おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛「プロデューサースイッチ」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/09(火) 23:04:58.88 ID:+twSh47k0

事務所にて…

ガチャ

渋谷凛「おはようプロデューサー」

P「おう、おはよう」

P「あれ? 今日オフじゃなかったか?」

凛「近く寄ったから誰かいるかなって見にきただよ」

凛「誰もいないみたいだけどね」

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/09(火) 23:10:29.81 ID:+twSh47k0

P「じゃあもう帰っちゃうのか?」

凛「んー……少しここに居ていい?」

P「どうぞどうぞ」

凛「ふぅ」ストン

凛「あれ、なんか箱置いてある」

凛「五十音表のボタンがついてる……何これ、おもちゃ?」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/09(火) 23:23:56.83 ID:+twSh47k0

凛「プロデューサー、これ何?」ヒョイ

P「ん? ああそれ、なんか来た時置いてあったんだよ」

P「触るなって書いてあるから一応いじってないけどな」

凛「あ、本当だ。触っちゃった」

P「誰のなんだろうな、それ」

凛「さあ」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/09(火) 23:38:54.95 ID:+twSh47k0

凛「うーん……」

凛「えい」ポチッ

凛「……」

凛「何も鳴らないや、本当に何これ……」

P「あ、そうだ。凛、おはよう」



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/09(火) 23:43:57.22 ID:+twSh47k0

凛「え? さっき言わなかった?」

P「あれ? そうだったか?」

P「しなきゃって思ったからしてないと思ったんだけどな……」

凛「ボケたの?」

P「まだそんな歳じゃねえっての」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 00:33:18.23 ID:Xv1m3o/Z0

『あいさつする』

凛「え? さっき言わなかった?」

P「あれ? そうだったか?」

P「しなきゃって思ったからしてないと思ったんだけどな……」

凛「ボケたの?」

P「まだそんな歳じゃねえっての」



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 00:34:52.98 ID:Xv1m3o/Z0

凛「もう一個押せばなんかあるかな……」ポチッ

凛「……ダメみたい、壊れてるのかな?」

P「そうだ!」スクッ

凛「どうしたのプロデューサー?」

P「うおおぉぉぉおお!!」ダダダダッ

凛「え、ちょっと、何いきなり走り出して」

P「はばたけぇぇえええ!!」パリーン

凛「プロデューサー!?」

ナンダー ソラカラヒトガー ウーウー



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 00:46:55.14 ID:Xv1m3o/Z0

『いんざすかい』



ちひろ「何してるんですかプロデューサーさん!!」

P「いやその……なんだかスカイダイビングがしたくなって……」

ちひろ「何言ってるんですか……凛ちゃん大丈夫だった?」

凛「私は別に……それよりプロデューサーの心配をした方がいいんじゃない?」

P「別に俺はなんともないぞ」



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 01:37:04.13 ID:Xv1m3o/Z0

ちひろ「なんで本当になんともないんでしょうね。全くケガがないって……」

P「昔柔道やってたんで、どうにか受け身をとったんですよ」

凛「受け身とれば三階から落ちても平気なのかな」

ちひろ「下もアスファルトですし……病院行ったほうがいいですよ」

P「いやいや大丈夫ですよ。まだ書類残ってるので片付けたいですし」

凛「事務所からスカイダイビングをしようとしたのによく言えるよね」

ちひろ「やっぱり頭でも打ったんでしょうか」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 01:47:44.23 ID:Xv1m3o/Z0

