おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みほ「お姉ちゃん、この犬どうしたの?」エリカ「え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:35:57.18 ID:7WIOhE180


エリカ「すぅ……ん…」Zzz

生徒「あ、隊長!」

まほ「……どうした?」

生徒「それが、格納庫で犬が……」

まほ「犬?」

エリカ「……はぅぅ……むにゃ…」Zzz

まほ「エリカ……何故そんなところで寝てるんだ?」

生徒「副隊長? いやですよ、今日はまだ来てないじゃないですか」

まほ「…無意味な悪戯をしてないで、練習に戻れ」

生徒「悪戯なんてしてませんよ」

まほ「ほら、エリカも何やってるの?」ユサユサ

生徒「えっ」

まほ「今度は何?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:39:19.99 ID:7WIOhE180


生徒「それ、副隊長じゃなくて……犬、ですよ?」

まほ「……は?」

生徒「え?」

まほ「いや、エリカだろう……どう見ても」

エリカ「えへへ……たいちょぉ……」Zzz

まほ「ほら」

生徒「ほらと言われましても……」

生徒「どうしたんですか?」

生徒「隊長がね…」

生徒「あ、可愛いわんちゃんですね! 隊長のですか?」

まほ「え…?」

生徒「犬ってなに……きゃあ! 可愛いー!」

生徒「わあ、うちの制服完全再現ですね。隊長が作ったんですか?」

まほ「ちょ、ちょっと待て……犬?」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:43:09.31 ID:7WIOhE180


生徒「名前はなんていうんですか?」

まほ「いや、だからエリカだって……」

生徒「え…?」

 シ~ン

まほ「えっ……」

生徒「ねぇ、犬に副隊長の名前って……」ヒソヒソ

生徒「でも、前から飼っててたまたまかぶったとか」ヒソヒソ

生徒「うん、そうだよね。きっとそう……」ヒソヒソ

生徒「エリカっていうんですか」

生徒「エリカちゃ~ん」ナデナデ

まほ「あ……」

生徒「何歳くらいなんですか?」

まほ「え…17……」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:47:52.47 ID:7WIOhE180


生徒「もう随分おばあちゃんですねぇ」

生徒「やっぱりたまたまだよ」ヒソヒソ

生徒「私、変な風に考えちゃったよぉ」ヒソヒソ

生徒「やだもー、さすがにないって。私もちょっと思ったけどさ」ヒソヒソ

生徒「勘違いで良かったー」ヒソヒソ

まほ(本当に犬だと思ってるのか……?)

まほ(いや……私がおかしいのか?)

生徒「可愛いー」ナデナデ

生徒「私にも触らせてー」

まほ「いや、待て」

生徒「あ、すみません勝手に…」

まほ「そうじゃない……本気で犬だと言ってるのか?」

生徒「えっ」

生徒「隊長、疲れてるんじゃないですか?」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:52:00.50 ID:7WIOhE180


生徒「どこからどう見てもわんちゃんですよ」

まほ(頭痛くなってきた……)

まほ「仕方ない…」

まほ「お前達、こんなところで油売ってる暇があったら、練習に戻れ!」

生徒「は、はい!」

まほ「はぁ……」

まほ「ほら、いい加減起きろ」ユサユサ

エリカ「ん……うぅっ……」

エリカ「ふぁぁ……あれ……私何して…」

まほ「おはよう」

エリカ「おはようございます……え?」

エリカ「た、隊長!? 私……え、なんで?」

まほ「私が聞きたい」

エリカ「ここ格納庫…? 嘘…え? え…?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:56:31.12 ID:7WIOhE180


まほ「落ち着け!」

エリカ「ひゃい!」

まほ「ひとつ聞くが、逸見エリカで間違いないな?」

エリカ「は、はい……隊長?」

まほ「そうだよな……」

まほ「それで、何故こんなところで寝てたんだ?」

エリカ「私が聞きたいですよ……」

まほ「覚えてないのか?」

エリカ「はい……練習スケジュールの確認をしていて、気づいたら隊長が…」

まほ「そう……それで、あなた他の子達と何か揉めたりしてるの?」

エリカ「揉めるといいますと?」

まほ「喧嘩とか、反感を買ってるとか」

エリカ「いえ……私としてはそんなことないと思いますが」

エリカ「不満があるなら直接言えばいいものを…」

まほ「知らないなら構わない」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:00:08.23 ID:7WIOhE180


