おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミン「飲みすぎ注意」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 19:22:56.75 ID:bw/qfj+o0

※ネタバレはないと思います。

キャラが少し崩壊するかもしれません。

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 19:28:31.45 ID:bw/qfj+o0

アルミン  パチッ

アルミン 「う……んーー」

アルミン 「よく寝たなぁ……」 フワァ

アルミン 「…って、あれ?みんなは?」

アルミン 「どっかいったのかな~?」

アルミン 「まぁ…、少しの間、本でも読んでおこうかな…」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 19:34:42.46 ID:bw/qfj+o0

~約一時間経過~

アルミン「ふぅ…、やっと読み終わったぁ……」

アルミン「……誰も帰ってこない……」

アルミン「布団の中とかも探してみたけれど……」

アルミン「エレンと、えっと……ジャンもいないジャン」 ボソッ

シ~ン

アルミン「ホントに、誰もいないのか……」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 19:39:08.85 ID:bw/qfj+o0

アルミン「とりあえず、外に出るか……」

アルミン ガチャ

シ~ン

アルミン(やっぱり、おかしい……)

アルミン(こんなに静かなんて……)

アルミン「とりあえず、手当たりしだい、みんなを探そう」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 19:43:19.82 ID:bw/qfj+o0

アルミン(それから、いろんなところを探し回った)

アルミン(中だけじゃなく、外ももちろん探し回った)

アルミン(でも……)

アルミン「なんで誰もいないんだ……」

アルミン「廊下にも誰もいないし……」

アルミン「みんな、どこに消えたんだ……」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 19:49:27.97 ID:bw/qfj+o0

アルミン「……」

アルミン「……とりあえず、部屋に戻ろう……」

アルミン(……) テクテク

アルミン(やっぱり誰もいないのか) カサッ、カサッ

アルミン「!?」クルッ

シ~ン

アルミン「やっぱり、気のせいか……」テクテク

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 19:56:30.43 ID:bw/qfj+o0

~部屋の中~

アルミン「ハァ……」

アルミン「やっぱり、いなかったなぁ……」

アルミン「みんな、どこに行っちゃったんだよぉ……」

アルミン「エレン……、ミカサ……」 グスッ

アルミン「みんなぁ……」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 20:00:01.20 ID:bw/qfj+o0

アルミン「って、泣いてる場合じゃない!」

アルミン「早くみんなを見つけるんだ!」

アルミン「エイ、エイ、オー!!!」

シ~ン

アルミン「ハァ……」

アルミン「一人で何やってんだろ……」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 21:33:46.03 ID:bw/qfj+o0

アルミン「とりあえず、現状を整理しよう」

アルミン「まず、ここは、訓練所内。」

アルミン「そして、ここには、僕一人・・・・・・」

アルミン「うーん、つまりどういうことだ?」

アルミン「ウムム・・・・・・」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 21:38:40.27 ID:bw/qfj+o0

アルミン「うーん、なんかこんな状況、前に本で読んだことがあるような・・・・・・、ないような・・・・・・」

アルミン「確か、神・・・し・・・?」

アルミン「神隠しだ!!!」

アルミン「・・・・・・」 ブルッ

アルミン「ハハッ、そんなわけ・・・・・・」

アルミン「・・・・・・」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 21:43:38.44 ID:bw/qfj+o0

アルミン「落ち着け、アルミン・アルレルト!」

アルミン「そんなことがあるわけないだろ!」

アルミン「冷静・・・冷静・・・」

アルミン「でも、じゃあ何でみんなが・・・・・・」

アルミン グスッ

アルミン「ッ!泣くな、アルミンアルレルト!男だろ!」ヒック、ヒック


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 21:48:55.25 ID:bw/qfj+o0

アルミン グゥ~

アルミン「!?」グスッ

アルミン「そういえば、朝から何も食べてなかったな・・・・・・」グスグス

アルミン ハッ!

アルミン「そういえば・・・食堂にいってない・・・・・・」グス

アルミン「もしかして・・・・・・・」

アルミン「そうと決まれば、早くいかないと!」グシグシ

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 21:52:58.99 ID:bw/qfj+o0

アルミン ガチャ

アルミン「早く行かないと・・・!」ダッ

アルミン「なんでこんな簡単なことに気付かなかったんだ!」ダッ

アルミン「そうか・・・朝ごはんをまだ食べてなかったからか!」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 21:56:29.99 ID:bw/qfj+o0

アルミン「そうと決まれば、早くご飯~!」

アルミン「って、ご飯ご飯ばっかいって・・・・・・、まるでサシャみたいだ」アハハ

アルミン「・・・・・・」グスッ

アルミン「・・・・・・食堂にいそごう」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 22:57:02.93 ID:bw/qfj+o0

アルミン バッ

アルミン「ウッ・・・・・・、何この臭い」ハナツマミ

アルミン「ウゥ~・・・、ってみんな!」

アルミン「みんな、こんなところにいたんだね!」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:00:19.68 ID:bw/qfj+o0

シ~ン

アルミン「って、あれ?みんなどうしたの?」

シ~ン

アルミン(みんな、机に突っ伏してる)

アルミン「ねぇ~、どうしたの~?」

アルミン「みんな、寝てるの~」

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:04:28.91 ID:bw/qfj+o0

アルミン「ねぇ、エレーン!」

エレン スゥースゥー

アルミン「ねえ、エレンてば!起きてよ!」ユサユサ

エレン スゥースゥー

アルミン「・・・・・・・」

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:07:27.91 ID:bw/qfj+o0

アルミン「ねぇ、ミカサ!」ユサユサ

ミカサ スゥースゥー

アルミン「ねぇ、起きてよジャン!ねえってば!」

ジャン スゥースゥー

アルミン「ねぇ、誰か起きてないの?」

シーン

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:12:36.22 ID:bw/qfj+o0

アルミン「・・・・・・・」スタスタ

アルミン「・・・・・・・!?」ツルッ

アルミン「いったーい!!」ドシン

アルミン「イテテ・・・・・・で、これは何?」ピラッ

アルミン「細長い紙?」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:17:02.20 ID:bw/qfj+o0

アルミン「周りにも、いろんな色の紙?が落ちてる・・・」

アルミン「よいしょっと!」パンパン

アルミン「テーブルの上には・・・・・・肉だーーー!!!」

アルミン「他にも色々と豪華な料理ばっかり・・・・・・・」

アルミン「何でこんなにあるんだ?」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:20:52.26 ID:bw/qfj+o0

??? スタッ

アルミン「!?」

アルミン「クリスタ!?」スタスタ

アルミン「クリスタ・・・・・・・起きてたの!?」

クリスタ「」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:24:26.10 ID:bw/qfj+o0

アルミン「クリスタ!みんなが大変なんだ!」

クリスタ「」

アルミン「なんか・・・・・・・みんなが・・・・・・・エェーッと・・・・・・・。そう、寝ているんだ!」

クリスタ「」

アルミン「それでさ、クリスタだけ起きててさ、えと、あの・・・」アタフタ

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:28:36.12 ID:bw/qfj+o0

アルミン「それで・・・・・・、えっと、クリスタは何か知らない?」

クリスタ「」

アルミン(って、アレレ?クリスタどうしたんだ?さっきからしゃべってないけど・・・・・・)

アルミン「クリスタ?大丈夫?」

アルミン「クリs クリスタ ギュ

アルミン「!?」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:32:27.22 ID:bw/qfj+o0

アルミン(アレレ?今何が起きているんだ?)

