おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士「光彦くん、頼んでいた物が完成したぞい」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:13:01.66 ID:2xELXb7/0




博士「一応設計図通りに作ったのじゃが」



博士「何がなんだかワシにも分からんわい」



光彦「ありがとうございます博士!」



光彦「危険なものじゃないですから大丈夫ですよ」



博士「だといいんじゃが……くれぐれも悪用するんじゃないぞ~」



光彦「分かってますって!」ニヤッ

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:14:27.97 ID:2xELXb7/0




光彦(設計図はかけたものの、僕にはそれを作る技術がなかったんです)



光彦(そこで!博士に作ってもらうことにしたのですが……)



光彦(博士も分からない物を作ってしまうなんて、僕は天才です!)



光彦「では、早速使ってみましょう!動作確認の意味も込めて……ッ」








5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:15:01.41 ID:2xELXb7/0




光彦「あっ、あれは小林先生!丁度いいところに」



先生「円谷くん、こんにちは」



光彦「こんにちは先生」



先生「あら?その手に持っているスイッチは何?」



光彦「これはですね……」ポチ








6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:15:38.91 ID:2xELXb7/0




先生「あれ……うッ……!ぐぁ…ッッッあああぁぁぁ……!」バタン



光彦「……そうですね、名付けるとすれば『絶頂スイッチ』といったところでしょうか……」



光彦「通常では味わえない程の性的絶頂を、一気に引き起こすんです……」



光彦「気絶してしまうのが当たり前でしょう」








7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:16:13.22 ID:2xELXb7/0




光彦「さて、実験は成功です。……しかし小学生の、しかも低学年にまで効くのでしょうか?ーあれは…」



元太「おう、光彦!サッカーやんねえか?」



光彦「元太くんじゃないですか!」ポチ



元太「ん、お前なんだそのボタ……んぐフゥッ!?」



元太「ブヒィィんんんんんうううなううなじゅうううう!」バタリ



光彦「やはり気絶してしまいましたか。ーーおかしいですね、精液が出てません」








8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:16:32.58 ID:XHNSej0mi




>>7

やりやがった









10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:17:01.36 ID:2xELXb7/0




光彦「まだ精通していないからでしょうか……?」



光彦「ともかく、絶頂を迎えることは確かなようです」



~博士の部屋~



博士「哀くん、この設計図なんじゃが ……なんだか分かるかね」



灰原「あら博士が分からないのなんて珍しいじゃない」



灰原「ん?……ッ!これは……!!」








11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:17:40.25 ID:k9SxKuRa0




光彦の逆襲が始まったな









12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:17:59.15 ID:2xELXb7/0




博士「光彦くんが持ち込んだものなのじゃが、さっぱりなんじゃ」



博士「何か分かったのかね?」



灰原「まさか円谷君が!?……クッソあのエロガキ……」



博士「どうしたんじゃね哀くん!」



灰原「ハァハァ、いいわ、教えてあげる。驚かないで聞いてちょうだい……」



博士「……ゴクリ」








14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:19:08.94 ID:2xELXb7/0




博士「光彦くんが持ち込んだものなのじゃが、さっぱりなんじゃ」



博士「何か分かったのかね?」



灰原「まさか円谷君が!?……クッソあのエロガキ……」



博士「どうしたんじゃね哀くん!」



灰原「ハァハァ、いいわ、教えてあげる。驚かないで聞いてちょうだい……」



博士「……ゴクリ」








18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:20:09.76 ID:2xELXb7/0




光彦「もうちょっとサンプルデータが欲しいですね……」



光彦「公園に行ってみましょう!」



~~~公園~~~



光彦「あ、歩美ちゃん!」



歩美「あ、光彦くんだぁ。偶然だねぇ、なにしてるのぉ?」








20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:20:49.15 ID:2xELXb7/0




光彦「やっぱり気になりますかwww」



歩美「え、え?光彦君どうしちゃったのぉ!?」



光彦「おちんぽぺろぺろ!」ポチ



歩美「///光彦くん/いきなり何言って……ヒィ!?」








21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:21:49.42 ID:2xELXb7/0




歩美「ひ…ぎ…なんか、なんかきちゃうよぉ!ーーああいくぅ、逝っちゃう、んんあああうぅぅぅぅ!…ぅ…ゥ」ドバタ





光彦「危うくロリに目覚めるちゃうところでした!」



光彦「ん?息が聞こえてきませんねぇ……」








22: 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:15) :2013/06/20(木) 21:22:01.45 ID:Ve6Qj7Mg0




おwちwんwぽwぺwろwぺwろwwwww









23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:22:41.36 ID:2xELXb7/0




光彦「歩美ちゃああん……歩美ちゃん?……」



光彦「ぅ…あ……歩美ちゃああああああああああんんんんん!」



