おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナー「二人ぼっちのエデン」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:39:18 ID:mLOw0uhY

ガキン!
ブオン!!
ガガガッ……ガッ!!


ミカサ「…やめよう」

ライナー「ハーッハーッ……どうしたミカサ…まだ勝負は終わってないぞ!?」

ミカサ「…やめよう、もう…ライナー…意味が無い……」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:42:05 ID:mLOw0uhY

ライナー「意味が無いって何だよ…ハーっ…人類が勝つか負けるかの瀬戸際なんだろ?」

ミカサ「瀬戸際?勝負自体は結果が見えている…私の勝ち…」

ライナー「な…!?んなの…ハーッハーッ…まだ分からんだろう、が…」

ミカサ「そんなに息切れを起こして…足もフラフラで……しかも片足が無くて…」

ライナー「ああ、容赦ないよなお前」



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:45:04 ID:mLOw0uhY

ミカサ「もともと訓練兵時代から貴方が私に勝てた試しなど無い」

ライナー「…言ってくれるね。じゃあ今からでも俺の本気を…」

ミカサ「間に合っている」

ライナー「かーっ…つれない奴だ…」



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:47:41 ID:mLOw0uhY

ミカサ「……私はなぜ戦っているのだろう……」

ライナー「それを敵の俺に聞くのか?」

ミカサ「エレンが…皆が死んで…もう何年も経つというのに……」

ライナー「…ああ…」

ミカサ「アルミンも…ジャンも…サシャも…みんな」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:50:22 ID:mLOw0uhY

ライナー「アニもな」

ミカサ「調査兵団のみんなも…あのチビも…憲兵団の連中も…」

ライナー「…ベルトルトもな」

ミカサ「…私と…ライナー…貴方だけ」

ライナー「世界に俺達二人きりとかロマンチックだな」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:53:52 ID:mLOw0uhY

ミカサ「はぁ…私はなぜ戦っているのだろう…」

ライナー「おいおい座ってんじゃねえよ。回復しちゃうぞ?足生やしちゃうぞ?」

ミカサ「ご勝手に…守るものも守ってくれる存在も…全て何年も前に失っているというのに…」

ライナー「これからまた出てくるかもしれないだろ…隙有り」

ミカサ「阻止」



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:56:09 ID:mLOw0uhY

ミカサ「結局エレンに告白できなかった……」

ライナー「あ、好きだったのか。やっぱり」

ミカサ「やっぱりって…き、気付いていたの…?そんな……」

ライナー「いや、気付かない方がおかしいだろ…隙有り」

ミカサ「阻止」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:59:18 ID:mLOw0uhY

ライナー「それでもジャンはお前のことが好きだってんだからな…健気な馬面だ…」

ミカサ「………そうだったの?」

ライナー「え、まさか今この瞬間知りましたってんじゃねえよな?」

ミカサ「まさにその通り…」

ライナー「ジャン…お前死んでも報われない奴だな…隙有り」

ミカサ「阻止」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:02:29 ID:mLOw0uhY

ミカサ「エレンは…私のことを好きでいてくれたのであろうか」

ライナー「さあな。家族だっては言ってたけど…あいつ鈍かったし…」

ミカサ「それは同感。お陰で私は随分とヤキモキさせられた」

ライナー「…エレンを客観的に見れるようになるなんてな…少し前なら『そんな事は一切ない!』って食いついてきそうなもんだが」

ミカサ「訓練兵を卒業して、エレンがこの世を去って何年が過ぎたと思っているの?私だって大人にな隙有り」

ライナー「うおぉぉああっぶねええええぇぇぇ!」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:05:31 ID:mLOw0uhY

