おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真「ボクより強いアイドルに会いに行く」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 20:33:58.72 ID:pK7ZAR4x0
ガチャッ


P「おはようございまーす」


小鳥「はい、申し訳ありません……ただいま代わりを行かせましたので、はい……」

P「……?」

小鳥「では、そういうことで……はい、失礼します……」ガチャン

P「音無さん、どうかしたんですか?」

小鳥「あぁ、プロデューサーさん……ちょっと見てくださいよ、これ」

P「ん、なになに……」


『ボクより強いアイドルに会いに行く 真』


P「」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 20:36:09.31 ID:pK7ZAR4x0
P「なんですか、これは……」

小鳥「なんですか、と言われても……」

P「真に連絡は?」

小鳥「……繋がりません」

P「今日のバラエティの収録は?」

小鳥「響ちゃんに行ってもらいました」

P「取材も入ってたけど……」

小鳥「取材は、雪歩ちゃん一人でどうにか……」


P「……じゃあ、穴埋めは大丈夫そうですね」

小鳥「はい、なんとか……」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 20:39:41.89 ID:pK7ZAR4x0
P「……で、真は何やってるんでしょうか?」

小鳥「さぁ……中二病でもこじらせたんですかね?」

P「マジか……」

小鳥「プロデューサーさん、何か心当たりとかあります?」

P「……うーん、真の中二病を手助けした覚えはないんですけど……」

小鳥「ですよね……」

P「音無さんは何かありませんか?」

小鳥「私ですか?うーん……」



小鳥「そういえばこの前、真ちゃんとスト4で遊びました」

P「それだ」

小鳥「ええっ!?」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 20:42:21.44 ID:pK7ZAR4x0
P「俺より強い奴に……ってやつですよね、それ」

小鳥「そんな所から影響受けるんですか……?」

P「中二病を侮っちゃいけません」

小鳥(経験者なのかしら……)

P「……どんな風にスト4やってたんですか?」

小鳥「あ、ええっと……」


――――

――


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 20:45:30.49 ID:pK7ZAR4x0
小鳥『……はぁ、暇だわ』ガチャガチャ

小鳥『オンゲー色々やったけど……一周回ってまたスト4に来たわね』ガチャガチャ

小鳥『……』ガチャガチャ


真『おはようございまーす!』

小鳥『あ、真ちゃんおはよう』ガチャガチャ

真『小鳥さん、何やってるんですか?』

小鳥『スト4よ……ほら、ゲーセンにあるやつ』

真『あぁ、それならボク強いんですよ!ちょっとやりましょうよ!』


小鳥『…………ほう?』


――――


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 20:48:31.00 ID:pK7ZAR4x0
P「……で、ボッコボコにしたと」

小鳥「だって、真ちゃんも自信ありげだったから……」

P「なんで手加減してやらないんですか……しかも、音からしてアケステですよね」

小鳥「手に馴染むので……」

P「というか、職場でゲームしてるのがまずおかしくないですか?」

小鳥「そりゃゲーセンには行けないし…………はい、すいません」

P「まったく……」

小鳥「……」

P「……」


P「……それが原因なんでしょうか?」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 20:51:19.51 ID:pK7ZAR4x0
小鳥「さぁ……?」

P「普通、格ゲーでボコられたぐらいで出ていきますかね」

小鳥「中二病侮り難しって、さっきプロデューサーさんも言ってたじゃないですか」

P「まぁ、そうですけど……」

小鳥「……プロデューサーさん、ホントに心当たり無いんですか?」

P「え?うーん……」



P「そういえばこの前、真と恋バナしました」

小鳥「それだ」

P「ええっ!?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 20:54:31.94 ID:pK7ZAR4x0
小鳥「分かりましたよ、その恋バナでなんかぶち込んだんですね!」

P「音無さん、言葉が汚いです」

小鳥「……コホン」

P「でも、特に何も無かったと思うけどなぁ……」

小鳥「どんなこと話したんですか?」

P「あ、ええっと……」


――――

――


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 20:57:29.72 ID:pK7ZAR4x0
真『はぁ……』

P『どうした真、元気ないな』

真『あ、プロデューサー……』

P『失恋でもしたか?』

真『あはは、そんなことないですよ』

P『そうか?』

真『はい』

P『……好きな人でもできた?』

真『は……ははっ、そんなことないですよー』

P『図星だな』


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:00:24.23 ID:pK7ZAR4x0
P『相手は誰だ?学校の先輩か?』