~~~博士宅~~~



灰原「これは任意の標的を性的絶頂させる機械。一生味わえないであろう快感を一気にひきだすものよ」



灰原「……聞こえはいいかもしれないけれど、これには恐るべき副作用があるわ」



博士「何なんじゃ一体……」



灰原「まず、過度の興奮と血中酸素濃度の不足により、一時的に脳の機能が失われてしまう……つまり」



博士「気絶してしまうということじゃの……」



灰原「ええ、その通りよ。」








24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:23:32.28 ID:2xELXb7/0




灰原「しかも、運が悪ければ記憶障害や麻痺症状……最悪の場合には『死』が待っているわ」



博士「テクノブレイク……ネタでは無かったのじゃな……」



灰原「さらに、もっと恐ろしいことがあるのよ」



灰原「これには円谷君も気付いていないでしょうね。」



博士「何じゃ、早くいってくれ!」








26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:24:07.02 ID:2xELXb7/0




灰原「人としての本能……子孫を残すこと。ーーこれができなくなるのよ」



博士「!!」








27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:24:46.46 ID:2xELXb7/0




灰原「性欲を司る脳の一部が破壊されてしまうのよ」



灰原「性欲が一生でなくなるわ。それに射精もできなくなる……女性の場合は妊娠ね」



博士「どうにかして止める方法はないのか!」



灰原「現段階ではおそらく不可能でしょうね……だから、被害が拡がる前に辞めさせないと!」



灰原「あの子達の……いや、みんなの未来を守るために!」








28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:25:33.64 ID:2xELXb7/0




博士「そ、そうじゃの!まずは新一に連絡をとってみるぞい!」prpr



灰原「分かったわ。こっちは円谷君のケータイに……」



灰原「ダメ、出ないわ!それに彼の探偵バッヂも!」



博士「早くとめねば!……で、出た!」カチャ



コナン「もしもし?どうしたんだ博士、いきなり……」



博士「緊急自体発生じゃ!かくかくしかじか」



コナン「なんだって、光彦が!?」








30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:26:23.40 ID:2xELXb7/0




コナン「分かった、直ぐに止めさせる!」ツーーツーー



コナン「さて、一応追跡メガネで光彦の探偵バッヂを探してみるか……」ppp



コナン「…………くそ、ダメだ見つからない!」



コナン「とにかく探すしかねえ!」



スケボー「ギュイイイイイイン」



コナン「いっけええええええええ!」ビュウウウオオン








31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:27:20.43 ID:2xELXb7/0




~~~~~~~~



光彦「」ポチ



通行人A「いやああああ」ドサッ



光彦「」ポチ



通行人B「んああああぁッ!」ボテッ



光彦「」ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ








33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:28:29.95 ID:2xELXb7/0




光彦「いつもいつも、みんなして僕をいじめて!」ポチポチポチ



光彦「僕がいつッ!どこでッ!なにをしたっていうんですかああああああぁ!」ポチポチポチポチィッ!