まほ「さて、帰るぞ」

エリカ「え? あの、練習は?」

まほ「監督は他に任せる」

エリカ「しかし……」

まほ「いいから。誰にも見られるなよ」

エリカ「そ、それってやっぱりサボり……」

まほ「急げ」

エリカ「は、はい」

まほ「乗れ」ガチャ

エリカ「はい……えぇと、どこに向かうんですか?」

まほ「家だ」

エリカ「隊長の……え?」

まほ「よく聞いて」

まほ「お前は今、犬だと思われてる」

エリカ「……すみません。話が見えないんですが…」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:04:23.66 ID:7WIOhE180


まほ「私も分からないが、他の子はエリカが犬に見えてるらしい」

エリカ「?」

まほ「冗談かと思ったんだが、逆に私が変な目で見られるし」

まほ「本気でそう見えてるらしいんだよ」

エリカ「??」

まほ「とにかく、あの場にいると騒ぎが大きくなるから、ひとまず家に連れて行く」

エリカ「???」

まほ「詳しい説明は後でする」

エリカ「はい……」

エリカ(よく分からないけど…)

エリカ(でもこれ、隊長と2人でドライブ……?)

エリカ(えへへ///)


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:09:00.30 ID:7WIOhE180


まほ「さあ、着いたぞ」

エリカ(相変わらず大きいお屋敷……)

菊代「あら、お嬢様。今日はお早いですね」

まほ「ただいま帰りました。今日は少し訳がありまして」

菊代「そうでございますか。あぁ、私は裏を掃除していますので、ご用があれば」

まほ「ありがとうございます」

まほ「エリカ、降りて」

エリカ「はい」

まほ「気づかれないようにね」ガラ

エリカ「わ、分かりました」

まほ「こっち」

エリカ「え? でもそちらは」

まほ「いいから」

エリカ(いつもなら客間に通されるのに…)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:12:32.19 ID:7WIOhE180


まほ「ここ」

エリカ「ここって……」

まほ「私の部屋」

エリカ「隊長の!?」ドキドキ

まほ「声が大きい」

エリカ「あ、すみません」

エリカ(誰にも見られないように…しかも自分の部屋に通すって)

エリカ(そんなぁ///)

まほ「入って。散らかってて悪いけど」

エリカ「そんなことは//」

まほ「何か飲み物でも持ってくるから」

エリカ「あ、ありがとうございます//」ドキドキ

エリカ(隊長の部屋……///)

エリカ(隊長の匂いでいっぱい//)ホワン

エリカ(だ、ダメよ! 落ち着いて……平常心)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:16:31.50 ID:7WIOhE180


エリカ(……ちょっとだけなら)

エリカ(隊長の机……このファイルは…)

エリカ(ちらっと、ちらっとだけ)ペラ

エリカ(これって……)

まほ「みほの記事だ」

エリカ「たっ…隊長!? す、すすみません!!」

まほ「別にいい。見られて困るようなものでもないし」

エリカ「ず、随分あるんですね」

まほ「ネットのプリントアウトがほとんどなんだが」

まほ「ほんと、よくやってるよ」

エリカ「……」

エリカ(『大洗で雪辱』『奇跡の優勝劇』『新西住流誕生か?』……)

エリカ(ふん、なにが新西住流よ。くだらない…)

まほ「まぁそう嫌な顔をするな」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:20:18.26 ID:7WIOhE180


まほ「みほを好いていないのは知っているが、それでも私の妹なんだ」

エリカ「それは……はい…」

まほ「さて、コーヒー淹れてきたから飲みながら――」

みほ「ただいまー」

まほ「えっ…」

みほ「お姉ちゃん、帰ってるんでしょ?」ガチャ

まほ「み、みほ、開けるときはノックをしてから……」

みほ「あー! わんちゃんだ! どうしたのお姉ちゃん?」

エリカ「え?」

みほ「制服着てる犬、大洗でも噂になってるんだよ」

みほ「こっちにもいるんだ」

みほ「この子うちで飼うの? 触ってもいい?」

エリカ「や、やめなさい! 何を意味の分からないことを……」

まほ「みほ、ちょっと」

みほ「なに?」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:24:25.35 ID:7WIOhE180