凛「じゃ、私帰るね」

凛「今のプロデューサーといるとなんかヤバそうだから」

P「そんな傷つくようなこと言わないでくれよ……」

ちひろ「傷ついてるのは事務所のほうですよ」

ちひろ「ガラスの費用、プロデューサーさんのお給料から引いといてもらいますね」

P「ちひろさんまで! あんまりですよ!」

ちひろ「自分で割ったんだから当然じゃないですか!」

ちひろ「事務所の中も掃除してくださいね?」

P「鬼! 悪魔!」

ちひろ「早く行きなさい!」



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 20:50:46.78 ID:Xv1m3o/Z0

ちょっとして

P「よし、これで終わったな!」

P「さて早速書類のほうに……」

ドタドタ ハナセー ニャハハハー

P「ん?」

ガチャ

諸星きらり「おっはようだにぃPちゃん!」

双葉杏「帰りてぇ……」

31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 21:02:35.27 ID:Xv1m3o/Z0

P「おはよう二人とも」

P「あ、二人はこれから仕事あったよな?」

杏「そのことだけどさプロデューサー、今日の分を明日に回すってのはどう?」

P「きらり、これ持ってきてくれてありがとうな」ナデナデ

きらり「うぇへへ☆ 杏ちゃんはかたっぽで持てるゆ☆」

杏「くそっ! 杏の人権はどこいった!」



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 21:26:31.06 ID:Xv1m3o/Z0

杏「もういい! 私は寝るぞ!」

P「別にいいけど、もうすぐなんだからすぐ起きろよー」

杏「あーあーきこえなーい」ボフッ

杏「ってなんだこれ?」ヒョイ

きらり「どうしたにぃ?」



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 21:42:24.41 ID:Xv1m3o/Z0

杏「なんか拾った」

きらり「箱ー? ボタンいっぱいでぽちぽちうきゃー☆」

きらり「えいやっ☆」ポチッ

P「ああそうだ、アレがいるんだった」スクッ スタスタ

P「ん? アレって何だったっけな?」

P「机に戻れば分かるかな……」スタスタ ストン

P「ああ、アレだ! って何だっけ?」グルグル



『うろうろする』



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 21:54:08.45 ID:Xv1m3o/Z0

杏「何してんの?」

P「いや何か必要なもん取りに行ったんはずなんだけど」

P「それがなんだか思い出せなくてな……」ウロウロ

杏「ボケたの?」

P「杏まで言うのか……んなことないわ」

きらり「きらりも探してあげゆー☆」

杏「おーがんばれー」



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 22:44:16.37 ID:Xv1m3o/Z0

杏「はぁ……刻一刻と処刑の時間が迫ってくる……」

杏「せめて最期に……私に……私に飴を……!」

杏「なんつってね。はぁ、めんどいなぁ」

杏「あーあ、これ押したら空から飴を降ってきたりしないかな」ポチッ

P「そういや探してる途中にこれ見つけたんだよな」

P「どうせ俺食わないし、ほれ」ポイッ

杏「マジか」ガタッ



『えさをあげる』



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 22:57:12.81 ID:Xv1m3o/Z0

杏「やっべ、大玉やっべ」ペロペロ

きらり「うゆ? 杏ちゃんはぴはぴぃ?」

杏「きらり、こいつは奇跡の箱だぞ!」

きらり「きせきー?」

杏「飴が欲しいと思いながらボタン押したら、本当に飴が手に入ったんだよ!」

きらり「すごーい☆ みんなハピハピになれるにぃ!」



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 23:06:16.60 ID:Xv1m3o/Z0

杏「ふはははは! だが断る!」

杏「これがあれば杏は働かずとも生きていけるのだから!」

きらり「杏ちゃんズルいのめっ!」

杏「知らないよ! さあ、まずは杏にもっと飴を!」ポチッ

P「はっ!?」ガタッ

杏「お? まだ飴を持ってるの?」ワクワク

P「ぬおおおぉぉぉおお!!」ダダダダッ

杏「おいこら杏はこっち――」

P「レッツダイビィィィイン!!」パリーン

きらり「にょっ!?」

杏「」

ソラカラヒトガー ナンダマタカー ピーポーピーポー



『おちる』



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/10(水) 23:14:44.04 ID:Xv1m3o/Z0