アルミン(エッと~、僕がつったってて、そこに、クリスタが抱きついてる)

アルミン「・・・・・・!?」

アルミン『エェェェェーーーーーーーー!!!!!!』

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:36:46.43 ID:bw/qfj+o0

アルミン「落ち着け、僕・・・・・・こういうときは、巨人を数えるんだ・・・・・・」
ブツブツ

アルミン「巨人が一体~、巨人が二体~、巨人が三体~」ブツブツ

アルミン「・・・・・・」

アルミン『って、冷静になれるかーーーーー!!!!』

アルミン(考えれば考えるほどおかしくなる・・・・・・)

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:39:50.35 ID:bw/qfj+o0

アルミン(こういうときこそ、深呼吸だ・・・・・・)

クリスタ「」

アルミン スゥーーーーーー

アルミン「うぅ、そういえば、ここ臭かったんだった」ケホケホ

クリスタ「」

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:43:16.53 ID:bw/qfj+o0

アルミン「うぅ・・・・・・、後は、ええと・・・・・・」

クリスタ クイックイッ

アルミン「ん?」

アルミン「どうしたの、クリスタ?」

クリスタ「・・・・・・エヘヘ~///」ニコッ

アルミン ズギューーーーン!

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:47:00.48 ID:bw/qfj+o0

アルミン「く・・・クリスタ、どうしたんだい?」ハァハァ

クリスタ「エヘヘ~///アルミ~ン///」ギュ

アルミン(・・・だ、だいしゅきホールドデストーーーー!!!)

クリスタ「エヘへ~///アルミ~ン///」ギュウギュウ

アルミン チ~ン

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:53:01.08 ID:bw/qfj+o0

アルミン(僕・・・もう、死んでもいいかも。いや、死んでるのかも・・・・・・
)チーン

アルミン「って、そうじゃなくてー!!!」グイッ

クリスタ「???」

アルミン「クリスタ、よく聞いて。今、何でこんなことになってるんだい?」

クリスタ「う~ん、クリスタわかんな~い」ニコッ

アルミン「そうか・・・・・・、やっぱりわかんないか・・・・・・(って、笑顔がいつもの2割増しでヤバイ///)」

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/24(火) 23:57:54.13 ID:bw/qfj+o0

アルミン「う~ん、ってことは自分で考えるしかないか・・・・・・」

アルミン「みんなが寝ていることも異常だが、それはわからないから、パス」

アルミン「まずは・・・、この豪華な料理の数々のことについてか・・・・・・・」

アルミン「こんなに豪華な料理が出るってことは・・・・・・・、何かでかいイベントでもあったのか?」

アルミン「えーと、昨日は何が・・・・・・・」

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 00:02:36.16 ID:xDIT0uRa0

クリスタ ジーーー

アルミン「えーと、確か昨日は、ええっと~・・・・・・う~ん・・・」ウムム・・・

クリスタ「アルミン!!!」

アルミン「ん?どうしたんだいクリスタ?」

クリスタ「クリスタね、気付いたことがあるの!!」

アルミン「本当かい!!」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 00:07:00.12 ID:xDIT0uRa0

アルミン「教えてくれないか、クリスタ!?」

クリスタ「えっとね~、恥ずかしいことだけどいうね///」

アルミン「うん!(・・・・・・恥ずかしいこと?」

クリスタ「えっとね~、あのね~///」

アルミン ドキドキ

クリスタ「えっとね、考え事をしているアルミンが、カッコイイってこと!!!」

アルミン「」

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 00:08:55.57 ID:xDIT0uRa0

アルミン「」

クリスタ「キャー、いっちゃったー///」

アルミン「」

クリスタ「うぅー、恥ずかしい~///」

アルミン「」

クリスタ「///」

アルミン「」

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 00:12:17.75 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「アルミン~!!!どうだった///?」

アルミン「」

クリスタ「アルミン~、大丈夫///?」

アルミン「ウン、ダイジョウブダヨー」

クリスタ「よかった~、アルミン大丈夫そうだね!!!」

アルミン「ハハハハハ~」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 00:16:17.99 ID:xDIT0uRa0

アルミン(ここはどこだろ~)

アルミン(あぁ、なんだろとてもいい気持ちだ)

アルミン(周りはお花畑だ~)

アルミン(向こうには川が見えるな~)

アルミン(あれって、何川なんだろ~)

アルミン(まぁ、どうでもいいか~)アハハ

アルミン(このままここにいよう)アハハハハ

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 00:21:49.50 ID:xDIT0uRa0

???「アルミン・アルレルト!!!」

アルミン(あれ~、もう一人僕がいる~、何でだろ~。)

???「おい、はやくそっちからこっちにくるんだ!お前にはまだやるべきことが残っているだろ!」

アルミン(あれ~、何か言ってるな~。まぁ、どうでもいいか~)

???「お前は巨人を倒して外の世界にいくんだろ!」

アルミン(・・・・・・!?)

47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 00:25:29.22 ID:xDIT0uRa0

???「早くそこから抜け出すんだ!
そうしなければ、一生巨人を倒せないぞ!」

アルミン(巨・・・人・・・)

アルミン(そうだ、僕は巨人を倒して外の世界に行くんだー!!!」

48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 00:28:23.24 ID:xDIT0uRa0

???「やっと、正気を取り戻したか」

アルミン「うん、ありがとう!」

アルミン「えっと・・・・・・、もう一人の僕!」

???「うむ、早くもとの世界に戻れ!!」

アルミン「ホントにありがとー!!!」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 18:23:56.92 ID:xDIT0uRa0

アルミン「……ハッ!」

アルミン「僕は一体……」

アルミン チラッ

クリスタ ギュー

アルミン(……おk、把握した)

アルミン(とりあえず、この天使をなんんとかしないと……)

52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 18:28:56.33 ID:xDIT0uRa0

アルミン「ねぇ、クリスタ~」

クリスタ「ん~?な~に~アルミン~?」

アルミン「とりあえず、離れてくれないかい?」

クリスタ「……」

アルミン「?」

クリスタ「……ィヤだ。」

アルミン「?」

クリスタ「クリスタ、離れたくないー!!!」

アルミン「!!?」

53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 18:38:36.77 ID:xDIT0uRa0

アルミン「いや……そんなこと言われても……クリスタがどいてくれないと、僕うごk クリスタ「嫌なのーーー!!!」

アルミン(さっきから、思ってたんだけど……クリスタがおかしい……)

アルミン(さっきから、同じようなことばっかりいうし……)

アルミン(僕のことを、か、カッコイイとか……)プシュー

アルミン(じゃなくて!!!いつもだったら、すぐに離れてくれるはずだし……)

アルミン(まるで、駄々をこねる子供みたい……!?)

