おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結衣「自販機から京子の声がする」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:10:38.13 :I7xWGOmT0

~学校の帰路~


結衣「……今日の晩御飯、何作ろうかな」

結衣「一人だと、あんまり量を作れないし……」

結衣「京子が泊りに来てる日なら遠慮なく作れるんだけど……」

結衣「……」

結衣「……」ハァ


『いらっしゃいませ~♪』


結衣「あれ……?」

結衣「この声……京子?」

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:15:30.73 :I7xWGOmT0

『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


結衣「……京子?」


『いらっしゃいませ~♪』


結衣「おかしいな……自販機以外、見当たらないのに」キョロキョロ

結衣「……ひょっとして、中に居るの?」


『またのお越しをお待ちしていま~す♪』


結衣「……何やってるの、そんな所で」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:18:03.04 :I7xWGOmT0

結衣「あ、ひょっとしてアルバイト?学校に見つかったら怒られるぞ?」


『……』


結衣「だいたい、どうして突然バイトなんて……あ」

結衣(そういえば、そろそろ私の誕生日だっけ……)


『いらっしゃいませ~♪』


結衣(もしかして、その為にお金を貯めてくれてるのかな……)


『お飲み物は如何でしょうか~♪』


結衣「……ふふふ、判ったよ、売り上げに貢献しろって言うんだろ?」

結衣「しょうがないなあ、京子は」カチャッ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:20:16.49 :I7xWGOmT0

ガラガラコローン


『毎度ありがとうございま~す♪』


結衣「しょうがないから、綾乃達には黙っといてあげるよ」

結衣「あんまり無理するなよ?」


『またのお越しをお待ちしていま~す♪』


結衣「じゃあね、京子、バイト頑張って」

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:23:45.68 :I7xWGOmT0

~翌日~


結衣「さて……そろそろ帰るかな」

結衣(京子、今日もバイトしてるのかな)

結衣(ちょっと寄って行こうっと……)

あかり「……結衣ちゃん」

結衣「あれ、あかり、どうしたの?」

あかり「……今日も、帰っちゃうの?」

結衣「うん、ちょっと寄る所があってね」

あかり「そ、そっか……」

結衣「じゃ」

あかり「うん……ばいばい、結衣ちゃん」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:25:16.65 :I7xWGOmT0

結衣「ん、雨が降ってきたな……」

結衣「ちょうど傘持ってきておいてよかった……」タッタッタッ



『いらっしゃいませ~♪』


結衣「……京子」


『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


結衣「何やってるのさ、傘もささずに」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:26:45.58 :I7xWGOmT0

結衣「バイトに一生懸命なのはわかるけどさ……身体を壊したら元も子もないだろ?」


『いらっしゃいませ~♪』


結衣「はぁ……じゃあ、私が傘差しといてやるから、その間にバイト続けなよ」


『まいどありがとうございま~す♪』


結衣「どういたしまして」クスッ


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:29:03.85 :I7xWGOmT0

ガラガラガラコローンッ


『またのお越しをお待ちしてま~す♪』


結衣「……なかなか儲かってるね、京子」


『……』


結衣「ま、忙しいのは良い事だよね」




  「あの子、何なのかしら、自販機の横でずっと立ってるけど」

  「待ち合わせでもしてるんじゃない?」

  「けど、自販機に話しかけてるみたいよ?」

  「え、なにそれこわい……」

  「昨日も居たし……もうここの自販機寄るの辞めよっか」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:30:56.80 :I7xWGOmT0

結衣「京子」


『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


結衣「最近部活、来ないよね」


『いらっしゃいませ~♪』


結衣「あかり達もさ、寂しがってるよ」


『……』


結衣「バイトが忙しいのは判るけどさ、ちょっと顔出してあげなよ」


『またのお越しをお待ちしていま~す♪』


結衣「はいはい……もう帰るよ、京子もバイト、頑張ってね」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:32:36.43 :MQKwhP+JP
怖いよぉ


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:33:05.38 :I7xWGOmT0

~翌日~

~部室~


あかり「ゆ、結衣ちゃん?どうしたの、こんなに沢山ジュース買ってきて」

ちなつ「わあ、色々ありますねっ」

結衣「うん、遠慮なく飲んでよ」

あかり「う、うん、ありがとっ、結衣ちゃん」

ちなつ「ありがとうございますっ、結衣先輩っ」

結衣「ははは、まあ、京子からの差し入れなんだけどね」

あかり「え……」

ちなつ「……え」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:35:37.47 :I7xWGOmT0

