おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春上「一方通行は私が倒すの~」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/15(日) 17:00:34.05 ID:cw0VqlWj0
春上「知ってしまったの~」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 17:12:31.56 ID:cw0VqlWj0
春上「この前初春さんと、佐天さんと、御坂さんと白井さんの寮に行ったの~」

春上「御坂さんは用事でいなかったの~」

春上「そのとき見つけちゃったの~」

春上「『絶対能力者進化実験』の書類なの~」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 17:16:27.12 ID:cw0VqlWj0
春上「恐ろしい内容なの~」

春上「怖いの~」

春上「みんなにはまだ言ってないの~」

春上「御坂さんには、死んでも返しきれない恩があるの~」

春上「私が、やるなしかないの~」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 17:38:45.21 ID:cw0VqlWj0
—–病院—–

春上「こんにちはなの~」

???「君か…見舞いにでも来てくれたのか?」

春上「木山先生!今日はお願いがあって来たの~」

木山「なんだい?君たちには恩がある、出来る限りの事はしてあげたいが」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 17:48:43.55 ID:cw0VqlWj0
春上「私をレベル6にして欲しいの~」

木山「!?」

木山「どういう事だい?テレスティーナの実験を引き継げという訳か?」

春上「どうしょもない理由があるの~」ボロボロ

春上「もう、私がレベル6になるしか方法がないの~」ボロボロ

春上「ダメ…..かな….」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 17:56:34.89 ID:cw0VqlWj0
木山「なぜ….そんな事を….」

木山「まさか…!!」ハッ

木山「そうか…彼女だね…御坂美琴の為か…」

春上「!!木山先生は知ってたの~?」

木山「ああ、そうさ、そもそもレベルアッパー自体、彼女らのネットワークを参考にして作り上げたものだからな」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 18:39:32.28 ID:cw0VqlWj0
春上「それじゃぁ….」

木山「君の考えはわかった」

木山「つまり君がレベル6になる事で、絶対能力者進化実験の意義を無くし、中止させようという訳だな」

春上「そうなの~」

木山「だがその計画には、二つ問題が
ある」

木山「まず、君がレベル6になれるとは限らない。そして、レベル6になっても実験が止まるとは限らないという事だ」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 18:48:17.58 ID:cw0VqlWj0
木山「あの能力体結晶は不十分なものだ。たとえ、私がいくら頑張ったとしても君を安全にレベル6になれる保証は全くない」

木山「そして、君がレベル6になったからといって、絶対能力者進化実験は止まらない」

木山「たとえ一人のレベル6が誕生したからといってもう一人の作成をやめる理由にはならない」

木山「つまり、あの実験を止めるには君がレベル6になり、一方通行を『倒す』所までやらなければならないということだ」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 18:52:34.38 ID:cw0VqlWj0
木山「そして、たとえ一方通行を倒せたとしても、研究者達は黙っていないだろう」

木山「君を研究材料として使う為にあらゆる手段をとってくるだろう」

木山「これらの大きな問題がある以上君の考えは自殺しにいくようなもんだ」

木山「だから、私は協力する事は出来ない」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 18:58:38.19 ID:cw0VqlWj0
春上「だったらどうしたらいいの~?」

春上「じゃあどうしたら御坂さんを助けられるの~」

木山「・・・」

春上「御坂さんがいなかったら枝先さんもみんなも苦しんだままだったの~」

春上「私は、このまま恩も返せずに恩人が苦しんでいるのを黙って見ているなんて出来ないの~」

春上「先生の教え子達が助かったのもみんな御坂さんのおかげなの~」

春上「私は、御坂さんを助けたい。たとえ自分がどうなろうとも、御坂さんを助けるのをやめるわけにはいけないの~」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 19:01:52.46 ID:cw0VqlWj0
木山「・・・わかった」

木山「君の熱意には負けたよ」

木山「私もベストを尽くす」

木山「研究が完成したらすぐ知らせるよ」

春上「ありがとうなの~」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 19:05:36.10 ID:cw0VqlWj0
—–3日後——

春上「木山先生から結晶を渡されたの~」

春上「でも、これを使ってうまく行くかは全然わからないらしいの~」

春上「でも、使うしかないの~」

春上「御坂さんを助けるの~」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2013/09/15(日) 19:10:31.31 ID:cw0VqlWj0
—–橋の上—–