まほ「ほんとに犬に見えるの?」

みほ「犬じゃないの? 狐? もしかして狼!?」

エリカ「ちょっと! いい加減にしないと……」

まほ「待てエリカ」

みほ「え……逸見さん?」ビク

まほ「いや、そうじゃなくて……」

エリカ「隊長! どういうことですか!?」

まほ「言っただろう。車の中で」

みほ「え?」

まほ「みほに言ったんじゃない……」

みほ「でもここには私しか……」

エリカ「あ、あれって冗談じゃなかったんですか!?」

まほ「冗談じゃないんだ」

みほ「お姉ちゃん?」

エリカ「そんな……どういうことなんですか!?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:27:39.92 ID:7WIOhE180


みほ「お姉ちゃん、大丈夫?」

エリカ「隊長……」

まほ「みほ、一旦出てくれ」

みほ「え……ごめんなさい、私何か……」

まほ「違うんだ、ちょっと色々あって」

みほ「……分かった」

まほ「すまない。すぐ済むから」

みほ「うん……」

まほ「で、エリカ」

エリカ「は、はい…」

まほ「まぁその、今の通りなんだが……私にもなぜだかさっぱり分からない」

エリカ「……」

まほ「どうやら、私以外の人には犬にしか見えないらしい」

エリカ「な、治るんでしょうか……?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:31:52.31 ID:7WIOhE180


まほ「原因が分からないと何も言えない……そもそも、こんなことが起こるなんて」

エリカ「すみません……」

まほ「いや、エリカが悪いんじゃない。学校に居ると厄介と思って連れてきたが」

まほ「まさか、みほが帰ってくるとは…」

エリカ「あ、あの。私なら寮に戻っても……」

まほ「2足歩行の犬が居たら大騒ぎだ。それに、そのままじゃ普通の生活も出来ないだろう」

エリカ「それは……」

まほ「私も力になるから、解決するまでは家にいていい」

エリカ「隊長//」

まほ「ただし、その……家にいる間は犬の振りを頼む」

エリカ「い、犬の振り……」

まほ「みんなエリカだって分からない上に、説明しても恐らく無駄だろう」

まほ「変に騒ぎを大きくするよりは……エリカには辛いだろうが」

エリカ「……」

エリカ(犬として生活する……そんな人として…)


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:34:46.39 ID:7WIOhE180


エリカ(でも、それさえ我慢すれば隊長と……//)

エリカ(な、悩む……)

まほ「無理ならいいんだ」

エリカ「い、いえ、大丈夫です!」

まほ「そうか」

まほ「だとしても、他の人間には知られない方がいいな」

まほ「みほが何か言う前に止めてくるよ」

エリカ「は、はい」

まほ「少し待ってて」

エリカ(勢いで言っちゃったけど……犬…)

エリカ(私、どうなるんだろう……)

エリカ(もう戻らない、なんてことは…)

エリカ(大丈夫…隊長がいるもの……)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:38:28.43 ID:7WIOhE180


まほ「お待たせ」

まほ「はぁ……やっと落ち着ける」

エリカ「隊長……」

まほ「みほには誰にも言うなと言っておいた」

まほ「とりあえずは大丈夫だろう」

エリカ「そ、そうですか」

まほ「それと、基本的にはこの部屋に居るようにしてくれ」

まほ「お母様に見つかったら追い出されるかも知れない」

エリカ「わ、分かりました」

エリカ(ってことは、1日中隊長の部屋に……犬も悪くないかも知れない)

まほ「どうした? にやけてるぞ?」

エリカ「あ、いえ、なんでもないです//」

菊代「お嬢様、お夕飯の時間ですよ」

まほ「はい、すぐ行きます」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:41:21.35 ID:7WIOhE180


まほ「すまない、また待っててくれ」

エリカ「はい」

エリカ(夕飯……つまり、しばらく戻らない…)ソワソワ

エリカ(目の前には隊長のベッド……)