結衣「ほら、京子も色々忙しいみたいで、部活に顔出せてないでしょ?」

あかり「……」

結衣「そのお詫びって意味らしいよ、昨日私が受け取ってきたんだ」

ちなつ「……」

結衣「ちなつちゃん達に会えなくて、京子も寂しいって言って……」

あかり「……結衣ちゃん」

結衣「ん?」

ちなつ「……あ、あはは……結衣先輩、冗談なんですよね……あはは……」

結衣「冗談?」

ちなつ「最近、部活の雰囲気が沈んでるから……冗談で、そんな事言ってるんですよね……」

結衣「いや、別に冗談のつもりは……」

あかり「結衣ちゃん!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:37:35.22 :I7xWGOmT0

結衣「な、なに、あかり……突然大きな声出して」

あかり「……京子ちゃんは……もう居ないんだよ」

結衣「え?」

ちなつ「……」

あかり「冗談でも……こういう事はしないで欲しいなって……」

結衣「あかり?」

ちなつ「……すみません、私、今日はもう帰りますね」

結衣「ちなつちゃん?」

ちなつ「すみません……」タッ

結衣「ど、どうしちゃったの二人とも」

あかり「……結衣ちゃんこそ、どうしちゃったの」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:38:48.87 :I7xWGOmT0

結衣「どうしたって……私は普通だけど」

あかり「……京子ちゃんが、可哀そうだよ」

結衣「え?」

あかり「結衣ちゃんがそんなんじゃ……京子ちゃんが可哀そう!」

結衣「あ、あかり、落ち着いて……」

あかり「結衣ちゃんの……ばかぁっ!」タッ

結衣「あ、あかりっ!」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:40:02.94 :I7xWGOmT0

結衣「二人ともいっちゃった……」

結衣「どうしたんだろ、京子が部活に来ないのがそんなに寂しかったのかな」

結衣「……」ハァ

結衣「まったく、二人にこんなさびしい思いをさせて」

結衣「本当に、京子はしょうがないなあ……」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:41:58.13 :I7xWGOmT0

『いらっしゃいませ~♪』


結衣「京子、今日もお邪魔するね」


『毎度、ありがとうございま~す♪』


結衣「今日ね、あかりやちなつちゃんと喧嘩しちゃった」


『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


結衣「やっぱりさ、京子が居ないと……ごらく部は駄目なんだと思うよ」


『……』


結衣「だからさ……早く、帰ってきてよ」

結衣「……京子」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:47:14.18 :I7xWGOmT0

結衣「そういえば、そろそろ京子がバイトはじめて1週間になるよね」


『……』


結衣「目的の金額、溜まった?」


『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


結衣「そっか……まだ頑張んなきゃなんないのか」

結衣「……」


『……』


結衣「……あ、あのさ、京子」

結衣「私、別にそんな高いものじゃなくても……その……」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:48:59.49 :I7xWGOmT0

結衣(うう、私何言ってるんだ……京子は一応、誕生日プレゼントの事隠してるつもりみたいなのにっ)

結衣(……けど、やっぱり京子が部活に来ないのは寂しいしな)


『毎度、ありがとうございま~す♪』


結衣(もう……京子は鈍感なんだから)


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:51:27.24 :I7xWGOmT0

結衣「そろそろ暖かくなってきたね、京子」


『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


結衣「うん、冷たい飲み物が欲しくなる季節だね」


『毎度ありがとうございま~す♪』


結衣「そう毎回毎回は買ってられないよ」クス


『……』


結衣「もう、拗ねないでよ、京子……」



あかり「……結衣ちゃん」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:53:33.59 :I7xWGOmT0

結衣「あ、あれ、あかり?」


『いらっしゃいませ~♪』


あかり「……こんな所に居たんだ」

結衣「あはは、見つかっちゃったね……京子」


『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


あかり「きょうこ……ちゃん?」

結衣「うん、最近京子が部活に来れなかったのは、ここでバイトしてたからなんだ」


『毎度、ありがとうございま~す♪』


あかり「……京子ちゃんは、ここには居ないよ」

結衣「え……?」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:54:52.18 :I7xWGOmT0