ライナー「ハーッハーッ…あーびっくりだ」

ミカサ「チッ」

ライナー「俺が言えたことじゃねえけど会話で油断させるのはダメだ」

ミカサ「本当にあなたの言える台詞では無い」

ライナー「あ、そうだ戦いながら会話するか」

ミカサ「やめておく。今の私は完全に戦意を喪失している………」



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:08:46 ID:mLOw0uhY

ライナー「じゃあ俺の隣に座るか?ほれ」

ミカサ「……妊娠しそうだから遠慮しておく」

ライナー「思春期の妄想じゃあるまいし隣に座っただけで授かるか!!なんもしねえよ!」

ミカサ「いや、貴方の雰囲気がというかオスくささにあてられて……別に貴方が私に手出し出来る訳がないのでその辺の心配はしていない」

ライナー「えー…男として何だか傷付く…」



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:11:25 ID:mLOw0uhY

ミカサ「はぁー…」

ライナー「さっきから溜息ばっかりだな」

ミカサ「もう…自分の存在意義が見つからない…」

ライナー「エレンが生かしてくれたんだろ」

ミカサ「そう、エレンが…私を庇って…巨人の餌食になった…」



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:14:19 ID:mLOw0uhY

ライナー「ああ俺たちも見てた」

ミカサ「『ミカサ!お前は生きろ!』と言って…食べられてしまった…」

ライナー「じゃあ生きろよ。生きれば良いじゃねえか」

ミカサ「もう何年も生きた…そろそろ生きる意味を更新させたい…」

ライナー「俺がなんか言ってやろうか?」

ミカサ「1カロリーにもならない……」

ライナー「傷付くわー…」



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:17:40 ID:mLOw0uhY

ミカサ「エレン…私と出会った頃とは反対のことを言って…死んでしまった」

ライナー「…その出会った頃って何言われたんだ」

ミカサ「戦え!と……」

ライナー「戦ったのか?」

ミカサ「おかげで戦ってばかりの人生だった……」

ライナー「女子力高いな」



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:21:19 ID:mLOw0uhY

ライナー「お前とエレンってどこまで行ってたんだ?」

ミカサ「何それ…」

ライナー「キスとかはしたのか?」

ミカサ「していたら今頃あなたは細切れになっている」

ライナー「あ、所謂生きる意味ってやつですね」



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:24:19 ID:mLOw0uhY

ミカサ「キス…はぁーーーー…したかった…」

ライナー「飢えてるなー」

ミカサ「一回もしない内に天国の住民になってしまった…こんなことなら…押し倒してでもしておくべきだった…」

ライナー「物騒だが後の祭りだな」

ミカサ「ライナーは?」



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:26:49 ID:mLOw0uhY

ライナー「は?」

ミカサ「ファーストキス。ライナーはしたの?」

ライナー「…うん…まあ…アレをカウントしておいて良いのかどうか…」

ミカサ「したの?誰?」

ライナー「う…う~~~む…」



21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:28:45 ID:mLOw0uhY

ミカサ「私の知っている人?訓練兵?」

ライナー「訓練兵だが…う~~~~む…」

ミカサ「………まさかクリスタ……」

ライナー「出来たら良いなーとは思ってました」

ミカサ「……ユミル?アニ?ミーナ?…誰?思い付かない…」



22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:30:24 ID:mLOw0uhY

ライナー「だろうな…だって女子じゃねえし…」

ミカサ「……もしエレンだったら…」

ライナー「エレンだったら?」

ミカサ「貴方は一瞬のうちに肉骨粉になるであろう……」

ライナー「おっかねえな!ちげえよ!エレンではねえ!てかまず訓練兵時代でもねえ!」



23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:33:08 ID:mLOw0uhY

ミカサ「そうだったの……と言うことは…エレンの言っていた山奥の故郷でのこと?」

ライナー「……ああ」

ミカサ「…………ベルトルト?」

ライナー「………」

ミカサ「納得した」

ライナー「もっと驚けよ…」



25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:36:03 ID:mLOw0uhY

ライナー「言っとくけど子供だったからだ!分別のつかない子供時代だったからだ!!!!」

ミカサ「慌てなくても良い。貴方は前々からアッチだと噂されていたから、全然意外ではない」

ライナー「慌てるわ!噂!?噂って何だ!?」

ミカサ「ライナーとベルトルトが夜毎ハードな性感プロレスに興じているという噂」

ライナー「そんな噂立ってたのか!?今ここで解いてやるよ誤解です!!!」



27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:39:05 ID:mLOw0uhY

ミカサ「その割には貴方達の距離は随分と近かった…でも、エレンの話を聞いて納得した」

ライナー「どんな話だよ…どうせろくな…」

ミカサ「ライナー…貴方が精神的に不安定だったのだと聞いた」

ライナー「……」

ミカサ「ベルトルトはさぞかし不安を感じていたことだろう…」

ライナー「……」



30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:42:02 ID:mLOw0uhY

ミカサ「そんな貴方を支えるベルトルトは偉い…伴侶の鑑」

ライナー「やっぱ誤解してんじゃねえか!俺はホモじゃねえ!!」

ミカサ「はぁーーーー…そんなライナーですらファーストキスを済ませていたとは…ますます生きる意味が分からない…」

ライナー「落ち着くな!それよりも!聞け!聞いてこい!」

ミカサ「聞く?何を」



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:45:06 ID:mLOw0uhY

ライナー「俺がベルトルトが…その…キスするに至った経緯!」

ミカサ「他人の馴れ初めなど一銭の得にならない」

ライナー「馴れ初めじゃねえ!このままだとお前、俺とベルトルトがラブラブなキスしたって思い込むだろ!」

ミカサ「違うと言うの?」

ライナー「もう完結してる!!」



34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:48:25 ID:mLOw0uhY

ミカサ「しょうがない…では聞く」

ライナー「お、おのれ……オホン。俺んちにベルトルトが泊まりに来てだな」

ミカサ「他人の馴れ初めなど一っっっっ銭の得にならない」

ライナー「お前だって友達んちに泊まりに行くだろうが!!!」