エリカ(よ、寄りかかるだけ…)ポフ

エリカ(な、なに緊張してるのよ…このくらいで…)ドキドキ

エリカ(……)

エリカ(大丈夫、バレはしない)

エリカ(……//)クンクン

エリカ(あぁ///隊長…)

 ガチャ

みほ「あ、ダメだよー」

エリカ「っ!」ドキ

みほ「ベッドに悪戯しちゃ」

エリカ「あ、あああの、これはその…えっと////」ワタワタ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:44:09.41 ID:7WIOhE180


みほ「喉渇くといけないから、お水持ってきたよ」コト

エリカ「え……そっか、危なかったわ…」

みほ「ご飯はあとでお姉ちゃんが持ってきてくれるみたいだから」ナデナデ

エリカ「あっ…ちょっと//」

みほ「それまで我慢してね」

みほ「それじゃ、騒いじゃだめだよー」バタン

エリカ「……」

エリカ(死ぬかと思った…)

エリカ(おとなしく待ったほうがいいわね…)

エリカ「……」

エリカ「Auf der Heide bluht ein kleines Blumelein…♪」

エリカ「……暇」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:48:36.88 ID:7WIOhE180


エリカ「……」

エリカ「遅いなぁ……」

 ガチャ

まほ「すまない、待たせたな」

エリカ「た、隊長! いえ、全然大丈夫です」

まほ「そう。ならよかった」

まほ「それと、こんなのしかなくて悪いけど」

エリカ「カップ麺…?」

まほ「お腹空いてるだろ?」

エリカ「そ、そんなお気遣いなく……」グゥゥ

エリカ「あ…/// すみません…頂きます//」

まほ「うん」

エリカ「あの……あんまり見られてると恥ずかしいんですけど//」

まほ「ああ、すまん。他にやることもなくてな」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:51:24.62 ID:7WIOhE180


エリカ「元副隊長はどうしたんです?」

まほ「みほなら、お母様に優勝の報告をしている」

エリカ「そうですか……」

まほ「成長したよ、ほんと」

エリカ「……」

まほ「どうした?」

エリカ「なんでもありません」

まほ「ならいいが……さて、風呂にでも入るか」

エリカ「はい」

まほ「ん? 何座ってるんだ? エリカも入れ」

エリカ「えっいや、あの……」

まほ「犬は勝手に入らんし、エリカもそのままじゃ嫌だろう」

まほ「着替えは私のを使っていいから」

エリカ(た、隊長とお風呂……///)

エリカ「は、はい!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:54:50.75 ID:7WIOhE180


まほ「それじゃあ、見つからないように」

エリカ「はい」

まほ「ここ、早く入って」

まほ「ふぅ……あとは帰りか…」

エリカ「すみません…」

まほ「気にするな。さ、入るぞ」ヌギヌギ

エリカ「はい///」スルスル

まほ「2人だと狭いかもしれないが、そこは勘弁してくれ」ガラ

エリカ(広っ…)

エリカ「そ、そんな、広いですよ」

まほ「そうだろうか?」

エリカ「そうなんです」

まほ「まぁいい。風邪引く前に入るぞ」

エリカ(隊長の裸……//)


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:58:40.97 ID:7WIOhE180


まほ「はぁ……気持ちいい…」チャポン

エリカ「……////」

まほ「やっぱり2人だと狭いだろう」

エリカ「いえ…///」

エリカ(た、隊長が近い//)

エリカ(お、落ち着いて……)

まほ「身体洗ってくる」

エリカ「は、はぃ」

まほ「……」ゴシゴシ

エリカ「あ、あの……もし良ければ背中流しますよ?」

エリカ(って何言ってるの私…//)

まほ「頼むよ」

エリカ(ぇええ…// そんなあっさり)

エリカ(そ、そうよね、後輩が背中流すだけだもの…)


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:02:36.13 ID:v2jJuxdb0


エリカ「し、失礼します」

エリカ(わぁ…肌綺麗……)ゴシゴシ

エリカ(……)

エリカ(……///)ゴシゴシ

まほ「エリカ、もういいよ」

まほ「座って。次は私が洗ってあげる」

エリカ「ぇ//あ、はい」

まほ「どう?」ゴシゴシ

エリカ「はい//気持ちいいです///」

まほ「そう」ゴシゴシ

エリカ(////)