春上「あっ!御坂さんなの~」

春上「御坂さん~」ブンブン

御坂「春上さん!どうしたのこんな夜遅くに?」

春上「そういう御坂さんこそなの~?
もう、完全下校時刻はすぎてるの~白井さんも心配なの~」

御坂「・・・ちょっとね・・・いろいろあってね・・・でもそれも今日で終わり。なんの問題もないわ」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 19:16:05.94 ID:cw0VqlWj0
春上「絶対能力者進化実験なの~?」

御坂「!!!春上さん!どうしてそれを!!!」

春上「ごめんね、見つけちゃたの~御坂さんの部屋で」

御坂「そう・・・見たのね・・・」

御坂「それで、私の事どう思った?軽蔑した?そうよね、私がDNAマップを提供したからこんなことになったんだからね」

春上「心配したの!!御坂さんのこと心配したの!!!」

春上「御坂さんは私の恩人なの!!!こんな実験許せないの!!!」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 19:22:28.97 ID:cw0VqlWj0
御坂「・・・そうか」

御坂「でも、どうする事も出来ないよね・・・春上さんには・・・」.

御坂「私はかつて一方通行と戦ったことがある。同じレベル5だけど全然かなわなかった。格がちがった」

春上「『 同 じ レ ベ ル 5 』だからなの~」

春上「わたしならなんとか出来るかもしれないの~」

春上「一方通行は私が倒すの~」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 19:28:23.54 ID:cw0VqlWj0
御坂「春上さん?何を言って??・・・」

春上「私は今から実験場へ向うの~」

春上「最後に御坂さんに会えて良かったの~」

春上「じゃあね御坂さん!もう、心配はいらないの~」トットコトットコ

御坂「ちょっと待ちなさいよ!春上さん!」

春上「バイバイなの」トットコトットコ

御坂「・・・行ってしまった・・・」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/15(日) 19:59:56.69 ID:cw0VqlWj0

御坂「って追いかけなきゃまずいっしょ」ダダダダ

—–実験場(コンテナ置き場)—–

ミサカ「第10032実験まで、後15分とミサかは通告します」

一方「あーまだ10032かよ、外での実験になってからペース落ちてンなァ」

「待ったなの~」

一方「あン?」

春上「その実験!ちょっと待ったなの~!!」トットコトットコ

一方「誰だァ?てめェ?」

春上「春上衿衣なの」

一方「だから誰だよ」

御坂「ちょっと春上さん速い」ハァハァ

一方「オリジナル!」

一方「そうかそうか!オリジナルの助っ人で俺を倒しにきたって訳かァ」

一方「バカかてめェ?俺は学園都市第一の能力者だぜ誰がきたって勝てる訳ねェンだよォ」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 20:05:18.53 ID:cw0VqlWj0
春上「レベル6、学園都市の存在意義とも言える存在なの~」スタスタ

春上「それに到達出来るの一方通行、あなただけと言われていたの~」スタスタ

春上「でも、もう一つ実験は存在していたの~」スタスタ

春上「そして、そこでもレベル6が作られようとしていたの~」スタスタ

一方「てめェ何を言って?」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 20:58:28.20 ID:cw0VqlWj0
春上「でも、その実験は凍結されてたの~」スタスタ

春上「だから、その実験が成功するか、しないかは、まだ誰もわからないの~」ピタリ

春上「一方通行!貴方は、自分より強い存在と向き合った事はあるの~?」スチャ

御坂「あれは!!!能力体結晶!!!まさか春上さん!!!!」

春上「見せてあげるの~、これが神ならぬ身に天上の意思に辿り着く力なの~」

『グサリ』

御坂「春上さん!!」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 21:04:50.53 ID:cw0VqlWj0

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

一方「奴の体が光り始めた!!一体何が!!」

な” の” の ”

の”
の”の” の”の”

の” の” の”

春上「な” の” ななののののののののののののののののののの」

御坂「春上さん!!!」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 21:11:19.23 ID:cw0VqlWj0

御坂「一体何が起きているというの….!」

一方「おいおい、こンなンが俺がなろうとしていたレベル6っていうのかよあァン?」

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2013/09/15(日) 21:39:34.33 ID:cw0VqlWj0
御坂「春上さん!!!聞こえているなら返事をして!!春上さん!!!」

春上「な”の”?」

御坂「春上さん….」

春上「な”な”な”な”の”の”の”の”の”のののののの」ギロリ

な”な”な”な”

御坂「うああああああああばばばばばば」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 21:48:12.91 ID:cw0VqlWj0

御坂(私の、記憶が…流れ出ていく!)

