おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「アンダーの処理をして欲しい?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 22:44:14.22 :Xig1T87m0

響「あ、明日グラビアの撮影があるから、その……」

P「何で俺に頼むんだ! 自分でやりなさいそんなことは!」

響「こ、この前間違えて怪我しちゃって……そ、それで自分でするのがどうしても怖くて……」

P「せ、せめて俺じゃなくて他の誰かに……ってもう皆帰っちゃったのか……」

響「うん……」

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 22:46:06.75 :Xig1T87m0

P「撮影も明日だし……なんでもっと早く言わなかったんだ……」

響「うぅ……グスッ……」

P「……言い出せなかったのか」

響「ごめんなさい……」

P「でもそんなことどこで……」

響「……」

P「……俺の家しかないか」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 22:50:42.42 :Xig1T87m0

P「ふぅ……ただいま」

響「お邪魔します……」

P「……どうする?」

響「じ、じゃあ……シャワー借りるね」

P「お、おう」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 22:52:47.67 :Xig1T87m0

響「上がったぞ……」

P「おかえり」

響「ど、どうすればいい?」

P「うーん……下だけ脱いで貰って、お風呂場……かな」

響「わ、わかったぞ」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 22:57:55.09 :Xig1T87m0

P「響、手をどけてくれないと……」

響「あ、あんまり見ないでね!? 絶対だぞ!?」

P「見ないとできないだろう」

響「うぅ……」

P「で、できるだけ見ないから、な?」

響「う、うん……」

P「足も広げて」

響「うん……」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:02:39.57 :Xig1T87m0

P「Oh...」

響「や、やっぱり濃い……よね……」

P「……知らないけどこんなもんじゃないか?」

響「そ、そうなの?」

P「ま、まあ俺も詳しいわけじゃないから知らないけど……クリーム塗るぞ」

響「う、うん……」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:06:45.06 :Xig1T87m0

P(これは作業、これは作業、これは作業、これは作業……)

ヌリュッ ヌリュッ

響(見られてる……見られてる……)




P「剃るぞ」

響「うん……」

P「……」ジョリッ

響「んっ……」

P「痛くないか?」ショリ…ショリ…

響「だ、大丈夫」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:10:25.70 :Xig1T87m0

響「ねぇ」

P「ん?」ショリ…

響「じ、自分の、変な形じゃない?」

P「み、見るなって言ったのは響だろ!?」

響「で、でも……ちょっと気になってて……」

P「あんまり意識させるようなこと言うな!」

響「ご、ごめんなさい」

P「……大丈夫、ちゃんと綺麗だ」

響「あ、ありがとう……」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:15:14.36 :Xig1T87m0

響(プロデューサーも顔真っ赤だぞ……)

ショリ…ショリ…

響(でもお仕事の時みたいに真剣な顔……)

ショリショリ

響「あうぅ……」キュン


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:21:55.83 :Xig1T87m0

響「ぅあっ……」

P「……」ショリ…ショリ…

響「んんっ……」

P(声がエロいのは気のせい!)ショリショリ

響「んぁっ……はぅ……」

P(なんか溢れてきたのも気のせい! 気のせいです!)ショリショリ

響「はぁっ……ぁっ……」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:25:59.76 :Xig1T87m0

P「よし! 終わり! 終わったぞ響!」

響「ハッ……ハッ……はぁっ……ほ、ほんと?」

P「じ、じゃあ俺は出るから!」

響「う、うん……」



響(どうしよう……)

響(あそこが……疼いちゃって……)

響(で、でもプロデューサーの家でそんなこと……)

響「うぅ……で、でも……でもぉ……」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:32:10.73 :Xig1T87m0

