おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルトマン「トゥルーデを馬鹿にすんなァーッ! 死ね!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 20:46:29.83 ID:fDzLwdKqO
マルセイユ「なん」

ハルトマン「消えろ!!」

マルセイユ「わた」

ハルトマン「ぶっ殺すぞ!!!」

マルセイユ「」

ハルトマン「出てけってんだよォォーッ!」

マルセイユ(なんだコイツ……ちょっとコワくなってきた)スゴスゴ

バタン

ハルトマン「ハアハア……」

ガチャッ

ハルトマン「!! このド腐れ……」

バルクホルン「わっ」

ハルトマン「とぅ、トゥルーデ!?」

バルクホルン「何を叫んでいるんだ……マルセイユが目も合わせずに走っていったぞ」

ハルトマン「ちょっとね」

7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 20:59:19.36 ID:fDzLwdKqO
―食堂―

マルセイユ(さっきは面食らったが、ハルトマンに私との差を見せつけてやる)

ハルトマン「ご飯ごはん~♪ トゥルーデのも持ってくるね」

バルクホルン「ああ。ありがとう」スッ

マルセイユ(ちっ、お前が私の隣に座るなよ)

バルクホルン「マルセイユ、501の雰囲気はどうだ?」

マルセイユ「雰囲気? はっ、アフリカに比べたらファンタジーみたいなもんさ。お前には分かるまい」

バルクホルン「ファンタジーか……そうだな。カールスラントやオストマルクが近いとはいえ、我々は食事や設備には事欠かないわけだし」

バルクホルン「やはり第一線で戦っている者から見ると、501は甘っちょろいかもな」

マルセイユ(くそ、なんだコイツ)


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 21:07:26.39 ID:fDzLwdKqO
バルクホルン「それより箸が進んでいないようだが……口に合わないか?」

マルセイユ(ハルトマンが来るまで待ってるんだよ、ほっとけ)

ハルトマン「お待たせー……」フラフラ

バルクホルン「おい、こぼすなよ」

ハルトマン「だいじょー……ああっ!」

バシャア

マルセイユ「ぅ熱っ!! ハルトマン、貴様わざと……」

ハルトマン「トゥルーデにちょっかい出すなよ」ボソッ

マルセイユ「!」

バルクホルン「何をやっているんだ! マルセイユ、火傷してないか? 服を脱いだ方がいい……宮藤!」

芳佳「はい!」

マルセイユ「こ、これくらいアフリカの日差しに比べれば……」

バルクホルン「馬鹿! それとこれとは話が別だ!」

ハルトマン「……」ニヤニヤ


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 21:15:28.31 ID:fDzLwdKqO
バルクホルン「すまなかった。ハルトマンの代わりに謝らせてくれ」

マルセイユ「大したことないって言ってるだろ」

バルクホルン「そのようで良かった。カールスラントのアイドルでもある『アフリカの星』が、まさか仲間に傷付けられたなんて笑えないからな」

マルセイユ(なんだコイツ)

ガラッ

ハルトマン「トゥルーデー」

バルクホルン「む、ハルトマン! お前もちゃんとマルセイユに謝れ!」

ハルトマン「もう謝ったよ」

バルクホルン「ちゃんと、だ」

ハルトマン「はいはい。どーももーしわけありませんでしたっと」ペコォォーッ

バルクホルン「全く……マルセイユ、許してやってくれ」

マルセイユ「あ、ああ……」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 21:24:52.17 ID:fDzLwdKqO
バルクホルン「お前が訓練なんて、どういう風の吹き回しだ」

ハルトマン「ちょっとね」

バルクホルン「マルセイユに当てられたか? いつもこうだといいんだがな」

ハルトマン「……」

バルクホルン「まずは基地周辺を走って体を温めよう。二人とも私に付いてこい」

マルセイユ(勿論ハルトマンに遅れをとる訳にはいかん。圧倒的リードで訓練を終えてやる)

バルクホルン「いくぞ」

Hup,two,three,four!
Hup,two,three,four!


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 21:33:52.82 ID:fDzLwdKqO
バルクホルン「はっ、はっ、ふー」

マルセイユ(トロいな……こんなノロマが僚機では、ハルトマンもさぞかし苦労していることだろう)ダッ

バルクホルン「お……流石だな」

ハルトマン「……」ダッ

バルクホルン「は、ハルトマン……やはり対抗意識があるみたいだな。はっ、はっ」

マルセイユ「ふはは! どうしたどうした、遅いぞハルトマン!」

ハルトマン「……っ!」

グイッ


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 21:40:53.06 ID:fDzLwdKqO
マルセイユ「ぐっ」ドサッ

ハルトマン「……トゥルーデの前に出るなよ、お前ごときが」

バルクホルン「はぁ、なんだ? はぁ、バテたのか」

マルセイユ「ハルトマンが私を……」

ハルトマン「マルセイユが転んじゃってさぁ」

バルクホルン「なに? はぁ、どれ……」

マルセイユ「さ、触るな! 平気だ!」ダッ

バルクホルン「行ってしまった」

ハルトマン「本人が言うんだから平気なんでしょ。行こ、トゥルーデ」

バルクホルン「ああ……」

21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 21:50:18.39 ID:fDzLwdKqO
バルクホルン「さて、一通り基礎訓練は終わったし……マルセイユさえ良ければ、是非模擬戦を頼みたいんだが」

マルセイユ「いいだろう」

マルセイユ(来た! いよいよハルトマンを完膚無きまでにヘコませられる私の舞台が!)