結衣「なに言ってるの、あかり」

あかり「……」


『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


結衣「京子、ここにいるじゃないか」

あかり「……居ないよ」


『いらっしゃいませ~♪』


結衣「……居るよ」

あかり「……居ないよ」


『毎度、ありがとうございま~す♪』


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:56:25.41 :I7xWGOmT0

結衣「だって、京子の声、するじゃないか」

あかり「……」


『お飲み物』


結衣「あかりにだって、聞こえるでしょ?これ京子の声だよ?」

あかり「……」


『い如何で』


あかり「確かに……京子ちゃんの声だね」

結衣「で、でしょ?じゃあ……」


『しょうか~♪』


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:57:15.34 :I7xWGOmT0

.



あかり「だって、その自販機……京子ちゃんの声を録音した自販機だもん」



.


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 07:59:39.66 :I7xWGOmT0

~数ヶ月前~


京子「み、みんな聞いて聞いて!」

ちなつ「何ですか騒がしい……」

あかり「どうかしたの?京子ちゃん」

京子「当たったの!当選葉書来たの!」

結衣「落ち着けって、京子……何の当選葉書が来たの?」

京子「だから!自販機の音声を公募してたでしょ!あれに当たったの!」

あかり「わあ!京子ちゃん凄いっ!」

ちなつ「え……京子先輩、本当にあれに立候補してたんですか?」

京子「そりゃ当然よ!」

結衣「それって嬉しいのか……」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:01:49.25 :I7xWGOmT0

京子「ちっちっちっ……みんな、判って無いなあ」

結衣「何が?」

京子「自販機って言うのは、街中に配置されてるんだよ?」

あかり「うん、あかりも良く利用してるよぉ」

京子「その自販機すべてから京子ちゃんの音声が聞こえる……」

京子「こ、これって凄い事だよ!?」

ちなつ「まあ……確かに……」

京子「言ってみれば、この街の公共施設すべてが京子ちゃんの手に落ちたも同然だよ!?」

あかり「す、凄いっ!?」

結衣「いや、そんなはずないから……」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:04:17.00 :I7xWGOmT0

京子「まあ、それは言い過ぎだとしてもさ、これからは寂しい時に何時でも京子ちゃんの声が聞ける訳ですよ」

結衣「いや、別に普通にお前に電話すれば声聞けるだろ」

京子「お、結衣ちゃんは寂しくって私の声が聞きたくなった事があるんだね?ん?」

結衣「なっ///」

京子「もう、しょうがないなあ、結衣にゃんは……何時でもラブコールしてくれて、いいのよ?うふっ♪」

結衣「……お前にはもう二度と電話しない」

京子「じゃあ私の方からしちゃおうっと♪」

結衣「着信拒否にするから」

京子「ひどい!?」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:06:11.81 :I7xWGOmT0

京子「最初の1台目は、私達の通学路に設置されるんだって~」

京子「それで生徒たちの感想を聞いて音声内容を修正して、街中に配置するらしいよ」

京子「楽しみだねえ♪」



けれど


最初の1台以降の自販機が配置される事は


無かった


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:07:39.51 :I7xWGOmT0

あかり「……京子ちゃんが、あんな事になっちゃったんだから……当然だよね……」

結衣「……」

あかり「……結衣ちゃんが、辛いのも判るよ」

結衣「……」

あかり「……けど、けど……」

結衣「……」

あかり「ここには、京子ちゃんは、居ないの……」

結衣「……」

あかり「居ないんだよ……」グスッ

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:09:59.87 :I7xWGOmT0

あかり「……あのね、結衣ちゃん」

結衣「……」

あかり「結衣ちゃんが、ここで自販機さんとお話してる間……あかり達、毎日お見舞いに行ったよ……」

結衣「……」

あかり「京子ちゃんのあんな姿、見るのは辛かったけど……」

結衣「……」

あかり「けど……あかりも、ちなつちゃんも、杉浦先輩も、池田先輩も……みんな……」

結衣「……」

あかり「ちゃんと受け止めて……京子ちゃんの苦しみを受け止めて……」

結衣「……」

あかり「お見舞いに行ったよ……」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:11:54.18 :I7xWGOmT0