ちひろ「なんでまた窓から飛び出したんですか!!」

P「いやあのですね、やっぱり人間本能には逆らえないと言いますか……」

ちひろ「それにわざわざ別のガラスに飛び込む必要もないでしょう!?」

ちひろ「これもお給料から引いといてもらいますからね?」

P「待ってください! 本当に不可抗力なんです!」

P「誰かからそうしろって命令された気がするんですよ!」

ちひろ「隊員さんこの人です! この人連れてってください!」

P「だからなんともないですって!」



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/11(木) 00:09:39.60 ID:rUOE/F9l0

杏「人間じゃねぇな……」

きらり「Pちゃんすごいにぃ☆」

P「ははは。あ、もう時間じゃないのか?」

きらり「やばーい! 杏ちゃん行っくよー☆」ガシッ

杏「しまった! くそっ放せ!」ジタバタ

ニョワー イヤダー ドタドタ

P「掃除しないとな……はぁ……」



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/11(木) 22:41:15.23 ID:rUOE/F9l0

またちょっとして

P「さて、掃除終わったしこっちもさっさと……」

ガチャ

星輝子「プ、プロデューサー……」

P「おお、おはよう輝子」

輝子「あ、うん、おはよう」

輝子「ど、どうしたの? ガラス……泥棒?」

P「あー……いや、別になんでもないぞ」

輝子「そ、そうなの?」

47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/11(木) 23:00:53.78 ID:rUOE/F9l0

輝子「あ、なんかある」トコトコ

輝子「タイプライター? でもボタンだけで……『さわるな!』……」

輝子「……こっそり押しちゃえ、フフ」ポチッ

輝子「……」

輝子「な、何もないんだ。別にいいや……」

輝子「キノコーキノコー♪ フフ……」ナデナデ



48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/11(木) 23:45:33.32 ID:rUOE/F9l0

P「ん? 輝子、寝癖ついてないか?」

輝子「え? あ、いつものこと、だよ」

P「だからってそのままはなぁ……」

P「直してやるから、ほら、こっち来い」トントン

輝子「そ、そっち? いいの?」

P「あー、じゃあ俺がそっちに行くか」

輝子「あ、ううん、私がそっち行く……」トコトコ



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/11(木) 23:58:50.11 ID:rUOE/F9l0

P「スプレーとくしは……あったあった」

P「んー痛んではいないみたいだな」スーッ

輝子「プ、プロデューサー……ちょっと、近いかも」

P「ああ、ごめんな。もう少し離れようか?」

輝子「あ、だ、大丈夫だよ。フフ……」



『かみをとかす』



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/12(金) 00:22:31.08 ID:+/ZbRsR50

P「よし、終わったぞ」

輝子「えっと、ありがとうございます……」ペコ

P「はは、どうも。今度から寝癖気をつけろよ?」

輝子「あ、うん、分かった」

P「俺はちょっと仕事に戻らないとな……」テクテク



輝子「……キノコーボッチノコー♪ フフー♪」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/12(金) 00:32:19.10 ID:+/ZbRsR50

輝子「キノコの『き』ーは、菌糸の『き』ー」

輝子「新しいの出来た……い、いいかも、フフ」

輝子「あ、さっきの……」

輝子「……キノコの『き』ーは、菌糸の『き』ー♪」ポチッ

P「輝子ぉぉぉおおっ!!」ガバァッ

輝子「フヒッ!?」ビクッ



『きのこがり』



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/12(金) 00:46:27.93 ID:+/ZbRsR50

―――――
―――


片桐早苗「さてP君、一体輝子ちゃんに何してたのかな~?」

P「ち、違います! 早苗さんが想像してるようなことはしてませんよ!」

早苗「私が来たとき、輝子ちゃんを押し倒してたように見えたんだけど?」

P「それは……えー……」

早苗「まあいいや。輝子ちゃん何かあった?」

輝子「フヒ……だ、大丈夫」

輝子「あ、でも、プロデューサーに……フフ♪」

早苗「P君、ちょっとそこの警察署までデートしよっか?」

P「だから何もしてないですって!」

54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/12(金) 00:51:42.12 ID:+/ZbRsR50