ねえ、ママーみてみて~このカエルさんかわいいよ

そうねぇ 美琴ちゃん

君のDNAマップを提供してくれないかなぁ

おめでとう御坂さん貴方はレベル5になったのよ

私の名前は白井黒子と申しますの

まあまあ お姉様じゃありませんの

真っ黒焦げになりなさい!

レベルなんてどうでもいいことじゃない
御坂さん!
木山ーー!

私はただの実験動物ですから 一方通行ですよろしくぅ

グチャ ミサカは・・・

グチャ

お姉様が

御坂「うおおおおおおおお」バチバチ
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 21:56:09.89 ID:cw0VqlWj0
一方「ぐああああばばばばばばば」

一方(俺の記憶が!!!)

ねえ、一緒に遊ばない ???

うぁあ、こいつ髪が白いぞ!悪魔だぁー
ちかよるなー

ううっ

よるなよるな ちかよるなー

おいクソガキ! 調子はどうだ、
木原くン!

打て打て!!!あいつは化け物だ殺せ!!!
やめろ 助けてくれ! 殺さないで
グチャ!

絶対能力者進化実験だァ?

20000体のクローンを『処理』するまで実験は終わらないよ

最強!最強になってやる!!

そうすれば俺は・・・・・

一方「うおおおおおお」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 21:58:57.03 ID:cw0VqlWj0
一方「なんとか、防御できたか」ハァハァ

御坂「春上…さん……」バチバチ

ミサカ「あばばばばばばば」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2013/09/15(日) 22:05:50.84 ID:cw0VqlWj0
春上「な”の”の”の”の”の”の”の”の”の”」

御坂「まずい!出力がどんどんあがっていく!」バチバチ

一方「信じらンねェ!学園都市全体を包みこむ勢いだ!」

ミサカ「あばばばばば、ミサカは、ミサカネットワークにまで 侵入されたと報告しまばばばばば」

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/15(日) 22:15:35.88 ID:cw0VqlWj0

—–常盤台学生寮——

黒子「今日もお姉様は帰ってきませんわ黒子は黒子は心配であばばばばばば」

—–初春の家—–

佐天「今日も春上さんどっかいっいゃったの?」

初春「そうなんですよ心配ですよねうぁあああああばばばばばば」

佐天「初春!?どうしたのぅあぁあばばばばば」

初春「あばばばばばばば」

佐天「あばばばばばばば」

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 22:22:35.46 ID:cw0VqlWj0
—–学園都市の至る所—–

「うばばばばば」

「みんな、どうしたゃにゃーばばばばば」

「結局私たちの勝ちって訳なぐうおおあおあばばばばばばばば」

「超大丈夫ですかばばばばば」

「あばばばばばばば」

「あばばばばばばば」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 22:27:34.32 ID:cw0VqlWj0
—–とある学生寮—–

インデックス「あばばばばばばばば」

上条「ん?どうしたインデックス?急に叫び出してもお代わりはないぞ」

インデックス「あばばばばば」

上条「??大丈夫かよ?」

上条「まさか魔術士か?」

キュイーン

インデックス「はぁはぁ大変なんだよ!」

上条「どうしたインデックス?」

インデックス「魔道書を幾つか奪われちゃったんだよ!!」

上条「何だってー!!!」

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 22:38:42.70 ID:cw0VqlWj0
春上「な”の”……な”の”」ピタ

一方「止まった?」

御坂「春上さん!大丈夫!!私よ御坂美琴よ!!返事をして!春上さん!!」

春上「な”な”な”な”」ピカー

御坂「頭の上に光りが!リング?!」

春上「の”の”のの”の”」

御坂「これじゃまるで、AIMバーストじゃない!!!」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 22:42:33.66 ID:cw0VqlWj0
一方「何だ・・・何なんだこれは・・・
恐ろしい・・・俺はこんな存在になろうとしていたのかよ・・・俺は」

「ねえ、???くんあそぼぉー」

「うん、いいよー」

「うふふふ」 「 あははは」

一方『俺は』

「ねぇ、???くんあそぼー」

「うん、いいな”の”の”の”の”の”の”の”の”の”の”」

「うわーー」 「ちかよるなーー」

一方『こんな存在になる為に、レベル6になろうとしてたわけじゃねえンだよお!!!!!』

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 22:58:01.27 ID:cw0VqlWj0
一方「おい!オリジナル!俺はもう、絶対能力者進化実験はやめる」