あかり「今日ね……京子ちゃんの、手術があるの……」

結衣「……」

あかり「失敗すると……死んじゃうかもしれない手術……」

結衣「……!」

あかり「あかり達も……頑張って京子ちゃんを応援するけど……」

あかり「けど……けど、結衣ちゃんの力が必要なのっ」

あかり「あ、あかり達じゃ、足りないの……!」

あかり「だって……だって、京子ちゃん……うわごとで……」

結衣「……」

あかり「結衣ちゃんの事……呼んでるんだもんっ」グスッ


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:13:31.68 :I7xWGOmT0

あかり「だから……だからね……」

あかり「結衣ちゃん、結衣気を出して……病院に来てほしいの……」

結衣「……」

あかり「京子ちゃんと一緒に……戦ってあげほしいの……」

結衣「……」

あかり「きっと……結衣ちゃんが手を握ってあげるだけで……京子ちゃんはいっぱい頑張ると思うから……」

結衣「……」

あかり「……病院の地図、置いとくね」

結衣「……」

あかり「……あかり、もう行くから」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:15:11.63 :I7xWGOmT0

結衣「……」

結衣「……」

結衣「……」


『いらっしゃいませ~♪』


結衣「……うん、判ってた」


『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


結衣「この声が、本物の京子の声じゃないなんて事は……判ってた……」


『毎度、ありがとうございま~す♪』


結衣「だって……だって、京子は私の目の前で……」

結衣「車にはねられたんだもん……」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:17:00.54 :I7xWGOmT0

結衣「けど……けど、私は怖かったんだ……」

結衣「そんな現実を認めるのが怖かったんだよ……」

結衣「だって……だって、京子が死んじゃうかもしれない現実なんて……認められるはずないじゃないかっ!」


『……』


結衣「だから……だから、私は病院には行かなかった……」

結衣「毎日、何時も通り暮らしてた……」

結衣「そうすれば……そうすれば、京子がまた、何時もみたいにひょいっと顔出すんじゃないかと思って……」


『……』


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:21:01.15 :I7xWGOmT0

結衣「……けど」

結衣「けど……私が逃げてる事で、京子が寂しい思いをしてるなら……」

結衣「そのせいで京子が死んじゃうかもしれないなら……」

結衣「その方が……嫌だ、嫌だよっ……!」


『またのお越しをお待ちしていま~す♪』



結衣「……ごめんね」

結衣「今まで、甘えちゃってごめん……」

結衣「もう、大丈夫だから……」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:24:08.26 :I7xWGOmT0

結衣「私……ちゃんと、現実を見つめるよ」

結衣「京子の苦しみをちゃんと見つめて……助けてあげないと……!」


ピッ


結衣「?」


ピリピリピリピリピリッ……ピッ


ガラガラガラコローン


結衣「あ、あれ、何もしてないのにジュース出てきた……」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:25:39.46 :I7xWGOmT0

.


『おめでとうございま~す♪』


.


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:27:19.97 :I7xWGOmT0

結衣「……こ、これ、当たりくじ付きの自販機だったのか……」

結衣「けど……どうして今……」



『……』



結衣「……もしかして、頑張れって言ってくれてるの……?」



『おめでとうございま~す♪』



結衣「……そっか」

結衣「……ありがと……今まで、ありがとうね」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:34:30.12 :I7xWGOmT0

結衣「よし、このジュースを持って……京子の病院に行こう」

結衣「それで……いっぱい謝って……」

結衣「京子の手を握ってあげよう……」

結衣「そうすればきっと……きっと……」


ガチャッ


結衣「……え?」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:36:03.61 :I7xWGOmT0

.



その時、私はジュースを取ろうと自販機の口に手を入れた


けど、私の手が触れたのはジュースではなく


誰かの手だった




.