アルミン(そうか、さっきからおかしいと思ってたのは、クリスタが駄々っ子みたいにになってるからだ!!!)

54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 18:46:04.65 ID:xDIT0uRa0

アルミン(ってそんなことがわかってもなぁ……あんまり状況は変わらないよなぁ……)

アルミン(それに、駄々っ子ってことは……)チラッ

クリスタ「イヤだー!!イヤだー!」

アルミン(何を言っても聞いてくれない、かぁ……)ハァ

アルミン(とりあえずは…)「ハァ、しょうがないなぁ……、少しだけだよ」

クリスタ「!?」

クリスタ「ありがとう、アルミン!!!」ニコッ

アルミン(女神だ……)ズギューーーン!!!



55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 18:54:23.36 ID:xDIT0uRa0

アルミン(とりあえず、どうにかなったかな……)ハァ

アルミン(子供のお守りだな、これは……)

アルミン(ミカサもこんな気持ちなのだろうか……いつか、労いでもかけてあげよう)

クリスタ クイ、クイ

アルミン(そのためにも、まずはこの状態をどうにかしよう!)グッ

クリスタ「ねー、ねー、アルミーン!」

アルミン(とりあえず、もう一回現状の確認だな)←気付いてない

56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 19:20:07.78 ID:xDIT0uRa0

アルミン(現在、起きているのは、僕とクリスタだけ。他は……寝てる)

クリスタ「アールーミーン!}

アルミン(寝ているのは、エレン・ミカサ・ジャン・サシャ……)

クリスタ「もう!気づいてよ!」

アルミン(……よく周りを見てみると全員104期生じゃないか!)←集中しています

クリスタ「……」 スタスタ

アルミン(104期生だけでの祝い事……何かあったっけ?)ウムム…

57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 19:26:25.70 ID:xDIT0uRa0

アルミン(じゃあ、何で僕はここにいなかったんだ?)ウーン…

クリスタ スタスタ

アルミン(えっと……、昨日は確か、座学の課題をやって、本を読んで…)

アルミン(……そういえばクリスタは?さっきから声が聞こえないけど)キョロキョロ

クリスタ スタスタ

アルミン「ん?テーブルに近づいてってる?」

58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 19:31:55.45 ID:xDIT0uRa0

アルミン「クリスタ~?どうしたの~?」スタスタ

クリスタ「…ッいしょっと」

アルミン「ん?クリスタが持ってるのは……何かの瓶?」

クリスタ「フン、フフ~ン♪」トクトク

アルミン「コップに注ぎだしたぞ?(はなうた歌ってるクリスタも可愛い)」

クリスタ「…ンッ」グイッ

アルミン「一気飲み!?」

59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 19:39:07.80 ID:xDIT0uRa0

アルミン「ちょっと!クリスタ!何飲んでるの~!?」

クリスタ「ん~///ただのお水らよ~///]

アルミン(……もしかして)「ちょっとクリスタ、それ貸して!」

クリスタ「ん、イイりょ~///」スッ

アルミン「ありがと(呂律の回ってないクリスタも……イイ!)」

アルミン「えっとー、……これって酒瓶ジャン!!!」

60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 19:46:10.60 ID:xDIT0uRa0

アルミン(そうか……、これで、問題が一つ解決したぞ!)

アルミン(みんな、何かのイベントで飲みまくったんだ!酒を!)

アルミン(それによく見ると……周りに酒瓶が転がってる!!!)

アルミン(ならこの匂いも、お酒の匂いか!)

アルミン(ウッ……、思い出したら気分が……)

アルミン「というか、クリスタ!お酒なんか飲んじゃダメでしょ!」

クリスタ「らから~、たらのお水らっればー///」ポー

アルミン「いや、お酒だからね!?(やっぱり可愛い///)」

61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 20:04:17.29 ID:xDIT0uRa0

アルミン「クリスタ、大丈夫なの?」

クリスタ「らいじょーぶだよ、アルミン///」フラフラ

アルミン「って、全然大丈夫じゃないじゃん!」

アルミン(えーっと、確かこういう時は……)

アルミン(風に当たれるところが良かったような……)

アルミン(そうと決まれば…!)「クリスタ!一旦ここを出よう!」

クリスタ「へ?///……わかったー///」


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 20:11:13.69 ID:xDIT0uRa0

~テラスみたいな場所~

アルミン「・・・・・・気分はどう?クリスタ?」

クリスタ「うーん・・・・・・クリスタ、わかんなーい!」

アルミン「そう・・・・・・よっぽどたくさん飲んだんだね」アハハ

クリスタ アハハ

64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 20:16:53.97 ID:xDIT0uRa0

アルミン「うーん・・・・・・どうしても直らないなら医務室で横になった方がいいかもな・・・・・・」

アルミン「よし、医務室に行こう!」

クリスタ「・・・・・・」

アルミン「それじゃあ行こうか、クリスタ」スタスタ

クリスタ「・・・エイッ!」ドンッ

アルミン「へ?」ドシーン


65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 20:21:57.63 ID:xDIT0uRa0

アルミン「ど、どうしたのクリスタ!?」

クリスタ「エヘへ~///」ウマノリ

アルミン「ちょ、どいてよー!」ジタバタ

クリスタ「ヤーダー!」

アルミン「く、クリスタがどいてくれないと、医務室にいけないよ?ね?だからどいて?お願い」

クリスタ「クリスタ、医務室に行きたいとかいってないー!」

アルミン(そうだ、今クリスタは駄々っ子だった・・・・・・)

66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 20:28:54.38 ID:xDIT0uRa0

アルミン「でも、早くどいてー!」

クリスタ「何で~?・・・・・・もしかして、クリスタのこと嫌いなの?」ウルッ

アルミン「い、いや!クリスタは好きだよ!」(そこで涙目は反則だよ・・・・・・)

クリスタ「・・・・・・」

アルミン(・・・・・・今、僕はなんといったんだ?)

アルミン(・・・・・・ゥ、ウワーーーー!!!僕は何をいっているんだー!!!)