 ・
 ・
 ・


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:06:56.19 ID:v2jJuxdb0


エリカ(はぁ……幸せだった///)

エリカ(ふふ//隊長のパジャマ//)ヒラヒラ

まほ「さて、寝るにはまだ早いし」

エリカ(隊長と2人きり//)

まほ「せっかくだから今後の練習プランについて――」

 コンコン

みほ「お姉ちゃん、入るよ?」

まほ「ん? ああ」

みほ「えへへ//お姉ちゃん」

エリカ「……」ギロ

まほ「……おい」

エリカ「……」

みほ「どうしたの?」

まほ「なんでもない。みほこそどうしたの?」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:11:17.74 ID:v2jJuxdb0


みほ「ちょっとお話ししたいなって」

まほ「そう」

みほ「うん。こうして2人でお話し出来るの久しぶりだし」

エリカ「……」

まほ「2人で…」

みほ「うん!」

エリカ「私、出てますね」

まほ「……」コクン

みほ「あれ? わんちゃん出て行っちゃうよ」

まほ「いいんだ」

みほ「でも、お母さんに見つかったら」

まほ「大丈夫」

みほ「そうなの?」

まほ「そう、だから座って」

みほ「ありがと」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:15:22.12 ID:v2jJuxdb0


エリカ(……)

エリカ(邪魔しちゃ悪いと思ったけど……寒い)フルフル

エリカ(どうしよう、戻ろうかな?)チラ

エリカ(いやでも、隊長だって2人で話したいだろうし)

エリカ(私よりも西住さんのほうが大切よね……)

エリカ(妹なんだから……)

みほ「……」

まほ「……みほ?」

みほ「あはは…緊張しちゃって…」

まほ「緊張……?」

みほ「おかしいよね……お姉ちゃんと話すだけなのに」

まほ「……」

まほ「……すまない」

みほ「え…お姉ちゃん? なんで謝るの?」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:20:20.23 ID:v2jJuxdb0


まほ「あんなに追い詰められてたのに…」

まほ「助けてあげられなかった」

まほ「何もしてあげられなかった」

みほ「そんなこと……」

まほ「ごめんなさい…」

みほ「謝らないでよ…」

まほ「ごめん……」

みほ「もういいの!」ギュウ

みほ「もういいから…」

みほ「西住の長女だもん。仕方ないよ」

まほ「みほ…」

みほ「謝るのは私のほうだよ。ごめんね」

まほ「……」

みほ「元々は私の失敗が原因だし…」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:25:22.44 ID:v2jJuxdb0


まほ「でもあれは……確かに西住流としては褒められたことじゃないけど」

まほ「そうじゃない、その…みほらしいというか」

まほ「私は、そんなみほの戦車道を応援したい」

みほ「……お姉ちゃん」

まほ「西住流は私が継ぐから、安心して今のやり方を続けて欲しい」

みほ「でも、それじゃお姉ちゃんが…」

まほ「私は、今のこのやり方しか出来ないから」

まほ「適材適所、ね?」

みほ「だけど……私だって西住の人間だし」

みほ「私のやり方が西住流だと思われたらまた…お母さんとお姉ちゃんに迷惑が」

まほ「それなら、結婚して苗字変えればいい」

みほ「ええ!? そんな……気が早いよ!」

まほ「いい人はいないの?」

みほ「だって、うち女子校だし」

まほ「まぁ…確かに」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:29:32.28 ID:v2jJuxdb0


みほ「そういうお姉ちゃんはどうなの?」

まほ「私か!? いや、別にそんな人は///」

みほ「ホントに?」

まほ「ああ//」

みほ「えへへ、やっと姉妹らしい話が出来たね」

まほ「もう緊張しない?」

みほ「うん」

まほ「そう、っ――」

みほ「謝るの禁止! もう気にしなくていいんだよ」

みほ「大洗のみんなはいい人ばかりだし」

みほ「お母さんにも認めて貰ったし、結果的に転校して良かったのかもって思ってるから」

まほ「……ありがとう」

みほ「もう、なんでお礼なの……?」

まほ「なんでだろうな」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:33:37.43 ID:v2jJuxdb0


みほ「ふふっ…お姉ちゃん大好き」ギュウ

まほ「ちょっと態度が変わりすぎじゃない…?」

みほ「いいの」

まほ「まったく」ナデナデ

みほ「えへへ」

まほ「それじゃあ、みほの学校のこと教えて」

みほ「うん! えっとね、最初に友だちになったのが――」

エリカ「くしゅんっ……」

エリカ(そろそろ限界……)カタカタ

みほ「ねぇ、わんちゃん入れてあげようよ」

エリカ(っ!)