輝子「あ、私そろそろレッスン……」

早苗「じゃあ私もついてってあげよ」

P「あれ? 早苗さんレッスンありましたっけ?」

早苗「無いけど、輝子ちゃんが変な人に襲われちゃうかもしれないからねー」チラッ

P「いやいやこっち見ないでくださいよ……じゃあなんで事務所に来たんですか?」

早苗「んー、犯罪の臭いがしたから?」

P「なにそれこわい」

早苗「じゃ、一緒に行こっか輝子ちゃん」

輝子「い、行ってきます、プロデューサー……」フリフリ

P「おう、頑張ってこいよ」



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/13(土) 00:13:06.95 ID:EZhSS4fr0

またちょっとして

P「よし、とりあえず一段落かな……」トントン

ガチャ

佐久間まゆ「こんにちはぁPさん♪」

P「おぉまゆか、おはよう」

P「まゆも確か仕事なかったんじゃないか?」

まゆ「そうですけど、いいんですよぉ」

まゆ「お休みの日だってまゆはPさんとずーっと一緒に居たいんですから、ふふっ」

P「はは、それは嬉しいな」

61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/13(土) 00:25:04.00 ID:EZhSS4fr0

まゆ「ところでPさん? さっきまゆも、って言ってましたけど……」

まゆ「まゆの前に誰か来たってことですよねぇ?」

P「まあそうだな、凛とかきらりとか……」

まゆ「そうですかぁ……」クルッ

P「まゆ? どこか行くのか?」

まゆ「ええ、ちょっとその人たちの所に」

P「なんでだ?」

まゆ「Pさんに何をしてくれたのか問いただして来ようと思います♪」ニコッ

P「なんでだ!?」



62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/13(土) 00:28:27.15 ID:EZhSS4fr0

まゆ「だって……この事務所の様子じゃあ……」

まゆ「まゆの前に来た人がPさんに何かしようと暴れた、とかですよね?」

P「いや、そういう訳じゃ」

まゆ「Pさんにそんなことするなんて許せませんからねぇ、ふふっ♪」

まゆ「それでPさんを襲おうとしたのは誰ですか? 凛ちゃん? きらりちゃん?」

P「落ち着いてくれまゆ、何もないから本当に」



63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/13(土) 00:32:22.65 ID:EZhSS4fr0

まゆ「あらぁ、そうなんですかぁ?」

P「ああ、別に何もされてないぞ」

まゆ「じゃあガラスが割れてるのは一体なんですか?」

P「あー、最近運動不足だからな! 素振りしてたら俺がガラスを割っちゃってなぁ」

まゆ「まあ、こんなところで素振りするなんて器用ですねぇ。外に行けばいいのに」

P「えーっと……今すぐ運動したい気分だったんだよ」

まゆ「ガラス一枚割ったのにやめなかったんですねぇ」

P「……二枚抜きだよ」



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/13(土) 23:28:03.28 ID:EZhSS4fr0

まゆ「分かりました、何もなかったことにしておきます」

P「まあそうしといてくれ……」

まゆ「それじゃあPさん、まゆと一緒に……」

P「ああ、俺は仕事が残ってるからさ! ごめんな?」

まゆ「そうですかぁ……仕方ないですねぇ」トコトコ

まゆ「ここでお仕事終わるまで待ってますよ」ストン

P「け、結構終わるの時間かかりそうなんだよな……」

まゆ「それでも、ですよぉ?」

P「ははは、そうですか……」



69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/13(土) 23:37:54.93 ID:EZhSS4fr0

