするとベルトルトが横からもっていくんですよ」

クリスタ「確かに二人っていつも一緒にいるよね」

ミーナ「うん、ベルトルトってよくライナーの後ろで汗かいてる気がする」

ユミル「あいつらホモなんじゃないのか?」

サシャ「えっ……」

クリスタ「ユミル!」

アニ「……」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:01:05 ID:pHckPHg6
サシャ「ライナーって男の人が好きなんでしょうか……?」ジワッ

ミーナ「ちょっ、サシャ泣かないで」

クリスタ「サシャは綺麗だから大丈夫だよ。ほらユミルも何か言って!」

ユミル「そ、そうだぞ。少なくともベルトルトのやつよりは百倍魅力的だ」

サシャ「あ、ありがとうございます……」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:05:00 ID:pHckPHg6
ユミル「そうだ、今度の休みにライナーを誘ってデートしろよ」

サシャ「ええっ!?」

クリスタ「いいねーデート、私も行きたいなあ」

ユミル「おっ、じゃあ私と行くか?」

クリスタ「いいねー」

ミーナ「はいはい、今はサシャのデートの話だから!惚気るのは今度にして」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:08:55 ID:pHckPHg6
サシャ「でも、デートってどこ行けばいいんでしょうか?」

ユミル「そんなもんどっかで適当に飯食えばいいだろ」

ミーナ「男の人はいろんなところを回るよりもそっちの方がいいかもしれないわね」

クリスタ「でも、ご飯だけってのも味気ないんじゃないかな?」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:15:23 ID:dE3jImsI
ユミル「はん、こいつにそんな器用なことできるわけないだろ」

サシャ「いろんなところ……花屋さんはどうでしょうか?ライナーって薔薇がよく似合いそうですし」

ミーナ「……確かに薔薇かもしれないわね」

ユミル「ガチムチ野郎に薔薇か……」

クリスタ「買っても置く場所がないと思うよ……」

サシャ「そうでしょうか……」

アニ(薔薇……)クスッ
42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:19:09 ID:pHckPHg6
ミーナ「まあ今回が初めてなんだし、そんな難しいことしなくていいと思うよ」

ユミル「まだデートが出来るって決まったわけでもないからな」

サシャ「うっ、そうでしたね……」

クリスタ「大丈夫よ、自信持ちなって。それじゃあそろそろ寝ようか」

サシャ「おやすみなさい」

アニ「……」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:23:13 ID:pHckPHg6
翌日

ライナー「……ってことがあったんだ」

ベルトルト「はははっ」

アニ「ベルトルト、ちょっといいかい?」

ベルトルト「アニか、珍しいね」

アニ「そんなことはどうでもいいからさ、話したいことがあるんだ」

ベルトルト「……わかった。ライナーも……」

アニ「私が用があるのはあんただけだよ。ライナーは先に行っときな」

ライナー「ああ、わかった」スタスタ

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:27:27 ID:pHckPHg6
サシャ「あ、あの!」

ライナー「おっサシャか。おはよう」

サシャ「おはようございます。じゃなくって!」

ライナー「どうした?」

サシャ「今度の休日に、一緒にご飯食べに行きませんか!?」

ライナー「えっ?」

サシャ「よ、用事があるのなら別に無理しなくてもいいですよ」

ライナー「いや、大丈夫だ。今度の休日だな。よろしく頼むよ」

サシャ「!は、はい!よろしくお願いします!」

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:34:35 ID:pHckPHg6
ミーナ「どうだった?」

サシャ「ふふーん」ヘラヘラ

クリスタ「どうやらうまくいったみたいだね」

サシャ「おかげさまで」テレテレ

ユミル「で、場所は大丈夫なのか?」

サシャ「それはもう!自慢じゃありませんが、ここらへんのおいしい飲食店は全部まわりましたからね」

ユミル「おー、珍しく頼りになりそうだな」

サシャ「楽しみだなー」ニヤニヤ

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:38:14 ID:pHckPHg6
当日

サシャ「すみませーん、お待たせしました」ゼェゼェ

ライナー「いや、俺も今来たところだ」

サシャ「そ、そうですか。じゃあ、早速ですが案内します」

ライナー「おう、ところで」

サシャ「な、なんでしょうか?」

ライナー「その服似合ってるな」

サシャ「あ、ありがとうございます」テレテレ

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:43:01 ID:pHckPHg6
サシャ「ライナーって食べられないものはありますか?」

ライナー「別にないな。だいたいのものはおいしく食べられるぞ」

サシャ「わかりました。それでは、私が一番オススメのところに行きましょう」

ライナー「ほお、それは楽しみだ」

スッ

サシャ(あれ?今、ベルトルトみたいな人がいた気が……)