クリスタ「・・・・・・」

67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 20:34:15.29 ID:xDIT0uRa0

アルミン(・・・・・・アァ、終わった。僕の恋が今・・・・・・終わった)

アルミン(勢いとはいえ、やってしまった・・・・・・)ズーン

アルミン(きっとクリスタも・・・)チラッ

クリスタ「エヘへ~///クリスタも、アルミンのこと、大好きー!///」

アルミン(ほら、僕のことが大好き・・・・・・・)

アルミン(エッ・・・・・・)

68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 20:37:43.14 ID:xDIT0uRa0

アルミン(今、クリスタ何ていった?)

アルミン(僕のことが・・・好き、だって・・・・・・?)

クリスタ「///」

アルミン(・・・・・・エッ、エッ、エッ。ちょっと待って、ちょっと待って)

アルミン(話についていけない。)

69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 21:20:01.88 ID:xDIT0uRa0

アルミン(あぁ、きっとあれだ。好きってのはあっちの意味なんだろう、うん。)

アルミン「クリスタ、好きっていうのは、もちろん仲間とs クリスタ「もちろん、一人の男の子としてだよ///」

アルミン「」

クリスタ「アルミンって、いっつも一生懸命で、優しくて・・・・・・、いつの間にか好きになっちゃってたの///」

アルミン「いや、僕にいいところなんて、あるわk クリスタ「そんなことないよ!」

アルミン ビクッ

70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 21:29:35.56 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「アルミンには、いいところがたくさんあるよ!」

アルミン「そ・・・そうかな・・・・・・」

クリスタ「そうだよ!」

アルミン「な、なんか照れちゃうね///」アハハ

クリスタ「アルミンはどうなの?」

アルミン「ん?何がだい?」

クリスタ「私が好きって、言うことについてだよ、アルミン///」

アルミン「え・・・・・・それは・・・・・・」

71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 21:34:58.91 ID:xDIT0uRa0

アルミン「も・・・もちろん、一人の異性としてだよ///」

クリスタ「・・・・・・」

アルミン「・・・・・・」

クリスタ「・・・・・・」

アルミン「・・・・・・」

クリスタ「・・・・・・エヘへ///じゃあ私達相思相愛だったんだね///」

アルミン「そ、そうだったみたいだね///」

72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 21:38:57.21 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「じゃあさ、相思相愛ってことがわかったし・・・・・・」

アルミン「?」

クリスタ「アルミンにいいたいことがあるの」コホン

アルミン「言いたいこと?」

クリスタ「えっとね・・・・・・恥ずかしいんだけど・・・・・・///」

アルミン「うん?」

73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 21:43:35.02 ID:necomimi

クリスタ「やっぱり、ちょっと待って!」

アルミン「う・・・うん」(もしかして・・・・・・)

クリスタ スーハー

クリスタ「あのね、アルミン アルミン「クリスタ!僕と付き合って下さい!」



74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 21:49:33.44 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「・・・・・・!?」

クリスタ「もう!何で先にいっちゃうの!」プクー

アルミン「アハハ・・・ゴメンゴメン(ふくれてる顔もかわいい///)」

アルミン「でも、こういのって男からいうのが普通でしょ?」

クリスタ「もう!そんなの関係無いでしょ!」

クリスタ「でも、少し嬉しかったかも・・・・・・」ボソッ

アルミン「何かいったかい?クリスタ?」

クリスタ「な・・・何でもない///」

75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 21:53:31.43 ID:xDIT0uRa0

アルミン「でも、ホントにゴメンね?」

クリスタ「もう、許してあげない///」プィッ

アルミン「そんなこといわないでさ・・・・お願いだから許してよ、クリスタ」

クリスタ「・・・してよ」ボソッ

アルミン「?」

クリスタ「もう一回いったら、許してあげないでも・・・ないかも///」

アルミン「!?」


77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 21:57:22.27 ID:xDIT0uRa0

アルミン「そ・・・それは恥ずかしいよ///」

クリスタ「もう、言ってくれないと許してあげないよ?」

アルミン「わ・・・・・・わかったよ。恥ずかしいけど言うよ///」

クリスタ「うん、早く早く!」

アルミン「じゃあ、言うよ?」

クリスタ ドキドキ

78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 21:59:02.81 ID:xDIT0uRa0





アルミン「クリスタ、僕と付き合ってください!」



クリスタ「・・・・・・はい///」

79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:02:41.99 ID:xDIT0uRa0

アルミン「///」

クリスタ「///」

アルミン「こ・・・これで許してくれる?」

クリスタ「うん、いいよ。あんなこといわれたらね、しょうがないよ///」

アルミン「ハァ・・・・・・・緊張した・・・・・・」

クリスタ「さっきの?」

アルミン「うん」

クリスタ「返事はわかってるのに?」

アルミン「そういうもんなんだよ」フゥ

80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:07:38.57 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「・・・・・・まぁ、こんな体勢でだったけどね」アハハ ←馬乗りしてます

アルミン「ん?体勢?・・・・・・確かにね」アハハ ←馬乗りされてます

アルミン「じゃあ、そろそろ下ろしてくれないかい?」

クリスタ「イヤだよ?」

アルミン「エッ?・・・・・・何でだい?」

81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:10:54.98 ID:xDIT0uRa0


アルミン「じゃあ、そろそろ下ろしてくれないかい?」→アルミン「じゃあ、そろそろおりてくれない?」


82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:15:41.39 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「ねえ、私達恋人同士になったんだよね?」

アルミン「うん、そうだね。でも、そんなことy

クリスタ「恋人同士になったら何をするのかわかる?アルミン?」

アルミン「いや、そんなk クリスタ「アルミン!答えて!」

アルミン「えっと・・・手を繋ぐこと?」

クリスタ「ううん、違う」

83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:20:05.90 ID:xDIT0uRa0

アルミン「じゃあ・・・・・・頭を撫で合うとか?」

クリスタ「そ・・・・・・それもいいけれど、違う!」

アルミン「じゃぁ・・・・・・なんなんだい?クリスタ、教えてくれないか?」

クリスタ「・・・・・・・・・・・・キスよ」ボソッ

アルミン「エッ?」

クリスタ「キスをするの!!!」

アルミン「!?」

84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:26:21.66 ID:xDIT0uRa0

アルミン「き・・・キスって・・・・・・・///」

クリスタ「///」

アルミン「いくらなんでも早いんじゃない?///」

クリスタ「キ・・・キスに早いも遅いもないの!」

アルミン「そ・・・・・・そうはいっても・・・恥ずかしい///」

クリスタ「もう!」スッ

アルミン「クリスタ!?(ち・・・近付いてきた///」

85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:30:43.76 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「だから、今しよっていってるの」ボソッ

アルミン「!?」

クリスタ「わ・・・・・・わかった?アルミン?///」スッ

アルミン(ビ・・・・・・ビックリした///)コクコク

クリスタ ドキドキ

アルミン ドキドキ

86 :とりあえず、爆発したらいいと思います :2013/09/25(水) 22:38:10.99 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「じゃ、じゃあいくよ///」

アルミン「い・・・いいよ///」

クリスタ スッ

アルミン(ク・・・クリスタが近付いてきた///)ドキドキ

アルミン(どんどん近付いてきて・・・・・・もうすぐ息がかかりそう)ドキドキ

アルミン(む、胸の鼓動聞こえてないよね?)ドキドキドキドキ

アルミン(あっ、クリスタが目をつぶった。)ドキドキ

アルミン(も、もうついちゃう///)ギュ

87 :とりあえず、爆発したらいいと思います :2013/09/25(水) 22:41:51.44 ID:xDIT0uRa0

アルミン(・・・・・・)ドキドキ

アルミン(・・・・・・?)