~~~~~~~~



コナン「まずい、あちらこちらから喘ぎ声がしてくる!」



コナン「光彦の怒りが爆発したのか……!早く止めねえと!」



コナン「ーーいたぞ、光彦だッ!!」








34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:30:05.58 ID:2xELXb7/0




コナン「光彦ぉぉぉぉぉぉぉぉォォォォォ!」ギュイイイン



光彦「こ、コナン君!?どうして……」



コナン「どうしてもこうしてもあるかよ!テメェ、自分がなにしでかしたか分かってんのか!」



光彦「う……う、うるさい!うるさいうるさいうるさい!うるさい黙れ黙れぇェェェェッ!!!」



コナン「くっ、光彦……」








36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:30:44.25 ID:2xELXb7/0




光彦「そもそもぉッ!お前らがあッ!みんなして僕をいじめるから悪いんだろぉがあぁっ!」



コナン「そうか……それが原因で……」








38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:31:14.19 ID:2xELXb7/0




光彦「だから僕は復讐するって決めたんですよっ!最高にして最悪の方法を以て!」



コナン「確かに、その気持ちは分かる。今まで悪かったな、光彦」



コナン「だがな、それで人に危害を加えていいって理由には……ッ!」








40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:32:13.54 ID:2xELXb7/0




何も言わず、光彦がボタンを構える。その体を震わせて右手を大きく振りかぶるーーッ!



コナン「クソッ、間にあうかッ!?」



コナンがキック力増強シューズをONにし、ベルトからサッカーボールを出す。



コナン「飛っべええええええぇぇぇぇェェェ!」



ーー光彦が右手を降り下ろしたのと、コナンがサッカーボールを蹴ったのは、ほぼ同時のことだった……








41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:32:49.12 ID:2xELXb7/0




コナン「いっけええええええぇぇぇぇ!」



ボールが弧を描きながら光彦に飛んでいく



光彦「うおあぁぁぁ!」



光彦の右手がボタンに掠れる……そして








42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:33:37.91 ID:2xELXb7/0




ドゴォォォオオォ







衝撃が響き渡った



光彦の手にボールが当たったのだ








43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:34:29.69 ID:2xELXb7/0




光彦の手からスイッチが離れ、虚空にとぶ



そしてそのままボールは進み続け、光彦の顔面を抉る……



光彦「ふぎゅが!」








46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:36:45.92 ID:2xELXb7/0




光彦の身体が宙を舞う



しかし、スイッチが地面にーー



コナン「や、ばい、しまっーーッ!」



落ちた。ボタンの面を下にして……







ポチ







ドッピュルルルルル!!








47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:39:03.24 ID:2xELXb7/0




コナン「俺、終わるのか、こんなところで……」





しかし、何も起こらない……







射精をしたのは光 彦だった。





さっきの衝撃で誤動作でも起こしたのだろう。



光彦空を舞いながら、その潮を高く、高く吹き上げた



さながらその姿は、イルカと鯨の要素を合わせた様な……なんとも言いし難い情景であったのである








48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:39:55.70 ID:2xELXb7/0




コナン「光彦、光彦おぉぉぉぉ!」



必死にその名を叫ぶが時既に遅し。光彦が地面に叩きつけられる



因みにコナンは知るよしもなかったが、この射精は光彦にとって初めてだったのだ。



光彦は、最初にして最後の射精が、人生最高の絶頂になるとは思いもしなかっただろう……








49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:40:54.14 ID:2xELXb7/0




コナン「光彦ッ!」ダッ



コナンが光彦の元へと駆け寄る



光彦「……k、コナン……く、ん……グぁ…」



光彦が最後の力を振り絞って話す



コナン「死ぬな!死んじゃダメだ!お前はっ、生きてっ、その罪を償わなくちゃなんねーんだよ!!」








50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:41:09.07 ID:v5wudo/O0




光彦の射精の描写が美しい…









52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:41:42.26 ID:2xELXb7/0




光彦「コナン……くん……もう僕は、ガハッ!ーーだ、めみた、いです」



コナン「そんなこというな!おい光彦!」



光彦「コナンくん、僕は……勘違いして、たみたい、です」








53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:42:48.42 ID:2xELXb7/0




光彦「真の絶頂は……最高の、パートナーと……し、か感じられな……イギッ!」



コナン「光彦!大丈夫か!しっかりしろ!」



光彦「コナンくん……どうか、さいこ、ぉのぱぁとな……みっ…け…エ」



光彦「幸、せに…………なって、くぁさ、、、、…」









光彦の息が、止まった








54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:43:29.86 ID:2xELXb7/0




コナンが何も言わずに立ち上がった



コナン「あぁ……言われなくても手にいれてみせるさ……」



コナン「絶対に黒の組織をぶっ潰してやる……そして……!」








59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/20(木) 21:45:01.90 ID:2xELXb7/0




コナン「必ず、蘭の元に帰る!!!」













最期の光彦の顔は、どこか幸せそうだった。

                      缶

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。