御坂「え!?」

一方「薄々は気づいていたンだよ、俺の行き先に希望などないとね」

一方「俺はただ・・・普通の人と同じような、普通な幸せが欲しかっただけなのかもな・・・」

御坂「一方通行!!!」

一方「今まで済まなかったなオリジナル」

一方「俺はまずは、こいつをどうにかしないといけねェな」クイッ

春上「な”の”な”の”な”の”」

一方「この戦い、が終わったら俺は罪を償うつもりだ」

一方「妹達にも済まなかったと言っておいてくれ」

ミサカ「あばばばばばばば」

一方「じゃあ、俺は行くぜ!学園都市第一位の勇姿を目に焼き付けておくンだな」

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 23:06:46.23 ID:cw0VqlWj0
パシッ

御坂「待って!!貴方一人を行かせる訳には、行かない」

御坂「私だってレベル5、それにアレは私の大切な友達の一人なの」

御坂「正直まだ、貴方のことを許した訳じゃない。いきなり実験やめるって言われてもよくわからない。ついていけない。それに、貴方一人に任せたら春上さんを殺してしまうかもしれないじゃない」

御坂「だから、私も一緒に戦う」

御坂「春上さんを助ける為に」

御坂「この学園都市を助ける為に!!」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 23:12:19.71 ID:cw0VqlWj0
一方「ふン、勝手にしろ」

一方「だがな、テメェもアレの強さがわからないわけじゃねえだろ」

一方「俺とテメェの力を合わせても勝てるかなんかわからねェ、そんな存在だ」

一方「自分の命は自分で守るんだな」

御坂「もちろんよ!」

50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/09/15(日) 23:24:07.11 ID:cw0VqlWj0
—–窓のないビル—–

アレイスター「面白いな」

アレイスター「能力体結晶によるレベル6の完成。圧倒的な力でミサカネットワークへの支配権を得る」

アレイスター「そして禁書目録の持つ魔道書をベースに、ミサカネットワークの上位固体としてAIM拡散力場そのものに、人工的な天使の術式を組み込む」

アレイスター「そして、虚数学区五行機関を自ら掌握し、己自身か天使となったというわけか」

アレイスター「素晴らしい、ヒューズカザキリを遥かに超えた存在となったという訳か」

アレイスター「面白い、最高に楽しませてくれるね、春上衿衣は」

59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 12:44:45.59 ID:k+IK5uET0
—–実験場—–

御坂「とりあえず、レールガンを打たせてもらうわ」 ドヒューン

一方「俺は、コンテナを投げつけてやるぜ」ドヒャ、ドヒャ

もくもくもく

春上「な”の”~」バサバサ

御坂「羽が生えて、攻撃から身をを守った!?」

一方「ちッ、化け物め、理論のりの字もわかンねェぜ」

60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:06:47.34 ID:k+IK5uET0
—–上条サイド—–

インデックス「とりあえず外に出るんだよとうま」

上条「おう」

ガチャリ

「あばばばばばばば」

「あばばばばば」

「あばばばばばば」

上条「おい・・・何なんだこれは・・・みんな・・・みんなどうしまったっていうんだよおおおおおお」
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:24:09.43 ID:k+IK5uET0
インデックス「とうま!あれを見て!」

上条「ん?何か光っているものが浮かんでるぞ」

インデックス「私の奪われた魔道書をが使われているんだよ」

上条「おのれ!やはり魔術師か!」

インデックス「少し違うかも、あれはもう魔術師とかそんな存在ではないよ」

インデックス「あれは『天使』なんだよ」

上条「!!!!」

上条「よし、今すぐあそこへ向かうぞ!天使だがなんだか知らんが、その幻想をぶち殺してやる」

65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:48:23.49 ID:k+IK5uET0
—–?????—–

「な”の”な”な”な”な”な”な”の”の”の”の”」

耳をつんざく様な、悲鳴が頭に鳴り響き
私、枝先絆理は目を覚ました。

見渡すと、見知らぬ光景。

そうだ、私は木山先生に頼まれて、春上さんの結晶の実験を手伝ったんだった。

「あばばばば」

「あばばばば」

先ほどとは違う、奇妙な声も聞こえる。

木山先生だ!それに!みんなだ!