真『ちょっ、プロデューサー……』

P『……よし、質問を変えよう』


P『好きなタイプは?』

真『え?』

P『好きなタイプだ』

真『え、ええっと……優しい人、ですかね?』

P『なるほど……』

真『……じゃ、じゃあ、プロデューサーの好きなタイプは何ですか?』

P『え、俺?』

真『はい』

P『うーん……』


P『……強い人、かな?』


――――


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:01:17.29 ID:sRlN1eLo0
あかん


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:02:10.77 ID:LLk7s3AjP
ワロタ


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:03:14.67 ID:pK7ZAR4x0
小鳥「それだぁああーー!!」バン

P「わっ!?」

小鳥「それですよプロデューサーさん!それしかありません!」

P「ちょっ、落ち着いて……」

小鳥「……はぁ、はぁ」

P「どういうことです?それしかないっていうのは……」

小鳥「それはもうあれですよ!恋する乙女ですよ!」

P「恋する乙女……?」

小鳥「侮り難し!」

P「……??」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:06:38.95 ID:pK7ZAR4x0
小鳥「いいですか、プロデューサーさん」

P「は、はい」

小鳥「真ちゃんは、落ち込んでいました」

P「なんでですか?」

小鳥「それは……多分、私にボコられたからでしょう」

P「……」

小鳥「自信のあった格ゲーでフルボッコにされ、ボクはなんて弱いんだ……とへこんでいたんです」

P「なるほど……」

小鳥「それに加えて、憧れのプロデューサーは強い人がお好きだと言うではないか」

小鳥「真ちゃんは思ったんです……強くならなきゃ、って」


P「…………それで、ですか」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:09:22.54 ID:pK7ZAR4x0
P「それじゃ、真は今……」

小鳥「自分より強いアイドルを探しているでしょうね」

P「……」


P「……そんな人、います?」

小鳥「いるんですかね……?」

P「というか、狙われたアイドルが危ないですよ、これ」

小鳥「真ちゃん、リアルストリートファイターみたいですもんね……」


P「……」

小鳥「……」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:13:09.42 ID:pK7ZAR4x0
真「……」

真(事務所を飛び出してきたのはいいけど……ボクより強いアイドルってどこにいるんだろう)

真(そもそも、こんなことしても……)


真「……」


真(いや、弱音を吐くな)

真(考え方を変えよう……今もっとも強いアイドルは?)

真「……」



真「……」ポパピプペ

真「もしもし、春香?ちょっと教えてほしいんだけどさ――――」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:17:25.67 ID:pK7ZAR4x0
冬馬「ふー、今日も疲れたな」

翔太「なんかオッサンくさいよ、冬馬くん」

冬馬「なんだと?」

北斗「まぁ、最近忙しいからな……」

翔太「学校とか行けてないよねー」

冬馬「だよな……」カチカチ

北斗「おっ、冬馬、彼女か?」

冬馬「ばっ……見んな!ちげーよ!」

翔太「誰だっけ、765プ」ドスン


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:20:27.10 ID:pK7ZAR4x0
北斗(……何が起こったのか、まるで分からなかった)


北斗(いつものように話していたはずの翔太が、消えたのだ)

北斗(いや、消えたんじゃない)

北斗(吹っ飛んだ……というより、吹っ飛ばされた?)


北斗(ようやく理解しかけた……が、少し遅かった)


「ちょっと、ごめんよ?」


北斗(視界が、暗転した)

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:23:28.46 ID:pK7ZAR4x0
冬馬(突然翔太が消えた、次の瞬間……北斗も消えた)

冬馬(突然すぎて、何も反応できない)

冬馬(これは……夢なのか?)