P「えー……これは……」カタカタ

まゆ「うーん、このまま何もせずに待つだけなのは少し退屈ですねぇ」

まゆ「どうせならPさんに……あら?」

まゆ「これは何でしょうか? リモコンにしては大きいですし」

まゆ「少し気になりますねぇ」ポチッ

P「そういやさっきの……」ボソ

まゆ「何も起きませんねぇ……もう少し押してみましょうか」ポチポチ

P「輝子の髪、意外とさらさらだったな……」

まゆ「へぇ……?」ガタッ

P「え」



『くちがすべる』



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/13(土) 23:56:39.49 ID:EZhSS4fr0

まゆ「輝子ちゃん? 輝子ちゃんが犯人なんですね?」

まゆ「何もなかっただなんて……嘘はいけませんよぉPさん?」

P「あのそうじゃなくてな、輝子は何もしてないぞ!」

まゆ「じゃあさっき輝子ちゃんの髪がって言ってたのは何ですかぁ?」

P「えー、あーそれは……輝子からじゃなく俺からというか……」

まゆ「なるほどぉ……Pさんが輝子ちゃんを手込めにしようとしたんですね?」

P「いやそのちが」

まゆ「まゆがいるのに……こんな場所でそんなことをするなんて……」

まゆ「それとも……もう手込めにしちゃったんでしょうかぁ?」

P「違います、違うんですよままゆさん」



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/14(日) 00:24:38.33 ID:UXImeGa+0

まゆ「あくまで誰も悪くないって言うんですねぇ」

P「何もなかったんだって本当に」

まゆ「それじゃあどうしましょうか?」

まゆ「まゆが納得するような証拠があればいいんですが……」

P「証拠って言われたってな……」

まゆ「でも証拠になるようなものを持ってきてください、と言っても難しいですよね?」

P「ま、まあそうだけど……」



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/14(日) 00:47:19.64 ID:UXImeGa+0

まゆ「なのでまゆに対する態度で決めたいと思います」

P「態度?」

まゆ「ええ、Pさんのお休みの日はいつですか?」

P「えーっと、明後日が確か……」

まゆ「じゃあ決まりですね!」パアッ

まゆ「明後日の九時半に駅前の喫茶店に来てください」

まゆ「Pさんがまゆのことをどう思っているのか……」

まゆ「その日のPさんの振る舞い方で判断しますから、ね?」



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/14(日) 01:05:59.43 ID:UXImeGa+0

P「……それって証拠になるのか?」

まゆ「それはもう」

P「うーん、じゃあ仕方……」

まゆ「まあ、ありがとうございます♪」

まゆ「ちゃんとした服を着てきてくださいね? スーツなんかじゃダメですよぉ?」

まゆ「デートは仕事のことを忘れないと楽しめないですもんねぇ」

P「……お前もしかしてこの為に」

まゆ「さあ? 何のことでしょうかぁ? ふふ♪」



『けっかおーらい』



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/14(日) 01:09:55.34 ID:UXImeGa+0

まゆ「それじゃあまゆはいろいろ準備するのでこれで」

P「明後日なのに……今から何やる気なんだ?」

まゆ「いろいろあるんですよぉ、女の子には」

まゆ「明後日、楽しみにしてますね♪」

パタン

P「どうすんだこれ……」



『こっそりしゃべる』



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/15(月) 02:37:16.25 ID:zNWTvcng0

ガチャ

P「ん? 凛、帰ったんじゃないのか?」

凛「まあね、なんかプロデューサーが心配になって」

P「良かった、凛も俺のことを思ってくれてたんだなぁ……」

凛「そんなんじゃないよ。プロデューサーがまた変なことやってないか心配になったんだけど……」チラッ

凛「……また何かやったみたいだね」

P「ははは……」



84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/15(月) 02:40:44.05 ID:zNWTvcng0

凛「もしかして他の子きた?」

P「ああ、何人か」

凛「その人たちにも変なことしたんじゃないの?」

P「別に何もしてないって! 大丈夫だよ」

凛「本当に?」

P「……多分」



85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/15(月) 02:47:09.55 ID:zNWTvcng0