枝先「どうしたの!せんせい!大丈夫なの!」

枝先「それに、みんなも!」

木山「あばばば、君か・・・君は、大丈夫だったばばばばばんだなばばばばば」

枝先「先生!」

木山「どうやら、実験はばばばばば」

木山「失敗したようだばばばば」

木山「春上はばばばば」

木山「暴走したばばば」

枝先「そんな!衿衣ちゃんが!」

66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:06:44.09 ID:k+IK5uET0
木山「私はばばばばば」

木山「御坂美琴を救うどころか、春上までばばばば」

枝先「木山せんせい!」

木山「君は、春上とはばばば、特別になかが良かったなばばば」

木山「春上のテレパスも君ととだけはレベル4レベルに達していたはずだばばばば」

木山「だから、君はばばば、春上が暴走した今も普通にしていられるのだろうばばばばば」

木山「頼む、君にしかできないばばばば」

木山「春上衿衣を救ってくればばばば」

枝先「もちろんだよ!」

私は急いで外に出た。

さっきの悲鳴「な”の”な”の”な”」

はやっぱり衿衣ちゃんのだった

衿衣ちゃんには、一生返せない恩がある

テレスティーナの極悪非道な実験

それから助かったのは衿衣ちゃんや木山せんせい、あと御坂さんとかのおかげだ。

今回大変なめに合ってる御坂さん。

を助けようとしている衿衣ちゃん。

の助けをしてくれと木山せんせいに頼まれた時も、私は当然オッケーした。

それが、こんなことになるなんて・・・

「な”の”な”な”な”な”」

また、衿衣ちゃんの悲鳴が頭に響く

空を見上げると何やら光っているものが見える。

枝先「間違いない、あれは衿衣ちゃんだ」

なぜか知らないけど私にはわかった。

私が助けるしかない、私が助けてやる!

私は、あの光目指してかけだしていた。

67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:17:41.03 ID:k+IK5uET0
—–実験場—–

御坂「くらええええええ」ビリビリ

春上「な”な”な”な”なな”な”ののの”の”の”」シュンシュン

一方「おらおら、おらおら、」ドヒューンドヒューンドヒューン

春上「な”ーーーの”ーーー」バーン

一方「チッ素早い上にすべての攻撃が羽で打ち消されてしまうぜ」

御坂「そうね、勝てる気がしないわ、でもやるしかないのよ」ビリビリ

春上「な”な”な”なな”な”の”の”の”の”」
シュンシュンシュンシュン

一方「まずい、羽を飛ばしてきやがった」

御坂「うおおおおおお」ビリビリビリビリ

一方「砂鉄ガードか!」

68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:25:28.35 ID:k+IK5uET0
春上「な”な”な”なな”な”のの”のの”の”の”の”の”」
シュンシュンシュンシュン

一方「チッきりがねェな」

御坂「ちょっと!あんたのベクトル操作でなんとかならない訳?」

一方「それが、この羽よくわかんねェンだ」

一方「どんな物質だか、解析もできねェ」

御坂「何か・・何か方法はないの・・・」
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:30:54.16 ID:k+IK5uET0
一方「羽はどうにもならないが、アレを倒せるかもしれない方法は一つだけある」

一方「だが、それにはかなりの演算量を必要とし、その間俺は無防備になってしまうンだ」

一方「オリジナル!その間、俺のことを守ってくれないか?」

御坂「わかったわ協力する」

一方「じゃあ行くぜ!」

一方「圧縮圧縮空気を圧縮!!」

70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:35:26.01 ID:k+IK5uET0
—–上条サイド—–

上条「急げ!インデックス!走れ」ハァハァ

インデックス「食べたあとだからお腹が痛いんだよ」ハァハァ

上条「知るかインデックス!走れ!走れ!走れ!!!」ハァハァ
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:41:55.55 ID:k+IK5uET0
—–実験場—–

一方「カキクケコカキクケコカキキ」

コ”コ”コ”コ”コ”コ”コ”

御坂「すごい、何て高エネルギーのプラズマ!」

春上「な”の”の”の”の”の”」

御坂「これなら、アレも倒せるかもしれない!」

一方「おい!溜まったぜ!オリジナル!」
コ”コ”コ”コ”コ”
御坂「よし!やっちゃって一方通行!!!」

一方「くらえ化け物!これが!第一位の力だあああああああああああ」

コ”コ”コ”コ”コ”コ”コ”コ”

72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:44:27.75 ID:k+IK5uET0
一方「うおおおおおおおおおおお」

コ”
コ”
コ”
コ”
コ”
コ” コ”

コ”

御坂「・・・・・やったか!?」

73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 18:19:50.55 ID:k+IK5uET0
—–上条サイド—–