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:37:46.98 :I7xWGOmT0

結衣「……この手の感触」

結衣「小さい頃からずっと握ってあげてたこの感触は……」

結衣「……」

結衣「……きょうこ?」



グイィィィッ



結衣「い、痛っ……!」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:39:52.19 :7cSZ7AUa0
えっ


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:40:53.41 :I7xWGOmT0

私の手は、凄い力で引っ張られた

それと同時に、私の耳に自販機の声が届いた


『ゆ、ゆい?ゆいなの?』


「きょう……こ?」


『ゆいっ、たすけてっ!たすけてっ、こわいよっ!ここまっくらで……ひっぱられるっ』

『こわいっ……こわいよゆいっ!こんなのやだっ……ひとりはやだよぉっ』

『いたいのっ……からだがいたくて、さむいのっ、たすけて……ゆいっ』

85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:41:40.04 :I7xWGOmT0

その声を聞いて私は悟った

きっと

私は間に合わなかったのだ


京子の手術は失敗して……

そして……京子は……



二度と戻れない場所に行こうとしているのだろう


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:42:14.96 :I7xWGOmT0

結衣「……京子、手を放さないで」


『ゆ、ゆいっ……たすけてゆいっ、ひとりにしないでっ……!』


結衣「……大丈夫だよ、京子……もう京子を1人になんてしないからさ……」


『ゆいっ……ゆいゆいゆいっ!』


結衣(うん……大丈夫)

結衣(もう絶対に、放さないから……大丈夫だよ)

結衣(京子……)


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:45:02.07 :I7xWGOmT0

私の手は引っ張られる


自販機の中へ


京子の元へ


けど


もう絶対に放さないから


放さないから


だから


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:46:05.75 :I7xWGOmT0

.



これからも、ずっと一緒だよ……京子……



.


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:48:23.33 :I7xWGOmT0

.



グキッ


グキッバキッ


ゴキゴキゴキッ


ズズズズズズズズーッ


グキッ

94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:50:24.60 :I7xWGOmT0

ちなつ「……こんなのってないよ……あんまりだよ」ヒック

あかり「ちなつちゃん……」

ちなつ「うぅっ……」グスンッ

あかり「……お家に帰って、お葬式の準備、してこよう?」

ちなつ「う……うんっ……」ヒック

あかり「……あかりも、一度お家に帰るね」

ちなつ「うんっ……」グスッ


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:51:18.76 :I7xWGOmT0

あかり「……」

あかり「結衣ちゃん……結局、来てくれなかった……」

あかり「……」

あかり「……まだ、あの自販機の所に居るのかな」

あかり「……」

あかり「行ってみよう……」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:52:31.69 :I7xWGOmT0

あかり「……あれ、結衣ちゃん居ないや」

あかり「……」

あかり「何処行っちゃったのかな……」


『いらっしゃいませ~♪』


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:56:24.06 :I7xWGOmT0

あかり「……」

あかり「……結局……京子ちゃんの声が聞けるの……ここだけになっちゃったね……」


『お飲み物はいかがでしょうか~♪』


あかり「……」

あかり「京子ちゃん……」


『いらっしゃいませ~♪』



あかり「うっ……きょうこちゃんっ……きょうこ……ちゃあんっ」グスッ


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:57:01.23 :I7xWGOmT0

あかり「ひっく……だ、駄目だよね……お葬式の準備しなくちゃならないのに……こんな所で泣いちゃ……」

あかり「……」ゴシゴシ



『毎度ありがとうございました~♪』



あかり「……ぐすっ」

あかり「……京子ちゃん……またね……」





『また来てね』



あかり「……え?」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 09:05:56.08 :I7xWGOmT0

あかり「……今の声……」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「ゆいちゃん?」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 09:07:09.27 :I7xWGOmT0

京子「いらっしゃいませ~♪」

結衣「いらっしゃい」


京子「お飲み物は如何でしょうか~♪」

結衣「お飲み物は如何でしょう」


京子「まいどありがとうございます~♪」

結衣「何時もありがとうね」


京子「おめでとうございます~♪」

結衣「おめでとう」


京子「またのお越しをお待ちしてます~♪」

結衣「また来てね」


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 09:08:37.52 :I7xWGOmT0

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……うん」


あかり「また、来るね、京子ちゃん……結衣ちゃん……」

あかり「こんどは……ちなつちゃんも連れて……」

あかり「一緒に……またごらく部、しようね……」

あかり「いっしょに……」

あかり「まえみたいに……


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 09:09:15.57 :I7xWGOmT0

.



『ずっと いっしょ だよ』







おわり

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。