P「いやな、ちょっと聞いてくれよ凛」

凛「うん、まあ一応聞いてあげるけど」

P「今日は少しおかしい感じがするんだよ」

凛「確かにおかしかったね」

P「突然あることをやりたくなるというか、やらなきゃって思うというか……」

P「自分の意思で行動してるんだけど、自分で動いてる感じじゃないんだよ」

凛「何それ……」



86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/15(月) 02:52:48.67 ID:zNWTvcng0

P「でも本当にそんな感じでさ」

凛「大丈夫なの? 変な病気とかじゃ……」

P「割とマジでそうかもしれないな……」

凛「だんだん心配になってきた……」

凛「やっぱりもうちょっとここに居るね」ストン

P「そうか、じゃあ俺は仕事に戻ってるよ」



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/15(月) 22:10:05.36 ID:zNWTvcng0

P「ここ変だな……合ってるはずなんだけど……」カタカタ

凛「あ、まだこの箱あったんだ」

凛「そういえばこれのボタンを押した後にプロデューサーが飛び出した気がするけど……」

凛「まさかとは思うけど、これは関係ないよね」

凛「……」

凛「もう一回押せば分かるかな……」

凛「何かあったらごめん、プロデューサー……!」ポチッ

P「……」ピタッ



92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/15(月) 22:16:18.97 ID:zNWTvcng0

P「……あ、こっちか間違ってたの」カタカタ

凛「……良かった、これは関係ないみたいだね」

凛「それもそっか、こんなのがプロデューサーをどうこうするとは……」



P「誰だ!?」ガタッ

凛「!?」ビクッ



95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/15(月) 22:52:34.22 ID:zNWTvcng0

凛「い、いきなり何プロデューサー?」

凛「まさかまた飛び出そうとしたんじゃ……」

P「いや、誰かが来る気配がしてな……今入り口に……」

凛「気配なんてそんなの分かるわけ……」

P「一階、二階……走ってくるぞ」

凛「変なこと言わないでよ、怖いんだけど」

P「……ドアの前だな」

バターン

池袋晶葉「スイッチはどこだ!?」

凛「……嘘でしょ」



『さっきをかんじる』

97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/15(月) 23:27:53.05 ID:zNWTvcng0

P「なんだ晶葉か。ドア壊れるからもう少し優しく……」

晶葉「そんなことはどうでもいい! 私のスイッチはどこにある!」キョロキョロ

P「スイッチ? 俺は知らんぞ」

晶葉「このあたりに置いてあるはずなんだが……」

凛「もしかしてこれ?」ヒョイ

晶葉「おお! これだこれだ!」



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/15(月) 23:40:20.61 ID:zNWTvcng0