P「………………ふぅ」

P「夜気が肌にやわらかく、気持ちがはなやいでくるようだ」

P「これはアイドルと一定の距離を保つために必要なことで対応アイドルの高校生で抜くなんてことは決して」

響「何ぶつぶつ言ってるのプロデューサー?」

P「響!?」

響「ぷ、プロデューサーはお風呂どうするの?」

P「そ、そうだな。じゃあこれから入るから適当に時間潰してくれ」

響「う、うん」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:37:29.10 :Xig1T87m0

P「ふぅ……」

響「お、おかえり」

P「ただいま」

響「……」

P「……」

響「……」

P「……寝るか! 明日も仕事あることだし!」

響「う、うん」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:40:36.22 :Xig1T87m0

P「じゃあ響は俺のベッドで寝てくれ」

響「プロデューサーは?」

P「……俺は居間で毛布でも掛けて寝るよ」

響「だ、ダメだぞ! まだ寒いのにそれじゃあ風邪引いちゃうぞ!」

P「でも他に寝る場所が……」

響「い、一緒に寝ればいいでしょっ!」

P「ええっ!?」

響「だ、ダメ……?」

P「ぐっ……」

37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:44:51.29 :Xig1T87m0

P「おやすみ響」

響「お、おやすみプロデューサー」



響(プロデューサーのベッド……プロデューサーの匂い……)スンスン

響(うあぁ……結局自分でしなかったから……うぅ……)キュンキュン

響「ハァ……ハァッ……」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:49:52.63 :Xig1T87m0

P(響の息が荒い……)

響「ふぅっ……ハァ……」

P(というかめちゃくちゃ色っぽい)

響「んっ……ふっ……ハァッ……」

P(落ち着け、素数を数えて落ち着くんだ)

響「ハァッ……ハァッ……」

P(1、3、5、7、9、11……)

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:53:15.70 :Xig1T87m0

響「プロデューサー……?」

P(751…………771…………)

響「もう寝ちゃった……?」

P(911…………918…………)

響「もう……我慢できない……ぞ……」

P(……999…………)


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 23:58:01.61 :Xig1T87m0

モゾモゾ

響(うっ……パジャマまでびっしょり……)

スル…スル…

響(あとで考えよう……)

モゾモゾ

響(プロデューサーの手……おっきい……)

響(ゆ、指も……太い……)ゾクゾクッ

響「ごめんね、プロデューサー……」

チュクッ…

響「はぅう…………んっ……」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 00:03:22.31 :VOukZJCB0

P(10……31………………んんっ?)

響「んっ……んふっ……」チュクッチュクッ

P(ん? ん?)

響「ハァッ……んっ……」チュクッ

P(こ、この右手のスベスベぷにぷにヌルヌルした感触は……)

響「はぅっ……んぅっ……」チュク…

P(おおおおおおちつけきっとなにかのまちがいだ)

響「プロデューサー……プロデューサー……」チュクチュクッ


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 00:12:37.79 :VOukZJCB0

響(もっと……もっとプロデューサーを……)ツプ…

P(ゆ、指を!?)

響「あっ……んふっ……」ツププ…

P(な、中に!?)

響(太い……いつもより太いよぉ……)チュプッ…

P(そうだ、もう一度素数を数えて……!)

響「ふっ……んんっ……」チュプッ…ツプ…

P(1、2、3、4、5、6……)


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 00:19:00.97 :VOukZJCB0

響「プロデューサー……プロデューサー……」チュプ…チュプッ…

P(61、62、62……いや、62は素数じゃな……)

響「んっ……あぅっ……んぅぅ……」キュゥゥゥゥ

P(し、締め付けが……!)

響「プロデューサー……プロデューサー……プロデューサー……!」

ビクビクビクッ!!

響「んっ……んぅっ!!」

P「」

響「ハァッ……プロデューサー……プロデューサー……」

P「」

響(すき……すき……だいすき……)


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 00:27:48.75 :VOukZJCB0

響(プロデューサーの指……綺麗にしないと……)

P(さっきのことは忘れろ。忘れるんだ俺)

響「んっ……ペロッ……」

P(そうだ、忘れた、忘れたぞ俺)

響「チュルッ……んっ……」

P(指を舐めるくらいなんてことない! なんくるない!)