「ねぇねぇ、そこのキミ」


冬馬(夢だとしたら……)


真「ジュピターの天ヶ瀬冬馬くん……だよね?」




冬馬(……とんでもない悪夢だ)


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:26:40.21 ID:pK7ZAR4x0
冬馬「お前……確か、765プロの」

真「あ、知ってる?えへへ、ボクも有名になったなぁ」

冬馬「……」

真「……ねぇ、大丈夫?すごい顔してるけど」

冬馬「……どういうつもりだ?」

真「やだなぁ、そんな睨まないでよ」

冬馬「てめぇ……!」


真「……ちょっと、最強のアイドルになりに来ただけさ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:29:37.99 ID:pK7ZAR4x0
冬馬「…………は?」


真「いや、だってジュピターはトップアイドルだろ?」

真「ジュピターを倒せば、ボクが最強ってことじゃないか」

真「そうすれば……ふふっ」


冬馬(何だ……何なんだ、こいつは)

真「でも、冬馬くんは春香のお気に入りだからなー」

冬馬「やめろ……来るな……」

真「……大丈夫、後遺症を残さないようにはしといてあげるよ」

冬馬「……っ」ゾクッ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:32:27.40 ID:pK7ZAR4x0
真「よーっし……それじゃ」

冬馬(あぁ……これまで、か)





「「ちょっと待ったぁー!!」」





真「……え?」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:35:15.25 ID:pK7ZAR4x0
春香「よかった……間に合った」

貴音「たくしぃとは、まこと素早いのですね」


真「春香?それに……貴音さんも」

P「俺が呼んだんだ」

真「プ、プロデューサー!?」

P「まったく……真の中二病にも困ったもんだな」

冬馬「おい……どういうことだ、これは」

P「こっちの問題だ……巻き込んで悪かった」

冬馬「……」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:38:18.24 ID:pK7ZAR4x0
真「どうしてここが……」

P「春香が連絡くれたんだ。真に、ジュピターの居場所を聞かれたってな」

P「あ、ちなみに音無さんは事務所で留守番してるぞ」

真「……」


P「……真、もう終わりにしよう」

春香「……帰ろう?765プロに」

貴音「誰にでも過ちはあるものです」

真「……」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:41:21.72 ID:pK7ZAR4x0
真「……ごめんなさい、プロデューサー。ごめん、みんな」

春香「真……」

真「ボクは……」



真「……もう、引き返せない」


冬馬「えっ?ちょっ、おま」

真「うおぉおおっ!!」


ブン  ドサッ


冬馬「……え?」

貴音「そんな行為は……許しませんよ、真」

P(貴音連れてきて良かった……)


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:44:37.14 ID:pK7ZAR4x0
真「いてて……でも、投げられたぐらいで」

P「真!」

真「……プロデューサー?」

P「ごめん、俺のせいで変な誤解をさせちゃったな」

真「誤解……ですか」


P「好きなタイプは強い人、って言っただろ?」

真「はい」

P「別にあれは、ケンカが強い人が好きって訳じゃないんだ」

真「はい……え?」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:47:37.55 ID:pK7ZAR4x0
P「強い人っていうのは、心の強い人……強い意志を持ってる人って意味のつもりだった」

P「……まぁ、真もある意味意志が強いけどな」

真「じゃあ、ボク……なんかすごい勘違いを……」

P「まぁ……そうだな……」

真「……」


真「プロデューサー……本当にごめんなさい!色々迷惑かけちゃって……」

P「ん……まぁ、分かればいいんだ。後で、響と雪歩にもお礼言っとけよ?」

真「は、はいっ!」

P「よし、それじゃ……帰ろうか、みんな」



P(……治療費、どれぐらいかなぁ)


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:50:32.43 ID:pK7ZAR4x0
真「……」

真(……強い人、かぁ……)


貴音「真、少しいいですか?」

真「あ、貴音さん」

貴音「想い人のために努力する、というのはよいことだと思います」

真「お……想い人!?」

貴音「正しいことをしていれば、ですが」

真「うっ……」

貴音「さぁ、帰りましょう。……応援していますよ、真」



真「……」

真(……正しいこと、かぁ……)


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 21:54:26.54 ID:pK7ZAR4x0
――翌日――


ガチャッ


P「おはようございまーす」


小鳥「はい、申し訳ありません……はい、そういうことで……はい」

P「……」

小鳥「はい……本当に申し訳ありません、はい、失礼します」ガチャン

P「音無さん……まさか……」

小鳥「……これを」


『花嫁修行に行ってきます! 真』


P「……そうきたか」



おわり

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

良作age

真に合気道や古武術教えたら誰も止められなくなるな、空手?だけでアレだし…
芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。