P「それ晶葉のだったのか。事務所にあんまり変なもん置いてくなよ?」

晶葉「変なもんとは何事だ! これは私が発明した中でも最高の……」

P「そうなのか、じゃあ俺仕事に戻るよ」クルッ

晶葉「全く……ん? もう使われてるみたいだな」

晶葉「しかも二行も……私が使うはずだったのに!」

凛「ああ、ごめん。私いくつかそれ押しちゃったんだ」

晶葉「む、使った奴が近くにいたか」

晶葉「なら丁度いい、少し話を聞かせてもらおう」

凛「話?」



99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:01:54.14 ID:d9K1ouSw0

晶葉「まず最初に聞くが、これは全部凛が押したのか?」

凛「いや、私が押したのは三つだけだよ」

凛「さっきプロデューサーが他にも何人か来たって言ってたから……」

晶葉「そうか、後で誰が来たのか聞いておかないとな」

晶葉「じゃあ次は、押した時にプロデューサーが何かしなかったか?」

凛「あの、信じてもらえないかもしれないけどいい?」

晶葉「ああ、むしろ大袈裟な行動であればあるほど助かる」

凛「……いきなり窓から飛び出した」

晶葉「おお! どうやら成功したみたいだな!」



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:13:22.14 ID:d9K1ouSw0

晶葉「早速これを持ち帰って改良を……」

凛「ちょっと待って、私からも聞きたいことがあるんだけど」

晶葉「なんだ? 出来るだけ簡潔に頼むぞ」

凛「えっとじゃあ……それ何なの?」

晶葉「ふっふっふ、よくぞ聞いてくれた!」

晶葉「これは私がこの一週間寝ずに、仕事せずに作り上げた最高傑作! その名も……」



晶葉「プロデューサースイッチだ!!」

凛「プロデューサースイッチ?」



101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:14:31.58 ID:d9K1ouSw0

晶葉「ああ、略してPスイッチと呼んでもいいぞ」フンス

凛「知らないよそんなの……それよりどういう発明なのか教えてくれない?」

晶葉「急かさなくとも説明するさ」

晶葉「ところで凛、君は人を思い通りに動かしてみたいと思ったことはないか?」

凛「いや別に」

晶葉「これはそんな願いを叶えてくれるのだ!」

凛「別にって言ったんだけど」



102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:15:43.55 ID:d9K1ouSw0

晶葉「簡単に説明するとだな、プロデューサーを半分思い通りに動かす機械だ」

凛「思い通り……それに半分って?」

晶葉「ああ、最初はプロデューサーを完全に思い通りに動かそうと作り始めたんだが」

晶葉「進めてくうちにいろいろと不備が出てきてな……」

晶葉「イラついて配線めちゃくちゃにしたり、適当に辞書をぶっこんだりしたら……」

晶葉「何故か頭文字が五十音になっている命令が出来る機械になったんだ」

晶葉「しかも配線めちゃくちゃにしたせいか命令はほとんどランダムみたいでな」

晶葉「完成させただけで実験はしてなかったんだが……話を聞く限りでは問題なさそうだな」

凛「大ありだったんだけど」



103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:16:51.39 ID:d9K1ouSw0

晶葉「とりあえず実際にやってみれば分かるだろう。この『し』のスイッチを押すと……」

凛「どうなるの?」

晶葉「プロデューサーが『写真を撮る』とか『白くなる』とか……」

晶葉「『し』で始まるような行動をとるはずだ」

晶葉「だが具体的には分からん。さっき言ったようにランダムだからな」

凛「なんで『い』でプロデューサーが飛んだんだろう……」

晶葉「さあな」ポチッ



105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:18:04.85 ID:d9K1ouSw0

P「……」カタカタカタカタ

凛「……」ジー

晶葉「……」ジー

P「……」カタカタカタカタ

凛「……何も起きないみたいだね」

晶葉「いや、違うな。凛、プロデューサーに話しかけてくれ」

凛「え? うん、分かった」スタスタ



106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:19:16.40 ID:d9K1ouSw0

凛「プロデューサー、ちょっと話があるんだけど」

P「……」カタカタカタカタ

凛「あれ?」

P「……」カタカタカタカタ

凛「ねぇ、聞いてる?」トントン

P「……」カタカタカタカタ

凛「プロデュ……」

晶葉「凛、もう大丈夫だ下がっていろ」スッ

凛「それ……メガホン?」



107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:21:09.32 ID:d9K1ouSw0

晶葉「……」スゥ

晶葉『こ っ ち を 向 け プ ロ デ ュ ー サ ー !!!!』

凛「うるさっ……!」

P「……」カタカタカタカタ