響「はふっ……レロッ……」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 00:32:27.60 :VOukZJCB0

響「んっ……プロデューサー……」ギュッ

むにっ

P(い、今更胸を押し付けられてもなんともな……)

響「んっ……スゥ……スゥ……」

P(なんともな……)

響「スゥ…………スゥ……」

P(…………さっきは63までいったよな)


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 00:38:35.01 :VOukZJCB0

P「んっ……朝か……」

P(結局あの後眠れたのは明け方近くなってからだった……)

P「あれ? 響……?」

P「メールが着てる」

P「先に帰ったのか」

P「……俺も準備して出発しないと。今日も一日仕事だ」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 00:51:14.87 :VOukZJCB0

~夕方~

P「ただいま戻りました~」

小鳥「お疲れ様ですプロデューサーさん。お待ちしてましたよ」

P「えっ? 何かあったんですか?」

律子「昨日の夜の響の件、たぁーっぷりお聞かせしてもらいますよ」

P「えっ」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 00:53:44.32 :VOukZJCB0

美希「ずるいのずるいのずるいの!」

春香「暴挙ですよ! 暴挙!」

あずさ「プロデューサーさん、私もお願いしていいですか~?」

雪歩「う、羨ましいような、恥ずかしくて絶対出来ないような……うぅ……」

貴音「これは来たるべき日のため、伸ばさねばならぬようですね……」

真「羨ましいけどボクに水着のお仕事なんてほとんど……」

千早「くっ」

75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 00:55:56.95 :VOukZJCB0

亜美「真美……剃るほど生えてる?」

真美「ううん……全然……」

伊織「……」ズーン

やよい「伊織ちゃんどうしたの?」



P「し、喋ったのか響!?」

響「あぅあぅぅ…………」

律子「明らかに様子がおかしかったから問い詰めたんです。そしたら……」

小鳥「まさかプロデューサーさんにお手入れしてもらうなんて……!!!」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 01:00:49.64 :VOukZJCB0

美希「美希も絶対ハニーにして貰うの!」

あずさ「もちろんしてくれますよね? プロデューサーさん?」

春香「私もして貰いたいです!」

雪歩「じ、じゃあ私も……」

P「み、皆は普通に出来るだろう!?」

美希「そうやって響だけヒーキするの!?」

P「ぐっ……」

あずさ「プロデューサーさん?」

P「ほ、ほら、皆しばらく水着の仕事なんて入ってないじゃないか、な?」

ギャーギャー!

P(ファンの人たちには悪いけどこの夏の765は水着厳禁だな……)


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 01:03:47.43 :VOukZJCB0

ガチャッ

社長「おおキミ! 今度の夏の765プロ感謝祭なのだがね!」

社長「それに合わせてアイドル諸君のグラビア写真集を作ろうと思うのだよ!」

P「」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 01:11:23.57 :VOukZJCB0

春香「これでみーんなお仕事入りましたね、プロデューサーさん♪」

真「それならボクもお願いします!」

あずさ「し・て・く・れま・す・よ・ね? プロデューサーさん?」

美希「ハーニィ?」

ジリ…ジリ…

社長「……な、何やら場違いなようなので私は退散させて貰うよ」

P「し、社長ー!!!」

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 01:14:41.20 :VOukZJCB0

あずさ「確かそのままお泊りでしたよね、プロデューサーさん?」

P「そこまで!?」

美希「当たり前なの」

P「ま、毎晩あんなことになったら寝不足になって……」

響「寝不足って……もしかしてプロデューサー起きてたの!?」

P「げっ……しまった」

律子「いったい何があったんですかねえ?」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 01:17:22.66 :VOukZJCB0

響「ぷ、プロデューサー答えて! 本当に起きてたの!?」

P「いや、その……」

貴音「響、もしやプロデューサーの寝込みを襲ったのでは……!」

響「そ、そこまでしてないぞ!」

美希「『そこまで』!?」

春香「ってことはどこまでしたの!?」

響「うぎゃあああああああ!」

P「もういい! 響! 喋るな!」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 01:22:51.01 :VOukZJCB0

亜美「ね、ひびきんどこまでしたの?」

真美「正直に答えれば悪いようにはしないよ?」

響「うぁうぁぁぁあぅ……」

小鳥「プロデューサーさん?」

律子「どういうことか全部聞かせて貰いますよ!」

P「どうしてこうなった……」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 01:23:29.42 :VOukZJCB0

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。