おすすめ!でんぶん2ちゃんねるSSまとめ
SSまとめ.com

お知らせ

検索結果の不具合を修正いたしました。


SSカテゴリーを選択:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレン「ミカサって誰だっけ?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 07:52:52 ID:bORrPNbU

~食堂~

エレン「なぁアルミン、ミカなんとかって知らないか?」

アルミン「ミカなんとか?知らないなぁ…」
エレン「(ミカ…ミカ…ミカ…ミカサ!)」

エレン「アルミン、ミカサだ!ミカサ知らないか?」

アルミン「ミカサ?聞いたことがあるような…」

エレン「ミカサはいつもマフラーを着けていたんだ…」

アルミン「マフラーなんか枕元にいつもに置いてあるじゃないか」
エレン「え?」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 07:59:22 ID:bORrPNbU

エレン「アルミン、俺が女型の巨人に連れて行かれそうになったときに助けてくれたのは誰と誰だった?」

アルミン「僕が聞いたのはリヴァイ兵長と…あれ?誰だっだったけ」

エレン「リヴァイ兵長に聞いてくる!」

アルミン「チッ…」

クリスタ「アル…ミン?」チラッ

ユミル「どうしたクリスタ?行くぞ」

クリスタ「う…うん(今舌打ちを…)」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 08:07:18 ID:bORrPNbU

~旧調査兵団本部~

リヴァイ「お前を助けたのは俺と誰かって?」

エレン「はい…たぶんミカサじゃないですか?」

リヴァイ「何故そう思う?」

エレン「いえ、何となく…」

リヴァイ「覚えていないな…」

エレン「そうですか…」シュン

リヴァイ「確か女だったような…」

エレン「(ミカサ…女)」
エレン「ありがとうございます」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 08:19:35 ID:bORrPNbU

エレン「食堂に戻るか」
~食堂~

ジャン「エレンちょっといいか?」

エレン「ああ」

~倉庫裏~

ジャン「よし単刀直入に聞く、ミカサのこと覚えているか?」

エレン「なんでミカサの事を?」

ジャン「そんな事は良いんだ!早く答えろ」

エレン「はっきりとは覚えて居ない…」

ジャン「やっぱりか、皆ミカサの事を忘れt」
パン

ジャン「」ドサッ

エレン「ジャン!ジャン!」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 08:33:40 ID:bORrPNbU

~しばらくして~

エレン「(ジャンは急所をはずれて助かった…)」

アルミン「じゃあ…僕は用事が有るから」

エレン「ああ」

~旧調査兵団本部~

リヴァイ「(ハンジに調べてもらって色々と解ったな…)」

リヴァイ「エレンの所に行くか…」

アルミン「行かせませんよ」チャキ つブレード
リヴァイ「!お前はエレンの…」


エレン「兵長ー」タッタッタ
アルミン「チッ…」

リヴァイ「やっぱりお前だったのか」チャキ つブレード

エレン「アルミン何…やってんだ?」

アルミン「エレン…ミカサは居るよ?」

エレン「?」

アルミン「ミカサは今>>6に居る」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 08:34:26 ID:bORrPNbU

すいません安価下

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 08:36:44 ID:iaYGASZc

話に支障がなければ
憲兵団



9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 08:49:03 ID:bORrPNbU

アルミン「ミカサは憲兵団にいるよ」

エレン「な…なんでそんなこと知ってんだよ」

アルミン「女型の巨人をが壁をよじ登った時に壁が剥がれて中に巨人が居たでしょ?」

エレン「ああ」

アルミン「それは世間には公表しないことになったけど、ミカサはそれを公表しようとしたんだ…」

エレン「だから…」

アルミン「だから捕まったんだ…そして憲兵団はミカサを今日抹殺するつもりだ」

アルミン「そして僕はミカサについての記憶を消す薬を作って食事に混ぜたんだ…」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 08:53:17 ID:bORrPNbU

リヴァイ「こいつは俺が止める」

アルミン「リヴァイ兵長…程度じゃ僕は止められないよ?」チャキ

リヴァイ「何?」

アルミン「薬の力で僕の身体能力は飛躍的に上がっている」

リヴァイ「エレン!巨人化して行け、責任は俺が持つ」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 08:57:36 ID:bORrPNbU

エレン「はいっ」ガリッ

カッ

巨人エレン「(待ってろよミカサ)」ダッ


16 :再開します。:2013/10/05(土) 19:40:42 ID:bORrPNbU

リヴァイ「アルミン、貴様何故裏切った?相当良い条件だったようだな」

アルミン「そりゃお金ですよ…僕が外の世界へ行くにはかなりの資金が必要だったんです」

リヴァイ「ほう金かなら……」

巨人エレン「(あそこだ!)」ズシンズシン

憲兵A「15m級接近してきます!」

憲兵B「何でこんな所に巨人が居るんだよ!」

ズシンズシン

憲兵A「装備なんか着けてないぞ!逃げよう」タッタッタ

ズシンズシン

エレンが憲兵団に着くとミカサはジャンたちによって助かっていた…

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 20:05:15 ID:bORrPNbU

俺はほっとした安心して泣きながら倒れてしまった…

845年

子供ミカサ「エレン、エレン!!」

子供エレン「ん…?」

子供ミカサ「起きて、もう帰らないと日が暮れる」

子供エレン「……?あれ?」

子供エレン「ミカサ…お前小さくなって髪がのびてないか?」

子供ミカサ「そんなに寝ぼけるまで熟睡してたの?」

子供エレン「イヤッ…なんかすっげー長い夢を見ていた気がするんだけど……」

子供ミカサ「……!!」

子供エレン「何だったっけ思いだせねぇな…」

子供ミカサ「エレン?」
ヒュウウウウウ

子供ミカサ「どうして泣いてるの?」

子供エレン「え?」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/05(土) 20:05:59 ID:bORrPNbU

~木陰~

子供アルミン「また最初からかぁ…」タッタッタ

テーマ:二次創作 - ジャンル:サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人のダイエット方法 アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。