おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺「あっ、手当たっちゃっt・・・」 女「キャーー!!この人痴漢です!!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:15:37.57 ID:h4Zcq1A50
俺(マズイっ こうなったら・・・)
俺「ギャーーーーー!!! この人も痴漢です!!!!」
女「!?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:18:38.94 ID:h4Zcq1A50
女「な、何言ってるんですか!! 誰かこの人捕まえて!!」
男「いやっ やめてっ ぼくの腕掴んでおいてこのアマ!!! 駅員さーん!!」
女「や、やめてよ!私なにも悪い事してない!!!」
駅員「どうされました?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:20:48.37 ID:h4Zcq1A50
女「この人痴漢なんです! 逮捕してください!」
俺「被害者はぼくだ! このアマを逮捕しろ!」
駅員「いいですか、落ち着いてください。 言っている意味が分かりません。」
男「やられたらやり返す・・・倍返しだ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:21:33.90 ID:h4Zcq1A50
こんな脈絡の無いスレ立てるんじゃなかった

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:24:57.30 ID:h4Zcq1A50
駅員「まず、1人1人の証言を訴えてください」
女「この人が私のお尻を触ろうとしたんです!」
俺「このアマが俺の腕を急に掴んできたんだ!」
男「やられたらやり返す・・・倍返しだ!!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:27:37.31 ID:h4Zcq1A50
駅員「つまり、女さんは実際にお尻を触られたわけではないと?」
女「触られる前に防いだのよ!!」
駅員「しかし俺さんは腕を掴まれたと」
俺「そうだ!! 立派な痴漢だろう!!」


男「やられたらやり返す・・・倍返しだ!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:32:08.10 ID:h4Zcq1A50
駅員「ということは、容疑者は女さんになるわけですね」
女「ハァ!?? なんでよ!!!」
駅員「あなたは満員電車の中、俺さんがお尻を触ってくると思った」
女「そうよ!!!」
駅員「しかし、実際には触られてはいない。」
女「ま、まぁ・・・未然に防いだからね!!!」
駅員「偶然あなたの後ろに俺さんが居て、その手が偶然近い位置にあったという考えは?」
女「そんな都合のいい話があるわけないでしょ!」
駅員「いえ、すし詰めになるぐらいの満員でしたので、よくあることだと思います」

男「やられたらやり返す、倍返しだ!!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:33:57.35 ID:h4Zcq1A50
駅員「というわけで、俺さんは完全なる冤罪です」
俺「やった!!!」
駅員「そして、俺さんの腕を掴んだ行為を俺さんは不快に思っています、そうですね?」
俺「そうそう!」
駅員「なので痴漢をしたのは、あなたです、女さん!!」
女「はわーーーー!!!!!」

男「やられたらやり返す、倍返しだ!!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:36:15.67 ID:h4Zcq1A50
男「やられたらやり返せ・・・倍返しだ!!」

俺「女、ちょっとこい」
女「へ?」
俺「示談といこうや・・・」
女「つまりどういう・・・」
俺「脱げ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:39:17.58 ID:h4Zcq1A50
女「・・・・脱げば許してくれるんですか」
俺「黙って脱げ」
女「・・・はい」ヌギッ
俺「・・・・!」ギュッ
女「!?」
俺「好きだ!!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:40:55.27 ID:h4Zcq1A50
そのとき女は全てを悟った
そう、俺の行為は全て計画的だったのだ
偶然後ろに位置し、手が近かったわけではない
あえて痴漢と間違わせることで接点を生み、ピンチをチャンスに変える
それこそが俺の真の目的だった!

女「・・・・負けたわ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:43:27.78 ID:h4Zcq1A50
女「好きにしてちょうだい、私の身体は全てあなたのものよ」
男「本当に、いいんだな?」
女「ええ、どうぞ」
男「結婚してくれ」
女「・・・今、なんて・・・?」
男「結婚してくれ!!!」
女「それがあなたの気持ちなのね?」
男「偽りは無い、俺は君しか見えない、君と人生を共に過ごしたいんだ」
女「・・・ふふ、いいわ、挙式はいつにしましょう?」



俺「あ、降りる駅ここじゃねーや」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:46:58.32 ID:h4Zcq1A50
タモリ「いかがでしたでしょうか
    人生というのはいつ何時、何が起こるか分かりません
    小さなことが大きなことに、ふとした瞬間が一大事になりかねないのです
    みなさんも背後には気をつけてください、そして立ち位置にも・・・
    おや? 私が立っている場所は・・・・・」



俺「ぎゃーーーーーーーーー! 痴漢ーーーーーーーーー!!!!」



~Fin~

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:50:27.79 ID:QNUyuifPi
結局男は何者なん?

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/21(土) 22:51:47.43 ID:h4Zcq1A50
>>25
俺の二面性を表した存在と言える
しかしその真偽は定かでは無い
最終的に男と女が結ばれたところを見ると、あの世界は俺の理想郷だったのかもしれない
しかし、俺自身が幸せに恵まれることは無かったようだ

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。