ハルトマン「私が最初に行くよ」

バルクホルン「よし。ルールはいつも通りペイント弾に被弾するか、地面及び海面に墜落したら敗けだ。それ以外は何でもあり、いいな?」

ハルトマン「うん」

マルセイユ「異論は無い」

ブウゥゥゥン

バルクホルン「よし……いくぞ!! よーい……」

パァン!


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 21:59:17.25 ID:fDzLwdKqO
マルセイユ(まずは様子見……なに!?)

ハルトマン「うおああああァァーッ!」

マルセイユ「真正面から突貫など……私も舐められたものだな!」ブゥゥゥン

マルセイユ「私の魔法なら……距離をとりさえすれば!」

ハルトマン「くたばれぇぇぇ!!」

マルセイユ「そこだッ!」バババババ

ハルトマン「――!」

マルセイユ「勝った……!」

26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 22:07:23.29 ID:fDzLwdKqO
ハルトマン「疾風《シュトゥルム》!」

マルセイユ「な……」

マルセイユ(弾丸を切り裂いた!? あれほどの威力とは……)

ハルトマン「うらァァァーッ!」

マルセイユ(マズい、あんなのが擦りでもしたら)

マルセイユ「逃げ切れるか……!?」

ハルトマン「逃がすか!」ババババ

マルセイユ「くっ!」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 22:15:59.57 ID:fDzLwdKqO
マルセイユ(くそ、追い付かれる!)

ハルトマン「シュトゥルムゥゥゥ!」

マルセイユ(私じゃハルトマンには勝てないって言うのか……)

ハルトマン「捉え……た!」

ガギィン
バギバギバギ

ハルトマン「……勝った!」

マルセイユ(ストライカーが……このまま落水して私の敗北、か……)

「うおおぉぉ!! 間に合えぇぇっ!」ドギュウウウン

マルセイユ「!?」フワッ


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 22:26:43.29 ID:fDzLwdKqO
バルクホルン「マルセイユ! 良かった、間一髪だったな……」

マルセイユ「っ……何故邪魔をする! ストライカーは破壊されたが、私はまだ被弾も落水もしていないぞ! 貴様……」

バルクホルン「確かにお前はな。ハルトマン!」

ハルトマン「何?」

バルクホルン「お前の負けだ」

ハルトマン「え?」

マルセイユ「なんだと」

バルクホルン「お前のシュトゥルムはまだまだ未熟なようだな。一発だけ、あの嵐を掻い潜ったらしい」

ハルトマン「あ……ホントだ。気付かなかった……」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 22:38:13.77 ID:fDzLwdKqO
マルセイユ「じゃあ、勝ったのは……」

バルクホルン「そうとも。間違いなくお前だよ、マルセイユ」

ハルトマン「……」

バルクホルン「さて! 少し休憩したら、次は私と手合わせ……」

ハルトマン「マルセイユ、泣いてるの?」
バルクホルン「なに?」

マルセイユ「な、何を急に! この私がたかが一勝挙げたくらいで泣くわけないだろ!」

ハルトマン「ふーん」

マルセイユ「全く……」

マルセイユ(試合には勝ったが……実質敗北だ。これが実戦なら、きっと今頃私は……いや)

マルセイユ(これが実戦だとしても、バルクホルンは私を助けただろう。やっと分かったよ、ハルトマンはずっとバルクホルンの為に……)


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 22:42:41.58 ID:fDzLwdKqO
バルクホルン「どうした? あ、そういえばストライカーが無いのか。参ったな……」

マルセイユ「ふっ、どこまでもお人好しだな。バルクホルン」

バルクホルン「?」

マルセイユ「……おい」

バルクホルン「何だ?」

マルセイユ「悪かった。暴言だったよ」

バルクホルン「は?」

ハルトマン「……へへ」ニッコリ


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 22:48:43.42 ID:fDzLwdKqO
バルクホルン「もう行くのか。寂しくなるな」

マルセイユ「心にもないことを」

バルクホルン「本心だ」

マルセイユ「……そうか」

ハルトマン「ねぇ」

マルセイユ「ん……」

ハルトマン「あのさ……意地悪してゴメンね。悔しかったんだよ、トゥルーデをコケにされて」ボソボソ

マルセイユ「ああ、私も悪かった……と、そうだ。おい、バルクホルン!」シュッ


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/22(月) 22:59:07.88 ID:fDzLwdKqO
バルクホルン「! これは……」

マルセイユ「妹がいるんだろ? ファンは大切にしないとな」

バルクホルン「あ、ありがとう! コイツはクリスが喜ぶぞ!」

ハルトマン「……ね。こういう人間だから、トゥルーデが大好きなんだ」

マルセイユ「ふっ、お似合いだよ。さあ、私も仲間達の元に帰るか。また会おう、我が友!」

ハルトマン「次は私が勝つからね、ばいばーい!」

バルクホルン「次はハルトマンと喧嘩するなよ! 武運を祈ってるぞ!」

ハルトマン「え」

バルクホルン「気付いてないと思ってたのか? こんな鈍いのが世界一のエースとはな」

ハルトマン「うー、トゥルーデの意地悪……」

バルクホルン「ふふん、なかなか見応えがあったぞ?」ニヤニヤ

ハルトマン「……もう、トゥルーデなんてだいっきらい!」



おわり

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。