まほ「みほがいいなら、構わないけど」

みほ「えへへ、おいで」ガチャ

エリカ「べ、別に嬉しくなんてないから…」

エリカ(廊下寒かった……)


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:37:32.89 ID:v2jJuxdb0


みほ「うわっ冷た……大丈夫だった?」ナデナデ

エリカ「ちょ……」

みほ「可愛いなぁ」ギュウ

エリカ「あなた、いい加減に…」

みほ「ほら、暴れないでこっちおいで」グイ

エリカ「だからぁ…」

みほ「ごめんね? 寒かったよね」ワシャワシャ

エリカ「うぅ……」

まほ(なんだろう、すごい違和感…)

みほ「それで、最初は沙織さんと華さんが話しかけてくれて」

みほ「あ、Ⅳ号の通信手と砲手してる人ね」ナデナデ

エリカ「…///」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:41:51.39 ID:v2jJuxdb0


 ・
 ・
 ・

みほ「それからね……みんなでシュルツェン付けて…」ワシャワシャ

まほ「みほ、もう遅いから続きは明日に」

みほ「うん……お休みなさい、お姉ちゃん」

まほ「お休み」

みほ「わんちゃんもお休み」

エリカ「っ////」プイ

みほ「そうだ、ひとつだけ聞いていい?」

まほ「なに?」

みほ「その、逸見さんなんだけど……やっぱり嫌われてるのかな?」

エリカ「え……」ドキ

まほ「……良くは思ってないようだな」

みほ「そっか…」

エリカ「……」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:46:01.95 ID:v2jJuxdb0


まほ「どうしたの?」

みほ「何でもないの、試合の後は普通だったから…」

まほ「そう……」

みほ「お休みなさい」

まほ「お休み」

エリカ「……」

まほ「私も今まで聞かなかったが、どうして?」

まほ「何故みほに冷たく当たる?」

エリカ「それは……」

まほ「去年の失敗のせい?」

エリカ「……はい」

まほ「なら、そろそろ許してくれないか?」

まほ「みほだって、もう十分すぎるほど苦しんだ…」

エリカ「それは分かってます……」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:50:20.05 ID:v2jJuxdb0


まほ「それなら何故……?」

エリカ「……」

まほ「言えないか……」

エリカ「あ、あの人は……西住流に…いえ、隊長の顔に泥を塗るようなことを」

エリカ「今だって、あんな甘い戦い方で隊長なんかやって」

まほ「……それが気に入らない?」

エリカ「それだけじゃ……」

まほ「はっきり言って」

エリカ「……っ」グッ

エリカ「私が……私が、隊長のこと好きだから…」

まほ「えっ」ドキ

エリカ「私よりもずっと隊長に近いところにいて、隊長に想われて…」

エリカ「それが羨ましかった……妬んだりもしました…」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:54:38.20 ID:v2jJuxdb0


エリカ「なのに、あんな結果を残したあげく転校……」

エリカ「そんなの、どう許せって言うんですか……?」ポロポロ

まほ「エリカ……」

エリカ「っうぅ……ぇぐっ…っ…」

まほ「ありがとう」ギュウ

エリカ「え…た、隊長…?///」

まほ「私もエリカが好きだ」

エリカ「……そんな…冗談はやめてください」

まほ「冗談でこんなことは言わない」

エリカ「でも…私なんて……」

まほ「思えば、エリカはいつも私の側についてくれてた」

まほ「私に非がある時でさえ私を庇ってくれた」

まほ「だから、私は前だけを見て進むことが出来た」

エリカ「……」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 00:58:58.70 ID:v2jJuxdb0