35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:52:18 ID:mLOw0uhY

<回想>


ベルトルト『昨日ね、お母さんと一緒に寝ようとしたんだけど…』

ライナー『お前まだ母ちゃんと寝てるのかよ』

ベルトルト『別に良いだろ!…でね、お母さんとお父さんの部屋に入ろうとドアを開けたの』

ライナー『うんうん』

ベルトルト『そしたらね、お父さんとお母さん、顔をくっつけてた…』



36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:54:10 ID:mLOw0uhY

ライナー『顔?』

ベルトルト『うん。こうやって……』

チュ

ライナー『ふーん…』

ベルトルト『何だったんだろう…?』

ライナー『さーー…?』

</回想>



37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:56:43 ID:mLOw0uhY

ライナー「…と、こういう経緯だ」

ミカサ「可愛い……ベルトルト可愛い…」

ライナー「どこ食いついてんだ」

ミカサ「母性をくすぐられた…他人の子供が可愛いと思えるなんて…やはり私は大人になったのか…」

ライナー「まああいつは…馬鹿可愛い奴だったよ、うん。訓練兵の時とは違ってな」



38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 01:59:11 ID:mLOw0uhY

ミカサ「と言うことは…ベルトルトもファーストキスはその時と言うことに?」

ライナー「そうなるな。あいつ全然覚えてなかったけどな」

ミカサ「その気にさせておいて自分はさっさと忘れてしまうとは、高度なテクニックを…なんて罪作りな鷲鼻…」

ライナー「変なキャラ付けしてやるな」

ミカサ「実際ライナーはベルトルトのことを可愛いと思ったことは無いの?」

ライナー「どんな答え期待してんだ」



39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:01:13 ID:mLOw0uhY

ミカサ「…ベルトルトは…」

ライナー「うん?」

ミカサ「私に殺されて…恨んでるだろうか」

ライナー「…どうしてだ?」

ミカサ「…一度ベルトルトに勉強を教わった事があった」

ライナー「訓練兵時代か」



40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:03:16 ID:mLOw0uhY

ミカサ「どうしても分からない事があって…アルミンもマルコも手が空いていなくて…」

ライナー「あーあの二人はいつも人気だな」

ミカサ「どうしようと図書室に来てみれば、ベルトルトがいた」

ライナー「ふむ」

ミカサ「たったの一度、何を聞いたかももう覚えていないけど…ベルトルトは丁寧に教えてくれた」



41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:06:22 ID:mLOw0uhY

ミカサ「……貴方達がエレンを連れ去った時」

ライナー「…」

ミカサ「それが頭をよぎった」

ライナー「…そうか」

ミカサ「そして手元が狂って中途半端に………ベルトルトは意外と泣き虫だ」



42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:08:37 ID:mLOw0uhY

ライナー「はは…あいつは昔っからベソっかきだったよ…」

ミカサ「………きっと私達の前では己をさらけ出さない様にしていたのかも…」

ライナー「それに甘えていたお陰で、俺は中途半端な奴になっちまって…で、今こうなる訳だ」

ミカサ「……」



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:10:04 ID:mLOw0uhY

ライナー「恨んではいないと思う」

ミカサ「どうだろう…」

ライナー「壁を壊してからは俺達は…何時でもその覚悟は出来ていた。相手がミカサだろうがエレンだろうがリヴァイ兵長だろうがな」

ミカサ「……」



44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:12:05 ID:mLOw0uhY

ライナー「どら、話し込んでいる内に夕方だ」

ミカサ「本当だ…お腹が空いた」

ライナー「晩飯は決まったか?」

ミカサ「さあ…食べることには興味が無くて」

ライナー「人間なのに損なやつだ」



45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:14:06 ID:mLOw0uhY

ライナー「どうする?日が沈む前にもう一丁やりあっとくか?今なら体力は回復してる」

ミカサ「いや、いい…どうせ時間だけは腐る程ある…また明日ここへ来よう」

ライナー「そうか」

ミカサ「うん」



46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:16:02 ID:mLOw0uhY


ライナー「………」

ミカサ「ライナー?」



48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:17:09 ID:mLOw0uhY



ライナー「………」

ミカサ「………」



49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:18:56 ID:mLOw0uhY


ミカサ「……何故キスを」

ライナー「……さぁな…」



50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:19:35 ID:mLOw0uhY


ライナー「………」

ミカサ「………」



51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:21:05 ID:mLOw0uhY

ミカサ「……私と貴方しか居ない…この世界は…確かに終わっているのに」

ライナー「…」

ミカサ「それでも毎日太陽が登って…お腹が空いて…夜になる」

ライナー「意外と、世界の始まりもこんな感じだったかもな」

ミカサ「……世界は終わっても、また始まるのね」



52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:22:18 ID:mLOw0uhY

ライナー「じゃあなミカサ。道中気ぃ付けろよ」

ミカサ「そっちこそ。私に殺されるまでうっかり死なない様に」

ライナー「俺が殺されるのは決定事項か…せいぜい気をつける」

ミカサ「そう………それであの」

ライナー「?」



53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:23:34 ID:mLOw0uhY


ミカサ「明日もキスしてくれる?」

ライナー「俺で良いなら」



54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 02:24:10 ID:mLOw0uhY

おしまい

前はラライベルアニ組で全滅endを書いたので
今度はライナーとミカサでアダムとイブend


おやすみ良い夢見ろよ

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。