アルミン(・・・・・・!?)ドサッ

アルミン(・・・・・・あれ?クリスタが落ちてきた?)

アルミン(ていうか、キ、キスは?)

88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:45:25.73 ID:xDIT0uRa0

アルミン「ク・・・・・・クリスタ?」

クリスタ「」

アルミン「おーい!クリスター!」ユサユサ

クリスタ「」

アルミン「クリス・・・」

クリスタ スゥースゥー

アルミン「・・・・・・」

89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:48:48.53 ID:xDIT0uRa0

アルミン ムクッ

アルミン「・・・・・・」

アルミン「ハァ~・・・どうしよ。」

クリスタ スゥースゥー

アルミン「・・・・・・どうしよう」

アルミン「とりあえず、クリスタをどうにかしよう」

クリスタ スゥースゥー

90 :切り替えのはやいアルミンさん :2013/09/25(水) 22:52:41.89 ID:xDIT0uRa0

アルミン ヨッコイショ

アルミン「・・・・・・どこに行こうかな」

アルミン「ベッドがあるところは・・・・・・医務室かな」

アルミン「・・・・・・よし!もう、しょうがない!切り替えよう!」オブサリ

アルミン「・・・・・・ハァ」スタスタ

91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 22:59:05.48 ID:xDIT0uRa0

~医務室~  

アルミン「よいしょっと・・・・・・」スッ

アルミン「ハァ~疲れた~。」

アルミン「キス・・・か・・・」

アルミン「べ・・・・・・・別にしたかったってわけじゃ・・・」チラッ

クリスタ スゥースゥー

アルミン ゴクリ

アルミン「いや、それはダメだ!しっかりしろアルミン・アルレルト!」ブンブン

アルミン チラッ

クリスタ スゥースゥー

アルミン「・・・・・・・///」

アルミン「・・・!?」ブンブン

92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 23:04:07.54 ID:xDIT0uRa0

アルミン「・・・・・・暇だ」

アルミン「本でも持ってこようかな」スッ

アルミン「?」クィ

クリスタ「アル・・・・・・ミン・・・・・・」スゥースゥー

アルミン「・・・・・・」ストン

アルミン「・・・ここにいるしかないか」ナデナデ

93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 23:07:40.23 ID:xDIT0uRa0

アルミン「・・・・・・」

アルミン「・・・・・・」コックリ

アルミン「・・・!?」ハッ

アルミン「・・・・・・」

アルミン「・・・・・・」コックリ

アルミン「・・・!?」ハッ

アルミン「・・・・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 23:11:33.95 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「・・・んー!」ノビー

クリスタ「うぅ・・・頭が痛い」

クリスタ「それに気分悪い」ムカムカ

クリスタ「えーっと、ここは・・・・・・医務室?なんでこんなところに私いるの?」キョロキョロ

クリスタ「あれ?アルミンもいるんだ」

アルミン スゥースゥー

95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 23:16:06.08 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「なんか、起こし辛いなぁ・・・・・・」

クリスタ「でも、何がなんだかわからないし・・・・・・ええい!起こしちゃおう!」

クリスタ「アルミン!起きて!」ユサユサ

アルミン「・・・ん、うーん」ノビー

クリスタ「あ、起きたね」


97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 23:22:30.07 ID:xDIT0uRa0

アルミン「ん・・・・・・クリスタ?」ボー

クリスタ「うん、アルミンおはよ」ニコッ

アルミン(女神)ボー

クリスタ「アルミン、大丈夫?」ニコッ

アルミン「う・・・うん(この笑顔を見て元気にならないわけがない)」グシグシ

クリスタ「よかったぁ・・・あのね、なんで私達は、ここにいるの?」

98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 23:25:44.94 ID:xDIT0uRa0

アルミン「ん、どういうこと」キョトン

クリスタ「いや、だからなんでこんなところにいるのかなって」

アルミン「いや、だってさ・・・・・・(あれ?)」

クリスタ「うん?」

アルミン(えっと・・・確かさっきまで・・・・・・)

アルミン(・・・・・・!?)ボンッ


100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/25(水) 23:30:14.38 ID:xDIT0uRa0

クリスタ「アルミン!?」

アルミン(ウワァァァーーーー///)プシュー
クリスタ「ど、どうしたのアルミン!?顔がまっかっかだよ!」アタフタ

アルミン「ウワァァァーーーー!!!」ガンガン

クリスタ「壁に頭ぶつけちゃダメー!!」

アルミン「ウワァァァーーーー!!!」ガンガン

クリスタ「お、落ち着いてアルミン!!!」


106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 18:58:14.65 ID:oLctuB/+0

クリスタ「と……とりあえず、おみずもってくるね!」アセアセ

アルミン「ハァ…ハァ……」

クリスタ「……はい!アルミン、お水!」スッ

アルミン ゴクゴク

クリスタ「どう?落ち着いた?」

アルミン「……ありがと、クリスタ。だいぶ落ち着いたよ」フゥ…

クリスタ「よかったぁ……。急に壁にああまをぶつけ始めたから、びっくりしたよ」アハハ

アルミン「そ……それは確かにおどろくかもね」アハハ

107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 19:14:17.50 ID:oLctuB/+0

クリスタ「それでさ、教えてくれない?」

アルミン「ん……何を?」

クリスタ「いや、だからね……、何で私たちがここにいるのかなって……」

アルミン「……覚えてないのかい?」

クリスタ「何を?」

アルミン「いや……、ほらさっきまでのことだよ」

クリスタ「さっきまで?なにかしてたっけ?」

アルミン「……」

クリスタ「……」

108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 19:22:17.75 ID:oLctuB/+0

アルミン(……あれ?)

アルミン「クリスタ、さっきまで何してたのかおぼえてないの?」

クリスタ「?うん」

アルミン(……あれれ?)

アルミン(さっきまでのあれは……夢だったのかな?)