上条「ようやくついたぜ!」ハァハァ

インデックス「あれは!」

御坂「」ドクドク

上条「御坂!!」

上条「御坂、御坂、大丈夫か御坂!」

御坂「大丈夫、少し・・・羽が、刺さっただけよ・・・」

上条「御坂!俺が病院に連れて行ってやるよ」

御坂「そんな、ことは、いい・・・私は大丈夫・・・」

御坂「だから、あの、・・・あそこの白い奴を助けてあげて・・・」

一方「ハァ!ちきしょうがああああプラズマも効かないなんて」ドカンドカンガッシャーン

御坂「彼の名は一方通行。学園都市第一位の能力者よ」

御坂「あんたと、一方通行の力が合わされば・・・もしかしたらアレを・・・倒せるかもしれない・・・・」

上条「わかった、俺があいつをぶっとばせばいいんだな」

春上「な”の”~」バッサバッサ

御坂「頼んだ・・・わよ・・・」

御坂「あんたは・・・この私に勝った・・・始めての・・・人なんだからね」

御坂「勝手に・・・負けるんじゃ・・・ないわよ・・・」

74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 18:25:12.99 ID:k+IK5uET0
御坂「こんな時に・・・言うのはあれだけど・・・私は・・・あんたのことが・・・好きだったわ・・・」

御坂「最期に・・・あんたの顔が見えて・・・良かった・・・ありがとう・・・当麻」ガク

上条「御坂御坂御坂あああああああ!!!!!!!!!!!」

上条「・・・・・」

上条「許さねぇ・・・」

上条「絶対にゆるさねぇ!」

上条「よくも御坂を!!降りて来いやエセ天使!!お前の幻想を木っ端微塵にぶち殺してやる!!!」
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 18:34:04.94 ID:k+IK5uET0
上条「降りてこいや!!!空にいるなんて卑怯だ!!!」

春上「な”の”のののののののののののののの」バサバサ

上条「チッ!!一方通行!!俺をあいつのところまで連れてってくれ」

一方「あァ?」

上条「俺の右手の幻想殺しは神でさえもぶち殺す」

上条「つまり、俺の右手が触れた瞬間!アレは消滅するってわけだ!」

一方「なるほどな、わかった、俺の肩に乗れ!」

一方「俺があいつのことろまで連れてってやるよ」

上条「感謝するぜ一方通行!!」スタッ

一方「よーし振り落とされないように注意するンだな!あっ!右手で俺を触れないように注意するのも忘れるな!」

上条「OK!!だ!」

76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 18:46:34.96 ID:k+IK5uET0
???????????????????

私は今なにをしているの~

前が見えないの~

真っ暗な世界なの~

私は御坂さんを助けるために一方通行とたたかおうとしてたの~

「衿衣ちゃん!!!」

「衿衣ちゃん!!!」

声が聞こえるの~

アレは、絆理ちゃんなの~

前が見えてきたの~

どうしてそんな下の方にいるの~

!?!?

御坂さんもいるの~

血を出して倒れているの~

一体誰がなの~?

「衿衣ちゃんもうやめて!!」

私が何かしたの~?

!?

私空を飛んでいるの~

羽も生えているの~

そうか!私はレベル6になったの~

「衿衣ちゃんー!」

もう大丈夫なの~

少し混乱してただけなの~

ありがとなのー

絆理ちゃんのおかげで、意識が取り戻せたの

ありがとぐうええええええええええええてええええええええええええええええええええ

77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2013/09/22(日) 18:51:33.49 ID:k+IK5uET0
枝先「衿衣ちゃんもうやめてー」ハァハァ

一方「なんか、あのガキが来てからアレの様子がおかしいぜ」

春上「な”の”」ピタ

上条「今がチャンスだ一方通行!!」

一方「おう!!行くぞ」ゴゴゴ

上条「いいぜ!このエセ天使!その幻想をぶち殺してやる」ドカーン

春上「うぐえええええけえええええええええええ」

78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 19:00:45.05 ID:k+IK5uET0
ーーーーーーーーーーーーーーーー

御坂「これでこのお話『一方通行は私が倒すの~』は終わりといったところかしら」

御坂「あ?私?私は生きてるわよ、まだ息があったみたいでヘブンキャンセラーが治してくれたわ」

御坂「春上さんも力は失ったけど元気そうだし、一方通行は改心したから実験は終わったわ」

御坂「結果的には、誰もが喜ぶハッピーエンドってやつになったみたいね」

御坂「それじゃあこれから実験凍結おめでとうパーティがあるから私は行くわ」

御坂「見てくれた方はありがとうね」

○○○○○○○○○○○○○○○○○○
春上「一方通行は私が倒すの~」”完”

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

良作age

口調おかしすぎ
芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。