ライナー「どうしたんだ?」

サシャ「いえ、何でもないですよ」

サシャ(気のせいですよね……)

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:49:42 ID:pHckPHg6
サシャ「どうですか?」モグモグ

ライナー「これはうまいな……近くにこんないい所があったなんて……」モグモグ

サシャ「ふふっ、満足してもらえたようでよかったです」モグモグ

ライナー「他にも知っていたら教えてくれないか?」モグモグ

サシャ「いいですよ。えっとですね……」モグモグ

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 21:56:07 ID:pHckPHg6
サシャ「ごちそうさまでした」

ライナー「ごちそうさま」

サシャ「じゃあ、お会計は私が払っておきますね」

ライナー「いや、ここは俺に払わせてくれ」

サシャ「ですが、誘ったのは私ですから……」

ライナー「女に全額払わせるのはどうもみっともない気がするからな。頼むよ」

サシャ「うーん……」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:03:03 ID:pHckPHg6
ライナー「といっても、俺もそんなに金を持っているわけじゃないからな。ここは割り勘でどうだ?」

サシャ「うーん……」

ライナー「そのかわり、よければまた誘ってくれないか?そのときに今日の残った分を払ってもらえばいい」

サシャ「それって、またライナーも払うってことじゃないですか」

ライナー「当たり前だろう。友人にただで飯を食わせてもらうつもりはないからな」

サシャ「わかりました。割り勘でいいですよ。そのかわり、もし機会があったらよろしくお願いしますね」

ライナー「ああ」

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:08:34 ID:pHckPHg6
ライナー「今日はありがとうな」スタスタ

サシャ「いえ……」スタスタ

サシャ(……)ホワンホワン

回想

ユミル「おい、飯食い終わったら告っちまえよ」

サシャ「ええっ!?いくらなんでも早すぎないですか!?」

ユミル「善は急げだ。それに、トロトロしてるとどっかの誰かさんに盗られちまうぞ」

サシャ「!わかりました!」

回想終わり

サシャ(勇気を出すのよ……サシャ・ブラウス!)

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:13:06 ID:pHckPHg6
サシャ「ら、ライナー!」

ライナー「ど、どうした?いきなり大声を出して」

サシャ「私、ライナーに言いたいことがあるんです」

ライナー「なんだ?」

サシャ「わ……私、ら、ライナーのことが……」

サシャ「好きなんです!」

ライナー「……」

サシャ「……」

スッ

ベルトルト「……」

サシャ(!?何でベルトルトがここに!?)

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:19:03 ID:pHckPHg6
ライナー「あ……あー……そうなのか」チラッ

ベルトルト「……」チラッ

サシャ(!今、一瞬ライナーがベルトルトを見た……)

ライナー「その……すまん。お前のことは嫌いじゃないんだが……」

サシャ「ライナーって……」ジワッ

ライナー「?」

サシャ「ホモだったんですね……」ウルウル

ライナー「!?」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:22:44 ID:pHckPHg6
ライナー「待て!何か勘違いしていないか!?」

サシャ「いいんです。ある意味区切りがつきました」ポロポロ

ライナー「お、おい!俺の話を聞け!」

サシャ「これからもベルトルトと二人でお幸せに……」ポロポロ

ライナー「!!??」

ベルトルト「!!??」

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:29:16 ID:pHckPHg6
ベルトルト「ちょっ、ちょっと待ってくれ!ライナーはともかく、僕はホモじゃない!」バッ

ライナー「うおっ、いきなり出てくんなよ!しかも、俺はホモじゃない!」

サシャ「じゃあ、何でベルトルトがいつもライナーと一緒にいるんですか……?」

ライナー「そ、それは同じ故郷の友人だから……」

サシャ「それでもくっつきすぎですよ……今日のは明らかに度が超えてますよ……」

ライナー「そ、それは……」

サシャ「ほらー、やっぱり……」

ライナー「だから違うって!」

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:36:21 ID:pHckPHg6
ベルトルト「サシャ、実は昔、ライナーは女の子にひどく騙されたことがあったんだ」

ライナー(ベルトルト……!)

ベルトルト(今は僕の話に合わせてくれ)
ライナー(……わかった)

ライナー「そ、そうなんだ。情けない話だがな、それ以来女と二人っきりになるのが怖くなったんだ」

ベルトルト「だから、ライナーがそういうときになったら、僕が遠くから見てくれるよう頼まれていたんだ」

ライナー「だからな、俺たちはホモじゃない。わかってくれたか?」

サシャ「……」

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:40:12 ID:pHckPHg6
サシャ「……ライナーは、私と二人っきりでいたときも怖かったですか……」

ライナー「……いや、何ともなかった。むしろ、楽しかったぞ」

ベルトルト(ライナー……!)