アルミン(いやでも、医務室まで運んできたことは覚えてるし……」

アルミン(もしかして、嘘でも付いてるのかな?でも……)チラッ

クリスタ「?」ニコッ

アルミン(あの顔は嘘をついてるようには見えないし……。)

109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 19:28:46.44 ID:oLctuB/+0

アルミン「じゃぁ、さっきまでのことは覚えてないんだね?」ガクッ

クリスタ「……うん、やっぱり何も思い出せないや」

アルミン「そ……そうなんだね。……さっきまでのことは、覚えてないんだね」ガックシ

クリスタ「…なんかわかんないけど、ごめんね?」

アルミン「いや、クリスタはわるくないさ」

アルミン(そう、クリスタは悪くないんだ……)

アルミン(…これが夢だとしたら、早く覚めてくれないかなぁ」ハァ

110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 19:38:18.21 ID:oLctuB/+0

クリスタ「え?夢?」

アルミン(…思わずこえに出しちゃってたみたいだね)「いや何でもないよ」アハハ

クリスタ「そう…?」

アルミン「うん……なんでもないよ」ハァ

クリスタ「…でも、さっきから顔を急に真っ赤にしたり、壁に頭をぶつけたりしてて、いつものアルミンらしくないよ?」

アルミン(そのことに関しては、絶対にきみのせいだよ)

アルミン(……思い出したら、恥ずかしくなってきた)カァァ

クリスタ「ほら、また赤くなってるよ?」

アルミン「い、いやほんとになんでもないから」アセアセ

クリスタ「……そう、わかった」」

アルミン ホッ

111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 19:44:35.30 ID:oLctuB/+0

クリスタ「ねえ、そのことはもういいからそろそろ教えてくれない?」

アルミン「う、うん……わかったよ」

アルミン「ええとね……」(あれ?これはどう説明すればいいんだ?)

アルミン(本当のことを言うわけにもいかないし……)

アルミン「……とりあえず、食堂に行こっか」

クリスタ「食堂?それが私たちがここにいるかに関係あるの?」

アルミン「う、うん」

112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 19:52:20.31 ID:oLctuB/+0

クリスタ「……ほんとに関係あるの?」

アルミン「う、うん。食堂に行けば色々と分かるはずだから」

クリスタ「……あやしい」ジーッ

アルミン(ま、まずい…)「と、とりあえず食堂に行こうよ!」ギュッ

クリスタ「あ…///」カァァ

アルミン「どうかしたの、クリスタ?」

113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 20:00:20.54 ID:oLctuB/+0

クリスタ「……手が///」カァァ

アルミン「手?てがどうかs……」チラッ

アルミン「!?」パッ

アルミン(手……手をつないじゃってた……///)ドキドキ

アルミン(さっきはそれより恥ずかしいことをしてたはずなのに……///やっぱり全然慣れてないよ……///)ドキドキ

アルミン「///」マッカッカ

クリスタ「///」マッカッカ

アルミン「……と、とりあえず食堂に行こうか///」

クリスタ「そ、そうだね///」

114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 20:15:21.16 ID:oLctuB/+0

アルミン「・・・・・・」

クリスタ「・・・・・・」

アルミン(き、気まずい・・・・・・)

アルミン(何でさっきあんなことをしてしまったんだー!!!)

アルミン(この沈黙って、絶対僕のせいだよね!!!)

アルミン(・・・・・・クリスタの手、柔らかかったなぁ)

アルミン(って、今はそんなことを考えてる場合じゃないんだ!)ブンブン

115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 20:20:01.42 ID:oLctuB/+0

アルミン(とりあえず、何か話さなきゃ・・・)

アルクリ「あのさ!」

アルクリ「!?」

クリスタ「ア、アルミンからいいよ!」

アルミン「い、いやそんなたいしたことじゃないし・・・クリスタからどうぞ?」

クリスタ「じゃ、じゃあさ」

アルミン「うん」

116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 20:25:09.07 ID:oLctuB/+0

クリスタ「じゃあさ、さっきまで何を私達していたかさ、教えてよ!」

アルミン「!?」

アルミン「い、いやだからさ・・・・・・教えるために食堂にむk クリスタ「違うの!」

アルミン「違う?」

クリスタ「医務室にいる前の事を教えて欲しいの!」

アルミン「!!?」

117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 20:31:18.91 ID:oLctuB/+0

アルミン「い、いきなりどうしたんだいクリスタ?」

クリスタ「・・・さっきからアルミンがおかしいから、何があったのかなって気になったの。」

アルミン「そ、そうかな。そんなことないt クリスタ「いや、絶対におかしかったよ!」

アルミン「!?」

クリスタ「だって、普通は壁に頭なんかぶつけないもん!!!」

アルミン(・・・・・・た、確かに)

118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 21:34:25.45 ID:oLctuB/+0

クリスタ「だから、医務室に行くまでにあったことを教えてよ!」

アルミン「・・・・・・アハハ、僕もぜんぜんおb クリスタ「覚えてないってのはなしだから」

アルミン「・・・・・・」

アルミン(ど、どうしよう・・・・・・)

アルミン(まさかクリスタに「実は僕たち、恋人になったんだ」何て言えるわけないし・・・・・・)

119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 21:43:41.71 ID:oLctuB/+0

クリスタ「ねぇ、早く教えてよ!」

アルミン(・・・・・・しょうがない、もうこれしかない)

アルミン「・・・・・・ゴメン、今は話せない」

クリスタ「なんでダメなの?今はなs
 アルミン「でも!」

アルミン「いつか、絶対に話すから!それまで待ってて」

クリスタ「・・・・・・分かった。でも、いつか絶対に話してね?」

アルミン「うん」(ごめんね、クリスタ・・・・・・)

アルミン(でも、絶対に話すから)

アルミン(本当の恋人になれた時に・・・・・・)

120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 22:02:31.14 ID:oLctuB/+0

アルミン バンッ

クリスタ「ウッ・・・何この匂い・・・・・・」スンスン

アルミン「・・・・・・やっぱり、変わってないみたいだね」ハナツマミ

クリスタ「・・・あれ?みんな机に突っ伏しちゃってどうしたの?」

アルミン「あぁ、それは・・・ ???「お前ら、何をしている!」

アルクリ「!?」

アルミン「きょ・・・キース教官!」


122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 22:10:51.27 ID:oLctuB/+0

キース「アルレルト訓練兵、現状を説明しろ」

アルミン「はっ!・・・しかし教官、私にも全く現状が理解できておりません!」

クリスタ オロオロ

キース「ふむ・・・やはり、昨日の状態のままのようだな」

アルミン「昨日と・・・同じ・・・・・・?」

キース「とりあえず、ここにいるやつらを全員起こしてこい」

アルミン「お、起こせと言われても・・・」

キース「ムッ・・・・・・口答えか?」

アルミン「ハッ、直に全員を起こして参ります!」

キース「うむ」

アルミン「行こう、クリスタ・・・」

クリスタ コクン

123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 22:23:45.77 ID:oLctuB/+0