まほ「でも、その……なんだ、それだけじゃ嫌というか」

まほ「副官じゃなく、エリカとして支えて欲しいというか」

まほ「肯定するだけじゃなくて、間違えたら正して欲しいというか……」

まほ「と、とにかく、私はエリカが好きだ…っ///」カァァ

エリカ「隊長……隊長っ!!」ギュウ

エリカ「ほんとに…ほんとですよね!? 嘘なんかじゃないですよね?」

まほ「嘘を言ってどうする」

エリカ「嬉しいです…っ…私…」グス

まほ「泣くな」ナデナデ

エリカ「でも……でもっ…うぅっ」

まほ「なら、黙らせる」チュウ

エリカ「んっ……」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 01:05:56.62 ID:v2jJuxdb0


まほ「んむ……ん…」

エリカ「っはぁ……隊長ぉ…///」

まほ「名前で呼んで」

エリカ「ま、まほさん……///」

まほ「エリカ///」ガバ

エリカ「あっ……だめです…そんな…」

まほ「なんで?」スッ

エリカ「だって…んぅ…こんないきなりっ…///」

まほ「嫌?」

エリカ「それはっ…ぁ…んっ…」

まほ「好きだ、エリカ」

エリカ「っ//ずるいです……っあ…ん」

みほ「お姉ちゃん、一緒に寝ても…」ソ~


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 01:10:39.45 ID:v2jJuxdb0


エリカ「ぁっ…んんぅっ……!…だめっ…///」ビク

まほ「ふふ、イきそう…?」

みほ「……」パタン

みほ「私は何も見てない、何も見てない」

みほ「というか……あれ逸見さん?」

みほ「ううん。忘れよう……」

エリカ「んぁっ…っ……ぁっ……!!!」ビクン

エリカ「っはぁ…んぅっはぁ……」

まほ「声、よく我慢したね」ナデナデ

エリカ「ひ、酷いですよ……っ…はぁ…」

まほ「次は一緒に…ね」

エリカ「ま、まだだめっ……あっん…」

まほ「んっ……んぁっ……っ…」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 01:15:09.78 ID:v2jJuxdb0


 ・
 ・
 ・

エリカ「ん……ふぁ…」

まほ「おはよう」

エリカ「……っ! お、おはようございます」ドキドキ

まほ「昨日はすぐ寝るんだから……」

エリカ「だ、だって隊……まほさんが…」

まほ「あ、あれはやり過ぎたと思ってる…すまん」

エリカ「次は…も、もっと優しくしてください」

まほ「うん」

 コンコン

みほ「お姉ちゃん? 起きてる?」

まほ「ああ」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 01:21:09.76 ID:v2jJuxdb0


みほ「入るよ」ガチャ

エリカ(犬の振り、犬の振り……)

みほ「おはよう、お姉ちゃん」

まほ「おはよう」

まほ「どうしたの?」

みほ「あのね、えっと……」チラ

まほ「?」

みほ「い、逸見さんだよね…? 犬みたいな座り方してるけど」

エリカ「えっ!?」ドキ

まほ「なに…っ」

みほ「うん……その方がいいや。さすがに犬とはちょっと…」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 01:27:28.05 ID:v2jJuxdb0


みほ「それだけだから、誰にも言わないから…えぇと、お幸せにっ!」バタン

まほ「ちょ、ちょっと待って……それって//」

エリカ「み、見られてた…?///」

まほ「……良かったな……元に戻って」

エリカ「余計に悪いですよ!」

まほ「き、気にしてはだめだ。みほはいい子だから大丈夫……」

エリカ「うぅ…恥ずかしすぎる///」

まほ「みほ、引いてたな……」

エリカ「だって、昨日までは私、犬でしたし」

まほ「ってことは待て、私のイメージが大変なことになる」

エリカ「で、でもあの時点で戻ってたかも知れませんし」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 01:31:29.79 ID:v2jJuxdb0


まほ「と、とにかく何を見たか問いただすぞ!」

エリカ「はい!」

まほ「それと、みほのことは妹として大切なだけだから」

まほ「変に気を置かなくてもいい」

エリカ「わ、わかってますよ//」

エリカ「後で謝っておきますから……今までのこと」

 おわり

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。