ライナー(許せベルトルト。ここは嘘をついてはいけないと俺は思うんだ)

サシャ「じゃあ、聞かせてください。私の告白の返事を……」

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:47:54 ID:pHckPHg6
ライナー「……サシャ、お前は綺麗だし、明るいいいやつだ。俺はそういう人は好きだ」

サシャ「……」

ライナー「だが、それでもお前の想いには答えることはできない」

サシャ「!……」

ライナー「俺には、一生をかけてでもやらなければならない使命がある。だから、誰かを好きになるような暇はないんだ……」

ベルトルト「……」

ライナー「だけど、お前のことは信頼しているし、友人……いや、仲間だと思っている。だから、これからも仲良くしてくれると俺はうれしい……」

サシャ「……」

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:53:08 ID:pHckPHg6
サシャ「その使命をやり遂げるのはいつですか……?」

ライナー「……それはわからない。もしかしたら、死んでもできないかもしれない」

ベルトルト「……」

サシャ「……わかりました。真剣に答えてくれてありがとうございます……」

ライナー「あ、ああ……」

サシャ「ライナー、もしその使命をやり遂げて、誰かを好きになる暇ができたのなら、真っ先に私に教えてください」

ライナー「……」

サシャ「そのときにまた、あなたに告白しますから……」

ライナー「……ああ、楽しみにしている」

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 22:57:35 ID:pHckPHg6
サシャ「今日はありがとうございました。すみませんが、一人で帰ってもいいですか?何だか、また泣いちゃいそうで……」

ライナー「ああ、気をつけてな」

サシャ「はい。じゃあ、ライナーもベルトルトもさようなら」トボトボ

ライナー「……サシャ!」

サシャ「……」ピタッ

ライナー「今度の飯、楽しみにしているぞ」

サシャ「!……わかりました。また会いましょう」
65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 23:01:05 ID:pHckPHg6
ベルトルト「ライナー、何でちゃんと振らなかったのかい?」

ライナー「別に嫌いじゃないからな」

ベルトルト「絶対とは言わないけれど、あまり彼女たちと仲良くしない方がいい」

ライナー「大丈夫だ。うまくやるさ」

ベルトルト「結果的に、君自身が悲しむことになってもかい?」

ライナー「……」

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 23:04:20 ID:pHckPHg6
ベルトルト「……はあ、わかったよ。君が決めるなら僕は何も言わない」

ライナー「すまんな」

ベルトルト「確かに、ライナーがいきなりよそよそしくなったら、逆に不自然だからね」

ライナー「そこまでか?」

ベルトルト「ああ、それほどまでに彼女たちは君のことを信頼しているよ」

ライナー「……」

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 23:09:18 ID:pHckPHg6
ベルトルト「そうだ、アニから君に伝言を預かっているよ」

ライナー「アニから?」

ベルトルト「ああ、『あんたはあんたの好きにすればいい』だってさ」

ライナー「……ふん、アニらしいな」

ベルトルト「アニは優しいからね」

ライナー「お前は違うのか?」

ベルトルト「……僕は絶対に故郷に帰らなければならない」

ライナー「……」

ベルトルト「ライナー、君は?」

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 23:16:33 ID:pHckPHg6
ライナー「……ベルトルト」

ベルトルト「……」

ライナー「必ず故郷へ帰ってみせるぞ、俺たちみんなでだ。たとえ、誰かを裏切ることになっても」

ベルトルト「ああ、帰ろう。必ず」

ライナー「……さて、サシャを追いかけるか」

ベルトルト「一人で帰らすんじゃないのかい?」

ライナー「女が一人で泣いて歩いてたら危ないかもしれんからな。せめて帰り着くまで見守るだけさ」

ベルトルト「そうか、なら僕も手伝おう」

ライナー「別にいいんだぞ、無理せんでも」

ベルトルト「僕は僕の好きなようにやるだけさ」

ライナー「……そうか、そうだな。では、一緒にやろうか」

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/05(水) 23:23:55 ID:pHckPHg6
女子寮

サシャ「ううっ……グスッ」

ユミル「あちゃー、こりゃ本当に玉砕したみたいだな」

クリスタ「ユミル!」

サシャ「いいんですよ。まだ0パーセントじゃないですから……」

ミーナ「どういうこと?」

サシャ「ライナーの夢が叶ったらもう一度チャンスがあるってことです。だから、明日から必死に訓練して、ライナーを手伝えるくらい強くなるんです」

アニ「……」

サシャ「見ててください。憲兵団に入れるようになるくらい、強くなってみせますよ!」


おわり

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。