~数十分後~

アルクリ「つ、疲れた・・・・・・」

エレン「ん・・・・・・なんだなんだ?」ネボケ

ミカサ「エレン、寝ぐせがついてる」サッ

エレン「ちょ・・・、ミカサやめろ」

ジャン「頭が痛い」イテテ

サシャ「誰か、パァン持ってませんか?」

ユミル「寝起きから飯の話かよ・・・あー、気分わりぃ」

クリスタ「ユミル、大丈夫?」

ユミル「・・・!あぁ、元気だよ、クリスタ」(天使)

ガヤガヤ ガヤガヤ

キース「・・・・・・いいかげん静かにしろ!」

一同 ビクッ

124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 22:28:01.47 ID:oLctuB/+0

キース「おい、誰か現状を説明しろ」

シ~ン

キース「フム・・・なら、エレン・イェーガー訓練兵、説明しろ」

エレン「えっ、俺が」

キース「早くしろ!」

エレン「・・・・・・確か昨日の夕食時に」

~~~~~~~~~~~~~~~

125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 22:34:45.80 ID:oLctuB/+0

エレン「ハァ~、今日の訓練も疲れたぜ・・・」

ジャン「へん、あんだけで疲れるのかよ、エレンさんよ。そんなにきついんなら、一日中部屋にこもってな!」

エレン「なんだと!このやろう!」

ミカサ「エレン、そこら辺でやめて」

エレン「・・・ハァ、わかったよ」

ジャン「・・・フン!」

マルコ「ジャン・・・・・・」

ジャン「あ?なんだマルコ?」

マルコ「・・・ドンマイ」グッ

ジャン「・・・」

126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 22:39:27.99 ID:oLctuB/+0

アルミン「・・・・・・」

エレン「おい、アルミン。全然食ってねーじゃねーか。どうしたんだ?」

アルミン「・・・いや、あんまり食欲がないんだよ」アハハ

ミカサ「アルミン。訓練の後の食事は大事。しっかり食べないと体が持たない」

アルミン「・・・・・・うん、わかってるけど・・・」

アルミン「・・・・・・サシャ」

サシャ「はい、何ですか?アルミン?」

127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 22:44:17.56 ID:oLctuB/+0

アルミン「これ、全部あげるよ」スッ

サシャ「いいんですか、アルミン!?」

エレン「おい、アルミン。少しはたb アルミン「いや、今日はホントに食欲が無いんだ」

アルミン「だから、サシャ、全部食べていいよ」

サシャ「アルミンは神様です・・・!!!」ムシャムシャ

アルミン「・・・・・・じゃぁ、先に部屋に戻ってるね」

エレン「お、おう・・・・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~

128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 22:51:27.90 ID:oLctuB/+0

アルミン「だから、僕だけ何も知らなかったのか」

エレン「あぁ、アルミンは昨日は早くに戻ってたみたいだな」

キース「ふむ・・・・・・それでどうなったんだ?」

エレン「えっと・・・ ユミル「それは私に説明させてくれ」

ユミル「あの後、宴をやることになってよ・・・・・・」

アルミン「宴?何の?」

キース「フム・・・アルレルト訓練兵は今日何があったのか忘れているようだな」

アルミン「?」

エレン「確か・・・・・・翌日は3つの団の合同体験だー!ってことで、それを祝ってやったんだったよな」

アルミン「エッ・・・・・・?」

アルミン「エェーーーー!!!」

129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 22:56:31.89 ID:oLctuB/+0

アルミン「エッ?何それ?」

エレン「あぁ、なんか今回初の取り組みみたいだったようだぞ・・・内容は行けてないからわかんないけど」

アルミン「あっ・・・・・・朝から、ここで寝てたから?」

エレン「あぁ、そうだよ・・・・・・クソッ、調査兵団のところにいくはずだったのにな」ギリギリ

エレン「だから、宴が始まった・・・・・・であってるよな?ユミル?」

130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 23:00:23.21 ID:oLctuB/+0

ユミル「まぁ、半分はな」

アルミン「もう半分は?」

ユミル「これを飲むためだよ」ゴトッ

アルミン「それは・・・・・・お酒?」

ユミル「あぁ・・・・・・昔これを手に入れたんだが、なかなか飲む機会がなくてよ・・・」

アルミン「だから、宴が始まったから飲もうとしたの?」

ユミル「ま、正しくは始めた、んだけどな」

131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 23:05:41.98 ID:oLctuB/+0

アルミン「エッ?ユミルが始めたの?」

ユミル「あぁ・・・・・・これをどうしても飲みたくてよぉ・・・・・・」

アルミン「じゃぁ、何でみんなして酔ってるの?」

ユミル「あぁ・・・それはな、私が全員に分けてやったからだ」

アルミン「全員にわけたの?一人で飲めばいいのに・・・・・・」

ユミル「バーカ、酒ってのは全員で飲んで楽しむものなんだよ」

アルミン「そう・・・なんだ」

132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 23:12:45.79 ID:oLctuB/+0

キース「フム・・・・・・それでこんな有り様になったと」

ユミル「まっ、そういうこったな」

アルミン「あれ?でも、ここには、10人ぐらいしかいないよ?他のみんなは?」

キース「他のものは、全員きちんといっている」

ユミル「結構声はかけたんだけどよ・・・・・・つれねぇやつばっかだよな、全く」

キース「なるほど・・・・・・お前ら、全員消灯十分前まで走ってろ」

コニー「ハァ?俺らまでかよ。原因はブスのせいなのによ」

ユミル「お、コニーいたのか。全く気付かなかったぞ」

コニー「」

133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 23:16:54.61 ID:oLctuB/+0

サシャ「じゃぁ、夕飯は・・・・・・?」

キース「抜きに決まっているだろ」

サシャ「ガーン!!」

エレン「ちぇ・・・めんどくさいな」

アルミン「まぁ、これでわかったんじゃない?」ハハッ

アルミン「飲みすぎには注意、って」

              終わり



137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 23:35:35.64 ID:oLctuB/+0

~ if もしも夢だったら ~

>>86

クリスタ「じゃ、じゃあいくよ///」

アルミン「い・・・・・・いいよ///」

クリスタ スッ

アルミン(ク・・・クリスタが近付いてきた)ドキドキ

アルミン(どんどん近付いてきて・・・・・・もうすぐ息がかかりそう)ドキドキ

アルミン(む、胸の鼓動聞こえてないよね)ドキドキドキ

アルミン(あっ、クリスタが目をつぶった)ドキドキ

アルミン(も、もうついちゃう)ギュ

138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 23:40:03.01 ID:oLctuB/+0

アルミン(・・・・・・)ドキドキ

アルミン(・・・・・・あれ?)

アルミン(・・・・・・)ムクッ

アルミン(ゆ・・・・・・夢だったのか)ボー