凛「嘘、これでも……」

晶葉「ふむ、きっとプロデューサーは今、仕事に『集中して』いるのだろう」

凛「ああ、なるほど……」



『しゅうちゅうする』



108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:22:23.45 ID:d9K1ouSw0

晶葉「ではもう一度押してみようか」ポチッ



P「……ふぅ、疲れたな」

P「よし! 少し体をほぐすか!」ガタッ

P「いちにっさんしー」グッグッ

晶葉「『ストレッチ』……だな、恐らく」

凛「どうして私の時より普通なの……」



『すとれっち』



109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:23:16.62 ID:d9K1ouSw0

晶葉「やってみるとなかなか面白いな。どれ次は……」

凛「晶葉、ちょっと貸してもらうよ」パシッ

晶葉「あ! 何をする!」

凛「いくらなんでもこれ以上は見過ごせないな」

晶葉「返せ! 私の発明品だぞ!」ピョンピョン

凛「ダメだよ。プロデューサーをおもちゃみたいに扱って欲しくないからね」

晶葉「知ったことか! 私の一週間を無駄にする気か!」

凛「……そっか」スッ

晶葉「どうする気だ? まさかそれを壊すのか?」

凛「違う。私が言っても聞かないみたいだから……」

凛「これを使ってプロデューサーから直接叱ってもらう」



110:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:24:28.76 ID:d9K1ouSw0

晶葉「それを使ってだと? 何故そんな面倒なことを」

凛「多分プロデューサーに晶葉を怒るように頼んでも」

凛「本人は被害者だって自覚ないからちゃんと怒れないだろうしね」

凛「だからこれ使って無理矢理にでも怒ってもらうんだよ」

凛「それに壊したら、晶葉が作ったものだしどうなるか分からないからね」

晶葉「ひどい言い様だな」

凛「自分で適当に作ったって言ってたじゃん」

111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:26:06.40 ID:d9K1ouSw0

晶葉「つまりそれでプロデューサーが叱るような言葉を引き当てるということか?」

凛「そう」

晶葉「無理だな。言葉がどれだけあるのか知らないのか?」

晶葉「ただでさえ数えきれないというのに……その中の一つを引き当てるなんて……」

凛「出来るよ。それに私が狙ってるのは一つだけじゃないし」

晶葉「それでも確率は似たようなものだろう?」

凛「……きっと大丈夫だよ」ポチッ



P「晶葉ー! ちょっとこっち来い!」

凛「……当たったみたいだね」

晶葉「……ほう」



112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:27:11.21 ID:d9K1ouSw0

晶葉「まさか当たったとは思えないが……」

晶葉「一応アイツに何をさせようとしたのか聞いておこうか?」

凛「『説教』とか『説得』とか……思いついたのはそれくらいだったけど」

凛「プロデューサーの様子じゃ多分そういうのが当たったんじゃないかな」

晶葉「本当に引き当てるとはな……恐れ入ったよ」

晶葉「だが、私はアイツに叱られたくらいでは懲りないぞ?」フフン



114:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:28:35.42 ID:d9K1ouSw0

凛「少し反省しなよ、変なもの作って……」

凛「ほら、プロデューサー呼んでるよ?」

晶葉「だから変なものではないと……」

P「晶葉ー!」

晶葉「仕方ないな……分かった今行く!」

凛「これで一安心かな……」



115:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:30:23.88 ID:d9K1ouSw0

凛「プロデューサーが言ってくれたら晶葉も少しは……」



晶葉「なんだ? 説教でもなんでも聞いてやるぞ」

P「あのさ、ハンカチに使う洗剤どっちがいいと思う?」





晶葉「はぁ?」

凛「」



『せんたくする』



116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/16(火) 00:37:47.98 ID:d9K1ouSw0

晶葉「あー……それだけで呼んだのか?」

P「まあそうだけど」

晶葉「知らないな、香水にでも浸けとけばいいんじゃないか?」スタスタ

P「もう少し真面目に答え……っておいこらどこ行く」

凛「……」ポカーン

晶葉「さて凛、残念だったな、っと!」パシッ

凛「あ、ちょっと!」

晶葉「私はもう少しこれを楽しみたいのでな!」ポチッ



P「フライハァァァァァァァイ!!」パリーン

凛「プロデューサー!?」



こうして『そらをとんだ』プロデューサーのその月の給料は、

半分がガラス代や事務員さんの懐に消えてしまったそうです。



おしまい

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。