アルミン(・・・もう一回寝よ)バサッ

アルミン(・・・・・・って、寝れるかー!!!)

139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 23:45:56.21 ID:oLctuB/+0

アルミン(こ・・・・・・こういうときは巨人の数を数えるんだ・・・・・・)

アルミン(巨人が1体ー、巨人が2体ー、巨人が3体ー・・・・・・)

アルミン(・・・・・・女神が1体ー)

アルミン(って、何やってるんだ、僕は!!!)

アルミン(は、早く寝ないと・・・・・・)

アルミン(・・・・・・キス、したかったなー)

アルミン(・・・・・・ハァ)

140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 23:53:13.90 ID:oLctuB/+0

チュン チュン

アルミン(結局寝れなかった)フワァー

エレン「ん・・・アルミンおはよ・・・・・・アルミン、そのクマはどうしたんだ!」

アルミン「ん?・・・いや、何でもないよ」アハハ

エレン「そ・・・そうか」

アルミン「そ、それより早く食堂に行こうよ!!!」

エレン「お・・・おう」

アルミン(多分・・・大丈夫だと思うけど・・・)

141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/26(木) 23:57:27.48 ID:oLctuB/+0

アルミン ガチャ

アルミン「さ、早くいこう!」

エレン「ちょ、ちょっと待ってくれ」

アルミン「ほら、早く早く!」

ミカサ「エレン、アルミン、おはよう」

アルミン「おはよう、ミカサ!」

ミカサ「・・・今日のアルミンは、クマがヒドイ」

アルミン「そ・・・・・・そんなにヒドイかなぁ?」

142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/27(金) 00:00:35.60 ID:w5Ak9rEM0

ミカサ「・・・見ているこっちも眠くなるぐらいには」

アルミン「そ・・・それはヒドイね」アハハ

エレン「アルミン、終わったぞ・・・・・・お、ミカサか」

ミカサ「エレン、今日も寝癖がついてる」

エレン「寝癖ぐらい、別にどうだっていいだろ」

143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/27(金) 00:05:34.29 ID:w5Ak9rEM0

ミカサ「ダメ。キチンと私が直す」サッ

エレン「わっ!・・・なぁ、アルミンからも何かいってやってくれ」

アルミン「・・・エレン、ミカサの言うことはきちんと聞かないと」

エレン「え・・・?アルミン・・・?」

アルミン「ミカサ、いつもいつもお疲れ様」

ミカサ「?家族として当たり前のことをしているだけ。でも・・・ありがとう」

アルミン「さ、行こうか」


145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/27(金) 00:11:43.66 ID:w5Ak9rEM0

アルミン「~~、~~♪」

エレン(なぁ、なんか今日のアルミンおかしくないか?)ボソッ

ミカサ(そう・・・?私にはいつも通りに見える)ボソッ

エレン(いや、・・・いつもだったらスキップしながらはなうたなんか歌わないだろ)ボソッ

ミカサ(そうかもしれない。でも、そこまで気にすることでは無いとは思う)ボソッ

エレン(う~ん、そういうものなのかなぁ・・・・・・)ウムム

アルミン「二人ともどうしたの?早くいこうよ!」

ミカサ「ほら、アルミンに呼ばれた。いかないと」タタタ

エレン「うーん、なんか変だと思うんだよなぁ」タタタ

146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/27(金) 00:30:07.88 ID:w5Ak9rEM0

~食堂~

アルミン バンッ

アルミン「・・・・・・いつも通りみたいだね」ホッ

ユミル「よぉ~、お前ら」

クリスタ「おはよう」ニコッ

エレミカアル「おはよう!」

エレン「ん・・・?クリスタ、どうしたんだ?」

クリスタ「・・・へ?」

147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/27(金) 00:34:09.62 ID:w5Ak9rEM0

エレン「いや、クマがひどいなぁって・・・・・・」

ミカサ「確かに」

ユミル「おいおい、うちのクリスタは、乙女なんだからこれぐらいしょうがないだろ?」

クリスタ「もう!ユミルったら!・・・ちょっと今日、眠れなくて・・・・・・」エヘヘ

一同「女神だ・・・」(結婚しよ)

148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/27(金) 00:38:34.18 ID:w5Ak9rEM0

エレン「そういえば・・・・・・アルミンも今日はクマがひどかったよな・・・・・・」

アルクリ「!?」

ユミル「へぇ・・・・・・、二人同時に、ねぇ・・・」

アルミン「・・・」パチッ

クリスタ「・・・」パチッ

アルクリ「///」プイッ

149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/27(金) 00:42:22.45 ID:w5Ak9rEM0

エレン「そんなことより、飯取りに行こうぜ」スタスタ

ミカサ「エレン、待って」スタスタ

ユミル「ほら、クリスタも行くぞ」スタスタ

アルクリ「・・・・・・」

アルミン「ぼ、僕も取りに・・・・・・!?」ギュッ

クリスタ「ねぇ、アルミン」


150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/27(金) 00:47:58.76 ID:w5Ak9rEM0

アルミン「ど、どうしたんだいクリスタ?」(ま・・・まさかね・・・・・・)

クリスタ「・・・・・・今度の休日、二人でどこにいく?」

アルミン「な、何で急にそんなこと・・・・・・(エッ//二人で?///)

クリスタ「何でって・・・・・・」

クリスタ「私達が、恋人だからでしょ?」ニコッ

             おしまい

151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/09/27(金) 01:00:42.55 ID:w5Ak9rEM0

アルミン「救いは、無いんですか!?」 ???「しょうがない、少しぐらいは褒美としてやるよ」 アルミン「あ・・・あなたは、もう一人の・・・僕・・・・・・!?」

ということで、完結です。

ある朝、目が覚めてふと思った。
「アルミン×ライナーを書こう」
そうしてできたのがこのssです。どうでしたでしょうか?

まず、先ほど申し上げた通り、かきだめを一切していない、さらにはこれが初投稿ということで、かなり緊張しながら書いていました。まぁ、個人的には満足です。

内容としては、クリスタの一人称が結構変わっていますが・・・酒のせいってことでお願いします・・・。後、僕自身、お酒を飲んだことないので全部イメージです、はい。「普通こんなんじゃねーよ!」って思われた方もいるかもしれませんが・・・まぁ、そこはご都合主義ってことで、お願いしますm(_)m

もし次のssを投下するとしたら・・・・・・かきだめをきちんとして投下したいと思います。(まぁ、少しだけだろうけど)次の作品をもし投下したときは、生暖かい目で見守っていてください。

ここで、一番伝えたかったのは、「アルミンって、カワイイ!」ってことです。これが伝わっていれば幸いです。

ここまで読んでくださってありがとうございました!!!

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。